長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)ドクオはプロのようです 

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/12(火) 23:45:22.09 ID:M57h7i/50
 
( ^ω^)「蜂の巣wwwwwでけえwwww」

(´・ω・`)「よっしゃwwww危ないから壊そうぜwwwww」

がつんがつん。
ぶぅーん・・・

( ^ω^)「うわあああwwwwwwww蜂でたwwww」

(´・ω・`)「ちょwwwwスズメバチwwww脂肪フラグktkrwwww」

ししゃぱしゃぱぁ!!!

('A`)「……」

(´・ω・`)「すげぇwwwあのおっさんwwww網で蜂全部捕まえたwwww」

( ^ω^)「プロフェッショナルwwwwwうはwwwwどもさんくすでしたおwwww」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 23:45:43.85 ID:uqeBH9yn0
童貞のプロか・・・


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/12(火) 23:47:45.29 ID:M57h7i/50
 
('A`)「蜂だってさ」

('A`)「遊びで生きてる訳じゃないんだよ」

( ^ω^)「え・・・?」

(´・ω・`)「えと、あの」

('A`)「命って何だと思う?」

('A`)「俺はさ」

バキィ!!!!

(´・ω・`)「がはぁっ!!!」

('A`)「痛いか?」

('A`)「痛いって事は、生きてるって事なんだよ」



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/12(火) 23:49:19.82 ID:M57h7i/50

(´;ω;`)「う・・・ひくっ・・・す、すみませんでした・・・」

( ^ω^)「僕達、が、学校でいやな事があって、それでつい蜂の巣を・・・」

('A`)「悪かったな。殴ったりして」

('A`)「蜂にも命があるってこと、覚えておいてくれよ」

ざっざっざ・・・

( ^ω^)(´・ω・`)「ありがとうごじました!!!」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/12(火) 23:51:32.51 ID:M57h7i/50
 
ξ゚⊿゚)ξ「私立じゃなきゃ絶対いや!」

J( 'ー`)し「何言ってるの!そんなお金はありません!!公立しか許さないよ!」

ξ゚⊿゚)ξ「何よ、お母さんの馬鹿!」

バタン!!

ξ゚⊿゚)ξ「何よ、何よ何よ。何にも知らないくせにダメダメって!!」

ξ゚⊿゚)ξ「あら?こんな所に蜂の巣が・・・。ええい、邪魔よ!」

ガンッ!!
ぶぅーーーん・・・

ξ;゚⊿゚)ξ「きゃああああ!クマンバチ!!!???」

しゅぱしゅあぱ!!

('A`)「……」

ξ;゚⊿゚)ξ「た、たすかった・・・あの、ありがとうございました」



6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/12(火) 23:54:23.71 ID:M57h7i/50
 
('A`)「蜂ってさ」

('A`)「無害なやつもいるのに、スズメバチのせいで無益な殺生をされるやつもいるんだ」

ξ゚⊿゚)ξ「え・・・かわいそう」

('A`)「あんたもさ」

('A`)「もっと視野を広げてみろよ」

('A`)「巣ってのはな、蜂がいるから出来るんだよ」

ざっざっざ・・・

ξ゚⊿゚)ξ「そ、そっかぁ。そうだったんだ」

ピッピ

ξ゚⊿゚)ξ「もしもしお母さん?私、公立でいいよ。うん。考え直したの。あのね・・・」



8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/12(火) 23:57:00.99 ID:M57h7i/50
 
( ・∀・)「よーし、今日の授業はマラソンするぞー」

「えー、うぜー」
「熱血なんて今時はやんねーよ先生ー」

( ・∀・)「うるさーい!熱くなれよぉぉぉ!!いくぞおおお!!」

ぶぅぅーーーん。

( ・∀・)「うわあああああ!!蜂のむれだあああ!!皆、伏せろぉぉ!!!」

しゅぱしゅぱしゅああああ!!

('A`)「……」

( ・∀・)「す、すごい。どなたか存じませんが、助かりました!!私、VIP小学校のモらラーと申します!!
     よろしければ、お礼にお茶でも飲んでいきませんか?」





10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/12(火) 23:58:57.15 ID:M57h7i/50
 
('A`)「お前の心は、腫れてるよ」

( ・∀・)「!!!!!」

ざっざっざ・・・


( ・∀・)「俺の教育は間違っていたのか・・・?」

('、`*川「モララーさん」

( ・∀・)「あなたは国語教師のぺニサスさん!!」

('、`*川「あなたが腫れ物なら、私は塗り薬。共に人生を歩みましょう?」

( ・∀・)「・・・はい!」

「ひゅーひゅー!」
「暑いぞ二人ともー!!」

( ・∀・)「こら! 先生をからかうんじゃなーい!!!」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:00:03.90 ID:v2ZItDie0
なんかワロタ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:00:28.15 ID:AchVU6BJO
大根と同じ匂いが


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/13(水) 00:03:17.82 ID:XgtTjHzB0

ドドドド!!!

