長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)は剣を運ぶようです 

538 :( ^ω^)は剣を運ぶようです1/30:2009/07/27(月) 22:50:27.20 ID:zUvj/xRU0
( ^ω^)「さて……と」

('A`)「ブーン、マジで行くつもりか?」

( ^ω^)「行くって言っても山の向こう側だお。用事を済ませたらすぐ戻ってくるお」

(;'A`)「おいおい、山の向こう側っつったって、何個か超えなきゃだろ、山」

( ^ω^)「まあ帰ってきたら四方山話で夜を明かすとするお!」

('A`)「……ああ、まあ、それには期待してるぜ。ところでブーン」

( ^ω^)「なんだお?」

('A`)「剣、持ってるか?」

( ^ω^)「売り物ならしっかり持ってるお!」

('A`)「そっちじゃない。おまえ自身の剣だよ。まあ、お前が剣を振るうとは思いがたいんだが……」

( ^ω^)「……持ってった方がいいかお?」

('A`)「当ったり前田のクラッカー!」

( ^ω^)(古っ!)
―――


541 :( ^ω^)は剣を運ぶようです2/30:2009/07/27(月) 22:51:19.53 ID:zUvj/xRU0
( ^ω^)「さて、持ってきたのですが」

('A`)「うはぁー。でっけえな、コレ」

( ^ω^)「ドクオが小柄だからそう見えるだけだお」

(;'A`)「いや、むしろお前が小柄なんじゃないのか? 相対的に大きく見える感じで」

( ^ω^)「…………」

('A`)「…………」

( ^ω^)「そんなことはどうでもいいお!」

('A`)(いいのか……?)

('A`)「……で、それ抜き身で行くつもりか?」

( ^ω^)「……コレ専用の鞘があると思うかお?」

(;'A`)「だったら鞘がある奴持って来いよ……」

( ^ω^)「あった方がいいかお? やっぱり」

(;'A`)「あった方がいいと思ったんなら最初から持って来いっての」

( ^ω^)「そうするお」
―――



543 :( ^ω^)は剣を運ぶようです3/30:2009/07/27(月) 22:52:41.61 ID:zUvj/xRU0
( ^ω^)「鞘入りのやつ持って来たおー」

('A`)(なんとなく嫌な予感がするな……)

('A`)「ブーン、それちょっと抜いてみてくんねえか?」

( ^ω^)「ほえ? そりゃまたどーしてだお」

('A`)「いや、なんとなくなんだけどな、やな予感がする」

( ^ω^)「……? わかったお」

( ^ω^)「よっこい……正一ぃ!」

('A`)(……古いな)

( ^ω^)「抜けたお」

('A`)「……刀身がねえぞ」

(;^ω^)「え、あ、あれ?」

('A`)「さっさと代わりの奴持って来い!」

(;^ω^)「わ、わかったお!

(;'A`)(予感的中……。ってか大丈夫か? こんなんで)
―――


544 :( ^ω^)は剣を運ぶようです4/30:2009/07/27(月) 22:53:32.40 ID:zUvj/xRU0
( ^ω^)「今度は大丈夫な奴持って来たお」

('A`)「……試し切りとかは?」

( ^ω^)「ちゃんとやったお!」

('A`)「……なら大丈夫だな。ところで、売り物は何処だ?」

( ^ω^)「……あ、置き忘れてきたお」

(♯'A`)「絶対行く気無いだろブーン……」

(;^ω^)「と、取ってくるお!」
―――
( ^ω^)「じゃあ行ってくるお」

('A`)「ああ、死ぬなよ」

( ^ω^)「死ぬわけが無いお!」

('A`)「最近はそれがあり得るから言ってんだよ」

( ^ω^)「……山賊、かお?」

('A`)「ああ、しかもそれだけじゃない。山のありとあらゆる動物たちが殺気立ってる」

( ^ω^)「何そのゲーム的な設定」

('A`)「まあ、動物が人間に手を出すとは思えないんだけどな……、注意しろってことだ」


545 :( ^ω^)は剣を運ぶようです5/30:2009/07/27(月) 22:54:19.65 ID:zUvj/xRU0
( ^ω^)「何でだお? 別に手を出さないんなら気をつけなくても……」

