長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです 27 

94 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:59:19.28 ID:/kR/MGSF0
27.暗がりのステージ(エピローグ)


会場の照明が落とされてから間もなくして、ステージを閉ざした臙脂色の緞帳が静かにそよいだ。


観客のどよめきが止み、そうして意識がステージに向けられた辺りになると、
いよいよ緞帳は震えながら昇っていき、

隠された舞台を今、露わにした。


銀色のスポットライトが円光を作り舞台の中央を照らすと、途端に白煙と共にシルクハットを被ったマジシャンが姿を現した。
観客の迎えの拍手に対し、ピエロめいたお辞儀の身ごなしをすると、拍手は更に強まっていった。

高尚なハープのアルペジオが会場に響き渡る。

観客は騒ぐのをやめて、マジシャンの存在すら忘れてしまいそうになるほどに、その音色に聞き入ってしまう。

ステージの右脇で、長い黒髪を一束に結ったアジア美女がハープを優雅に奏でており、
このBGMが、録音でないことを観客は知る。

・・ ・・・




95 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 01:02:18.19 ID:/kR/MGSF0
「よし……」

少女はそのとき、そのマジシャンに″憑依″した。
もともと上手くいけるとは思っていなかっただけに、
成功したときの喜びは一入だった、マジックの心得は、
その身体が覚えているのだから、ショウ自体はたやすい。

 
15年。それは永く寂しい空白だった。
謝罪の意味合いを考えるだけ考えて、会いたい人間の
喜びを引き出せるだけ引き出したかった。

誰かに憑依して、自分の思いを伝えた方がてっとり早かったかも知れない。
けれど、それで喜ばせられるだろうか。

少女はこの永い時の中で、自分が嫌われているのではと恐怖していた。

自分という存在を、死者のくせして表現することに躊躇いを深めていった。


  


99 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 01:07:23.63 ID:/kR/MGSF0
ショウは壮大に進行していく。
いつものマジシャンなら出来ないような大技を、
憑依した身で軽々とこなしていった。

観客のみんなが、驚き、不安がり、でも最後には拍手をしてくれるのが嬉しかった。
そんな客たちの中で、目当ての父……内藤ホライゾンが凝視してくれていた。
一番、言葉をかけたかった人だった。
しかし少女は言葉でなく芸を魅せることを選択した。

「金平糖の精の踊り」が佳境に入り、フィナーレの盛り上がりが増していく。
父も若々しいふうの表情で夢中になってくれている。
嬉しい反面、これで終わりなのかという焦燥感もあった。

最後の最後、踊り子も立ち去ったあとに、叫んでみようかとすら思う。
父へ、このショウの主役にむけてありったけの思いを告げたかった。


―― ……
  


100 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 01:11:06.98 ID:/kR/MGSF0
………――

空気がいやに熱っぽい。会場全体の、誰ひとり自分を否定していないのだ。
気がつけば舞台にはシルクハット姿の自分いがい、誰もいなかった。
なにか、せめて、別れの挨拶くらいは贈りたい気がする。

でも、少女は何も言わなかった。
シルクハットが落ちるほどの勢いで頭を下げただけだった。

……最後に見えたのが、父の、歓喜の表情で良かった。

ζ(゚ー゚*ζ(みんな……父さん……本当に、ごめんなさい――)

わたしはそれでも幸せでした、あれでも、満足でした。
そう自分に言い聞かせると、デレは、名残惜しそうに舞台、から消えていった。

それから暫くして、緞帳はゆるやかに降りはじめていって、

露わになった舞台を今、まったく隠しきった。


・・・・・ ・・・・・・

・・・ ・・・・・

・・ ・・・

・・・

                         (エピローグ 終)


101 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 01:12:48.77 ID:/kR/MGSF0









         ( ^ω^)ブーンと心母少女のようです 終







                    
  




105 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 01:14:45.29 ID:/kR/MGSF0


あとがき

このストーリーを作ったのは、バイト中幼女に挨拶されたのがキッカケです。
俺自身そのときくそ忙しくて、もう、ほんとその挨拶に気がついたのが
幸運なくらいだった。
で、まあ忙しいながらも挨拶し返したわけですが、その後で、おれはハタと思った。

もし、その幼女の挨拶を無視してしまったら、どうなっていたんだろう。
もちろん何か罰則でも適応されるわけでもない。けれど、
挨拶を無視された幼女は、傷つくのかな? 悲しむのかな? そんな想像ばかり膨らんだ。

で、そんな思いから出来上がったのがこの物語です。
ぼくはロリコンじゃないけど、やっぱりか弱い女の子は、傷ついてはいけないと思う。
だから、もし傷ついてしまったらどうなるんだろう、そんな反面教師的な、
おれにとってはタブーのようなストーリーに仕上がりました。

傷ついたり、悲しむ女性は見たくないよね。

   


108 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 01:17:11.39 ID:/kR/MGSF0
こんな作品ですが、なぜか一年以上かかってしまいました。
はじめた当初は三か月で終わらせると豪語してたのに、様子がおかしいな。
半年逃亡していて申し訳ないです。

でも最後まで見てくれた人、ほんとうにありがとう。
自分で言うのもなんだが、毎回毎回、スレの空気が凄く好きだった。
投下するたび早く続き書こうと思わせてくれた。

みなさん、乙でした。
またの機会ありましたらお願いしまする




コメント
作者乙!
完結待ってたお( ;ω;)














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/310-2869ddd7
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。