長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです 26 

45 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:30:13.41 ID:xJz3jwHU0
26.your graduation ~Theme of "Dear Friends"~


・蒼の薔薇と紅の薔薇(最終話)


さっそくの翌日に、内藤は長岡らを引連れて墓場へと出かけた。
N市の外れにある「美府霊園」は、山を切り開いただけあって自然も多いが、
そのぶん内藤邸からは遠く、車の使用を余儀なくされた。

( ゚∀゚)「二十分ほどでしょうか」

( ^ω^)「頼むお」

トヨタ・センチュリーの黒塗りに乗り込むと、運転手の長岡にそう促した。

2010年6月14日の今日は外出日和の天候で、雲も白いろのが
ぽつぽつと浮かんでいるだけだった。

若干かぜが生暖かいが、梅雨の最中なのだから贅沢はいってられない。



47 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:33:02.11 ID:xJz3jwHU0
住宅街を抜けて、国道に入って行ったが、それでも二人は会話をしなかった。
険悪なわけでもなく、気まずいわけでもない、ただ、それが自然なのだと
長岡と内藤とが考えたのだった。

山々がみえ、海に面した道を走っているが、この辺りは
いかにもデレの死に場所であった。告白文からではそこまで読み取れなかったが、
内藤も、ここがその地であるとは、なんとなしに察していた。

・・ ・・・

国道から外れ、複雑な山道をのぼっていくところで、内藤はとつぜん言葉を発した。

( ^ω^)「わたし……いや、ぼくは……」

( ゚∀゚)「えっ?」

( ^ω^)「ぼくは……ペニサスのことが、まだ許せないお」

見るまに変わっていく景色をぼんやり見つめながら、力なくそう呟いた。


49 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:35:26.81 ID:xJz3jwHU0
( ゚∀゚)「そう、ですか」

( ゚∀゚)「(そりゃそうだろうな……できれば、知りたくないことだったんじゃ)」

そろそろ墓地の入口も見えてきた。「美府霊園」は緑に囲まれている。

( ^ω^)「ぼくは……デレも許すことが……出来ないお」

内藤は俯いた。


( ^ω^)「ぼくは、ぼくもまだ許していないお」



・・ ・・・



 


51 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:39:08.00 ID:xJz3jwHU0
駐車場にセンチュリーをとめ、二人は霊園に入って行った。

ふしぎな程に穏やかな場所だった。死者の眠る地としては、これ以上ない
やすらかなところだと内藤は前から感心していた。

墓石さえ見えなければ、花畑といわれても納得してしまいそうだった。
柵の外側には季節外れの沈丁花が香っているし、アジサイが花びらに水滴を乗せている。
整えられた芝生が敷き詰められているこの墓地は、まさに天国という言葉を連想させた。

持ってきた線香やマッチ、そして青薔薇を手に目当ての墓碑へ向かい出した。
長岡は水を汲みにいったので、しばらく内藤ひとりの行動だった。

( ^ω^)「ここだお」

内藤は足をとめた。個人墓ではない、それはデレとペニサスの二人の墓だった。
自然の似合う二人には樹木葬も考えられたが、近場では扱っていないのでやめておいた。

内藤はしばらく洋型のそれを眺めていた。風がそよそよと吹いている。
骨壺も納めていないが、奇妙なくらい、二人がそこに眠っていると実感できた。

長岡がくるまでの間、内藤は無心で立ち尽くしていたのだった。


52 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:42:46.72 ID:xJz3jwHU0
それから、二人は墓石の掃除を開始した。
雑草をむしり、枯れ花をどけ、線香の燃えカスも丁寧に取り除く。
水を浴びせ、タオルで細かいところまで磨くと、だいぶ石が輝いてきた。

新たに線香をたいてから、内藤は青薔薇を墓碑に添えた。
昨夜は耽美にみえたそれも、いまだと爽やかな模造品に映った。
それでもこの薔薇は生きているのだ、奇跡の結晶なのだ。


( ゚∀゚)「キレイな色をしてますねぇ」

( ^ω^)「うん、青薔薇なんて、お伽話のようなものだったのに……」

( ゚∀゚)「素晴らしいですなぁ」


奇妙な事件の終結には、これ以上ないほどの供物であった。


   


54 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:46:17.45 ID:xJz3jwHU0
( ^ω^)「この墓地のことは、クーにもしぃちゃんにも言ってあるお」

