長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです7 

3 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:09:49.87 ID: 3XiCbO1A0

7.惑る妾とその運命


二〇一〇年。薔薇が咲き誇るには僅かに早い、春の月。


N県の山間に建てられたその一軒家は、見たところ白亜の賽といった風情で、

窓らしい窓も、一角に一つあるかないか程度のもので、はたから見れば人が住んでいるとは思えない。


その建造物の周りには桜が生い茂っていて、季節の見合ったこの頃は薄ピンクに飾られている。

しかし、咲き誇りから日が経っているためか、地面には桜の花弁が散っているし、枝にもまばらに緑が見受けられた。

風にそよぎ、あるいは雀が梢を飛び立ってかすかにたわんだとき、桜の一片々々は数枚空気に乗ってしまう。


裏手には見栄えするローゼン・ガルデンがあるという、

この一軒家の前で、内藤は長岡を連れ添って、呼び鈴を鳴らした。


家主の名は荒巻スカルチノフといい、内藤の義兄に当たる人物だった。


ツンの実の兄である。


 



4 名前: ◆tOPTGOuTpU 投稿日: 2008/04/16(水) 23:12:27.35 ID: 3XiCbO1A0

・・ ・・・


/ ,' 3「お~、いらっしゃいいらっしゃい」


( ^ω^)「どうも義兄さん、ご無沙汰してますお」


( ゚∀゚)「はじめまして、付き添いの長岡といいます」


サントリーフラワーズを去年に退職し、独り身でノンビリと余生を花と

共に過ごしている荒巻は、義弟の来訪を快く対応した。


廊下を渡り、居間に通される。

一人暮らしするには有り余るほどの広さと家具の多さで、内藤は少し驚かされた。

出窓からは裏庭が一望でき、扇型の薔薇園が緑に眠っているのを知れた。


( ^ω^)「花季はまだなんですかお」


/ ,' 3「ウン。もうちょい時間が経てば、すごいモンが見れるかもしれんぞ」


そういう荒巻の顔には誇らしげな笑みが張り付いていた。


 


5 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:14:52.29 ID: 3XiCbO1A0

( ^ω^)「ほお、どんなものなんですかお?」


/ ,' 3「ウム、あれはほら、扇の形をしていよう?

    私は土嚢の改良を施して、薔薇がまるで扇を開くように開花させようとしとるんだよ」


( ゚∀゚)「それはすごい」


/ ,' 3「まあ、多分……だがね。

    グラデュエーション具合や、マルチングの準備は完璧だから、今年は完成するだろうて」


ホッホと笑いながら、来訪者の二人をソファに腰掛けさせると、台所へフラリと入った。

そうして桜餅と番茶を手に戻ると、自らもソファに座り込んで、談話を開始した。……


内藤は花に詳しくは無いが、娘のデレが好きというので、それなりに

荒巻の植物研究の秘話は楽しめた。

なによりデレと荒巻は仲が良かったので、合間々々のその情報は、安らぎさえ与えた。


/ ,' 3「デレちゃんなァ……懐かしいのう。ペニサスちゃんも、愛らしくって……」


( ^ω^)「………」


/ ,' 3「デレちゃんは、わたしのくだらない話に目をランラン輝かして、もうほんとに……

    純粋で、人思いのよくって……。

    ペニサスちゃんも、引っ込み思案だったけど可愛らしくって、薔薇が好きだった……」


 


6 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:17:41.33 ID: 3XiCbO1A0

目を閉じ天井を仰ぎながら、荒巻は呟くようにいった。


/ ,' 3「デレちゃんはペニサスちゃんのことを本当に思ってたねぇ……

    わたしと指きりげんまんしいてるときの、あのあどけない瞳……どんな花よりも輝いていたよ」


( ^ω^)「……二人とも、自慢の娘でしたお」


/ ,' 3「しょうじき、わたしはアンタが羨ましかったぐらいでねw」


そういって朗笑すると、視線をテレビの上部へ向ける。

そこには写真が飾られていた。

日付は二十年ほど前の、薔薇園をバックにした、荒巻とデレとペニサスを撮った写真だった。


白色のワンピースを着、無邪気にピースをするデレ、

まったく同じ朗笑をした荒巻、

青色のワンピースを着、人見知りな表情を浮かべるペニサスが、小さな写真の中に収まっていた。


( ゚∀゚)「………」


( ^ω^)「………」


 