('A`)「バーロー。そもそも、動物が殺気立つなんて、
よっぽどのことが無い限り起こんねーんだよ」

( ^ω^)(バーローktkr)

('A`)「まあ、無事に帰ってこいよ。四方山話楽しみにしてるんだからな!」

( ^ω^)「わかったお!」
―――
( ^ω^)「山頂到達だお。ここに来るまで何かガサガサいってたけど、気になるお」

( ^ω^)「……ん? また何かガサガサいってるお」

「うーむ、ばれては仕方が無い」

( ^ω^)「だったら正体を見せるお」

(´・ω・`)「……やあ」

( ^ω^)「『やあ』じゃないお。何でショボンがいるんだお」

(´・ω・`)「ドクオに頼まれたのさ。まあ、それ相応のお礼は貰ったけど。体で」

(;^ω^)(そういえばこいつホモだったお……)


547 :( ^ω^)は剣を運ぶようです6/30:2009/07/27(月) 22:55:06.87 ID:zUvj/xRU0
( ^ω^)「で、用件はなんだお?」

(´・ω・`)「見守るだけさ。ピンチになれば僕も手助けすることになるだろうけどね」

(;^ω^)「もしかして、さっきからガサガサやってたのはショボンかお?」

(´・ω・`)「ああ、そういうことさ」

(;^ω^)「見守るならもう少し上手くやった方がいいと思うお」

(´・ω・`)「甘いね、ブーン。少なくとも、君は傍から見れば一人だ」

(´・ω・`)「だから、音がすれば自然と警戒する」

(´・ω・`)「そうすることによって、警戒態勢を保っていられるのさ」

( ^ω^)「でも、わかっちゃったら意味が無いお」

(´・ω・`)「君が出て来いと言ったからだろう」

(´・ω・`)「まあ、もう一つガサガサさせてた理由はあるんだけどね」

( ^ω^)「……? 一体なんだお?

(´・ω・`)「今は言うつもりは無いさ。じゃあ」

( ^ω^)「また戻るのかお……」
―――


548 :( ^ω^)は剣を運ぶようです7/30:2009/07/27(月) 22:55:57.63 ID:zUvj/xRU0
(♯)ω^)「蜂って酷くね?」

(♯)ω^)「ってか、しつこいお! さっさと離れるお!」

(♯)ω・│藪「……変だな。ブーンは別に蜂の怒りを買うような事はしてないぞ……」

(♯)ω・│藪「まあそれは僕もなんだけどね。……やっぱり刺されるより刺すほうがいいかな」
―――
(♯)ω^)「さて、一つ目の中継地なのですが」

(♯)ω・`)「……モノアイ?」

(;(♯)ω^)「意味違うお。ってかなんで出てきてるんだお?」

(♯)ω・`)「隠れる意味がないじゃないか」

(♯)ω^)「把握」

(♯)ω・`)「……路銀は?」

(♯)ω^)「それを忘れるほど馬鹿じゃないお」

(♯)ω・`)「だったら宿か何かに泊まったほうがいいんじゃないかい?」

(♯)ω^)「……相部屋は御免だお」

(♯)ω・`)「こっちから願い下げだよ」
―――


549 :( ^ω^)は剣を運ぶようです8/30:2009/07/27(月) 22:56:48.07 ID:zUvj/xRU0
( ^ω^)「そして朝なのですが。コーヒーウメェwww」

(´・ω・`)「何を君は無駄に気取っているんだい」

( ^ω^)「別に気取ってるわけじゃないお。ブラックじゃないし」

( ^ω^)「さてと、そろそろ行くお」
―――
( ^ω^)「そういえば、蜂に刺されたところが治ってるお」

(´・ω・│藪「僕もだな……。原理? 知らんがな」

(;^ω^)(何を自問自答してるんだお)

(´・ω・│藪「ブーン、油断しない方がいいと言っただろう」

(;^ω^)「……! 矢かお」
―――
( ^ω^)「おっおっお、囲まれたお」

(,,゚Д゚)「さっきの矢を弾いた程度で、ずいぶんと余裕だなゴルァ」

( ^ω^)「……中継地で聞いたお。山賊はお前らかお?」

(;,,゚Д゚)「とりあえずその話し方をやめろゴルァ。こっちまでやる気が失せる」

(,,゚Д゚)「……ふっ、答えなど聞かなくてもいいだろう」

( ^ω^)「だったら戦ってやるお。あまり甘く見ないほうがいいお」


553 :( ^ω^)は剣を運ぶようです9/30:2009/07/27(月) 23:00:01.91 ID:zUvj/xRU0
(,,゚Д゚)「お前自身も甘く見ないほうがいいぞ。……殺し合いを!」