( ,,゚Д゚)「編集長!!今週のぶん描いてきましたぁぁあ!」

( ФωФ)「悪いけど、もう時間過ぎてるから」

( ,,゚Д゚)「そ、そんな。俺の漫画、今日が最終回なんすよ!?」

( ФωФ)「元々人気なかったしね・・・ギコちゃん。もうそろそろいいんじゃない?」

( ,,゚Д゚)「い、いいって何がっすか!?」

( ФωФ)「社長の息子だから、特別にページあげてたけど・・・もうさ、いらないんだよ君」

( ,,゚Д゚)「そんな・・・読者はどうなるんですか!!」

ぶぅぅぅーーーん

( ,,゚Д゚)「うわあああああ!!蜂だあああああ!!」

( ФωФ)「落ち着け!あしながバチだようわああこっちきたああああ!!

しゅぱあっしゅうすす!!!

('A`)「……」

( ,,゚Д゚)「あ、ありえない。あしながバチを虫とり網で捕まえるなんて。あんた何者だ!?」



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/13(水) 00:07:04.57 ID:XgtTjHzB0

('A`)「ハチミツは甘すぎる」

( ,,゚Д゚)「え・・・?」

('A`)「世の中をブラックコーヒーに例えてみろ」

ざっざっざ・・・

( ,,゚Д゚)「そっか。俺、ただプライドだけ高くて・・・漫画なんてかける人間じゃなかったんだ。
     俺は・・・漫画家をやめる」

( ФωФ)「待てよ。そんな簡単に諦めていいのか?夢ってそんな何か弱い感じで叶うのか?」

( ,,゚Д゚)「っ!!!そうか、おれ自身の弱さがハチミツの甘さ・・・!編集長、俺にチャンスをもう一度ください!!」

( ФωФ)「甘えるな。もううちではページはやらん」

プルルル

( ФωФ)「あ、もしもし。週間ラウンジさんですか?いい新人がいるんですが、そっちで描かせてもらえませんかね?
      うちみたいな弱小じゃ抱えきれない才能でして」



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/13(水) 00:09:42.09 ID:XgtTjHzB0
  
ミ,,゚Д゚彡「こらー!!ハイン、どこにいくー!!授業中だぞ!!」

从 ゚∀从「けっ!!やってられっかよ!!」

バァン!!!

从 ゚∀从「はぁー。何で俺生きてんだろ」

ぶぅーーーーん

从 ゚∀从「っ!!!は、蜂!!」

ミ,,゚Д゚彡「あぶなあああああい!!!」

ぐさぁ・・・!!!

从 ゚∀从「な・・・先・・生?」

ミ,,゚Д゚彡「怪我はないか・・・うぐっ」

从 ゚∀从「先生ーーーーー!!!」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:11:16.88 ID:fERYi2VWO
なんだと……


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:13:59.78 ID:4XnVbbJv0
せんせえええええええええええええええええええええ!!!


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/13(水) 00:14:08.12 ID:XgtTjHzB0
 
ミ,,゚Д゚彡「俺ぁ・・・教師なのに、お前に惚れてた・・・。来世では一緒になりたい・・・」

从 ゚∀从「そ、そんな、死ぬみたいなこと言うなよ!!生きろよ!!俺だってあんたのことが・・・」

ぶうううううん!!!!

从 ゚∀从「誰だ!!!」

('A`)「このトラックを使って今すぐ病院に運べば間に合う!!急げ!!!」

从 ゚∀从「で、でもあんたは!?」

('A`)「俺はこの蜂を片付けてから行く。なあに、たかが三百匹程度だ。さあ、さっさといけ!!!」

从 ゚∀从「あ、ありがとう!!!」

ぶぅうううううん!!!

('A`)「ふ・・・」

ぶぅんぶん!!!

('A`)「お人よしだぜ・・・俺も・・・」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:14:57.09 ID:ieG93YI70
すげえよ、プロだよ、こいつぁ…!


