長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです12 

15 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:19:34.83 ID: +Jfu9JOd0

12.「心母少女 3」


           そこに愛がありますように。


 


 その日は快晴であった。陽光の金色がまぶしい。

木漏れ日が森の中を漂い、空には熱気をはらんだ雲が浮かんだ。


 そよ風が涼しげであった。絶好の散歩びよりであった。

立ちつくすだけで、暖かみと清々しさが味わえる。


 けれども、プルトニーは立ち尽くしても、空気の穏やかな

味わいを知りえなかった。


冷や汗がとめどもなく溢れ、彼女の背中をぬらすし、

からだは完全に硬直してしまっている。


手がおののいて、細かに汗がとびちった。


それでも、目の前の光景から逃げようとは思いもしなかった。


 


 
※劇中劇

16 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:22:53.88 ID: +Jfu9JOd0

 耳にこびりついて離れない。

悲鳴にちかい、自分の金切り声であった。


 光景もよみがえってきた。

涙をうかべて途方にくれるドローレスの表情、

その顔は、プルトニーの凶行を理解できずにいた。


 みえるはずのない、自分の相貌。

ロウのように白い、生気のないその肌……。


 陽炎のように詰めよって、無垢なドローレスの

首に手を伸ばしてゆく。


 映像はそこでとぎれた。

記憶を失ってしまったのかもしれない。

いくら思い出そうにも、断片すらうかんでこない。


そのときの感情の余韻すら、残されていなかった。


 ありていに言ってしまえば、自分が

殺人をおかしたのかすら曖昧であった。


                  


 


17 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:24:35.25 ID: +Jfu9JOd0

「どうしよう……」


 これからどうするべきか。

カレットと一緒にこの世界にすもうと

ばかり考えているので、今回のこの殺人現場

についても、それに準じたものである。


 カレットに殺人鬼とはおもわれたくない。

ならば、これは事故死として片づけるべきだけれども、

そう簡単にうまくいくものであろうか。


 いや、そうさせないとならないのだ。

プルトニーは自分をいましめた。


さしあたっては、この死体に手をつけなくてはならないが、

それよりも、


「……そうだ」


失踪させたほうがいい気がしたのであった。


 


18 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:27:38.65 ID: +Jfu9JOd0

 ドローレスはときどき、町へ出かけるらしい。

今日も、そういうふうに行動し、そして

そのまま失踪した、とさせるべきだろう。


 撲殺体をめのまえに、はたして

カレットがどこまでプルトニーを信用するだろう。


 あるべきではない、最愛のものの死。


その場に直面したカレットが、錯乱しては意味がないのである。


 そう決めると、プルトニーはすぐさま行動にうつした。

ドローレスの遺体をかつぐと、ゆっくりした歩調で

外へでて行った。


 ドローレスの遺体は、すでにつめたくなっていた。

あれほどまでにお喋りが好きで、蝶のように

かがやいていた彼女が、と思うと、友達を失ったようで、

プルトニーは泣き出したい気分になった。


 


19 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:30:11.65 ID: +Jfu9JOd0

 蝶といえば、カレットは、その蝶が

しゅうへんで舞いまわる、花の趣きである。


けっして動きはしないし、静観を

つらぬいているけれども、たしかにそこに根をはっているのだ。


 プルトニーは重いドローレスの身体を

背負いながら、なおも考え続けた。


 わたしはただ、その花を美しいと

思っていただけなのだ。


そして、ただ、その花から

蜜をうばう蝶が、小憎らしくなっただけ……。


だから、だから、……。


  


 


20 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:32:17.83 ID: +Jfu9JOd0

 森のなかは静まり返っていた。

虫の鳴き声などまるできこえないし、鳥たちの

さえずりも今では久しい。


木漏れ日もこのあたりにまで来るとほとんど

見当たらず、鬱蒼とした樹木に

圧倒されるばかりであった。


 厚ぼったい深緑のビロードは、気がつけば

頭上ばかりでなく、視界のほとんどに姿を

見せはじめていた。瘴気がおびやかす。


 ぞっとした。

おまえは逃げられない。決して

断罪からのがれられない。


そんな森からの警告を、きいたような気がしたので……。


 

 汗をぬぐい、のどのかわきをツバで潤おし、

苦心したあげく、とうとうプルトニーは川べりまでたどり着いた。


 


