長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)ドクオはインテリのようです 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 12:08:26.32 ID:Nna0MXEX0
 
ξ゚⊿゚)ξ「それじゃ、行き先はディズニーランドでいいですか?」

( ^ω^)「賛成だおー!」

('A`)「ちょっと待ってください」

ξ゚⊿゚)ξ「ドクオ君、どうしたの?」

('A`)「僕はテーマパークよりも、寺を見たいですね」

('A`)「学生なら、学生らしく文化的でためになる所へ行くべきです」




2 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 12:10:59.12 ID:Nna0MXEX0

ディズニーランド

('A`)「はぁ、結局テーマパークになってしまいましたか」

( ^ω^)「やっぱり最初はスプラッシュ行くおwwww」

('A`)「僕はジェットコースターの類は苦手ですから、外で待っていますね」

ξ゚⊿゚)ξ「何言ってるのよ。せっかくきたんだから乗りましょうよ」

('A`)「無理強いしないでください。訴えますよ?」

( ^ω^)「ツン、ドクオなんてほっといてさっさと乗るおwww」

ξ゚⊿゚)ξ「しょうがないわね。じゃ、二人で乗りましょ」



3 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 12:13:52.87 ID:Nna0MXEX0
 
( ^ω^)「うひょwwwwこえぇwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「予想以上に高いわね……」

('A`)「ふぅ。はしゃいじゃって大人気ないですね。中学生じゃないんだから」

( ^ω^)「うひょおおおお! 怖ぇぇぇ!!」

ξ゚⊿゚)ξ「キャー!!」

('A`)「やれやれ。僕はアイスでも食べる事にしましょう」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 12:17:10.96 ID:NZeGMHAUO
('A`)うぜえwwwww


5 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 12:19:56.17 ID:Nna0MXEX0

('A`)「アイス一本300円とは、何てぼったくりだ。全く、これだから日本のテーマパークは」

ξ゚⊿゚)ξ「あー、面白かった。あら? ドクオ君、それ美味しそうね」

('A`)「これが300円ですよ? 信じられますか? コンビニなら100円で買えるのに」

ξ゚⊿゚)ξ「そりゃ、キャラクターの形してるから少しくらい高くても仕方ないんじゃない?
     ねえ、少しちょうだい」

('A`)「お断りします。食べたいなら自分で買ってください」

ξ゚⊿゚)ξ「ケチ」

('A`)「ケチとは心外ですね。そもそも、女性が男性に奢ってもらうのが常識、といった風潮は感心できませんね。
    女性も男性と平等であるべきと言っておいて、こういう時だけ女の子ぶるのはよしてもらいたい」

ξ゚⊿゚)ξ「はぁ……。ドクオ君って、難しい事考えてるのね」

('A`)「君達とは思考の次元が違いますから」

( ^ω^)「ツン、そんなもん僕が奢ってあげるおwww」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 12:21:20.85 ID:LErj7hsR0
厨二病wwww


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 12:22:14.55 ID:pqHuPT7Y0
これはインテリじゃねえ
ただの「ハカセくん」だ


11 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 12:29:38.61 ID:Nna0MXEX0
 
ξ゚⊿゚)ξ「ううん、いい。何か食べる気しなくなっちゃった」

( ^ω^)「チッ……せっかくのアピールチャンスだったのにクソが……」

('A`)「どうかしましたか? ブーン君」

( ^ω^)「なんでもないお。次はスペース行くおwww」

ξ゚⊿゚)ξ「え? でも、ジェットコースターだと、またドクオ君が乗れないんじゃ」

( ^ω^)「別にいいお? なあ、ドクオ」

('A`)「好きにすればいい。僕はこんな子供だましの娯楽施設には興味ありませんので」

( ^ω^)(ツンと二人きりktkrwwwwこれで好感度うpだおwwwフヒヒ)



12 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 12:33:29.92 ID:Nna0MXEX0
  
