長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川 ゚ -゚)クーは土方のようです 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 12:56:07.08 ID:aT/i73Mq0
 
(`・ω・´)「今日からごこで働くことになったクーさんだぁ。
      みんな、よろしくたのむべ」

川 ゚ -゚)「よろしくお願いします」

('A`)「……女?」

( ^ω^)「おいおい、給仕の間違いじゃなかっぺ?」

川 ゚ -゚)「いえ、石の運搬をします」

( ^ω^)「んわっはっは! 冗談だべ」
('A`)「女が土方なんて無理だ。何かの間違いだろ? 社長」

(`・ω・´)「いや、間違いじゃない。じゃ、ドクオ。お前が教えてやってくれ」

('A`)「え……? ま、マジなのか?」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 12:58:58.28 ID:aT/i73Mq0

仕事場

('A`)「この一輪車に石をのせて、向こうまで運んでくれ」

川 ゚ -゚)「わかりました」

('A`)「最初はキツイと思うから、早番でいいよ。五時までだ。
    それでもキツイと思うけど……」

川 ゚ -゚)「大丈夫です。それじゃ、頑張ります」



( ^ω^)「何考えてるっぺな。若ぇ女子なのに、こんなとこで仕事とは」
('A`)「まったくだ。訳有りにちがいねえ。手出したらえらいことになるぞ」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:02:23.16 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「ふう……」

('A`)「大丈夫か? 最初は無理すんな。
    今日は暑いから休み休みやれ」

川 ゚ -゚)「いえ、大丈夫です。お気遣いありがとうございます
     えっと」

('A`)「ドクオだ。……ま、何か訳があるんだろうけど」

('A`)「何か困ってる事があったら言ってくれよ。
    俺ぁ学がないから大したことはできんけどさ」

川 ゚ -゚)「はい、ありがとうございます」

( ・∀・)「オラー! そこ休んでんじゃねえ!
     無駄口叩いてる暇あったらさっさと作業しろボケェェェ!!」

('A`)「ちっ。モララのやろう、偉そうに」
( ^ω^)「本社の下っ端のくせにえっらそーに。目ぇつけられるなよ」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:06:04.80 ID:aT/i73Mq0

川;゚ -゚)「はぁ、ふぅ」

ガラガラ

川;゚ -゚)「わっ」

ガシャン!

( ・∀・)「オラー! 何やってんだー!」

川 ゚ -゚)「す、すみません」

( ・∀・)「あぁ? 何だ? 女が何で石運んでんだ!
     おぉいシャキン!!どういうこったこれぁ!!」

(;`・ω・´)「は、はい。いえ、その、彼女はですね」

( ・∀・)「女がちんたら石運んでたら、いつまでたってもおわらねーだろうが!!
     あぁ!? オリンピックまでに完成せにゃうちは終わりなんだよボケェェ!!」

(;`・ω・´)「ひっ。ぞ、ぞんじております」





10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:08:45.28 ID:aT/i73Mq0

(;`・ω・´)「う、うちも人手がたりないので、その、彼女には現場で働いてもらおうと」

川 ゚ -゚)「お願いします。募集には、女性禁止とは書かれていなかったので」

( ・∀・)「ちぃ! 人手不足か……まあいい。
     何かあってもうちは責任とらねーからな!!」

(;`・ω・´)「は、はい!」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:11:49.45 ID:aT/i73Mq0

( ^ω^)あー、やっと昼飯だべ」

('A`)「おう。今日は暑くてたまらん」

川;゚ -゚)「はぁ……はぁ」

('A`)「大丈夫か?」

( ^ω^)「ありゃ。こりゃひでえ顔だ。真っ青だべ」

('A`)「やっぱり無理だ。辞めといたほうがいいって」

川 ゚ -゚)「いえ、少し疲れただけでまだいけます」

( ^ω^)「強情な女子さんだべなぁ。なしてそこまで働くと?
       もっとええ仕事あるべ」

川 ゚ -゚)「……」

('A`)「ま、深入りはしないよ。俺達だってココしか働くとこないしな」

( ^ω^)「んだぁ。ドクオ、つまらんなぁ」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:15:16.73 ID:aT/i73Mq0