( ゚∀゚)「ではいずれ会うかもしれませんね」

( ^ω^)「うーん……でもクーは多忙なんだお、来てくれるとありがたいけど」

しばらくして、ゴミもまとめると、二人は本堂へ向かった。……


・・ ・・・

(*゚ー゚)「きれいなとこねぇ。こんなとこがN市にあったなんて」

从 ゚∀从「最近できたとこらしーな」

内藤と長岡とが離れたあたりで、別の二人組が霊園を訪れた。
しぃとハインリッヒだった。6月らしいラフな格好で来てい、
手紙を見ながら目当ての墓を探しまわっていた。

程無くして女性二人はデレの墓石を発見した。
まだ煙をたてている線香や、場違いな青薔薇をみて、
周りに人がいるのかとそわそわしたが、無人なのを確認すると、二人そろって手を合わせた。


55 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:50:03.67 ID:xJz3jwHU0
目を閉じながら、ハインリッヒはしぃに話しかけた。

从 ‐∀从「なあ、デレについてはどう思ってるんだ?」

(*゚ー゚)「どうって、何が?」

从 ‐∀从「こうやって、わざわざ私を誘って墓参りしてるし、謝りたいのかな? て」

(*゚ー゚)「ああ……それね」

しぃは青薔薇を見つめながら口を動かした。

(*゚ー゚)「お父様の経営する会社がね、内藤さんの下請けみたいなものなのよ。
     ……過去のことが知れたら、すべておしまいになってしまう」

(*゚ー゚)「だから先手を打ちたかったの。先に謝っておけば……」

ハインリッヒは目をあけ、しぃを見やって、

从 ゚∀从「なるほどねぇ。パーティーのときもそれしたかったってわけか」

(*゚ー゚)「そっ。あのおじ様なら、先に謝れば大丈夫っぽいしね」



56 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:53:44.53 ID:xJz3jwHU0
从 ゚∀从「あっはっはw 確かにそんな感じだよな。おれももっと売り込めば……」

(*゚ー゚)「あの女が邪魔さえしなきゃあね」

しぃは突然に暗い顔になった。

(*゚ー゚)「クーが騒動さえ起こさなかったら、もっといい形で謝罪できたのに……」

从 ゚∀从「ありゃ驚いたなあ! さすがキチガイって感じだったぜ」

(*゚ー゚)「手紙なんかで謝りたくなかったわ」

それは鉛のように重い口調だった。ハインリッヒも聞き入っている。

(*゚ー゚)「謝るだけでもイヤだったのに、満足できない謝り方……
    ほんっと、どうしてこうなったのかしら」

从 ゚∀从「親父さん同士が繋がってたとは災難だったな」

(*゚ー゚)「ほんとほんと! やってられないわ」

背後から向かってくる人物にも気付かないくらい、二人は会話に夢中になっていた。

   


57 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:56:11.58 ID:xJz3jwHU0
从 ゚∀从「というか、デレとかクーなんか最近まで忘れてたなぁ。
     失踪したっていってたけど、あれって結局どうなったんだ?」

(*゚ー゚)「さあ? ギコが知ってたっぽいけど、全然話さなかったしね。
     そのギコもどっか行っちゃうし、あんま首突っ込むとさ、祟られそうじゃない?」

从 ゚∀从「あっ、やっぱお前も死んでるって思う?」

(*゚ー゚)「そりゃそうでしょー。引きこもりだったんだから」

軽やかに笑いながら、しぃは青薔薇に手をやった。

(*゚ー゚)「それにしても、ほんっとキレイねこれ。作りものじゃないみたいだし……」

从 ゚∀从「こんなに青薔薇らしい奴は初めて見たな」

(*゚ー゚)「ねえ、二本あるし一本貰っていかない? 謝ったんだしさ!」

从 ゚∀从「そうだな!」


そのときだった。
二人の背後まで来た人物が、その会話、その行為に向けて殺気を放ったのは。


58 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:59:27.78 ID:xJz3jwHU0
「なにを、しているんだ?」