ξ゚⊿゚)ξ「結構、並んでるね」

( ^ω^)「こんなんすぐだおwwww」

( ^ω^)(うはwww好都合だおwww二人で話せる時間増えるおwww)

('A`)「たかが一分程度の乗り物に乗るために一時間も待つとは、時間の無駄遣いですね。
    僕は日陰で読書をしているので、どうぞ楽しんできてください」

ξ゚⊿゚)ξ「ねえ、やっぱりドクオ君も楽しめる所にしない? スペースはもっと空いてからにしてさ」

( ^ω^)「ダメだお! 僕は今乗りたいんだお! ね? 絶対面白いから!さあさあ乗るお!」

( ^ω^)「んじゃ、ドクオも読書頑張れおwwww」

('A`)「読書は頑張るものじゃないですけどね」

( ^ω^)「ふん。氏ねおカス」



13 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 12:36:55.96 ID:Nna0MXEX0
 
('A`)「あぁ……なるほど。ギコはしぃの事が好きだったのか」

('A`)「……」

('A`)「何でギコは自分の気持ちを……」

(;A;)「あぁ。もう馬鹿男め。しぃが結婚してもいいのかよ……気づけよ鈍感野郎……うう」

( ФωФ)「おい、あいつドクオじゃね?」

( ^Д^) 「本当だ。何か本読んで泣いてるし」

( ФωФ)「きめぇwwwwいじってやろうぜ」

( ^Д^) 「賛成wwww」



14 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 12:38:47.63 ID:Nna0MXEX0
 
( ^ω^)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

( ^ω^)「そういえば、この前釣り行ってさwwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「その話、昨日聞いたわ」

( ^ω^)「あぁ……そ、そうだったかお」

ξ゚⊿゚)ξ「うん」

( ^ω^)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

( ^ω^)「順番まだかおー……」



18 :1 ◆zpW0mlvJcY :/08/19(火) 12:42:08.91 ID:Nna0MXEX0
  
ξ゚⊿゚)ξ「う、ちょっと暑くて気持ち悪くなってきたかも」

(;^ω^)「え? だ、大丈夫かお?」

ξ゚⊿゚)ξ「ごめん。私、ちょっと休んでくる」

(;^ω^)「え、ちょwwwwここまで並んだのにwwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「ごめん、無理……。ブーンは並んでていいから」

(;^ω^)「一人で乗っても意味ないお!あああ、もう。分かったお。木陰で休むお!」

ξ゚⊿゚)ξ「うん……」

( ^ω^)「あ、そうだ! か、かかか肩かしてあげようかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「ううん、平気」

( ^ω^)「遠慮しなくていいってwwwwwふひwww」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょ、ちょっと。体重かけないで……痛っ」



21 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 12:45:01.94 ID:Nna0MXEX0
 
どてんっ!

ξ゚⊿゚)ξ「きゃっ!」

(;^ω^)「ふひっ! こ、転んじゃったお」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょっと、ブーン重い……ど、どいて」

(;^ω^)「う、うわああああ! 膝すりむいたおおおお!」

(;^ω^)「いてぇぇぇぇ! 血が、血が出てるおぉぉぉ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ブーン、ちょっと大丈夫?」

(;^ω^)「もうダメだおぉぉ痛くなってきたおぉぉん! 医者、医者呼んでくれおぉぉぉん!」

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと待ってて。係員さん呼んでくるから……」

(;^ω^)「早くしてくれお!!僕の膝がおかしくなっちゃうおおお!!ちくしょう痛ぇぇぇ!!」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 12:45:42.22 ID:LErj7hsR0
ブーンwwww


26 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 12:52:01.24 ID:V6xTw0w20
 