(´・ω│藪「……ブーンに人を傷つける事が出来るのだろうか」

(,,゚Д゚)「おい、お前らっ! 手出しは無用だ! このギコの命令だ!」

(´・ω│藪「しかし、どうして道をふさぐ悪役はこういうことばかり言うんだろうね」

(´・ω│藪「というか、これ基本的に負けフラグだよね。悪役の」
―――
(,,゚Д゚)「手出しもしないのかゴルァ!」

(;^ω^)「おっおっ、おおおっ」

(´・ω│藪「……やっぱり防戦一方か。ブーンに攻撃する度胸はやっぱり無いよね」

(,,゚Д゚)「つまらねえ野郎だ。首飛ばすぞゴルァ!」

(;´・ω│藪「あ、やばっ」

「ちょ、頭! 危ねえ!」

(,,゚Д゚)「何がだゴ……グアッ!?」

(;´・ω・`│藪「……何が、あった……?」

( ^ω^)「……御免……だお。でも、生き残るためだお。仕方が無いお」

(メ,,゚Д゚)「……てめえ、やるじゃねえか」


554 :( ^ω^)は剣を運ぶようです10/30:2009/07/27(月) 23:01:20.41 ID:zUvj/xRU0
( ^ω^)「今のうちに逃げるおっ!」

(メ,,゚Д゚)「待て……って速過ぎだゴルァ!」

(´・ω│藪「……こっそりと離脱しようか」
―――
(´・ω・`)「うん。やっぱり敗北フラグだったね」

( ^ω^)「……怖かったお」

(´・ω・`)「しかし、君に人を傷つける度胸があるとは思わなかったよ」

( ^ω^)「……死ぬと思ったらなんでも出来るんだお。多分」

(´・ω・`)「……かもね。さて、後もう一つ山を超えれば目的地につくわけだが」

(メ,,゚Д゚)「待てやゴルァ!」

(´・ω・`)( ^ω^)「「さっきの山賊か」お」

(メ,,゚Д゚)「ああそうだ。まだ決着はついてねえぞゴルァ!」

(;^ω^)「け、決着をつけるのかお!?」

(メ,,゚Д゚)「このまま戻ったらロマネスク総大将に殺されちまう。
だったら、せめててめえを殺して汚名返上してやらあ!」

(´・ω・`)(ロマネスク……。確か僕らの村の出身)


556 :( ^ω^)は剣を運ぶようです11/30:2009/07/27(月) 23:02:11.01 ID:zUvj/xRU0
(メ,,゚Д゚)「さあ、剣を持て」

( ^ω^)「……わかったお」

(´・ω・`)「……僕は見てるだけにするよ」

(;^ω^)「ヒドス」

(メ,,゚Д゚)「余所見してんじゃねえぞゴルァ!」
―――
「何やってるんだー?」

「おー、喧嘩だ喧嘩。しかも真剣で」

(´・ω・`)「……ギャラリーが増えてきたね」

(メメ,,゚Д゚)「見世物じゃねえぞゴルァ!」

(メ ^ω^)「見物料置いていくお!」

(;´・ω・`)(絶対に意気投合してる……)

(メメ,,゚Д゚)「チッ、気がそがれちまった」

(メ ^ω^)「こっちもだお」

(メメ,,゚Д゚)「……もう一回行くぞゴルァ!」

(メ ^ω^)「かかってこいだお!」


560 :( ^ω^)は剣を運ぶようです12/30:2009/07/27(月) 23:03:42.28 ID:zUvj/xRU0
―――
(´・ω・`)「これは危険だな。ブーン、受けるな。かわせ」

