長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)ドクオは『深き者』のようです川 ゚ -゚)  

873 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 08:25:29.19 ID:Sn07T7qtO
俺の人生最大の過ちは、彼女なんか作っちまったことだ。
どうせ半年も保たないだろうと油断していた。それがこうしてずるずる続き、気付けば来月は俺の誕生日だ。

ガキの頃から知っていた。
俺は、二十五歳までしか生きられない。
正確には、二十五年間しか『人間』でいられない。
それが、『深き者』の宿命なのだから。

***
('A`)ドクオは『深き者』のようです川 ゚ -゚)
***

('A`)「他に女できたから、別れよう」
川 ゚ -゚)「嘘だな。お前に二股かけられるような甲斐性はない」
('A`)「…お前のこと好きじゃなくなったから、別れよう」
川 ゚ -゚)「嘘だな。私みたいな魅力的な女に、お前が愛想を尽かす訳がない」
(;'A`)「どんだけ自信家なのお前…」
俺は頭を抱えた。
クーは勘が鋭い。そしてそれ以上に、俺は嘘が下手だ。
('A`)「あーはいはい判りましたよ。言いたくなかったけど、本当のこと話すわ」
俺は煙草に火を点け、深い溜め息と共に煙を吐き出す。




874 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 08:26:37.23 ID:Sn07T7qtO
('A`)「俺、半魚人なんだ」
川 ゚ -゚)「…はんぎょどん?」
('A`)「懐かしいキャラクターだなおい。は・ん・ぎ・ょ・じ・ん・だっつの」
川 ゚ -゚)「中二病乙」
(;'A`)「それならもっとカッコいい血族名乗るわ、バンパイアとか人狼とか!」
実際そうなら、どれだけ良かったことだろう。
('A`)「…正確にはハーフなんだけどな。『深き者共』って知ってるか?」
川 ゚ -゚)「漁師町の伝説だろう。蛸の神様を崇めてるとかいう怪物だ」
('A`)「俺の親父がそれだった訳よ」

奴は海女だったお袋を犯し、すぐ姿を消してしまった。そして産まれたのが俺だ。
『深き者の子を殺すと祟りがある』と昔から言われている為、お袋は俺を堕胎することもできなかったそうだ。
親父が純血種だったのか、それとも成熟した混血だったのかは知らない。知る術もない。魚のような、両生類のような怪物『深き者共』。奴等は時折、人間と交わる。
そうして生を受けた子供は、最初は人間と変わりない。しかし成長するにつれて、肉体と精神に変化を来たす。
('A`)「見ろよ」
俺は、シャツをまくって腹を出した。



875 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 08:28:46.48 ID:Sn07T7qtO
川 ;゚ -゚)「…!」
クーが絶句する。
無理もない。そこには、暗い青緑色の鱗がまばらに生え始めているのだ。
('A`)「最近、目玉が飛び出してきたと思わないか」
川 ;゚ -゚)「…」
クーの沈黙を、俺は肯定と受け止める。
('A`)「『深き者』のハーフは、二十五歳になると完全に化け物になっちまうんだ。…俺は今月一杯で、人間じゃなくなる」

だから、お別れだ。

クーは何も言わないままだった。

***

('A`)「何でこんな夜中にドライブなんだよ…」
川 ゚ -゚)「もう少しでお別れなんだ、付き合ってくれてもいいだろう」
俺は助手席で、今にも落ちそうな瞼を擦る。
ハンドルを握るクーの横顔は、いつも通りだった。
三年間見てきた、綺麗な横顔。
もうじき見られなくなると思うと、流石に胸が痛くなった。
諦め切ったつもりだったのに。
やっぱり、彼女なんか作るんじゃなかった。俺は小さく唇を噛む。
('A`)「…で、どこ行くんだ?」
川 ゚ -゚)「何、もうすぐだ」
街灯やネオンに照らされたクーの頬は、気のせいか上気しているようだった。

('A`)「…ん…?」

潮の香りが鼻を突いた。



876 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 08:30:45.06 ID:Sn07T7qtO
(;'A`)「ぅへあっ!?」
変な声が出た。
車が急加速して、体がシートに思い切り押しつけられたせいだ。
(;'A`)「く、クー…!?」
川 - )「………」
クーは無表情に、アクセルを踏み付けている。
車はタイヤを軋ませ、疾走を続けた。
『進入禁止』のプレートを撥ね飛ばし、突っ込んだ先は。
('A`)「…埠頭…」
眼前に広がる真っ黒な海。僅かな光を拾い、ちかちかと瞬いている。
美しかった。
海は、こんなに美しいものだったのか。
俺が見とれている間に。
車はスピードを緩めぬまま、海へと飛び込んだ。

***

心地良い冷たさの水。それが優しく俺を包み込む。
(゚A゚)「………」
不思議と、息は苦しくなかった。ああ。もうこんなにも、俺の体は海に順応していたのか。
頭の奥に染み渡る潮騒、柔らかく抱き締めるようなさざ波。
母なる海。その意味が、ようやく判った気がした。
がぼっ。
異質な音に、俺は横を向いた。
川; - )「がっ…ごぼっ……」
口から気泡を吐き出して、悶え苦しむ女。



878 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 08:34:43.20 ID:Sn07T7qtO
何でだろう、俺はこんなに安らいでいるのに。彼女は何故、苦しんでいるのだろう。
彼女は、人間だから?
にんげん…