( ・∀・)「オラァー! 作業遅れてるぞ!
     全員、今日は通しにしろやぁ!」

( ^ω^)「無茶苦茶いってるべ」
('A`)「いつものことだろ。まぁ、通しは金になるから俺はいいがな」

川;゚ -゚)「はぁ、はぁ」

(;'A`)「……大丈夫じゃなさそうだな」
( ^ω^)「初仕事で、しかも女子だぁ。通しなんてやったら死んでしまうべ」

('A`)「社長。クーは早上がりさせましょう」

(`・ω・´)「う、ううむ。しかしモララさんが全員通しといってるからなぁ」

('A`)「そんな無茶な。死にますよ、彼女」

川;゚ -゚)「問題、ないです。まだ体は動きますから」

( ^ω^)「腕痙攣してるべ。無理無理」





14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:18:30.18 ID:aT/i73Mq0

( ・∀・)「ゴラァ!!さぼってんな!!
     きりきりやらんかぼけえええ!!!」

川;゚ -゚)「はぁ、はぁ」

川;゚ -゚)「もう100往復以上はしてる。終わりが見えない……」

(;^ω^)「しかし、今日はえらいモララ不機嫌やね」

('A`)「あれが原因だな。あれ」


/ ,' 3「ほっほ。工事は順調かね?」
( ・∀・)「もちろんです! このとおり、作業員総出で動いております!
     オリンピック当日には、壮大な景色がいろがりますよ」


川;゚ -゚)「あの老人は?」
( ^ω^)「本社のお偉いさんだぁ。天上人だべよ」









15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:20:29.80 ID:aT/i73Mq0

川;゚ -゚)「……もう夕方か」

川;゚ -゚)「あの、ブーンさん。通しって何時までですか?」

( ^ω^)「通しは翌日の6時までだぁ」

川;゚ -゚)「!!」

川;゚ -゚)「し、死んでしまう……。これほどキツイとは」

( ^ω^)「大丈夫大丈夫。休憩が一回入るべ。そんときにええもんやるお」

川 ゚ -゚)「ええもん?」

( ^ω^)「ま、後のお楽しみだっぺ。ふひひ」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:23:23.95 ID:aT/i73Mq0

「十分休憩ーー!!」

川;゚ -゚)「く……はあ」

(;'A`)「おい、平気かよ。倒れてるぞ」

( ^ω^)「しょーがねっぺ。ほれ、こっちこい。元気にしてやるぞ」

('A`)「おい、ブーン何するつもりだ」

( ^ω^)「わかってるくせにぃ。元気にさせるんだっぺお」

(;'A`)「お前……」

( ^ω^)「ここでの問題は全部隠蔽されるっぺ。
       なにせ偉大なオリンピックの工事だっぺなぁ。国は恥かきたくないべ」

(#'A`)「だからって、何をしようってんだ!」

( ^ω^)「ドクオ。悪いけどブーン達のほうが多数だべ」

( ,,゚Д゚)( ゚∀゚)( ><)にやにや

('A`)「て、てめえら」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:25:15.25 ID:aT/i73Mq0

川;゚ -゚)「あ、あの。何を……?」

( ^ω^)「気持ちよくしてやるべ。ふっひひ、最初だからサービスしとくべ」

('A`)「おい……っ!」

( ^ω^)「ドクオもスナオになればええっぺ。ふふ、いつでもおらたちはまってるべよ」

バタン


( ^ω^)「さて、てっとり早くすませるべ。おいビロード。はやくだせっぺ」

( ><)「ぼ、僕がですか? ふひひ、わかんないんです」

( ^ω^)「とぼけなさんなって。ええもんもっとるっぺ」

川;゚ -゚)「あの、何をするんですか?」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:27:47.92 ID:aT/i73Mq0