21 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:34:28.70 ID: +Jfu9JOd0

 水面まで近づくと、相変わらずその水流のはげしさに驚かされる。

空をあおぎみると、いつの間にかにび色の雲が全体をおおっていた。


 プルトニーは、それを確認しおえると、

最後の大仕事とばかりに、ドローレスのなきがらを

マイセン河に投げ入れた。


 にごった白濁水が、ぱっと焔たつように飛沫をあげた。

いっしゅん遅れてはじけたった水面の音は、

なんども残響してプルトニーのこころにこもった。


――やった。


 仕事をおえ、プルトニーは生を噛みしめる思いであった。


 ようやく、ドローレスを完全に消し去った。


 この時点で、プルトニーの哀れな死骸は

地平線の向こう側へと流されていってしまった。


――これで、行方不明ということにしてやる。


 


22 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:37:42.59 ID: +Jfu9JOd0


 絶頂ににた至福をえると、プルトニーの

きゃしゃな身体は、いきなり崩れ落ちた。


たちまちおとずれた、湿っぽい罪悪感……!


たちまち燃え上がった、すずしげな幸福感……!


 そのジレンマにプルトニーの精神は

ちからづよく締めつけられてしまった。


 しばらくは立てそうもない。

にわかにそう自覚すると、プルトニーは

底意地のわるい微笑を口辺いっぱいに拡げてみせた。……


 


23 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:40:05.44 ID: +Jfu9JOd0

 しかし、小屋への帰り道のさなか、

いきなりプルトニーは恐怖にまみれた。


 ありもしない、カレットとの痴話げんかが

プルトニーの脳裏によみがえってくる。


――だから、お前は意地汚い女なんだッ!


 カレットが激しい調子でまくしたて、プルトニーをばとうする。


――こすずるい女狐め。じぶんのチッポケな欲望の

  ために、私のたいせつなものを消し去ってしまうだなんて!


 そのカレットは、ドローレスを殺害したことについて糾弾しているらしい。


――それはいわないで!


 自分のむなしい叫び声もあふれてくる。


 


24 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:42:05.78 ID: +Jfu9JOd0

 すすりなきながら言葉をつむぐ、己の声には、

プルトニーも感動を禁じえなかった。


――おねがい……それだけは、あなたが、言っちゃだめなの。

  だって……そうでしょ? あなたは、言っちゃいけないんだもの。


――なにを、言っているんだ。


 つきさすような、冷ややかなカレットの遮り……。


――おまえは何を言っているんだよ。わたしの所有者にでも

  なったつもりか? いいか? なら教えてやろうか。わたしの所有者は……


――だから言わないでぇッ!

 

 その自分の金切り声をさいごに、言葉の応酬はきこえなくなった。

かわりに、もみ合うような騒々しい物音が響いてくる。


 自分がカレットを犯しているのだろうか。

などとかんがえ、悲しみにくれる中、プルトニーは喜びで身体をふるわした。


 


25 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:44:03.14 ID: +Jfu9JOd0

 しかし、真相はどうも違うらしい。


 その物音がとだえると、むなしい静寂がしばらく続いた。

そうして、自分のふるえる吐息が脳内に充ちだした。


 後悔の念にまみれた吐息だった。

夢のなかの自分がなにをしたのか、プルトニーは

しずかに理解した。


 悲しすぎた。


 またも人を殺してしまったのだ。


――あなたがいけないのよ!


 じぶんの声が、鞭のようにするどく響いた。


――あなたがいなければ、こんな……こんな……!


 けれども、そのなじる相手は自分自身や生者ではないらしかった。


もう、この世には存在しない、ドローレスに向けている。


 


27 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:45:59.74 ID: +Jfu9JOd0

――あ、あ、あなたさえ居なければぁ……

  わたしは幸せになれたのぉ……。


――カレットが一人で住んでればぁ……

  わたしは人を殺さなくてすんだのにぃ……。


――あんたさえ、あんたさえ……


 あたまのなかのプルトニーは、死んだ相手を

呪おうとしていた。

もう、自分できくには忍びないほどの激情であった。


しかし、爆発したような声が轟く。


――あんたなんか、居なかったべきなのよ!


――もう私を悲しませないでぇ!!


――死ねっていうつもりなの!?