ξ;゚⊿゚)ξ「えーっと、係員さんは……」

( ФωФ)「何これwww恋愛小説じゃねーかwww」

( ^Д^) 「きめぇwwwwお前こんなの読んでんのかよwww」

('A`)「おい、返せ。まだ途中なんだ。貸して欲しいなら、読み終わった後に貸してやるから」

( ФωФ)「誰がこんなもん読むかバーカ。ほら、とってみろよ」

('A`)「僕の身長と君の身長を考えれば、届かないのは明白だ。それより、こんな幼稚な真似はやめろ。
    僕まで同じように見られてしまうだろ?」

( ^Д^)「相変わらずうぜーな。おい、ロマネスク。この本ブックオフに売ろうぜ」

( ФωФ)「どうせ10円にもならねーよwww」

ξ#゚⊿゚)ξ「ちょっと、あんた達何してんのよ!」



27 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 12:56:03.92 ID:V6xTw0w20
 
(;ФωФ)「げ、組級のツンじゃねーか」

ξ#゚⊿゚)ξ「あんたら、ドクオ君の本返してあげなさいよ! さもないと先生に言いつけるわよ!」

( ^Д^) 「小学生かよwwww言いつけてみろやwwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「もちろん、あんたらバスケ部の顧問の荒巻先生にね」

(;^Д^)「げっ! 荒巻!?」

(;ФωФ)「ま、待て。それだけはやめてくれ! 荒巻先生に知れたら、大変な事になっちまう!」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、さっさと本を返してあげなさい。そしたら見逃してあげるわ」

( ФωФ)「わかったよ! ほら!」

('A`)「君達も、少しは読書でもしたらどうだい? 漫画ばかりじゃ、知識が偏るよ」

( ^Д^) 「てめぇら覚えてろよ!」




30 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:00:26.31 ID:V6xTw0w20
  
タッタッタ……

ξ゚⊿゚)ξ「全くもう。大丈夫? ドクオ君」

('A`)「一応、礼は言っておきます。でも、君の助けが無くてもあいつらから本を奪い返すなんて容易い事でしたけどね。
    これでも合気道をやってるんで、いざとなれば力ずくでも大丈夫でした。ま、暴力は野蛮人のすることなので、極力使わないようにしてますけどね」

ξ;゚⊿゚)ξ「あはは……よく分かんないけど、無事でよかったね」

('A`)「それより、もうジェットコースターは終わったの?」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、そうだ! ブーンが怪我しちゃって、それで係員を呼びに行く所だったんだ!」

('A`)「じゃあ、僕が呼んでこよう。ツンはここで休んでいればいい」

ξ゚⊿゚)ξ「え? いいよ、そんな」

('A`)「無理をしているのだろう? 顔色が悪い。水分をとって休んでいたほうが賢明だと思うけど、いかがかな?」



31 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:04:44.32 ID:V6xTw0w20
 
ξ゚⊿゚)ξ「……うん。じゃあ、お言葉に甘えさせてもらうわ」

('A`)「ああ。飲み物は何がいい?」

ξ゚⊿゚)ξ「奢らないんじゃなかったの?」

('A`)「病人は別だ。君は僕をケチと言ったが、ケチならば病人に奢る事すら拒むだろうから、僕はケチではない。
    誤解を解くという意味も込めて、奢らせてほしい」

ξ゚⊿゚)ξ「ありがとう」

('A`)「……で、な、ななな何が飲みたいのかな? 早くいいたまえ」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、オレンジジュースで」

('A`)「わかった」

ガコン。

('A`)「この僕が動揺するとは……く、治まれ、僕の心臓よ……」



33 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:08:22.62 ID:V6xTw0w20
 
……



ξ゚⊿゚)ξ「ふー。変な人だと思ってたけど、悪い人じゃなさそうね」

(;^ω^)「はぁはぁ、ツン!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン! あんた、大丈夫なの?」

(;^ω^)「あまりにも遅いからこっちから来たんだお!!で、係員さんはどこだお!?」

ξ゚⊿゚)ξ「今、ドクオ君が呼びに言ってるわ。それより、足の怪我は」

(;^ω^)「はぁ??何でドクオが呼びに言ってるんだお!?いいから、早く医務室に連れてってくれお!!
       血が出てるんだお!!」

ξ゚⊿゚)ξ「あ……でも、止まってるじゃない。ほら。水で洗って、絆創膏を貼れば……」

(;^ω^)「適当な事言うなお!!もしヒビが入ってたらどうすんだお!?
       まだヒリヒリするんだお!これは重症に間違いないお!!!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:11:30.49 ID:j/UB655JO
ツン以外マトモなのがいねえw支援