( ^ω^)「気持ちよくなるべ」

( ><)「ふひっ!」

キラーン☆

川;゚ -゚)「注射器っ!?」

( ><)「ふひひ。安物ですまないんです」

( ^ω^)「おめ、それかっぱらったやつだろが。けちけちすんな」

( ><)「ばれてましたか。では、刺すんです」

川;゚ -゚)「ちょ、まってくれ。それは一体」

( ^ω^)「ヒロポンだぁ。ええもんだっぺよ」

川;゚ -゚)「……痛っ!」

( ><)「入ったんです!!」

川 ゚ -゚)「う、あ……なんだ、これは。……ふ」

川 ゚ -゚)「ふふう、す、凄い。体が覚醒した気分だ」

( ^ω^)「な? 気持ちいいっぺ?」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:30:15.17 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「凄いですね。さっきまで疲れていたのに、全然、感じなくなりました」

( ^ω^)「んじゃ、そろそろ休憩終わりだっぺ。頑張るべ」

川 ゚ -゚)「はい」

がちゃーり

('A`)「おいブーン。打ったのか……」

( ^ω^)「元気もりもりだべ」

('A`)「クーに変なもん教えるな。まだ若いんだぞ」

( ^ω^)「若いからこそ効き目もばっちしだべ☆」

川 ゚ -゚)「ふふふ、ありがとうございます。これで頑張れそうです」

('A`)「クー。あんまヒロポンは打つな。あれはあぶねぇもんだ」

( ^ω^)「おめ、まーだショボンのこと根にもってるべかぁ?
       あれは病気だべ。ヒロポンはかんけいねぇ」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:32:37.08 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「ショボン……?」

( ^ω^)「ああ、心臓発作で死んだ人夫だべ。
       連日通しだったから無理がたたったべ」

('A`)「ちがう! あいつはヒロポンを打ちすぎて……」

( ^ω^)「おっと、あんま大声だすなぁ。警察にがさ入れされたらめんどいべ」

( ^ω^)「そ・れ・に。ショボンは病死。これは病院もはんこおしてるべ。
       一度決まった事はほりかえさないのが世の術だぁ。特に、くさいもんにはふたするっぺ」

('A`)「フン。オリンピックさまさまだな」

川 ゚ -゚)「さあ、仕事をしましょう。皆さん」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:35:31.50 ID:aT/i73Mq0

ガタガタガタ

川 ゚ -゚)「うわー、まるで背中に羽が生えたみたいです。
     神話にでてくるペガサスになったみたい」

( ^ω^)「おめ、変な表現するなぁ」

川 ゚ -゚)「うふふ。ブーンさんも元気もりもりですね」

( ^ω^)「あたぼうよ。仕事終わったら給仕の女さかうべ。
       街で女買うにはちょっと金ねえし」

川 ゚ -゚)「へぇー。給仕の体って買えるんですか。でもオバサンばかりですよね」

( ^ω^)「んだんだ。だからちょーっと物たりねーべ」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:39:29.89 ID:aT/i73Mq0

( ・∀・)「はい! はい! 現場はこちらになります!」

ミ,,゚Д゚彡「ふむ。爆破しないと駄目だなこりゃ」

川 ゚ -゚)「またお偉いさんですね」

( ^ω^)「んだ。ありゃ部長だな。おらの給料の三倍以上もらってるべ」

ミ,,゚Д゚彡「む。おーい、そこの君」

川 ゚ -゚)「私ですか?」

ミ,,゚Д゚彡「女性も働いているのか。なんなんだ」

(;・∀・)「あ、彼女はですね……その、お、男です!!長髪なんです!!」

ミ,,゚Д゚彡「男なのか? そうは見えんがなぁ。これは問題ですぞ。女を現場に入れるなどとは」

( ^ω^)(ここはごまかしとくべ)
川 ゚ -゚)「私は男です。証拠を見せましょうか?
     ふふ、ただ最近風呂に入ってないので大変なことになるかもしれませんが」

ミ,,゚Д゚彡「……フン。田舎の人夫が。もういい。次いくぞ」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:41:35.04 ID:aT/i73Mq0