                 


 


28 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:47:51.43 ID: +Jfu9JOd0

「やめてぇ!」


 たえきれず、プルトニーは叫びあげた。

たちまち脳内の小芝居は、消え去った。


しかし、こんどは現実世界に異変がおこった。

 もうすこしで小屋というあたりで、きゅうに豪雨が

降り注いだのであった。


 突然の宵闇は、遠雷をつれだって訪れた。

ふりそそぐ雨は、たちまちプルトニーのからだ中をぬらした。


 ようやく我に返ったプルトニーは、

そのたぎりたつような黒雲をみ、駆け足で小屋へともどった。


 衣服はすっかり水びたしになって、重苦しい

あんばいとなってしまい、動くのももどかしくなる。


 ようやく玄関までたどり着いたとき、

プルトニーは、寒さと恐怖に打ち震えていた。


 


30 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:49:17.08 ID: +Jfu9JOd0

 雨は止む気配をみせず、それどころか

勢いをさらに増していった。


 ドアの前でプルトニーは立ち尽くした。

風で木々は弓のようにしなり、葉はこそげ落ちていく。


 荒れくるう風と過多の水分で、すっかり

プルトニーの髪は乱れてしまったが、

彼女自身、身だしなみを気にする余裕など持ちあわせていない。


 青ざめた顔で、唖然とするばかりであった。


――この雨は、きっと天罰よ。


 突風が黒雲のもとで"ワンダランド"を輪舞する

このイジメ風景を見つめていると、


絶望的な心もちとなってしまう。


 


31 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:51:19.67 ID: +Jfu9JOd0

――だって、マイセン河が……!


 ただでさえ、大河での嵐は凶暴だというのに、

ましてや氾濫騒ぎを幾度となく引き起こすマイセン河での

出来事となれば、ほうしん状態のプルトニーですら死の危険を感じとれよう。


 暴れ川で有名のマイセン河。

しかし、そんな場所のほとりには、たしかな

ワンダランドが存在していたのだ……。


――あれ?


 小屋のそまつな木片が音をたてている、そのさなかで

プルトニーはふと思いついた。


 それは、いつしかの疑問への回答のようなものであった。


――死ぬために、二人の少女は住んでいた?


                


 


32 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:53:53.34 ID: +Jfu9JOd0

 プルトニーは硬直した。

しかし、くずれたような外見とは裏腹に、

思考だけは、めまぐるしく回転している。


――小さな、二人だけの幸せが……


――いつか、いとも容易く激流に呑まれることを望んで……


――それを念頭に、彼女らはワンダランドを築いてきたのだろうか。


――だとすると、わたしなど……しょせん……供え物にも劣るじゃない。


――その天使のような二人の、憂いにみちた世界では、

自分など、真の意味では眼中にない存在なのだ……。


――けれども、わたしだって、"死にたがり"だ。


――仲間なんだ。わたしだって、なれたかもしれない。ワンダランドの住人に。


 こころは後悔に充ちた。いまさらになって、

ドローレスを殺したことへの感情が、味を帯びていく。


 


33 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:55:51.80 ID: +Jfu9JOd0

 プルトニーの視界は涙でにじんだ

そのとき、どろ道をあるく何者かの姿をとらえた。


弱々しくもかくじつに小屋へ向かうその

姿は、

まさしくカレットであった。


「カレット!」


 カレットは顔をあげてプルトニーの方をみた。

苦しい顔をかくすように、すこし表情をやわらげてみせている。


 彼女のそのささやかな優しさは、プルトニー

の心をつよく揺さぶった。


 たちまち、ドローレスのことなどどうでもよくなった。


 もう、カレットとさえ一緒にいれば、何だっていい……と。


       


 


35 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: >>34 作中作 投稿日: 2008/06/03(火) 23:57:59.05 ID: +Jfu9JOd0

「カレット、カレット……こっち、こっち」


 届くはずもないのに呟きつづけながら、

プルトニーはドローレスについての言い訳を、

そのはじめての切り口を何にしようかと考えあぐねた。


 しかし、そろそろ近づいたという辺りになって、

とつぜんカレットの表情に緊迫がはしった。


やおら目線をとぎすますと、息をのんでから、

なにかをプルトニーへ叫んだが、


「え。なに、カレット?」


声など届くはずもない。


 それでも必死になにかをつたえようと

するカレットに、プルトニーは、訝しい気持ちをいだいた。


 