从 ゚∀从「!?」


背後の人物の突然の問いかけに、とっさにしぃとハインリッヒは振り返った。
その女は、眉ひとつ動かさずに繰り言する。

川 ゚ -゚)「何をしていると、いっているんだよ」

从;゚∀从「クー……」
(*゚ー゚)「何いきり立ってるの? 私たちはただお墓参りにきただけよ?」

とつぜんの出会いで、ハインは動揺し、しぃは刃向っていった。

川 ゚ -゚)「墓参り? お前たちがか?」

侮蔑の表情のまま鼻で笑うと、

川 ゚ -゚)「その手にある薔薇は何なんだ?」

(*゚ー゚)「失礼ねぇ。まるで私たちが取るとでも? あなた。ただこの薔薇が……」
从;゚∀从「お、おい…しぃ……。そろそろ帰ろうぜ」

               


59 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:03:40.91 ID:/kR/MGSF0
川 ゚ -゚)「ああ、消えた方がいいな」

(*゚ー゚)「ほんと失礼ねあんた! ええ、ええ、帰ってやるわよ」

口論を墓前でやりあってから、しぃとハインリッヒは出口に向かっていった。
その後ろ姿を、クーは冷めた視線で追いかけ続けた。
完全に視界から消えうせるまで、身じろぎ一つしなかった。

・・ ・・・

(*゚ー゚)「何なのよあいつは! 気色悪いほんとに!!」

从;゚∀从「………」

怒りを撒き散らしているしぃとは対照的に、ハインリッヒは黙りこくっている。
たまりかねたしぃが、つい怒りの矛先をそちらにやった。

(*゚ー゚)「ハインもさっきから何なの!? あんなのに怯えるとか……」

从;゚∀从「あいつはキチガイなんだよ! マジでガチモンのさぁ!」

(*゚ー゚)「はぁ? なんかあったわけ?」

从;゚∀从「……ちょっとだけな。ともかく関わんねぇ方がいい」

雨の日の、目前にむけられたカッターナイフを思い出しながら、身体を戦かしていた。


61 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:07:27.42 ID:/kR/MGSF0
从 ゚∀从「あのパーティーのときだってそうさ、おれはアイツとはなるべく関わらんように
     していたんだ。でもな……ああ・・・・・・ああいうの、なんていうんだっけ? 記憶喪失?」

(*゚ー゚)「記憶喪失? なに? なんの話なの?」

訝しむしぃに、ハインリッヒは淡々とした口調で、

从 ゚∀从「……なあ、おれのステージ、覚えてるか?」

(*゚ー゚)「そりゃ覚えてるわよ? 鳩がバーって出てきて、ハープが鳴ってて……
    鳥嫌いのあんたでも、あんなことが出来るんだなぁって……」

从;゚∀从「………」

从;゚∀从「記憶がねぇんだ」

(*゚ー゚)「嘘でしょ」

从;゚∀从「ステージに登ってから、幕が閉じるまで、まるで記憶にねぇ」

(*゚ー゚)「あの女がなんかやったって?」

从;゚∀从「そうとしか考えられねぇだろ」


65 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:11:31.03 ID:/kR/MGSF0
二人はすでに駐車場まで来ていたが、話の終わりはまるで見えなかった。

(*゚ー゚)「大丈夫よ。とってもいいステージだったわ。あれなら売り出しも完璧……あら?」

しぃは目の前の光景に、唖然とさせられた。

・・ ・・・

川 ゚ -゚)「デレ、きっと面白い光景が見れるぞ。あいつらの車をパンクさせてやったのさ」

クーはそれからというもの、墓碑にひたすら喋り続けていた。
15年前に没したデレをひたすらに思いながら。

川 ゚ -゚)「……久し振りだなぁ、N市に来たのなんて……あの崖も、すっかりだ」

墓碑の横に坐りこむと、空を見上げながらつぶやくように言った。

川 ゚ -゚)「そもそも忙しかったし、思い入れも君とのものしかなかったからね……」


      


67 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:14:06.38 ID:/kR/MGSF0
川 ゚ -゚)「……君の父さんから、手紙を貰ったんだ。いろいろと書かれていた。
     最初は見る前に破り棄てようかと思ったんだけどね、読んでよかったよ。
     そこには15年前の真相……とやらが、驚くくらいに載っていたんだ」

川 ゚ -゚)「君が父さんと関係を持っていた、ていう日記の内容。
     私はね、正直いって、その内容に半信半疑だったんだ。
     文の調子もおかしいし、あまりにも今までとはかけ離れていたからね」

川 ゚ -゚)「でも、私は信じることにしたんだ。盲信した。
     愛する人のいうことを信じられないワケがないって、自分に言い聞かせて……
     デレ、私はね、その内容を信じることで、自分自身に愛の証明をはかっていたんだ。
     君の父さんを憎めば憎むほど、君のことを愛しているって計算式さ」