( ^ω^)「ふー。ナントカやりすごしたべ」

川 ゚ -゚)「私、全然緊張しませんでした。
     この度胸もヒロポンのおかげですね」

( ^ω^)「だべだべ。……お?」

( ・∀・)きぃぃーん

( ・∀・)「爆破作業を行う!!そのため、今日はあがりだ!!全員帰れ!!」

( ^ω^)「ありゃー。ずいぶん勝手だお。さっきは通し通しってうるさかったくせに」

川 ゚ -゚)「せっかく調子が出てきたのに。残念です」

( ^ω^)「けえるべ」

川 ゚ -゚)「はい」

('A`)「……」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:44:12.59 ID:aT/i73Mq0

( ^ω^)「ふう。おつかれおつかれ」

川 ゚ -゚)「私の部屋は……ここですね」

( ><)「うふ、一緒なんです」

('A`)「ビロード、変な事すんなよ」

( ^ω^)「クーの部屋は、おらとドクオ、ビロードと一緒だべ。
       まぁ狭いけど我慢すっぺよ」

川 ゚ -゚)「はい。皆さんは、これからどうします?」

( ^ω^)「給仕とやりにいくにはまだ早いお」

( ><)「あの!!僕はクーさんを買いたいんです!!」

川 ゚ -゚)「私を?」

( ><)「1000円でどうですか!!」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:46:49.94 ID:aT/i73Mq0

( ^ω^)「おいおい、1000円とか自重すっぺ」

('A`)「おい! 部屋ん仲間を買うんじゃねえ」

( ><)「あ? 僕の勝手なんです!!で、どうなんですかクーさん!!」

川 ゚ -゚)「えっと……」

('A`)「おい、まともにかけあう必要はねえぞ」

( ><)「ドクオ口を挟むななんです!!僕が買うっていってるんです!!」

('A`)「んだと? てめえ、いつからそんな偉くなった」

( ^ω^)「おーい、やめるお。喧嘩なら外でやれっぺお」

( ><)「クーさん!!クーさんのまんこ買わせてほしいんです!!
      もうぎんぎんなんです!!」

('A`)「てめーは地面の穴にでも入れてろカスが!!」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:48:18.69 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「ブーンさん、アレ、まだありますか?」

( ^ω^)「なんだあ。欲しいっぺか? タダじゃないべお」

川 ゚ -゚)「いくらですか」

( ^ω^)「んだなあ……そだ、買いにいくっぺ。おすすめの売人教えるべよ」

川 ゚ -゚)「いきましょう」



( ><)「あ、あれ? クーさん?」
('A`)「あいつらどこいった??」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:49:59.20 ID:aT/i73Mq0

<ヽ`∀´>「何ニダ?」

( ^ω^)「お豆腐、ありますかお?」

<ヽ`∀´>「ニダニダ、ほどほどにするニダよ。毎度」


( ^ω^)「三本でいいっぺか?」

川 ゚ -゚)「はい。買い溜めしておきたかったので」

( ^ω^)「んだ。じゃあ戻ってさっそくうつべよ」

川 ゚ -゚)「韓国人が多いんですね」

( ^ω^)「売人は大体、中国韓国系だぁ」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:52:03.90 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「あれ? ドクオさんたちいませんね」

( ^ω^)「女でも買いにいったべよ。ささ、打つべ打つべ」

川 ゚ -゚)「……っ」

川 ゚ -゚)「はぁ……ふぅ……」

川 ゚ -゚)「あぁ。血がたぎってきました」

( ^ω^)「たまらんべ。それは当たりだっぺよ」

川 ゚ -゚)「当たり外れがあるんですか?」

( ^ω^)「スカだと全然気持ちよくないっぺ」

川 ゚ -゚)「私はラッキーですね……はぁ……はぁ……」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:53:24.82 ID:aT/i73Mq0