しばらく見つめるうち、荒巻の表情に物寂しさが加わった。

朗笑と相まって、ひどく悲しげだ……と内藤は唇を噛み締める。


 


8 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:20:39.13 ID: 3XiCbO1A0

気がつくと荒巻は、笑みを浮かべるのをやめて俯いていた。

ポツリポツリと話を続ける。


/ ,' 3「ツンも逝ってしまった……デレちゃんも、そして……ペニサスちゃんも」


( ^ω^)「……。はい……」


ふいに荒巻は顔を上げた。

その表情は思慮深いさまに満ちてい、瞳には迷いの色が浮かんでいる。

なにか迷っているのか。

内藤はとっさにそう考えた。


場が沈黙につつまれたそのとき、荒巻は沈んだ声で、


/ ,' 3「……このことは言っていなかったね。……ツンが、口止めしてよと言ってたから……。

    ツンの名づけた、荒巻の血を持つ女の、悲しい運命を」


荒巻の血を持つ女の、悲しい運命。


( ゚∀゚)「!?」


(;^ω^)「……!」


その語感の持つ、恐ろしい硬質加減は、一気に二人の身体を強張らせる。


 


10 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:23:37.02 ID: 3XiCbO1A0


/ ,' 3「空恐ろしいだろう? ……だが意味は簡単だ、"荒巻家の女は早死にする"。

    あれでも、ツンは長かったほうでね……」


しみじみ語る、荒巻の口の端は俄かに下がった。


/ ,' 3「ツンが交通事故に遭ったとき……私はそれの強さに驚かされた。

    あんたにも言おうかと思ったが、ツンの言葉が脳裏に焼きついて、結局言えなかったな」


( ^ω^)「……大丈夫ですお」


/ ,' 3「デレちゃんも行方をくらまし、ペニサスちゃんが自害したときも、

    私は言おうかと思った。が……絶望したあんたを見てると、とても呪いなんて言葉を口に出せず……」


荒巻は頭を下げ、内藤に詫びた。


/ ,' 3「すまない……。"呪われた運命"だなんて、冗談に聞こえるかもしれない。

    だが、本当に実在するんだ」


( ^ω^)「信じますお」


/ ,' 3「すまない……」


依然、荒巻は頭を上げようとしない。


 


11 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:26:35.14 ID: 3XiCbO1A0

重く、粘ッこい空気が覆いかぶさった気がする。

内藤も長岡も、口を開くつもりになれなくなってしまった。


視線も無意識のうちに下へ向かってしまい、姿勢もかたくなり、

ソファの背にもたれかかる真似は、出来そうにもない。


これでは、尋ねた理由……ツンの書いたという小説、

「心母少女」の話題を出すことすら憚られた。


荒巻の心情に共感し、目的をウッスラ忘れている内藤はともかくとして、

第三者でしかない長岡は、このままウヤムヤのうちに終わってしまうのではないか、と危惧してしまう。


ややあって、荒巻が口を開いた。


/ ,' 3「ツンも……自身の運命を危ぶんでいて、自分で自分を守ろうとした……。

    それが、小説を書くことに結んだらしい」


( ゚∀゚)(;^ω^)「!!」


まさか。

二人が問い質す間もなく、話は続く。


/ ,' 3「……それが功を為したか、今となっては定かではないが……」


 


12 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:28:53.73 ID: 3XiCbO1A0

(;^ω^)「も、もしかして……」


こらえきれず、内藤は口を入れた。


/ ,' 3「ん?」


(;^ω^)「その書いたっていう小説のタイトルは……」


/ ,' 3「……ああ。心母少女、というが」


(;゚∀゚)(;^ω^)「……!」


思わぬところから辿り着いた。

いきなり、内藤と長岡は安堵にも、興奮にも似た感情を抱いた。


(;^ω^)「……僕達がきた理由が、その小説なんですお」


/ ,' 3「?」


( ゚∀゚)「その小説に、手掛かりが残されているのかもしれません。

     "呪われた運命"の理由、デレさんの行方、クー・ルーの……」


 


