長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです3 

30 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 22:44:54.43 ID: JAO+O/oE0

3.霊視ショウ


・・


・・・


( ^ω^)「……というわけでして、とにかく、えー……皆様の発展も、これからを祈ってですお……

      とにかく、乾杯!!」


その掛け声の後に、騒ぎ立てるようにして「乾杯!」という異口同音の声が響いた。


若干へどもどしてしまったが、無事に挨拶を終わらせることが出来、ホっとしながらで内藤は壇上から降りた。

席につくと、フゥと声を漏らす。

秘書が素早く「大丈夫ですか」と声を掛けると、内藤は「いや平気だお」と呟いた。


(;^ω^)「緊張するんだお……」


「あの、霊視ショウですか?」


(;^ω^)「そうだお」


内藤はコクリと頷いた。


 



32 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 22:48:24.28 ID: JAO+O/oE0

会場が突如拍手に包まれた。舞台の方を見やると、どうやら、再びショウが開始されたらしい。

先程のとは打って変わって、ダークなあしらいを施している。

照明は深い紫色で、BGMもシタールを使用したインド音楽であった。


会話はそこで打ち切られたが、内藤はひたすら潜心していた。


今日、ようやくデレの行方が分かるかもしれない。

パーティーということもあり、表の顔は笑っていたが、裏はどうしようもない不安に満たされていた。


内藤は妻のツンと、次女のペニサスを失っていた。

だからこそ、不安でタマラなかったのだ。

デレまでもが……もうこの世から居なくなってしまったのではないか、と。

どうしても振り払いきれない幻想であった。


だが、家族の女が全て、自分の元から去っているという事実は、あまりにも重かった。……

                                    


 


33 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 22:50:47.22 ID: JAO+O/oE0

ふたたび拍手が湧き起こったが、内藤は気にすることなく考えに没頭した。


ツンは……妻は、二十六年前に交通事故に遭ってしまった。


デレは……長女は、十五年前に一枚のハンカチを残して忽然と姿を消してしまった。


ペニサスは……次女は、五年前に一枚の遺書を残して自殺してしまった。


三人のことを、思い出すだけで、胸が張り裂けんばかりに痛んだ。

知らぬうちに己が何かしてしまったような、自責の念が、苛んでいく。

そうして、せめてデレだけは……デレだけは……という儚い希望が、内藤の胸中に拡がっていくのであった。


    


 


34 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 22:54:03.58 ID: JAO+O/oE0

気がつくと、内藤は両手を組んで「お祈り」のポーズをしていた。

そっと外してから、舞台の方にやおら目を移す。


ハインリッヒが躍動していた。

複数のアシスタントと共にステージマジックを披露している。

ダンシングケーンと呼ばれる、ステッキ浮遊のマジックであるが、

視覚効果を最大限に取り入れて、見世物として最大限に昇華させている。……


会場の明かりは、各テーブル毎のアルコール・ランプが主となり、

今まで役目を果たしていたシャンデリアは、現在、ランプの光にキラリと時折反射するのみで、全く休んでいる。


既にメイン・コースは終了し、

客人はマロン・シャンテリーや食中酒のオーヘントッシャンに舌鼓を打ちながら、マジシャン・ショウを楽しんでいた。

だが、彼らの胸中では、モヤが渦巻いていた。


真打であるクー・ルーの霊視ショウに対する、期待と不安が入り交じっているのであった。


 


36 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 22:57:28.92 ID: JAO+O/oE0

一切のメディアに、顔を出さない女であるらしいが、どのような風貌なのだろう……。

世界を又に掛ける霊能力者とは、果たして真実なのであろうか……。

そして、もしそれが真実なのだとしたら、観客である自分のまで厄めいた影響が降りかかるのでは……。

また、本当にデレ嬢は見付かるのであろうか…………という…………。


・ ・・

・・ ・・・・


内藤の緊張感はただごとではなかった。

無理もない。

これから、世界に名を轟かす怪魔人ともいうべき相手に、娘の所在を尋ねるのだから。


(;^ω^)「………」


それにしても……。内藤は俯き加減で、そう考えた。

何故わざわざこの日に、しかもパーティーの最中という条件を、クー・ルーは取ったのであろう。

この日しか……この三月三日にしか不可能ならまだしも……パーティーが終わった後でもいいではないか……。

条件をクー・ルー側から提示されたときから、常に感じてきた疑問であった。


 