('A`)「よう、帰ってたのか」

川 ゚ -゚)「ドクオさん」

( ^ω^)「ドクオ。何してたっぺ。ビロードは?」

('A`)「あいつは、帰った」

( ^ω^)「は??どこに帰ったっぺ?」

('A`)「おいクー」

川 ゚ -゚)「はい?」

('A`)「やらせろ」

( ^ω^)「ぶっ。なんだべ。交渉はドクオが買ったべか」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:55:31.21 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「やらせろって言われても」

('A`)「駄目なのか!?俺じゃだめなのかよ!!」

( ^ω^)「ははは。ドクオ、ただじゃむりだっぺ」

('A`)「俺の給料全部だす!!一万、いや二万だす!!」

( ^ω^)「アホか。二万てお前の一月分の給料だっぺ」

川 ゚ -゚)「いやです」

(#'A`)「何故だ!!!くそっ!!」

川 ゚ -゚)「今、いい気分なんです。雰囲気を壊さないでください」

ばしっ!!

(#'A`)「ぎゃう!!」

( ^ω^)「あーあ、ふられたー」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:57:21.46 ID:aT/i73Mq0

翌日。

川 ゚ -゚)「ふー。ふー」

( ^ω^)「今日は元気だべね」

川 ゚ -゚)「朝と昼、打ちましたから。ブーンさん、また買いにいきましょう」

( ^ω^)「いくらなんでも消費早すぎだっぺ。金あんの?」

川 ゚ -゚)「夜までに作ります」

( ^ω^)「そうかお。じゃあ夜に案内したげるお」


('A`)「はぁ……クー」

川 ゚ -゚)「ドクオさん、ちょっとお話が」

('A`)「な、何?」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 13:59:27.53 ID:aT/i73Mq0

(;'A`)「い、いいのか本当に」

川 ゚ -゚)「二万です。それ以下は受け取りません」

(;'A`)「ハァハァ、じゃ、じゃあこれ」

川 ゚ -゚)「二万ですね。あ、それとゲームしませんか?」

(;'A`)「ゲーム」

川 ゚ -゚)「麻雀です。ドクオさんが買ったら、このお金、返してあげますよ」

( ,,゚Д゚)( ゚∀゚) にやにや

(;'A`)「じゃ、じゃあ一回だけじゃなくて勝てば何度も・・・ごくり。
     やる。やろう」

川 ゚ -゚)「では、やりましょう」





57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:01:40.64 ID:aT/i73Mq0

じゃらじゃら……

(;'A`)「ま、また負けた」

川 ゚ -゚)「これで四万の負けですね、ドクオさん」

(;'A`)「お、おかしくないか? これ」

川 ゚ -゚)「公平なルールですよ。ね? みなさん」

( ,,゚Д゚)( ゚∀゚) にやにや

(;'A`)「も、もうゲームはいい。それより、はやくやろう」

川 ゚ -゚)「何言ってるんですか?」

川 ゚ -゚)「ドクオさんは四万負けですよ。さっきもらった代金の二万を差し引いても、二万マイナス。
     よって、私とやりたいなら四万もってきてください」

(;'A`)「そ、そんな! そんなの詐欺じゃねえか!!」

川 ゚ -゚)「どこがですか? ゲームをうけたのはドクオさんですよ」






61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:03:11.00 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「さっきはどうも。これ取り分」

( ,,゚Д゚)( ゚∀゚)「へへへ」

( ,,゚Д゚)「それにしても、おめ手先器用だな」
( ゚∀゚)「あのすり替え、そうそう真似できねえぜ」

川 ゚ -゚)「ありがと」


( ^ω^)「金できたべか?」

川 ゚ -゚)「二万あります。いきましょう」

( ^ω^)「どっから拝借したべ。まったく」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:05:20.91 ID:aT/i73Mq0