36 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:59:24.72 ID: +Jfu9JOd0

 よく耳をすませてみると、風の轟音のほかに、

なにやら地鳴りのようなものも聞こえてきた。


 いやな予感があやしく走り抜けた。


 カレットの表情はみるみるこわばり、必死になっていく。


「どうしたの……」


 いわずとも、その予兆は感じていた。

けれども、プルトニーは黙っていられなかった。


「カレット、カレット、助けて……カレット……」


 疲れがいっきに押しよせてくる。

 足がすくんで動けない。


 カレットはもう玄関ちかくまで来ていた。

必死に、プルトニーをさそうように手をこまねいている。


 


37 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/04(水) 00:01:22.35 ID: CC6cFC+20

 もはや地鳴りは風よりも意識させる。

地面が揺れている。

プルトニーはもう、感情が溢れすぎて

なにがなにやらわからなくなってきた。


 くずれ落ちそうになったそのとき、

プルトニーはカレットの叫びをやっと理解した。


 こう叫んでいる。


「ドローレスはどうした?」


 むろん、こればかりカレットは言いつづけたわけではない。

しかし、プルトニーの耳にようやく

とどいたそれは、彼女の意識を砕くには充分なものであった。


――カレットが手を差し伸べているのは、私じゃないんだ。


               


 


38 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/04(水) 00:03:25.01 ID: CC6cFC+20

 拒否したくなった。

その手がもとめているのは、自分でなくドローレスなのだと考えると。

けれども、カレット自身の魅力をおもいかえすと、

抗えない自分に気がつく。


 豪雨でぬらされ、突風でひやされた

純白の腕が、プルトニーの目の前に差しだされる。


 そのあいだもカレットは執拗に

なにか、叫びつづけていたが、プルトニーの耳にはすでに届かない。


プルトニーはふるえる腕を差し伸べようとした。


しかし、結局それは果たされることがなかった。


 マイセン河は決壊し、小屋をたちまち破壊し、

そのざんがいと、少女らとをいっきに押し流してしまったのである。……


    




40 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/04(水) 00:06:53.34 ID: CC6cFC+20


          *


 あれくるう波は小屋だけでなく、その森自体を

半壊させた。森の翳りもいまや不吉なものから

悲惨なものへと変り果てた。


 ふしぎなことに、豪雨は、森をほろぼした

その瞬間からたちまち雲散した。

風もふいにやみ、黒雲からは太陽が気恥ずかしそうに顔をのぞかせた。


 生きのこった小鳥たちが鳴きごえをたてた。

黒雲はきゅうにひび割れだし、そうして分裂して

蒼穹に舞台をあけわたした。


 それは、プルトニーのかんがえるような、

ドローレスからの、あるいは別のなにかからの裁きだったのだろうか。


 ドローレスの骸は水の底に沈んだのだろうか。

のちになっても、発見されることはなかった。

                          


 


43 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/04(水) 00:10:10.61 ID: CC6cFC+20

 たそがれ色のつよい太陽を浴びながら、

プルトニーは、ふいに目をさました。


 どこかの浜辺にいきついたらしい。

たっぷり衣服が水をふくんでいたせいか、

砂と一体化したように、黄土いろにまみれてしまっている。


 涙でにじむ視界。


――ここはどこなんだろう。


 孤独をおさえつつ、あたりを見回した。

どうせ何もないとふみつつの行為であったので、

カレットの身体がすぐそばで投げ出されていることには、


――あッ……


驚かずにはいられず、視界はさらに滲んで万華鏡めいた。


 


44 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/04(水) 00:12:26.02 ID: CC6cFC+20

 いままでの葛藤などすべて忘れ、必死で

カレットの身体をゆり動かした。

かすかな吐息とぬくもりが、プルトニーを安心させた。


「……ここは……」


 しばらくゆすり続け、ようやくカレットの口から

そんな言葉がもれた。


――ここは、新天地よ。これから、二人でワンダランドを作りましょうよ。


 プルトニーはそう囁こうとした。

しかし、感動のあまり言葉にならない。


そうまごまごしているうちに、


カレットのつぎの言葉がプルトニーの耳にとどいた。


 


45 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/04(水) 00:14:29.62 ID: CC6cFC+20


 


 


「あなたは……? ここは……どこでしょう?

 ドローレスという娘を、知りませんか?」


 


 


   


47 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/04(水) 00:16:19.94 ID: CC6cFC+20


――プルトニーは、すべてを憎んだ。


 


 


 


 


カーテン・フォール


                        「心母少女 3」 終


 


 


 
 
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/47-6fbebe4b
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。