38 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:02:26.18 ID: JAO+O/oE0

だが、こちらの言い分には、クー・ルー側は一切妥協しなかった。

仕方なく、パーティーの中に霊視ショウと取り込むという譲歩を、内藤側がすることになった。

非起訴の誓約書をワザワザ書かされもした。思い返しても、涙ぐましい譲歩だと内藤は思った。


単なる売名ではない。これは内藤の考えであった。

何か、裏が……背後に何かが存在するのではないだろうか。

内藤物産への打撃……そんな生半可なものではないような。


しかし、もうこの場ではいくら不満を漏らしても無駄だ。

内藤は振り切るように、エクスプレッソを喉に流し込んだ。


フ……と目を閉じて首を上に逸らす。

頑丈な鎖に吊るされたシャンデリアが、今にも落下して自分の顔に激突するような錯覚に見舞われる。

だが、不思議と恐怖しない。恐怖しない……。

恐、怖……。


内藤は、マジックショウの喧騒の中で、半醒半睡となっていった。……


・・ ・・・


・・・





 


39 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:05:45.13 ID: JAO+O/oE0

内藤が目を覚ました頃、マジシャンショウは終盤を迎えていた。

瞬きながら見たステージの上では、既に、ハインリッヒが軽くお辞儀をしていた。

内藤はハっと覚醒すると、沸き起こる拍手の中で喉を鳴らした。


次だ……。

腋窩がカァっと熱くなり、そうして水っぽくなるのを感じる。

控え室に向かうこともない、いきなりの霊視が、これから始まる……。

面会を全くせず、はじめての対面といってもいい、それが、……今から……。


鼓動が高まり、身体全体が熱っぽくなり、喉がカラカラに渇く。

震える手でエクスプレッソを取ると、途端に水面が痺れたように打ち震えるのを見て驚く。

急いで残りを飲み下す。だが、喉がコーヒーの流し込まれていく感触を全く覚えなかった。


これから行われるショウは、あまりにも非常識だと思う。

だが、これ以外にクー・ルーが許さなかったのだ。

ほとんど、突発的といってもいいような霊視ショウを……。


騒ぎが静まった頃、BGMも止み、空気が移り変わった頃、司会が唐突に叫んだ。


「さて! これからのショウは皆様ご存知の通り! さる世紀の大霊能力者とも言うべき方にございまする!

 そして! 霊視するは内藤様のご令嬢!

 果たして霊能力者様はどのような言葉を、霊の力を借りて麗しい口から発せられるのか!

 それでは、しばらくご清聴に願います!」


 




45 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:15:21.17 ID: JAO+O/oE0

絞られたライトが、暗黒のステージを照らす。

舞台上には、向かって右手と左手側に、椅子が備えられ、

そうして正面奥にはクロスオーバーのレースカーテンが据え付けられている。


しばらくして、カーテンがゆるく戦ぎ、そうして一人の女性が現れた。

しなやかな動作で、スポットライトの浴びる位置に着く。


この人が、クー・ルー……。観客のほとんどは息を呑み、ステージの上の美女を凝視した。

アゼリアベージュ色の艶やかなドレスに身を包んでいるが、化粧らしい化粧はほとんどしていない。

にも関わらず、その面容からは例えようもないほどのオーラが放たれていた。

スっと筋の通った勇ましい鼻梁や、若干垂れた大きな目がそうさせるのか。

はたまた、ほっそりした身体つきや、漆黒の長髪がそう感じさせるのか。


クー・ルーは目礼した。

シンと静まり返った中では、その動作すら異様なものに思われた。

それから、鷹揚な歩きで左手の椅子に腰掛ける。

慌ててスポットライトが彼女を追う。


またも訪れた沈黙は、スタッフすら唖然とさせた。


 


47 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:18:07.04 ID: JAO+O/oE0

もう一つのスポットライトが、内藤の頭上を照らす。

ハっとどよめく中で、平静を保とうとした司会の声が響き渡る。


「……えー! それでは、内藤様! 壇上にお上がりくださいませ……」


台本すら忘れたかのような混乱した声であった。


内藤は、緊張でどうにかなってしまいそうな身体をおさえ、必死で立ち上がると、ぎこちない歩みで進んで行った。

階段を上りきったとき、内藤は心臓が掴まれたような気分に陥った。

クー・ルーと視線が合ったからである。


その瞳の中の虚空が、恐怖を呼び覚ますと同時に、内藤に一つの感覚を与えた。


この娘と……オヤ……? どこか、昔会ったような……という、既視感みたものを……。


(;^ω^)「……どう、も……」


川 ゚ -゚)「よろしくお願いします」


内藤は反対側の椅子に腰掛けると、長く息をついた。

この移動が、とてつもない苦行に感じられた。

だが、文字通り、本番はこれからである。


 