<ヽ`∀´>「お客さん、いつも毎度ニダ」

( ^ω^)「今日はずいぶん買ったべなぁ」

川 ゚ -゚)「売人さん。もっといいものはありませんか?」

<ヽ`∀´>「ホルホルホル」

川 ゚ -゚)「おっと、お金を落としてしまった」

<ヽ`∀´>「……VIPビルにギンっていう人がいるニダ」

川 ゚ -゚)「どうも」

( ^ω^)「おいおい、買いにいくっぺか?」

川 ゚ -゚)「金はありますから」



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:07:10.31 ID:aT/i73Mq0

( ^ω^)「そういや、何でおめさん、土方なんかやってんだ?」

川 ゚ -゚)「母に仕送りしようと思って」

( ^ω^)「でも、もうちょいマシな仕事あったべ」

川 ゚ -゚)「ショボンは私の父です」

( ^ω^)「お・・・」

川 ゚ -゚)「どうして父が死んだのか知りたくてきました」

( ^ω^)「そっかお・・・ショボンの娘さんだったのかお・・・」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:08:46.61 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「心臓発作だったんですね」

( ^ω^)「んだ。おめのとーちゃんもヒロポン好きでなぁ」

川 ゚ -゚)「なるほど。でも、今なら父の気持ちがわかります」

( ^ω^)「そうかそうか」

ピンポーン

「誰だ」

川 ゚ -゚)「ギンさんいますか。ニダーっていう売人から連絡があったはずです」

「入れ」

川 ゚ -゚)「いきましょう」

( ^ω^)「おめさん、ほんっと怖いもんしらずだなぁ。まいったまいった」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:11:23.71 ID:aT/i73Mq0

……



川 ゚ -゚)「いい質のものが買えましたね」

( ^ω^)「ううむ。しかし、いいっぺか?」

川 ゚ -゚)「何がですか?」

( ^ω^)「おめのとーちゃん・・・いや、やめとくわ」

川 ゚ -゚)「さ、早く打ちましょう。……っ!」


川 ゚ -゚)「あぁ……すごい。これすごいですよ。
     最高です。全神経が研ぎ澄まされていく……」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:13:15.16 ID:aT/i73Mq0

( ^ω^)「あー、ところで、おっかさんへの仕送りはいいっぺか?」

川 ゚ -゚)「そんなのは後でいいんです。金なんていくらでも作れる。
     ああ……父さん、これが父さんの見た世界なんですね。うっ」

( ^ω^)「ちょ、大丈夫っぺか?」

川 ゚ -゚)「はぁはぁ……もらしちゃいました」

( ^ω^)「あーあ。自分で掃除するっぺよ」

川 ゚ -゚)「すみません。ところでブーンさん」

( ^ω^)「なんだべ」

川 ゚ -゚)「どうして欲情しないんですか?」

( ^ω^)「ホモだから」



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:15:09.44 ID:aT/i73Mq0

バタン!!

( ,,゚Д゚)「おい、やべえぞ警察だ」

川 ゚ -゚)「警察?」

( ^ω^)「なんで警察がこんなとこくるっぺ」

( ,,゚Д゚)「なんでも裏庭でビロードの死体が出たらしい」

( ^ω^)「mjk!!誰だお通報したやつわ!!」

( ,,゚Д゚)「ふざけて工事現場に遊びに来た子供らしいぞ。まずいぜ」

川 ゚ -゚)「ブーンさん、どうしましょう」

( ^ω^)「ついでにガサ入れられたらめんどいべ。やばいべ」



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:17:24.12 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「逃げましょう」

( ^ω^)「逃げるって……まじかお?」

川 ゚ -゚)「今、捕まったらヒロポンはおじゃんですよ」

( ^ω^)「仕事はどうすっぺ」

川 ゚ -゚)「そんなもん知りません。今なら窓から逃げられます」

( ,,゚Д゚)「おい、どうすんだ! 俺はもう顔知られたから逃げられねーけど」

( ^ω^)「しょーがね。おらたちは逃げるっぺ」

川 ゚ -゚)「行きましょう」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:19:22.79 ID:aT/i73Mq0