(メ ^ω^)「……いいや、受けてたつお!」

(メメ,,゚Д゚)「……その意気だ!」

(;´・ω・`)「~~~っ! 耳が痛いぞ。どんな馬鹿力だ」

(メ;^ω^)「腕が……びりびりするお。でも、でも」

(メ ^ω^)「引き下がるわけには、いかないお」

(メメ,,゚Д゚)「この状況で……押し返そうとするんじゃねえ!」

(メメ,,゚Д゚)「まあ、てめえもそんなわけにもいかねえのは当然か」

(´・ω・`)「鍔迫り合い……か」

(´・ω・`)「拮抗が破れたら終わりなんだろうけど、軍配が上がるのはどっちかな」

(´・ω・`)「……あ」

(メメ,,゚Д゚)「……うおっ!?」

(メ ^ω^)「……御免だお!」
―――



561 :( ^ω^)は剣を運ぶようです13/30:2009/07/27(月) 23:05:19.54 ID:zUvj/xRU0
(´・ω・`)「ブーン、何故、止めを刺さなかったんだ?」

(メ ^ω^)「……人を殺すなんてことは、やっぱり、したくないんだお」

(´・ω・`)「まったく、君らしいな」

(メ ^ω^)「さてと、行くかお!」
―――
(,,‐Д‐)

(,,゚Д゚)「……ん?」

( ・∀・)「おっ、起きた」

(,,゚Д゚)「……どうして漏れはここにいる?」

( ・∀・)「ああ、二人組が連れてきたんだが、仲間じゃなかったのか?」

(,,゚Д゚)「……あいつ、トコトンなめた真似を」

( ・∀・)「まあ、事情は知らねーが、感謝すべきだと思うぜ」

( ・∀・)「あのままだと、間違いなく死んでたからよ」
―――
(メ ^ω^)~♪テレロテレロテレロテレロテロレロ

(;´・ω・│藪「FF6の決戦……。この雰囲気には見事にそぐわないぞ」



563 :( ^ω^)は剣を運ぶようです14/30:2009/07/27(月) 23:06:10.63 ID:zUvj/xRU0
(メ ^ω^)「……やっぱり死闘のほうがいいかお?」

(;´・ω・│藪「もっと合わんがな」

(メ ^ω^)「でも、この先死闘になりそうなことは見えてるんだお」

(´・ω・│藪「まあ、ね」
―――
(メメ ^ω^)「あー、もう! 退いてくれお!」

「だが断る!」

「頭の敵だ!」

(メ´・ω・`)「まさかだよね。僕まで引っ張り出されるなんて」

(メメ ^ω^)「全くだお」

(メ´・ω・`)「あと、ブーン。躊躇っちゃいけないよ」

(メメ ゚ω゚)「……! ショ……ショボン……」

(メ´・ω・`)「……何を驚いているんだい? 怯えたらそこでもうお終いなんだ。
だから、命を奪うことも、考えなければいけないんだ」

(メメ ゚ω゚)

(メメ ^ω^)「……でも、そこまで折り合いがつかないお」


565 :( ^ω^)は剣を運ぶようです15/30:2009/07/27(月) 23:06:58.54 ID:zUvj/xRU0
(メ´・ω・`)「でも、君はこう言った筈だよ。『死ぬと思ったらなんでも出来る』ってね」

(メメ;^ω^)「た、確かに言ったお。でも」

(メ´・ω・`)「『でも』、何だい? まさか、今は絶対に死なない、とか思ってるのかい?
それともあれかな、咄嗟に出た嘘」

(メメ;^ω^)「う、嘘じゃないお!」

(メ´・ω・`)「だったら、出来るはずだよ」

(メメ ^ω^)「…………」

(メ´・ω・`)「……意気地なし」

(メメ ^ω^)プチッ

(メメ  ω )「……やって、やるお」

(メ;´・ω・`)「……え、ちょっと?」

(メ;´・ω・`)(……まさか、キレた? それとも二重人格?)