13 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:31:49.99 ID: 3XiCbO1A0

そこまで言うとハっと口を噤んだが、気を取り直すように、


( ゚∀゚)「ともかく、その小説には何かが秘めているように思われます。

     よろしければ、ご拝見を……」


実際、その小説――「心母少女」に、重要な手掛かりが残されているのか。

それは訪ねた二人にとっても定かではない。


ただ、クー・ルーの言葉にその単語が含まれていた可能性や、

デレが失踪直前に読書に興味を持っていたという、内藤の仄かな記憶を頼りに求めたのだった。


クー・ルーの真意を知ることは、デレの行方を追うことになる……。

内藤はにわかに、そう確信していた。

                 


霊視ショウでのあの激情の先に、追い求めている何かの影を見出したような気がして…………。


     


 


14 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:34:28.17 ID: 3XiCbO1A0

/ ,' 3「うーん、しかし、内藤さん、アンタも知っているだろう?

    ツンがわざわざ自作の小説をこの実家に隠した理由……」


内藤は感慨深げに頷いた。


ツンは内藤に自作小説を、決して見せようとはしなかった。

それは、恥ずかしさから来るものかと思われていたが、

今になって考えてみると、例の、"呪われた運命"が関係してくるように感じられる。


( ^ω^)「……すべて承知の上ですお、その上で、見てみたいんですお」


その呪われた運命もまた、デレの行方を知らす一つの羅針盤となろう。

内藤のその確信には、ガムシャラめいたものも無いわけではない。

だが、十五年も経った今では、形振り構っていられないのであった。


( ^ω^)「おねがいしますお」


/ ,' 3「……まあ、状況が状況だな。それに、もう時効じゃろw

    ちょっと、待ってくれ」


そう言い捨てると、立ち上がって居間を後にした。


 


16 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:36:40.94 ID: 3XiCbO1A0

・・ ・・・


荒巻から手渡されたそれは、黄ばんだ古い大学ノートだった。

この何十年も経ったこのノートに、ツンは小説を書いていたらしい。


興味深いとばかりに、ジッとそのノートを見つめる二人へ、荒巻は丁重に、


/ ,' 3「見て分かるが、かなり古いからページを捲るのも慎重にな」


( ゚∀゚)「この形式のノートですと、横書きなんでしょうか」


出し抜けに長岡の質問が飛ぶ。


/ ,' 3「そう。改行も適度に施してて、ひらがなが多用されてるから読めんことはない」


( ^ω^)「………」


内藤は懐かしい目でそれを見つめていた。

題字の筆跡は、やはり最愛の妻のものに違いない。


丸っこい飛礫文字で書かれた「心母少女」という字面には、一種のカタルシスさえ感じられた。


 


17 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:38:30.11 ID: 3XiCbO1A0

/ ,' 3「説明も……簡単にしとくか?」


内藤としてはどちらでもよかったが、長岡が「是非」と言ったので、そのまま聞くことにした。


/ ,' 3「ウム、まあ簡単にいうと、三人の少女の物語だな。

    川べりに建つ不思議な家を舞台にした……。

    といっても、話自体はそう長くない。そのノートの半分過ぎた辺りで終わるだろう。

    それより問題なのは、この作品にはなんというか、不消化感があるんだ」


( ゚∀゚)「不消化感?」


/ ,' 3「なんというか、解決しきっておらんのだよ。

    私はツンを思い返すたび、これを読むのだが、やはり、肝心のシーンが抜け落ちてるような気がするんだ」


「やはり」、と付け加え、


/ ,' 3「それこそが、"呪われた運命"に関係しているのかもしれん。

    といっても、ツンは独自に調べたわけで、私は特にコトの真相が理解できない。

    まあこれを読めば、なんとなく、運命の理由みたいなものは浮かんでくる。

    

    もしかしたら、運命の発祥を元に書き上げたのかもしれんな」


            