50 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:19:56.58 ID: JAO+O/oE0

唾を飲み込むことすら躊躇われるような空気が、会場を覆っていた。

子供の客など、雰囲気に圧されて今にも泣きそうであった。

だが、泣くことは許されないと理解しているのか、身体を小刻みに篩わすばかりである。


スポットライトは失せ、代わりに舞台全体をあてどなく照らすライトに切り替わる。

内藤の身体に熱が帯びる。慌てて黒のハンカチで顔を拭い、

そうしてクー・ルーに娘のハンカチを渡さねばと思い出す。


川 ゚ -゚)「では、それをお願いします」


自分の考えは見透かされている。内藤は愕然とすると同時に飛び上がるように立つと、

やはりぎこちない動作で向かい側のクー・ルーに、娘のシルクのハンカチを渡した。


六十の老体に、この熱と緊張は危険だ……内藤は半ば朦朧としている意識の中で、そう考えてばかりいた。

クー・ルーがハンカチを受け取り、「どうも」と会釈したときなど、腰が抜けてしまいそうであった。

また……これから、自分の椅子に戻らなければならないのかという……意識が、重く圧し掛かったので…………。


泣きそうになりながら、内藤は自分の椅子に向かって腰掛けた。

頭上で輝く、強い白色の光が体力を奪っていくのを感じる。

額を濡らした汗が、筋をつけながら顎に到達して、それからポタリと舞台に垂れた。


 


54 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: >>48 どこだろう? 投稿日: 2008/03/19(水) 23:22:49.91 ID: JAO+O/oE0

川 ゚ -゚)「…………。ありがとうございます……」


ハンカチを見続けていたクー・ルーは、内藤が椅子に座ったと同時に礼を言った。

こころなしか、クー・ルーの瞳は至純なものへ変化していったようだと、内藤は思った。

だが、悲哀めいたものも感じさせられる……老体はズキズキと痛んでいく。


川 ゚ -゚)「それでは、これからはじめます……。内藤……デレ さんの……行方を、今……」


そう言うと彼女は固く目を瞑り、ハンカチを握りながらわずかに俯いた。

眉根を寄せ、口を一文字に締めており、若干苦悶げにも映った。


再び、水を打ったようになった。

BGMも奏でられておらず、司会ですら困惑しているこの空間は、まさにワンダランドと言えた。


(;^ω^)「………」


内藤は、動悸がおさまらないばかりか、呼吸も難しくなるほどの緊張に襲われていた。

掌から信じられないほどの汗が溢れ、その手で圧していた腿の辺りが濡れそぼった。


ふいに、クー・ルーが顔を上げた。


川 ゚ -゚)「それでは……」


 


56 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:25:30.61 ID: JAO+O/oE0

(;^ω^)「………!」


いよいよ、始まるのか。

はやる気持ちを抑えきれず、内藤は思わず立ち上がった。

観客も同様で、全くの沈黙が一瞬にして破れ、ざわめついた。


川 - )「………」


フッ……とクー・ルーの表情から生気が失せ、そうして椅子に凭れこんだままで気絶した。

ざわめきは更に高まる、彼女の身を起こそうと急いで内藤は立ち上がる。

だが、耳のつんざくばかりの鋭い司会の声がとどろく。


「皆様ご静粛に! ご静粛にお願いします! 内藤様もどうか彼女にお手を触れられぬよう!

 彼女は只今霊とシンクロなさっているのです! どうか、どうかそのままで……」


内藤はピタリと静止すると、おずおずと後方に下がった。

                         


 


57 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:27:57.44 ID: JAO+O/oE0

やがて、クー・ルーの肢体がヒクと痙攣した。

その震えはやがて身体全体に染み渡り、立ち上がっても、まったく止まなかった。

瞼は軽く閉じているが、その痙攣に合わせて、長く伸びた睫毛が揺らいでいる。


クー・ルーはゆっくりと目を開けた。

それから、何度か息を吐いてから、こう口にした。


川 - )「私は……デレです……」


声色こそ違うものの、イントネーションはまさしくデレのそれであり、

内藤は驚きのあまり心臓が張り裂けそうになった。


(;゚ω゚)「……デレ……ッ!」


再度、内藤はゾンビのように前進した。

ヨタヨタと覚束ない足取りで、ただ、ただ娘の憑依体に近づこうと……無我夢中で……。


だが、遮るようにして、彼女は、


川 - )「そのままでいて、聞いてください。……私の、私の、今を……」


内藤は足をとめた。興奮がいよいよ臨界点に接してきている。

内藤の老体は、現状に耐え切れず悲鳴をあげている。


 