38 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:12:43.35 ID:V6xTw0w20
 
ξ゚⊿゚)ξ「わかった。わかったから落ち着こう? まず、水で洗って……」

('、`*川「係員です。けが人はどこですか?」

(;^ω^)「おおふ。やっときたのかお。遅いお!お客様が怪我をしたというのに!!」

('、`*川「申し訳ありません」

(;^ω^)「謝ってすんだら警察いらねーお! ったく、夢の無い国だお!!
       いいから、早く怪我治してくれお!」

('、`*川「ええと、擦り傷ですね。それじゃ、医務室に行って、消毒を……」

( ^ω^)「え……消毒? あのヒリヒリするやつ?」

('、`*川「はい。ばい菌が入ったら大変ですから。ささ、こちらへ」

( ^ω^)「あ……な、なんか痛くなくなってきたかも……」

ξ゚⊿゚)ξ「え?」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:13:06.14 ID:GiEgBPtjO
ブーンうぜぇwww


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:13:17.17 ID:cEffS9nHO
ブーンうぜぇwwwwwwwwww


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:15:58.72 ID:Y8qsTtYS0
ブーンうぜえwwwwwwwww


41 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:14:57.39 ID:V6xTw0w20

( ^ω^)「重傷かと思ってたけど、勘違いみたいだったおwwww」

('、`*川「は、はぁ。しかし、一応消毒だけでも」

( ^ω^)「これなら大丈夫だお。やっぱいいお。ささ、ツン。もっかいスペース並ぶお!!」

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと、ブーン!?」

( ^ω^)「あー、係員さんもういいっすよ。おつかれ」

('、`*川「は、はぁ」



43 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:18:59.11 ID:V6xTw0w20
  
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン! ちょっと、何よそれ。いくらなんでも我が侭過ぎよ!」

( ^ω^)「へ? 何が? いいからスペース乗るおwwwまだスプラッシュしか乗ってないおwww」

ξ゚⊿゚)ξ「ふん。一人で乗ってれば? ドクオ君、行きましょう」

('A`)「グループ行動を乱すのはよろしくないでしょう。三人で行動しろ、と先生も言っていましたが」

ξ゚⊿゚)ξ「いいのよ。ブーンなんて」

(;^ω^)「ま、ままま待ってくれお!!よく分かんないけどおいてかないでくれお!!
       あ、謝るお! ごめんちゃいちゃいだお! ふひひ、つ、ツン。ねえ僕と君の仲だお? 許してくれお」

ξ゚⊿゚)ξ「……もう我が侭言わないなら、いいけど」

( ^ω^)「言わないお! さすがツン!僕の幼馴染だおwwwwふひひww」

('A`)「それで、どこへ行くんですか?」

( ^ω^)「もちサンダーだおwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「だからジェットコースターはドクオ君乗れないのよ? 別の所にしましょう」



46 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:24:37.35 ID:V6xTw0w20
  
( ^ω^)「えぇ? ジェットコースター乗らないで何に乗るっていうんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「ドクオ君はどこか行きたい所ある?」

('A`)「お腹が空いたので昼飯にしたいですね。今なら空いているでしょうし」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、ご飯にしましょうか」

( ^ω^)「まだ腹へってないお。朝飯ご飯三杯食ってきたし」

ξ゚⊿゚)ξ「あんた、そんなんだから太るのよ」

(*゚ー゚)「ねえねえ、お母さんどこ……?」

ξ゚⊿゚)ξ「え? やだ、迷子だわ」

(*゚ー゚)「お母さんいなくなっちゃったの」

('A`)「ふん。これだから日本の親はダメだ。すぐに子供から目を離し、自分のしたい事を優先する」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:25:21.31 ID:rivxnNBk0
どっちもうぜえwwwwwww