 


18 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:42:13.82 ID: 3XiCbO1A0

なお呆然とする二人に、


/ ,' 3「……しかし、全ての真意は謎のまま。しょせんは憶測だがねぇ……」


( ^ω^)「………」


ならば、この古ぼけたノートから、ツンの心を汲み取ってやろうじゃないか。

内藤がそう決心すると、荒巻は察したように、


/ ,' 3「もちろん、貸し出そう」


( ゚∀゚)「ありがとうございます」


なぜか長岡が返答し、その場は落ち着いた。……


          


 


19 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:44:45.96 ID: 3XiCbO1A0

荒巻邸から離れ、内藤の車は高速道路を走っていた。

ノートを胸に抱え込み、後部座席で黙りこくって座っている内藤へ、

長岡が運転しながら話しかけた。


( ゚∀゚)「はたして本当に、その小説の中に手掛かりが残されているんでしょうか?」


( ^ω^)「まだ開いてない以上、なんともいえないが……」


流れる景色に目をやりながら、内藤は話を続ける。


( ^ω^)「必ず、この小説の、ツンの真意というのを理解してやりたいお。

       クー・ルーは必ず、デレの何かを知っているお。

       そして、クー・ルーにつながりがあるかもしれないこのタイトル。

       さらに、早死にするという運命の暗示という内容。

       僕は絶対、理解したいお」


( ゚∀゚)「その、早死にする、という運命についてなんですが……」


ハンドル操作を怠ることなく、長岡は流暢な口ぶりでいう。


 


20 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:47:00.45 ID: 3XiCbO1A0

( ゚∀゚)「私にはどうしても、……にわかには信じられない話ですね。

     代々続いている、というんでしたっけ? だとしたら、

     それが仮に実在するのなら、私達には対処の仕様が無いじゃないですか」


真剣な表情と口ぶりで、運転を続け、話を続ける。


( ゚∀゚)「目的を整理しましょう。デレさんの行方、クー・ルーの裏、この二つですよね?

     デレさんの行方、こればっかりは、私が入社するはるか以前から始められている。

     もう、会社全体にも、デレさんの行方の真意を知るという感情は、空気めいて流れている。

     こればっかりは、何が何でも譲れませんよね。

     そしてクー・ルーの、霊視ショウでの発言、行動の真意について。

     これは、もしかしたら内藤様に身の危険が及ぶかもしれない、恐ろしいものと考えられます。

     さらに、デレさんの行方と関連があるかもしれないとくれば、現状では最も気にすべき事柄の一つかもしれない。

     ……しかし、これに加えて、呪われた運命の真相だなんて、荷が重いと思いやしませんか?」


内藤には挟む口もない。


( ゚∀゚)「……ともかく、指針をシッカリさせましょうってだけです。

     何もかもに風呂敷を広げすぎて、結局なんの解決もならない、というのが一番恐ろしいことですから」


                       


 


21 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/04/16(水) 23:51:19.10 ID: 3XiCbO1A0

( ^ω^)「……もちろん、分かってるお」


弱々しく返してから、内藤は考えにフケった。


はたして、荒巻の女が早死にするという運命は、本当にデレの行方を報せるものになるのだろうか。

その先にデレが居るとすれば、なんとでも真相を究明してやるつもりだ。

しかし、これは時として逆に替わってしまうのではないか。


デレの行方を知ってこそ、ついに運命のからくりを理解出来るのかもしれない。

道筋が予め決められてい、我々はそれに沿うことしか出来ないのではないか。


デレの行方、クー・ルーの真意、呪われた運命。

これらは繋がっているようで、じっさいに繋がっているのかは定かではない。


ことごとく全てが一本道で、けっきょくデレの行き先が全く分からず、

そのまま自分が朽ちていく……それだけは、嫌であった。


内藤は自分の寿命を考えると、いてもたっても居られない気分になった。


自宅に戻り、「心母少女」のページを開くと、

はやる思いは一気に字面を走っていった。……(心母少女 1へ)


                               (惑る妾とその運命 終)


 


 


 


 
 
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/42-adda751a
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。