(メメ  ω )「今のうちに、神か悪魔にでも祈っておいた方がいいお」

(メ;´・ω・`)「……いや、速い。速いな。祈る時間絶対与えてないだろう、ブーン」




566 :( ^ω^)は剣を運ぶようです16/30:2009/07/27(月) 23:07:51.51 ID:zUvj/xRU0
―――
( φωФ)「待たれい!」

「ろ、ロマネスク総大将だ!」

(メ;´・ω・`)「ふむ、なんだってこのタイミングで出てくるかな」

(メメ  ω )「なんだって、いいお」

(メ;´・ω・`)「ブーン! 君じゃ勝てない! 絶対にだ!」

( φωФ)「どちらにしろ、我輩を倒さねばいけないであろ」

( φωФ)「超えられるか? 貴様に!!」

( φωФ)「我輩という名の、壁を!!」

(メメ  ω )「ブーンが超えるのは、お前じゃないお」

(メ;´・ω・`)「……?」

( φωФ)「……ほう」

(メメ  ω )

(メメ ^ω^)「この、山だお!」

(;φωФ)「なっ、我輩を無視する気か貴様!」


569 :( ^ω^)は剣を運ぶようです17/30:2009/07/27(月) 23:08:34.84 ID:zUvj/xRU0
(メメ ^ω^)「もとから、そのつもりだお! 殺されないように、逃げる。
それが、ブーンなりの生き方だお!」

(メ´・ω・`)「さっきまで散々人を殺してきた人のセリフとは思えないね」

( φωФ)「剣を持った者の発言にはあらんぞ! 一度剣を抜いたならば、
剣に全てを乗せて、戦えい!」

(メメ ^ω^)「だから剣を抜いてるんだお! 逃げるために戦うんだお!」

( φωФ)「ほう、面白い。だがこのロマネスク、そのような生半可な気持ちでは
下すことは出来ぬぞ!」

(メメ ^ω^)「……だから、今は戦わないんだ……おおっ!?」

(♯φωФ)

(メ´・ω・`)「どうするんだい、ブーン。戦わなきゃ解放してくれなさそうだよ」

(メメ;^ω^)「冷静に見てないで何とかしたらどうだお!」

(メ´・ω・`)「ほらほら、余所見をしてると当たるよ」

(メ´・ω・`)「それに、何とかしようにも手段が無いしね」

(メ´・ω・`)「まあ、意気地なしの君だったら勝てないだろうけどね」

(メメ ^ω^)プチッ


574 :( ^ω^)は剣を運ぶようです18/30:2009/07/27(月) 23:13:20.88 ID:zUvj/xRU0
(メメ♯^ω^)「もう一回言ってみろお。ショボン」

(メ´・ω・`)「聞こえなかったのかい? その耳は何の為に付いているんだろうね。
もう一回だけ言ってあげようか。意気地なし」

(メメ♯^ω^)ブチッ

(メメ♯ ω )

(メ´・ω・`)「うーん、悪口に耐性が出来てたのかな、やっぱり」

(メメ♯ ω )「殺すお」

(♯φωФ)「ああ、来い!」

(メ´・ω・`)「マジ切れしたもの同士が戦うっていうのもいいものだね」

「てめえ、そこで何してやがる!」

(メ´・ω・`)「別に何もしてやいないさ。君たちとは違ってね」
―――
(メ´・ω・`)「……うーん、血に塗れた剣、か。あまり持ちたくないな。……!」

(メメ´・ω・`)「……痛いな。なんだこれは、破片か?」

(メメ;´・ω・`)「剣が、壊れた、だと……!?」


575 :( ^ω^)は剣を運ぶようです19/30:2009/07/27(月) 23:14:05.90 ID:zUvj/xRU0
(メメメ♯ ω )「これでどうだお」

(メφωФ)「うむ、我輩を下すとはなかなかである。だが……」

(メφωФ)「我輩は、ロマネスクではない」

(メメ♯ ω )「いい加減にするお」

(メメ´・ω・`)「……いや、よく見ると、右目が違うな」

(メφωФ)「まさか、気付けるものが……いるとは、思わな……かっ、t」

(メメ´・ω・`)「観察眼をなめないで欲しいよ」

(メメ;´・ω・`)「…………ブーン、元に戻れ。落ち着け。こいつは死んだ」

(メメメ♯ ω )

(メメメ♯^ω^)

(メメメ ^ω^)「お」

(メメ´・ω・`)「さて、冷静になったところで言わせて貰うが、こいつはロマネスクではな

かった」

(メメメ ^ω^)「……違いがよくわからないお」

(メメ´・ω・`)「右目が、違うんだ。以前、写真で見た時と、大分違ったよ」
―――


578 :( ^ω^)は剣を運ぶようです20/30:2009/07/27(月) 23:16:24.59 ID:zUvj/xRU0
(メメメ ^ω^)「何事も無く売りさばけたお」