青薔薇を見つめながら、クーは張りのある声で、

川 ゚ -゚)「だから殺してやろうと思ったんだ。内藤氏を殺せば、きっと、
     私はこの世の誰よりも君を愛せた、祝福されし人物になれるとね。
     だから空想の中で計画も立てた。ステージの上で刃を突き付けるって
     ストーリーだが、15年後、本当にその舞台が整うとは思ってもみなかったさ」

川 ゚ -゚)「……内藤氏からの依頼内容。『失踪した娘の場所を突き止めてくれ』
     正直いって、これには呆れてしまったんだ。ご老人は頭が狂ったのかってね。
     自分もデレを苦しめさせた要因のくせして、なに被害者面しているんだって」

              


69 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:19:42.35 ID:/kR/MGSF0

川 ゚ -゚)「………実際にあのステージでご老人に近寄るまでは、殺すつもりだった。
     短剣をドレスの中に忍ばせておいたんでね。こんな具合に」

そういうとクーは、喪服の内側から、マジシャンめいた仕草で一輪の薔薇を取り出した。
供えられた耽美な青いろとは違って、溶岩のように激しい色をしている。
真赤なその薔薇をブルー・ローズの隣にやさしく差した。

川 ゚ -゚)「でも……なんだか、いざその段階になって、君に止められた気がした。
     かすかにだけど、君の気配を感じたんだ。デレ。内藤氏が意識を失って、
     周りが駆け寄り、私が刃を出そうとしたその刹那に、
     きみに、叫ばれたような気がした……」

今度は墓の正面にちょこなんと腰掛け、
    
川 ゚ -゚)「……君はいたのかい? すくなくとも、今は君の魂を感じることができない。
     いや、金輪際あじわえないと思う。もう、成仏してしまったんだろう?
     
     でも話を聞いてくれ、私はパーティーの前も、君を感じたことはなかった。
     たしかに多忙でそんなに時間はなかったが、デレのことを忘れたことは
     一度たりともない! この霊視能力だって、君の霊魂をみて、
     会話するっていう、そんなワンダランドからの贈り物と思っているんだから」

クーは次第々々に涙声になっていった。しかし話は止まらない。

               


74 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:23:34.51 ID:/kR/MGSF0
信念が撃墜した。
生きる目的と定めていた、内藤殺害も、
いまでは全く起こす気もない、動機もない。


川 ゚ -゚)「どうすればいいんだ……」

語りかけるように呟いたが、しかし、三本の薔薇はゆるく風に揺れているだけだった。
そのうち一輪の青薔薇が、困ったように首を傾げる。

川 ゚ -゚)「やっぱり……謝るべきだよな、内藤さんに……」


            でも。

でも、でも、クーには、それがどうしても不安だった。

プライドの問題でもないし、手段についてでもない。
否定される恐怖か、
はたまた新たな生き方への不安か。

川 ゚ -゚)「……どうしよう」

川 ゚ -゚)「……この青薔薇、誰が持ってきたんだろう……」
   


75 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:29:01.15 ID:/kR/MGSF0



川 ゚ -゚)「……ん?」

クーはふと気配を感じた。誰かがここに近寄ってくる。
とっさに付近の木陰に隠れると、そおっと周りを様子見た。


( ^ω^)「……ふう、暑いお……」
( ゚∀゚)「でもこの空気なら快晴ですよ」

川;゚ -゚)「あ……!」

思わず声をあげてしまった。
駐車場のトヨタ・センチュリーは内藤の車だったのか。
ということは、れいのブルー・ローズも線香も内藤の行いということらしい。


クーがそわそわ落ち着かないうち、内藤と長岡とは墓前にやってきた。
二人して妙な顔をしていた。とつぜん増えた赤い薔薇の存在についてだろう。
ぼそぼそした喋り声はクーの耳には聞き取れなかったが、内容くらいは察知できた。

        


78 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:33:45.33 ID:/kR/MGSF0
川 ゚ -゚)「……これは……陰から出ていくべきか……?」