48 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:28:42.52 ID:V6xTw0w20
  
(*゚ー゚)「ねえ、お母さん……」

( ^ω^)「ツン、早くサンダー行くおwwwもう体がサンダーの体になってしょうがないんだおwww
      よし、これは行くしかないwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「ダメよ。この子を迷子センターに送り届けないと」

('A`)「ここからじゃ遠いですね。近くの係員に事情を言った方がいい。秘密の通路を通してくれるはず」

ξ゚⊿゚)ξ「そうなの? じゃあ、係員さんを呼びに行きましょう」

( ^ω^)「えー。歩くのダルいお……」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、ブーンはここで子供を見ててよ。私達が呼んで来るから」

( ^ω^)「え? ツンがいくなら僕もいくお!!」

(*゚ー゚)「ねえ、お母さんは?」

( ^ω^)「おい!服掴むなお!!これ原宿で買った勝負服なんだおコラ!!」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:29:37.22 ID:jEnSq6wt0
うぜえええええええええええ


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:30:17.41 ID:tlYX5WwV0
ブーンだめすぎる


51 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:32:43.37 ID:V6xTw0w20
  
(*゚ー゚)「うぇぇぇ……」

(;^ω^)「泣いたって知らないお。って、ツン? どこ行ったお!?」

(*゚ー゚)「くすん」

(;^ω^)「ツーン! 待ってくれお! 僕も一緒に行くお!一人はつまんないお!」

(*゚ー゚)「待って、待って……」

タタタ……


ξ゚⊿゚)ξ「こっちです! って、あら?」

('A`)「いないですね」

('、`*川「ええと……?」



52 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:36:37.60 ID:V6xTw0w20
  
ξ゚⊿゚)ξ「もう、どこに行ったのよあいつ!」

('A`)「彼の性格からして、どこかアトラクションにでもいったのでしょうね。
    ビッグサンダーマウンテンが本命、といったところでしょうか」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、そこに行って見ましょう。すいません、係員さん」

('、`*川「いえ、私は大丈夫です。ほんと」

('A`)「それが仕事ですからね。まあ、今回のトラブルは不運としか言い用がありませんが、頑張って下さい。
    サービス業をしていれば、こんな事はザラですから」

('、`*川「は、はぁ(なんで高校生に説教されてんだろ)」



56 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:40:43.08 ID:V6xTw0w20
  
タッタッタ

(;^ω^)「あれ? 戻ってきてると思ったらやっぱりいないお……」

(*゚ー゚)「はぁはぁ、疲れた……ふぇぇん」

(;^ω^)「我が侭言うなお!僕だって走って疲れてんだお!つーか迷子なら他の大人に助けてもらえお!」

(*゚ー゚)「うえええん……」

(;^ω^)「座り込むなお!あああ、うぜぇぇぇぇ!!」

( ^ω^)「あ、いい事思いついたお。この子供をドクオに預けちゃえば、僕とツンは二人っきりで遊べるお!」

( ^ω^)「フヒヒ、天才現る。よっしゃ、おい行くお!」

(*゚ー゚)「おかーさんのとこ?」

( ^ω^)「はいはいそうだおwww」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:42:18.98 ID:66tCuGHB0
だめだこいつww


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:42:44.30 ID:0l5RYWxV0
ブーン頭イってるwww


61 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:46:21.02 ID:V6xTw0w20

ξ;゚⊿゚)ξ「うわ、凄い混んでる……」

('A`)「これじゃ彼がどこにいるのか分かりませんね」

('、`*川「私が列を見てきます。少々お待ち下さい」

ξ゚⊿゚)ξ「すいません、お願いします」

タタタ

('、`*川「すいません、お客様。失礼します。すいません」

( ФωФ)「いてぇ!おい邪魔だよ!」

('、`*川「も、申し訳ありません」

( ^Д^)「店員が割り込むなし」

('、`*川「すいません……」

タッタッタ



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:49:20.88 ID:IzLWEZWxO
ブーンのウザさが半端ないなw