(メメ´・ω・`)「展開が早いのはいつもの事だよね」

(メメ´・ω・`)「そういえば、君は人を一人殺しているんだよ。わかってる?」

(メメメ ^ω^)「……わかってるお」

(メメメ ^ω^)「……でも、なんかこう、受け入れちゃったお」

(メメ´・ω・`)「……そう、か」

(メメメ ^ω^)「人を殺してるのは、ショボンも同じだお」

(メメ´・ω・`)「……最初に人を殺してしまったのは、いつだったかな」

(メメ´・ω・`)「いや、そんなことはどうでもいい」

(メメ´・ω・`)「兎に角、僕はもう、そういう感覚が麻痺しちゃってるんだよ」

(メメ´・ω・`)(だから、なんとなく君がうらやましい気もするんだよね)

(メメメ ^ω^)「さて、さっさと宿を取って明日に備えるお」
―――
(メ ^ω^)「…………」

(メ;´・ω・`)「いや、何かしゃべろう?」


582 :( ^ω^)は剣を運ぶようです21/30:2009/07/27(月) 23:17:22.61 ID:zUvj/xRU0
(メ ^ω^)「……よし、行くお!」

(メ´・ω・`)「合点承知之介」

(メ ^ω^)(いやー、古いお)
―――
(メ ^ω^)「うん、まあ、退くお」

(メ ^ω^)「死にたくないなら、退くんだお」

(メ ^ω^)「正直言って、殺したくないんだお」

「何をなめたこt」

(メ ^ω^)「……だから言ったんだお。死にたくないなら退けって、お」

(メ;´・ω・│藪「……いかん、ブーンが少しいかれてる」

(メ;´・ω・│藪「殺す事に躊躇いをなくしたら、元の生活は出来ないぞ」

(メ;´・ω・│藪「って、僕が言えたセリフでもないけど」

(メ ^ω^)「さあ、退くんだお!」

(メ´・ω・│藪「……それにしても、脅しの効果ってすごいね」

(メ´・ω・│藪「このままだったら、何事も無く帰れそうだ」


583 :( ^ω^)は剣を運ぶようです22/30:2009/07/27(月) 23:18:09.99 ID:zUvj/xRU0
(メ´・ω・│藪「……このまま、だったらね」

(メ ^ω^)「……お」

(,,゚Д゚)「……ここで待ってれば来ると思ったぞゴルァ」

(メ ^ω^)「……どうしてだお」

(,,゚Д゚)「お前のように向こうの山から来る奴は何度も見てきた。
そいつらを襲うために山賊になったんだから当然だけどな」

(メ ^ω^)「把握」

(,,゚Д゚)「さて、真の決着を付けようじゃあねえか」

(メ ^ω^)「……あれ、決着付いてなかったかお?」

(,,゚Д゚)「真の決着ってのはなあ、どっちかが死ななきゃ付かねえんだ」

(メ ^ω^)「……わかったお」

(メ´・ω・│藪「……これだから」

(メ´・ω・│藪「あれ、再戦って何フラグ? 生存? 死亡?」

(メ´・ω・│藪「……まあ、どっちでもいいか」
―――


586 :( ^ω^)は剣を運ぶようです23/30:2009/07/27(月) 23:19:12.82 ID:zUvj/xRU0
(メ,,゚Д゚)「数日前とはまるで別人のようじゃねえかゴルァ」

(メメ ^ω^)「踏ん切りがついたんだお!」

(メ´・ω・│藪「踏ん切りどころの話じゃないけどね、絶対」

(メメ ^ω^)「そんな細かいことはどうでもいいんだお!」

(メ,,゚Д゚)「あん時よか打ち合ってられそうだぜ」
―――
(メメ´・ω・│藪「何でか知らないけど、僕とばっちり喰らったよね、今」

(メメ;´・ω・│藪「……あっちゃー」

(メメ;´・ω・│藪「そりゃあ、何合も打ち合ってたら壊れるよね」

(メメ ゚ω゚)「つ、剣が……」

(メ,,゚Дメ)「……ある意味、運がいいなお前。そしてある意味、運が悪い」

(メメ ゚ω゚)