ガサガサ

川 ゚ -゚)「それにしても、こんなことしたのは誰でしょうね」

( ^ω^)「ビロード殺しだっぺか? まあドクオだろうべ」

川 ゚ -゚)「なぜドクオさんが?」

( ^ω^)「ほら、あの時喧嘩してたし。ドクオ、おめさんにほれてたっぺ」

川 ゚ -゚)「気持ち悪い」

( ^ω^)「そういうな。あいつも三十半ばではじめての恋だったっぺ。不器用な男だべ」

川 ゚ -゚)「……それより、どこにいきましょうかね」

( ^ω^)「んだ。勢いで出てきちまったけど、寝るとこないべ」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:22:07.19 ID:aT/i73Mq0

( ^ω^)「あぁそだ。アイツんちいこ」

川 ゚ -゚)「誰ですか?」

( ^ω^)「ワカッテマスんちだべ。おらの元人夫仲間で、弱みにぎってる」

川 ゚ -゚)「あはは、じゃあそこにお邪魔しましょう」


ピンポーン

( <●><●>)「なんですか。ブーン」

( ^ω^)「いやあ、ちょっと泊めてほしいべ。訳はきいてくれるな」

( <●><●>)「ふざけるな。帰るんです」

川 ゚ -゚)「お願いします」

( ^ω^)「ほら、若い女子も頭さげてるべ。断るならおめさんの実家に手紙おくるぞ」

( <●><●>)「く……故郷を捨ててきた男は、弱みが多いのはわかってます。勝手にすればいいのです」

( ^ω^)「おじゃましますべ」

川 ゚ -゚)「お邪魔します」

      


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:24:49.37 ID:aT/i73Mq0

(*゚ー゚)「あら、お客さん」

( <●><●>)「しぃ。すまんがこいつら寝かせるんです」

(*゚ー゚)「はいはい。わかりました」

川 ゚ -゚)「奥さんですか?」

( <●><●>)「はい……」

( ^ω^)「こいつ、出稼ぎにきたのに、ふるさとの嫁捨ててかけおちしたべ。
       だから、実家に現住所ばれるとまずいってわけ」

川 ゚ -゚)「最低ですね」

( <●><●>)「あなたに私の何がわかるんですか」

( <●><●>)「そりゃ、ふるさとの嫁には悪いのはわかってます。
       でも……」

( <●><●>)「東京は、あまりにもまぶしすぎたんです。もうふるさとには帰れないのはわかってます」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:28:38.98 ID:aT/i73Mq0

(*゚ー゚)「お茶をどうぞ」

( ^ω^)「ズズ、すまんね奥さん」

川 ゚ -゚)「出稼ぎってことは、ふるさとのお嫁さん、お金に困ってるでしょうね」

( <●><●>)「それもわかってます……ただ、私は……最初は遊びのつもりで。
       でも、だんだん本気で恋してしまって。仕送り用の金に手をつけたのが間違いでした」

( ^ω^)「んでな、社長んとこに嫁から手紙きたんよ。これ。
       お元気ですか。連絡とれなくて困ってます。心配です・・・くう、なけるねえ」

川 ゚ -゚)「返事は出したんですか?」

( <●><●>)「出せるわけないのはわかってます。
       田舎の結婚ってのはね、当人の感情なんか関係ないんです。
       勝手にくっつけてうめやふやせで。だから、初めてなんです恋したのは」



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:30:55.92 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「でも、私がお嫁さんの立場だったら、はっきりと言ってくれたほうがラクです。
     そりゃ、ショック受けるでしょうけど」

( ^ω^)「人それぞれだべ。世の中、しらねえほうがいいこともある」

( <●><●>)「……いずれ、けじめはつけたいです」

(*゚ー゚)「お茶菓子はいかがですか?」

( ^ω^)「いただくお。ばりばりうめえ」

川 ゚ -゚)「……ブーンさん」

( ^ω^)「なんだお」

川 ゚ -゚)「父さんも恋人いたのかなあ」

( ^ω^)「……うーん。おらが掘らせてけれって頼んだ時は断られたから
       ホモではなさそうだったお」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:33:41.17 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「うちも、仕送り途中できれたんです」