川 ゚ -゚)「でも……ああ……でも、でも……」

川 ゚ -゚)「……何かしないと、謝らないと……」

川;゚ -゚)「だって何もしていないじゃないか、私は……!」

・・ ・・・

( ゚∀゚)「とつぜん増えた赤薔薇……なんだかまるであのドレスみたいですね」

( ^ω^)「ん?」

( ゚∀゚)「え、ほら、あの時の……」

言いさした長岡が、振りかえった途端いきなり凍りついた。
幽霊でも見たかのようなリアクションに、内藤も、おそるおそる背後に目をやった。


川 ゚ -゚)「………」

(;^ω^)「っわ!?」

そこに立っていたのは、黒い喪服をきたクーだった。
生気のない瞳で、こちらを薄ぼんやりと見つめている。


83 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:36:51.48 ID:/kR/MGSF0
(;^ω^)「クー……ルー……じゃないかお」

(;゚∀゚)「…ど、どうも…」

川 ゚ -゚)「……どうも」

クーがぎこちない動作で会釈をすると、慌てて二人も続けて同じ動きをした。
霊園に似つかわない空気が流れていた。お互いなにを切りだせばいいのかわからない。

内藤が、とりあえずの咳ばらいをして、切り出そうとしたそのときだった。

( ^ω^)「えー……」

川 ゚ -゚)「内藤さん!」

( ^ω^)「……はい」


川 ゚ -゚)「その……何というか、……本当に、本当に、」

クーは腰を曲げた。


 「――申し訳ございませんでした」

           


86 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:42:19.67 ID:/kR/MGSF0
何も言わない内藤と長岡だったが、クーはそれでも、

川 ゚ -゚)「あのステージで、とんだ妄言を吐いてすみませんでした。
     あなたを悲しませるようなことばかりをして、、本当にごめんなさい」


川 ; -;)「許してもらおうとは、思っていません……!」

( ^ω^)「………」

枯れ果てたと思っていた涙が、どっと溢れていった。
嗚咽まじりで、もう言葉が続かない。
なにかを言おうとするたび、胸のうちから何かがこみ上げてくる。

川 ; -;)「……その、………ほん、……、、…っと に、、、」

( ^ω^)「もういいお、クー」

黙っていた内藤が、優しい声色でそういった。
涙を拭かないクーに、ハンカチを手渡すと、言葉を続ける。

( ^ω^)「ぼくは、謝られる立場なんかじゃないお」

    


87 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:46:51.14 ID:/kR/MGSF0
川 ゚ -゚)「えっ……」

( ゚∀゚)「………」

クーには何のことかよくわからない。
自分の向けてきた殺意、暴言、無礼、それを当然と思っているのか。

( ^ω^)「ぼくだって悪かったんだお。いいんだお、謝らなくっても」

川 ゚ -゚)「そう、ですか……」

皺だらけの顔でくしゃくしゃに笑って、

( ^ω^)「嫌われてなくてよかったお」

川;゚ -゚)、

内藤は照れたような表情をしてい、対照的にクーは緊張しきったふうだった。

天気は春のように爽やかだ。


     


91 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:52:02.95 ID:/kR/MGSF0
それから少しして、内藤はクーに手を差し伸べた。
握手を求めている。けれど、なんだか口では言いにくい気がしたのだった。

川 ゚ -゚)「……」

クーはしばらく皺の寄ったその手を見つめていたが、
振り切ったような笑顔になると、自分も手を差し出した。

握手した。和解の握手でもあって、これからの挨拶でもあった。


川 ゚ -゚)「はは、は……」

( ^ω^)「よかったお、ほんと……よかったお……」

今度はブーンが涙声になった。眼尻にうっすらと浮かんでいる。
薄目をコーディングしているかのような涙だった。しかし、

( ;ω;)「ほんとに、よかったお……!」

川 - )「そうです、ね……」

死者から解放された瞬間だった。


92 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:58:03.30 ID:/kR/MGSF0
握手はそれでも続いていた。
氷解していくわだかまりを、じぃっと眺めているような時の流れを感じさせた。

クーも、ぼんやりした表情の中に、時折笑顔を浮かべていた。
今日以前、笑顔をみせたのはデレ以外に居なかった。
15年ぶりの喜びだった。

そんな様子を見てから、長岡は三輪の薔薇に目を向けた。
そのどれもが、美しい処女のような柔らかさを帯びている。
仲間外れは居なかった。


天気は相変わらずの清々しさだった。暗雲はまったく見られない。
梅雨ということを忘れたかのようだった。

雨はしばらく姿を見せない。
ずっと晴れになると確信させた。




             (your graduation ~Theme of "Dear Friends"~ 終)


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/309-70c7ea49
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。