(メメ ^ω^)「……お?」

(メ,,゚Дメ)「剣を失った戦士は、もはや戦士ではない。まあ、お前は元から
戦士ではないが……」

(メ,,゚Дメ)「だが、俺には止めを刺す事は出来ねえ」


588 :( ^ω^)は剣を運ぶようです24/30:2009/07/27(月) 23:20:09.30 ID:zUvj/xRU0
(メ,,゚Дメ)「さあ、さっさと……」

(メメ ^ω^)「いや、ブーンは戦うお! ショボン!」

(メメ´・ω・│藪「あのね、僕の護身道具を当てにしないでくれるかな。
まあ今回と次回に限り貸すけど」

(メメ;^ω^)「次回はなるべく来ないでほしいお」

(メメ´・ω・│藪(……多分、次回はあるんだろうな。きっと。
そういうフラグが立っちゃってるから)

(メメ ^ω^)「さて、仕切りなおしだお!」

(メ,,゚Дメ)「……ああ、行くぞゴルァ!」

(メメ ^ω^)「来いだお!」

(メメ´・ω・│藪(……ブーンにはなるべくフラグクラッシュしてほしいけど、ね)
―――
(メメ´・ω・│藪「うーん、何回も打ち合うと、壊れる可能性あるんだよね。華奢だから」

(メ,,゚Дメ)「隙有りだゴルァ!」

(メメ ^ω^)「当たり前だお! だって、」

(メメ´-ω-│藪「……決まったね」

(メメ ^ω^)「わざと作ったんだからお!」


590 :( ^ω^)は剣を運ぶようです25/30:2009/07/27(月) 23:20:59.65 ID:zUvj/xRU0
―――
(メメ ^ω^)「『ギコ ここに眠る』、だお」

(メメ´・ω・│藪「何故、墓を作ったんだい?」

(メメ ^ω^)「そうしなきゃ、いけない気がしたお」

(メメ´・ω・│藪「……まだ、君は大丈夫そうだな」

(メメ ^ω^)「……?」

(メメ´・ω・│藪「いや、なんでもないさ」
―――
(メメ ^ω^)「最初に通った中継地まで戻ってきたお」

(メメ´・ω・`)「もう一度、ここで宿に泊まろう」

(メメ ^ω^)「どうでもいいけど、二番目の宿の朝食がまずかったお」

(メメ´・ω・`)「うん、あれはまずかったね。本当にどうでもいいけど」

(メメ ^ω^)「……最初にも言ったけど、相部屋はお断りだお」

(メメ´・ω・`)「だからこっちから願い下げだって。何回言わせれば気が済むんだい?」

(メメ;^ω^)「いや、正直怖いんだお」
―――


591 :( ^ω^)は剣を運ぶようです26/30:2009/07/27(月) 23:21:42.55 ID:zUvj/xRU0
(メメ ^ω^)「最後の山道、さっさと越えて帰るお!」

(メメ´・ω・`)「うん、そうだね。ところでコーヒーはどうだった?」

(メメ ^ω^)「滅茶苦茶美味かったお!」

(メメ´・ω・`)「そうかい、だったら僕も飲んでくるよ」

(メメ ^ω^)「ショボンがコーヒー飲むなんて珍しいお」

(メメ´・ω・`)「ただの気まぐれさ」
―――
(メメ´・ω・`)「……ふう」

(メメ´・ω・`)「見てるだけのつもりだったけど、つい参加してしまったな」

(メメ´・ω・`)「恐らく……ロマネスクがいるだろうな」

(メメ´・ω・`)「もはや予感でしかないけど、何でか的中しちゃうんだよね。こういう時だけ」

(メメ´・ω・`)「……うん、やっぱりブラックコーヒーはきつい」

(メメ´・ω・`)「そもそも、コーヒーを飲むような柄じゃないよね。僕」

(メメ´・ω・`)「……行くかな。独り言ばかり言っててもしょうがない」
―――


593 :( ^ω^)は剣を運ぶようです27/30:2009/07/27(月) 23:23:12.88 ID:zUvj/xRU0
(メメ ^ω^)「……予測ぐらいは、してたお」

