長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです11 

5 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:04:46.76 ID: +Jfu9JOd0

11.「心母少女 2」

           木漏れ日のピエロの独白。


 


「あらいやだ。砂糖が固まってるじゃないの」


 ドローレスが頓狂な声をあげながら、砂糖がつまった皮袋を取りだした。

手で袋の感触をたしかめてから、寝ぼけ眼のプルトニーの方を振りかえって、


「ごめんなさいね、朝のコーヒーはもうちょっと時間がかかりそう」


 というので、プルトニーは慌てて、


「あ、いえお構いなく」


 昨日の興奮がまるでさめやまない。

いまでもあの喘ぎ声が、頭のそこから響いてくる。

ドローレスの顔を直視するのは、つらい。


 狩猟にむかったというカレットさえ居れば、

まず、プルトニーは声さえだせなかったろう。


                      


 


 
 
※劇中劇
 

7 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:06:37.92 ID: +Jfu9JOd0

 朝、起床したそのときからプルトニーは憂鬱であった。

夜半の痴態は丑三つ時も過ぎると終わってしまい、二人は手を繋ぎながら

眠ってしまったので、


不消化感をかかえたまま、プルトニーはベッドに戻ることになった。


 それでも、木々にかこまれたこの小屋での目覚めは快適だったし、

朝食もあいかわらず素朴で美味しい。


 あいにくプルトニーが目を覚ましたころには

カレットは狩りに出かけていたので、彼女に鉢合わせすることなく

ドローレスに「おはよう」と告げることができた。


            *


「ハーブを栽培しているの」


 生計の立てかたについて、ドローレスは嬉しそうにかたった。


「昼になれば売りに出かけるけれど、カレットは帰ってくるわ」

「あら」


 おもわずプルトニーは声をあげた。カレットと共にじかんを

共有できるのは、何であれ、ありがたいというよりない。


 


8 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:08:15.30 ID: +Jfu9JOd0

 プルトニーの頭のなかでは、すでにカレットと一緒にいたら、

という想像でうめつくされていた。


 目の前のドローレスのことなど、もう考えのそとであった。

もうカレットにふる話題を模索したり、あるいはその反応を予想していた。


 そうしていつしか、はやく昼になってほしい、

ドローレスがさっさと居なくなってしまえば、と願うようになった。……


・・ ・・・

・・・ ・・・・


 しかし実際そのときが来ると、プルトニーは極度の緊張に

おちいってしまった。


 「大丈夫?」というカレットのいたわりにも、

全身が硬直してしまって、返事ができない。


「腹痛かい? だったら薬草を煎ずるが……」

「あ、いえ、違いますの」


 プルトニーのいえる言葉といえば、そのていどであった。


 


9 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:10:37.47 ID: +Jfu9JOd0

 あらためて顔を見合わせると、プルトニーは

カレットの美しさにまたおどろかされた。


 アーモンドの形をした、幻惑的な眼と、その下にできる

下弦の月のような涙袋が、たいへん色っぽい。

 

 まつげの伸びようとあわせると、人形と遜色ないといえた。


 もし、この女性を自分のものにすることが出来れば、

それはさぞ素晴らしいことに違いない。


 ここまでプルトニーのこころをゆり動かす

人物というのは、いままで居なかった。


 いますぐにでも、手をひいて森を駆けぬけたい。

抜けたあたりでむりやり接吻したい。

そうして、ドローレスと毎晩おこなう痴態を、その場で繰り広げ……。


 目の前のカレットこそ肝心なのに、どうしても

脳内で繰広げられる極楽へ意識がむかってしまう。


 会話に力が入らないが、もとより

カレットはあまり口を開かないので、そのてんは心配いらなかった。


 


10 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:12:18.41 ID: +Jfu9JOd0

 カレットの焼いたクッキーはほろ苦くも甘くて美味しかった。

かわいた感触なのに、どこかみずみずしい。

ほのかに残ったぬくもりがいつまでも口内にのこった。


 カレットの淹れたお茶は、この世のものとは

おもえぬほど美味であった。

喉がなんどもお茶を飲ませろとせがんだ。


けっか、何杯も何杯もお代わりをしてしまい、

トイレが近くなったことは、プルトニーの恥であったが。


 カレットとワンダランドで過ごすこのひとときは、

ぎこちないが、どこか清々しいものであった。


――ドローレスはいつも、このひと時を……


 プルトニーは、今は居ない家主の一人のことを思った。

彼女こそが、カレットを所有しているといえるただ一人の人物であろう。


この初恋のような甘い時間も、メルヘンチックなこの空間も、

そしてカレットの身体も、心をも得ているのだから。


 


11 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:14:47.20 ID: +Jfu9JOd0


 プルトニーはしかし、カレットがドローレスの身体を

欲しているという逆の可能性については認めたがらなかった。


 そうなれば、ドローレスを引き離したところで

カレットの心が自分に向くわけがないではないか……。


 ここまでいき着いたところで、プルトニーは

自分がなにをのぞんでいるのか、たしかに実感した。


 細い指をカップにまきつけて、慎ましそうに

お茶を飲むカレットを見やりながら、プルトニーは心の中で

憎々しげにつぶやいた。


 


 ドローレスさえ、居なければ。

 


 


   


 


12 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:16:39.59 ID: +Jfu9JOd0


 


                *


 そのよるもカレットどドローレスは愛し合った。

プルトニーはもう、途中から覗くのをやめてベッドにもどり、

悶々と苛立ちをつのらせた。


 愛は夜ごとに憎しみに濡れた。

そのうち腐ってしまいそうだと、プルトニーは無心でこぼした。


いや、すでに腐ったのかもしれない。


 愛がゆがんで、そうしてゆがんだのちに

殺意へと変貌するさまを、いま、噛み締めているのだから。


 


 


 


14 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/06/03(火) 23:18:29.37 ID: +Jfu9JOd0


 


 その翌日、カレットの居ぬ間に、


ドローレスが頭を強く打って死んだことは、


のちにも記述されているとおり、


たしかな事実であった。


 


 


                        「心母少女 2」 終


 


 


 


 
 
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/46-d95376ad
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。