64:1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:49:23.08 ID:V6xTw0w20
 
ξ゚⊿゚)ξ「あ、プギャーにロマネスク!」

( ФωФ)「げっ! ツンじゃねーか!」

ξ゚⊿゚)ξ「あんたら、ブーン見なかった?」

( ^Д^)「はぁ? 俺ら30分くらい並んでるけど見てねーぞ」

('A`)「30分前ということは、普通に考えてブーンはここにはきていない、という結論になりますね」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね……。あいつ、どこに行ったのかしら。携帯も電源切れてるし」

('A`)「別の所を見ましょう。もしかしたら、スペースマウンテンの方かもしれません」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ。可能性はあるわね」

('、`*川「はぁはぁ……すいません、通路が狭くて、奥の方までは行けませんでした」

('A`)「あ、もういいです。ここには居ないみたいなんで」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 13:50:48.72 ID:66tCuGHB0
係員カワイソスwwww


68 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:51:25.73 ID:V6xTw0w20
 
( ^ω^)「つっても、あいつらどこに居るんだお?」

(*゚ー゚)「あれ乗りたい」

( ^ω^)「ああん? ジャングルクルーズ? あー、あれつまらんからやめとけ」

(*゚ー゚)「乗りたいー」

( ^ω^)「我が侭言うなお!!!」

(*゚ー゚)「ふぇぇ……」

( ^ω^)「あーあー、うぜぇ。これだからガキは困るお。乗ればいいんだお、乗れば。どうせつまらんけど」

(*゚ー゚)「やったー」



69 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 13:54:32.65 ID:V6xTw0w20
 
( ・∀・)「おぉっと、滝だー! 舵をとれー!」

( ^ω^)「うおおおおおwwwww死ぬぅぅぅwwww」

(*゚ー゚)「きゃー!」

( ・∀・)「ああ、あれは首狩り賊だあああ!!」

( ^ω^)「弓や、弓を放ってきたでえぇぇえぇぇあたまさげろおおぉぉぉ!!」

( ・∀・)「お兄さん、私の台詞奪わないでほしいなー」

( ^ω^)「サーセンwwwwwwはいはい洞窟ktkrwwww」

(*゚ー゚)「うわー。暗くて見えない」

( ^ω^)「どうせ中にランプありますからwwwwしょせんアトラクションっすからwwwエジプトもどき乙wwww」

( ・∀・)「いいえ、ここは古代の遺跡です。アトラクションじゃないよ? お兄さん自重してよ?」



77 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 14:00:02.09 ID:V6xTw0w20
 
('、`*川「はぁはぁ……見てきましたが、見当たりませんでした」

ξ゚⊿゚)ξ「うーん、ここにもいなかったかぁ」

('A`)「思ったんですけど、アナウンスすればいいんじゃないんですか?
    わざわざ手探りで探すのはあまりにも効率が悪いと思うんですけれど」

('、`*川「そ、そうですね。じゃあアナウンスを流してもらいますね」

('A`)「それくらい、パっと思いつかないとダメですよ。まあ、見た所まだ入社して三年ってところですか。
    今度、同じようなケースがあったら、すぐにアナウンスしてくださいね」

('、`*川「……助言、どうもです」

('、`*川(てめーらが勝手にあれこれ決めてたんじゃねえかぁぁぁ! 今さら上から目線でわかった風に言うんじゃねー!
     このゆとりが! 金貰ってなかったらシメてんぞクソボケカス! 血眼のぺニサスっていやぁここらじゃ有名な(ry

('、`*川「もしもし、えー、アナウンスお願いします。特徴は・・・」



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:00:43.82 ID:cEffS9nHO
ペニサスwwwwwwwwww


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:01:33.39 ID:1msjRrsi0
wwwwwwwwww