(メメ´・ω・`)「僕は、予感がしてたんだけどね」

「何をぶつぶつ言ってん……ギャアアア」

(メメ´・ω・`)「ちょうどいいや、この剣を使わせてもらおう」

(メメ ^ω^)「さあ、さっさと退くんだお!」

「それは出来ない相談である」

(メメ´・ω・`)「……うーん。もしかして、ロマネスクとやらかな」

( ФωФ)「よくわかったものだ」

(メメ ^ω^)「向こうの山に偽者がいたんだお!」

(メメ´・ω・`)「まあ、姿かたちだけでなく声まで似てるって言う可能性があったからさ」

( ФωФ)「まあいい、そなたらが向かうのはこの先であろ」

( ФωФ)「しかし、我輩という壁がそれを塞ぐのである」

( ФωФ)「超えられるか?貴様に!!」

(メメ´・ω・`)「……もしかしてそれ、決まり文句かい?」

( ФωФ)「いかにも」


594 :( ^ω^)は剣を運ぶようです28/30:2009/07/27(月) 23:24:16.88 ID:zUvj/xRU0
(メメ ^ω^)「長い道のりを越えてきたんだお。ここで越えなきゃ」

(メメ ^ω^)「帰れるわけが無いんだお!」

( ФωФ)「いい度胸である」

( ФωФ)「そなたらの首、このロマネスクが持ち帰らせていただこう」

(メメ´・ω・`)「ちゃっかり僕も標的に入ってる件」

( ФωФ)「そなたも戦うのだ」

(メメ´・ω・`)「……はあ」
―――
( ФωФ)「そなたらの力は、そんな物か?」

(メメ;^ω^)「ちっとも当たらないお……」

(メメ;´・ω・`)「流石としか言いようがないね」

( ФωФ)「我輩はがっかりである。ギコを倒したというからどんな輩かと思えば」

( ФωФ)「このような腑抜けであったというわけか」

(メメ ^ω^)プチッ

(メメ´・ω・`)「……反応するってことは、図星だよね」

(メメ♯^ω^)ブチリ


598 :( ^ω^)は剣を運ぶようです29/30:2009/07/27(月) 23:26:40.20 ID:zUvj/xRU0
(メメ♯ ω )「だったら、地獄を見てみるかお?」

(;ФωФ)「むっ、殺気!」

(メメ♯ ω )「その首、ブーンが貰っていくお」

(メメ´・ω・`)「……うん、作戦成功。こんなこと言ってる場合じゃないけどね」

(メメ´・ω・`)「ブーンだけじゃ勝てない、だから」

(;ФωФ)「この、先程よりも激しい連撃。しかも、隙が無いとは」

(;ФωФ)「……かといって、我輩の隙を突こうとしても無駄である」

(メメ;´・ω・`)「うわっと、危ない危ない」

( ФωФ)「我輩を最後の相手として、散るがいい」

(メメ´・ω・`)「うわあ、大振り。隙だらけ。……のように見えて隙が無いのが怖い」

(メメ♯ ω )「…………」

(♯ФωФ)「死ねっ!」

(メメ♯ ω )「死んでやらないお。ブーンはこう言ったお。『地獄を見てみるか』って。
だから、それを今、見せてやるんだお」

(♯ФωФ)「何を…………っ!」


600 :( ^ω^)は剣を運ぶようです30/30(終):2009/07/27(月) 23:28:21.66 ID:zUvj/xRU0
―――
(メメ´・ω・`)「……ブーン、はっきり言って、今の君、怖すぎる」

(メメ♯ ω )

(メメ´・ω・`)「一旦気持ちを落ち着けろ。これでも使って」

(メメ ゚ω゚)「ハウッ!?」

(メメ´・ω・`)「うん、ひんやりとしたお金は気持ちよかったかい?」

(メメ;^ω^)「びっくりしてそれどころじゃなかったお。……ロマネスクは?」

(メメ´・ω・`)「ああ、君が殺した。どうも君はキレると正気をなくすらしい」

(メメ´・ω・`)「今後、キレるなよ」

(メメ ^ω^)「……わかったお。さっさと下山して、ドクオと四方山話でもするお!」

(メメ´・ω・`)「僕も混ざっていいかな?」

(メメ ^ω^)「……別に構わないお」



( ^ω^)はどうやら剣を運び終わったようです




( ^ω^)ブーン系小説+読み物&イラスト総合案内所のようです
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1248608957/
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/300-d55855b5
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。