(;゚A゚)「………クーーー!!」

 俺は絶叫した、水中にも関わらず。
もがくクーの体を引き寄せ、片手でドアに手をかける。
(;'A`)「クソッ!」
開かない。水圧のせいだろうか。
川; - )「………」
クーがぐったりとし始めた。
(;'A`)「死ぬな! 死ぬなよ、畜生!」
俺は必死に、拳を窓に叩き付けた。
火事場の馬鹿力か、それとも肉体の変異のせいか。手を血塗れにしながらも、俺は窓をぶち破ることに成功する。
(゚A゚)「うおぉぉおおッ!!」
クーを両手で抱き抱え、脚の力だけで泳ぐ。
車から脱出するとき、硝子片がお互いの体に掻き傷を作ったが、構ってなぞいられない。
自分でも驚くようなスピードで、俺は水面めがけて泳ぎ続けた。

***

(#'A`)「…この馬鹿野郎!!」
見様見真似で水を吐かせ、人口呼吸を施したクーが息を吹き返すなり、俺は怒鳴った。
(#'A`)「どういうつもりだ! 俺が普通の人間だったら、二人共死んでたぞ!?」



879 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 08:37:49.72 ID:Sn07T7qtO
川 ; -;)「………」
死にたかったんだ。
(#゚A゚)「ばっ…」
再び馬鹿野郎、と怒鳴ろうとした俺の声は、悲痛な叫びに遮られた。
川 ; -;)「お前が私からこんな形で離れていくんなら、せめて隣で死にたかったんだ!」
('A`)「………」
川 ; -;)「お前が化け物になったって構わない。その程度で心変わりすると思う程、お前は私を信じてくれてないのか!?」
( A )「…姿が変わるだけじゃない。人間だった頃の記憶も、ほとんどなくなっちまうんだよ」
身も心も、『深き者共』の一員に。
川 ; -;)「それでも良い…私はお前の側に居たい…」
泣くな。泣くなよ、クー。
俺まで泣きたくなるじゃねえか。
クーが目を見開いた。
川 ;゚ -゚)「ドクオ……顔が…」
( A )「…え」
俺は自分の顔に触れてみる。
(%゚A`)「………」
その右半分には、硬い鱗が広がっていた。

***

(%゚A`)「…ぐギ…」
川 ゚ -゚)「美味いか。天然物のハマチだぞ」
(%゚A`)「うマい…」
俺は塩水を満たした浴槽に漬かり、生の魚を頭から貪り食う。
(%゚A`)「…く、ー」
川 ゚ -゚)「何だ?」
(%゚A`)「アリが、トう」
川 ; -;)「………」
ああ、だから泣くなって。


880 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 08:39:22.46 ID:Sn07T7qtO
二人で決めたことだろう? 俺は、お前に全てを任せる。
俺だって、お前の側に居たいんだ。
人間じゃなくなったとしても。
(%゚A`)「ガグ…ご…」
だが今の俺にはもう、それを伝えるだけの語彙が失われている。
だから黙って、クーの頭を撫でた。
クーは、もっと泣いてしまった。
(%゚A`)「あ…ギ…ぎげ…」
川 ; -;)「…?」
(%゚A`)「あイ、ギげ、る」

愛してる。

川 ; -;)「…私もだ。私も愛してるよ、ドクオ」
服が濡れるのにも構わず、クーは俺を抱き締めた。



881 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 08:40:12.52 ID:Sn07T7qtO

***

川 ゚ -゚)「ドクオ。湯加減…じゃない、塩加減はどうだ?」
答えが帰ってくる筈もない。そう知りながら、私は浴槽の恋人に声をかけた。
(%A%)「…アグ」
鎖でがんじがらめに縛られた彼は、喉を鳴らして私を見上げる。
ドクオが完全な『深き者』になって、半年近く。
最初は随分と暴れたものだが、ここのところは大人しい。
私に対して『餌をくれる人』程度の認識を持ってくれているのだろうか。
川 ゚ -゚)「今日はサンマだぞ。今が旬だ」
(%A%)「ゴ、ゲゲ」
私が差し出した生魚に、彼はかぶりつく。食欲旺盛だ。
川 ゚ -゚)「…私に危害を加えるような素振りを見せたら、すぐ殺してくれ。お前はそう言ったな」
でも。
私には、できそうにもないよ。
川 ; -;)「…私はやっぱり、まだお前が好きなんだ」
異形の恋人を前に、私は泣いた。



882 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 08:41:32.03 ID:Sn07T7qtO
***

(%A%)「…グゥ…」

川 ; -;)

またこのひとはないている。
なんでだろう。
それにしてもここはせまいなあ。
うみにいきたい。
ひろいひろいうみに、かえりたい。
でもそうしたら、このおんなひとは、ひとりになってしまうだろう。
そうおもうと、なんだかとてもかなしかった。

(%A%)「…ギゲ…」

おれはいっしょうけんめい、にんげんのことばをはなそうとした。
たったひとつだけしっている、あのことばを。



892 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 09:00:21.83 ID:Sn07T7qtO

(%A%)「アギ、ギゲ、グ」

ああ、やっぱりうまくいえないなあ。
おんなのひとは、もっとないてしまった。
こまったなあ。
でもおんなのひとは、なみだをながしながら、うろこでざらざらのおれのあたまをなでてくれた。

川 ; ー;)「私も愛してるよ、ドクオ」

そう、それがいいたかったんだ。
おんなのひとは、まだないていたけれど、わらってくれた。
おれは、うれしかった。
こんなせまいみずのなかでも。
しあわせだと、おもった。


('A`)ドクオは『深き者』のようです川 ゚ -゚)





( ・∀・)ブーン系小説練習&イラスト総合案内所のようです
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1248837822/
コメント
ドックンドックン~!ふぅん!クーにゃーんにゃーん
クトゥルー神話のほうかと思った
案の定クトゥルーだった。が、これは切ない…














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/307-b83ec2d8
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。