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:02:38.36 ID:tlYX5WwV0
ペニサアアアアアスwwwwwwwwwww


81 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 14:03:24.47 ID:V6xTw0w20
  
ピンポンパンポーン
「お客様にお知らせします……」

( ^ω^)「やっべ、そういえばそろそろ集合時間だお」

(*゚ー゚)「しゅうごうじかん?」

( ^ω^)「あかん! お土産買ってないお! おい、早く来いお! お土産買わなきゃあかんねん!」

(*゚ー゚)「おみやげー」

( ^ω^)「まずはクッキーと、ぬいぐるみと、サーベルと……何? マジックセット? ほう、これは帰りのバスでヒーローになるチャンス」



84 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 14:07:05.10 ID:V6xTw0w20
 
迷子センター

('A`)「そろそろ時間ですね。入り口に行かないと」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね……。すいません、係員さん。迷子の子、よろしくお願いします」

('、`*川「は、はぁい。わかりました。集合時間じゃしょうがないですよねー」

ξ゚⊿゚)ξ「全く、ブーンってばほんとトラブルメーカーなんだから」

('、`*川(散々引っ張りまわしておいて、お礼の一つも無しか? ああん? 助けてもらって当然ですか? 神様ですか?
     しまいにゃ切れるよ。そろそろ切れるよ。仕事じゃなかったら切れてるよぺニサスさんマジ切れですよ)

('A`)「あ、係員さん」

('、`*川「はい?」

('A`)「お疲れ様」

('、`*川「……」

('、`*川「ど、う、も!」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:09:18.46 ID:1msjRrsi0
なごんだ


86 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 14:09:27.24 ID:V6xTw0w20

('、`*川「ったく、問題残して行きやがってワレェ。ほんま気分悪いわー」

バァン!!

「すいません!!私の子が迷子なんです!!」

('、`*川「は、はぁい?」

「まだ六つなんです!!ああ、あの子に何かあったらどうすれば……!お願いです、探してください!!」

('、`*川「分かりました。落ち着いてください。今、アナウンスを流しますから、お名前と……」

「そんな悠長に待ってられないんですぅぅ! 私の子に何かあったらどう責任とってくれるんですかぁぁ!!」

('、`*川「うげぇっ! お、お母さん、落ち着いてください! 首、首しまっとるがな!!」





88 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 14:12:47.38 ID:V6xTw0w20
 
……



( ´∀`)「集合時間だモナー。班長はメンバーの確認をして、バスに乗れモナー」

ξ゚⊿゚)ξ「あの、先生。ブーンが、そのぉ……」

( ^ω^)「おーい、ツン!」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン!? あんた、一体いままでどこに……」

( ^ω^)「いやー。散々だったお。このガキに連れまわされて疲れたお」

(*゚ー゚)「えへへー」

ξ゚⊿゚)ξ「ちょ、ちょっと。この子、連れてきちゃったの?」

( ^ω^)「知らないお。勝手についてき……ぐえ、ツン。何故に首をしめるんだお!?」

ξ#゚⊿゚)ξ「あんたのせいで、こっちは大変だったのよ!」

('A`)「ま、いいじゃないですか。見つかったんだし。
    後は迷子センターに連れて行けば、いいでしょう」



90 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 14:15:30.78 ID:V6xTw0w20
 
( ^ω^)「おおう、ドクオナイスフォローだお」

('A`)「別に君のフォローをしたつもりはありませんがね」

ξ゚⊿゚)ξ「全くもう……。でも、この子が無事でよかったわ」

( ^ω^)「ちょwwww僕はロリコンじゃねえおwwww」

('、`*川「ちょっと、お母さん! だから、迷子センターで待ってた方が……」

「ええい、うるさいわね! 我が子がいなくなってじっとしていられるもんですか!
 ……ああ! しぃちゃん!」

(*゚ー゚)「お母さん!」

「ああ、ああ! よかったわ! 見つかってよかった!」

(*゚ー゚)「ブーンと、遊んでもらっていたの」

「そうなの? よかったわ。もう心配で心配で……。あの、この子を見ていただいてありがとうございました」

( ^ω^)「いやぁ、そんなwwwwwwwお礼は菓子でいいっすよwwww」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:17:30.62 ID:4kLNyU850
ブーンwwwwwww都合のいい野郎だwwwwwww