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/13(水) 00:16:15.81 ID:XgtTjHzB0

('A`)「はぁぁ!!!」

しゅぱあしゅぽん!!!!
しゅっしゅ!!!

ぶぅううん!!

('A`)「くそ、数が多すぎて虫かごに入らない!!」

ぶぅううううん!!

('A`)「囲まれた。これまでか・・・」

('A`)「ふふ。所詮は俺もこの程度だったってことか・・・姉さん、ごめんよ」

('A`)「約束果たせなかった・・・」

しゅぱああああん!!

('A`)「!!!」

川 ゚ -゚)「何を勝手に諦めているんだ。ドクオ」

('A`)「ねえ・・さん?」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:17:03.59 ID:2WGAf7+G0
一緒に帰ればいいじゃねーかw


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:17:15.97 ID:IsRL1tnM0
なんかシュール


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/13(水) 00:18:37.92 ID:XgtTjHzB0
  
川 ゚ -゚)「お前は蜂を憎まず人も憎まず暮らしていくと、約束しただろう?」

('A`)「で、でも」

川 ゚ -゚)「今、ここでお前が死ねば、人間と蜂は戦う事になるだろう・・・そうなれば、どちらかの種が滅びる事は必須」

('A`)「だからって、この大群から逃げるのはむりだ!!!どんなにかっこつけたって、人一人が出来る事はたかがしれてんだよ!!」

川 ゚ -゚)「お前は一人じゃないだろう?」

('A`)「え・・・?」

「「おーーーーーーい!!!!」」

('A`)「そんな・・・まさか・・・!」



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/13(水) 00:22:12.70 ID:XgtTjHzB0

( ^ω^)「借りは返すおwwwwwwww」

(´・ω・`)「ふふwwwww泣き言言うなんて、あんたらしくないですねwwwww」

( ,,゚Д゚)「うおおおおおおお!!!」

( ・∀・)「ははは!!!いやぁ、蜂の大群が見えたもので急いで着たら、やっぱりピンチでしたか!!!
     水臭いな!!素直に助けをよんでくれればいいのに!!!」

('A`)「みんな・・・どうして」

川 ゚ -゚)「お前が紡いだ人の絆だ」

川 ゚ -゚)「お前は一人じゃない。一人では何も出来なくても、皆と一緒ならどこまでもいける。そうだろう?
     蜂の巣は一人じゃ作れないと、父上も言っていたではないか」

('A`)「蜂の巣は・・・一人じゃつくれない・・・!!そうか、あの時の父上の言葉、ようやくわかったよ!!」




33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/13(水) 00:25:04.01 ID:XgtTjHzB0

ぶぅぅぅん!!

('A`)「行くぞ!!はぁぁぁぁああああ!!!」

しゅぱああしゅん!!

('A`)「やった!!全部捕まえられたぞ!!」

川 ゚ -゚)「よくやった・・・これで私も、心置きなくいける・・・」

('A`)「姉さん・・・いやだよ。せっかく会えたのに」

川 ゚ -゚)「私とお前とでは生きている世界が違う。お別れだ」

しゅうう・・・

('A`)「さよならはいわない。だけど」

('A`)「心の中に、別れの涙はネットイン・・・」

しゅぱああん!!

('A`)「さよなら、姉さん」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:26:53.11 ID:telzkZFC0
泣いた


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/13(水) 00:28:13.03 ID:XgtTjHzB0
 
三年後。

川 ゚ -゚)「ドクオ・・・元気にしているか?」

クーはドクオの墓に水をやった。

川 ゚ -゚)「きっとお前は、蜂を、いや命を粗末にする現代の人間達が許せなくて現世に現れたんだろうな」

川 ゚ -゚)「生霊と言う奴か」

川 ゚ -゚)「だけどな、お前のお陰で人間はだいぶ優しさを取り戻したよ・・・。
     人の心はは少しずつ変わりつつある。良い方向に、な」

ぶぅーーーん・・・・

ミツバチが花の蜜を、吸っていた。


fin




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:30:45.21 ID:/AjJIPLJ0
なん・・・だと・・・乙!


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:31:06.22 ID:GywIxmaN0
乙!


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:35:51.50 ID:q4hpC/fHO
乙!


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:38:44.95 ID:6sMKpIz/0



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:40:50.61 ID:ieG93YI70
これは!

乙。


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/13(水) 00:43:12.76 ID:k7QIsmmv0
最後が余りに予想外でした 乙かれ!



('A`)ドクオはプロのようです
ttp://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1218552322/
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/85-313f719c
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。