58 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:30:33.14 ID: JAO+O/oE0

彼女は両腕を広げて仰視した。

真上から光を受けている彼女は、まさしく女神めいたもののように映った。


嗚々――この女性こそまさしくミューズ……内藤に、恍惚した感情を与えた。


会場の人間は、誰一人として彼女の身体から目を離さなかった。

この人こそ、まさに女神であり、そうして、デレ嬢が今この場に居るのだろうという、確信みたものを持っていて……。


 


川 - )「私は今……この世に居りません……」


(;゚ω゚)「ッ……!」


唐突に、彼女は衝撃の事実を語った。

内藤は膝が抜け、その場にへたり込んだ。観客も同様に苦しげな声を漏らす。

誰もが、その発言にショックを受けていた。……


 


61 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:33:39.81 ID: JAO+O/oE0

続けて彼女は、五月雨式に、


川 - )「私は……殺されました……十五の秋に……」


(;゚ω゚)「なッ……そんな……」


その言葉は会場の全ての人間を震撼させた。

デレのことを詳しく知らず、この霊視ショウに興味を持っていなかった人種ですら、心臓を抉られる思いとなった。

殺人という、あまりに重い概念が、締め付けていく。


次に、天を見つめていた彼女の視線が、ヒタと内藤の顔を捉えた。

能面のような表情で、静かに呟いた。


 


川 - )「実父の……内藤ホライゾンに……私は、殺されました」


 


 


64 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:35:54.93 ID: JAO+O/oE0

瞬間、会場が割れんばかりに、騒然となった。

とうとう泣き叫ぶ子供も現れ、一部の女性客も緊張で咽び泣いた。

それ以外の客は、口々に何かを騒ぎ立てていた。…・・・


(#・∀・)「やめろ! 今すぐこのショーを中止するんだ!!」


怒号が鳴り響き、困惑するスタッフは更に困惑していった。

急いで緞帳が下ろされていく。

騒ぎは静まることを知らず、罵りすら発生していた。……


舞台上では、


(;゚ω゚)「……そんな馬鹿な……馬鹿な……!」


川 - )「………」


曇った修羅場が、発生していた。


 


65 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:38:06.08 ID: JAO+O/oE0

緞帳は完全に下りきり、観客とは隔絶された。

分厚い布の向こうで、周りが混乱していることは充分感じられる。


だが、そんなものは内藤にとって、どうでもよかった。


デレが……自分に、この私に、殺されただなんて……! 


ありえないお……! ありえないお!!


その叫びが内藤の口から発せられることは、なかった。

代わりに、


(; ω )「ッ……。ヒィッ……! ヒィッ……!」


力が抜け、内藤はうつ伏せに倒れこんだ。もう、気力はほとんど消耗してしまった。


慌てて駆けつけたスタッフ達が、内藤を抱きかかえ、起こすも、

内藤はそれを振り払い、力を振り絞って自力で立った。


川 - )「………」 


 


67 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:40:23.94 ID: JAO+O/oE0

(; ω )「……お、教えて……くれお……デレ……!」


よろよろと、今にも倒れそうな動作で内藤はクー・ルーに歩み寄った。

だが、


川 ゚ -゚)「寄るなッ……汚らわしい!」


(;゚ω゚)「ッ……」


一喝し、舞台の上の全てのものを硬直させた。


そうして、静かに語りだした。……


川 ゚ -゚)「どういう気分だ……? 内藤ホライゾン……。この、連続殺人鬼が」


(;゚ω゚)「エッ……な、なん……」


川#゚ -゚)「汚らわしい……女殺しめがッ……!」

                   


 


68 名前: ◆tOPTGOuTpU Mail: 投稿日: 2008/03/19(水) 23:43:16.89 ID: JAO+O/oE0

(;゚ω゚)「おん……な……殺……」


何のことだが分からない。

内藤は混乱の極致に追い込まれた。


女殺し……? なんのことだ、なんのことだ。

まさか、ツンが、デレが、ペニサスが死んだのは……この僕が……そんな馬鹿な!!

それに、デレは死んだわけと……けど、けど……あのイントネーションはまさしく……。


川 - )「……じょを……」


エッ……? 内藤はクー・ルーの小さな呟きを、朦朧とする中で聞き取った。

何だって……「しんぼ」……? それは一体……なん、……?


(;゚ω゚)「デ……レ……っ」


薄れゆく意識の中で、スタッフの「内藤さん!」「大丈夫ですか!」と叫ぶ声

を聞きながら、


内藤は、精根尽き果てて、意識を失った。……


                             


                       (霊視ショウ 終)


 
 
 
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/38-170003cb
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。