92 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 14:18:55.08 ID:V6xTw0w20
 
ξ゚⊿゚)ξ「あんたが引きずり回したくせに……」

「ええ、ええ。もちろんお礼はさせて頂きますから。ほら、しぃもお兄ちゃんにお礼をいいなさい」

(*゚ー゚)「遊んでくれてありがとー」

( ^ω^)「いやぁwwww困るなぁwwww僕は別にwww当然の事をしたまでですからwww」

('、`*川「……えーっと」

「それじゃ、しぃちゃん。帰ろうか」

(*゚ー゚)「うん!」

( ´∀`)「事情はよく分からんが、人助けはいい事だモナ。ブーンも立派な大人になったもんだモナ」

( ^ω^)「いやぁwwww僕、テーマパークの係員になっちゃおうかおwwww感謝されるって気持ちいいwww」



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:19:36.12 ID:cEffS9nHO
うぜぇwwwwwwwwww


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:20:27.98 ID:AOd0Ac4zO
ブーン死ねwww


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:20:34.23 ID:FGFXeJm4O
これはウザ面白いwww


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:21:38.18 ID:il/+/aSi0
うぜえwwwwワロタwwww


97 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 14:22:09.82 ID:V6xTw0w20
 
( ´∀`)「バスが出るモナよ。さ、続きはバスの中ですればいいモナ」

( ^ω^)「それじゃ、帰るおwwwww楽しかったZEwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「はぁ。こっちはどっと疲れが……」

('、`*川「……ご来場ありがとうございました。また夢の国へお越し下さい」

('A`)「……」

('、`*川「何?」

('A`)「化粧崩れてますよ。じゃ」

バタン

( ´∀`)「出発するモナよー」

ぶうううん……


('、`*川「ありがとうございましたクソお客様ぁ! またのご来場お待ちしてますよ!!」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:23:10.87 ID:4kLNyU850
ドクオもうっぜえええええええwwwwwwwwwww


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:24:39.62 ID:il/+/aSi0
従業員カワイソスwwwwww


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:25:21.16 ID:rUOkxwXh0
ドクオもウザイwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:25:34.39 ID:FGFXeJm4O
ドンマイペニサスwww


103 :1 ◆zpW0mlvJcY :2008/08/19(火) 14:27:12.10 ID:V6xTw0w20
   
ぶぉぉぉん……。
バスの窓から、光り輝くネオンが見える。

( ^ω^)「今からマジックしまーすwwwあれ? 説明書厚すぎるwww」

ξ゚⊿゚)ξ「あんた、去年もそれ買ってたわよね」

何でもない、平凡な一日が今日も終わる。

( ФωФ)「お前ら、今日何やってたの? 礼言われてたべ」

('A`)「別に」

( ^Д^) 「うぜぇwww」

皆が、幸せと言う名の暖かい気持ちに包まれていた。
そんな中、ドクオはふととある事実に気付いた。

('A`)「あの」

皆の視線が、ドクオに集まる。ドクオは、今日の一日を、この言葉で〆ようと思った。

('A`)「やっぱり寺の方がよかったですね」


fin


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:27:56.87 ID:4kLNyU850
乙wwwwwwwwwww


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:28:05.62 ID:rUOkxwXh0
幸せ台無しwwwwwwwwwwwwwwwwwww


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:28:16.57 ID:il/+/aSi0
乙www


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/19(火) 14:28:27.45 ID:cEffS9nHO
インテリ乙wwwwwwwwww




('A`)ドクオはインテリのようです
ttp://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1219115306/
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/87-96b5c678
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。