( ^ω^)「あー、じゃあそりゃあおめ、ヒロポンだべ」

川 ゚ -゚)「……これが、私達家族よりも、父さんが大切にしていたものなんですね」

( ^ω^)「うーん、まあ気持ちいいっぺからなぁ」

( <●><●>)「家族のつながりなんて、東京に入れば簡単に消し飛びますよ。
       魅力がありますから、ここは」

川 ゚ -゚)「……っ」

川 ゚ -゚)「あぁ。気持ちいい。はぁ、はぁ」

( ^ω^)「人前で打つとは、ほんと好きだおね」



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:35:55.87 ID:aT/i73Mq0

……

(*゚ー゚)「それじゃ、おやすみなさい」

( <●><●>)「今日だけなんです」


( ^ω^)「クー、明日からどうすっぺ」

川 ゚ -゚)「……」

( ^ω^)「おめ、もうふるさと帰れ」

( ^ω^)「とーちゃんのことは、よくわかったべ。
       おめのとーちゃんは、家族よりもヒロポン選んだ。それだけだべ」

川 ゚ -゚)「認めない」

川 ゚ -゚)「もっと別の理由があったんです。きっと」

( ^ω^)「……おめも強情だなあ」



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:38:18.48 ID:aT/i73Mq0

( ^ω^)「あー」

( ^ω^)「今ごろ仕事場はどうなってかなあ」

川 ゚ -゚)「さあ」

( ^ω^)「ドクオ、捕まっちまったかなぁ」

川 ゚ -゚)「知りません」

( ^ω^)「ドクオ、ほんとにおめさんに惚れてたべ」

川 ゚ -゚)「気持ち悪い」

( ^ω^)「あいつ、おめさんの前ではてんぱってたけどなぁ」

( ^ω^)「ほんとはいい奴なんだべ。おめが配属された日、あいつ
       社長にめっちゃ抗議しとっとよ」

川 ゚ -゚)「……」

( ^ω^)「ま、今さら言ってもしゃあないけどお」

( ^ω^)「それだけ、覚えといてくれや……」

川 ゚ -゚)「……はい」



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:40:04.90 ID:aT/i73Mq0

……




(´・ω・`)「おーれ、たかいたかい!」

川 ゚ -゚)「きゃはは! もっともっと!」

(´・ω・`)「おらぁ~田んぼおっこどすぞ~ひゅーん」

川 ゚ -゚)「きゃー!」

J( 'ー`)し「ご飯よー!」

川 ゚ -゚)「ごはんだー!!」

(´・ω・`)「めしくうべ、めし!!」



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:42:04.77 ID:aT/i73Mq0

(´・ω・`)「クー、がっこ楽しいか!」

川 ゚ -゚)「楽しい!!」

川 ゚ -゚)「もっと勉強したい!」

(´・ω・`)「そーかそーか! んなら、高校、はては大学校までいくべ!!」

J( 'ー`)し「あーた、何いっちょるの。そんな金ありません」

(´・ω・`)「東京さいくべ!!東京さいけば仕事なんてわんさかあるべ!」

川 ゚ -゚)「おとー、東京いくの??」

川 ゚ -゚)「やだやだやだ! おとー行くな!!」

(´・ω・`)「ばっきゃろい!クーが良い子にしてりゃいつでもかえってくらあ!」

川 ゚ -゚)「ほんと! やくそく!!」

(´・ω・`)「ははは! ゆびきりだぁ!」



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:44:07.82 ID:aT/i73Mq0

J( 'ー`)し「な、クー。ほんとに行くべか」

川 ゚ -゚)「父さんが死んだなんて信じられん。
     私は東京に行く」

J( 'ー`)し「でも……一人じゃきけんだべ」

川 ゚ -゚)「シャキンさんとも話しつけた。
     何かあればシャキンさんに頼る」

川 ゚ -゚)「あと、仕事見つけたら……仕送りもおくる。
     カーチャンは安心して待ってて」

……





114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:46:16.48 ID:aT/i73Mq0

川 - )(とーちゃん……かーちゃん)

川 - )(嘘だべ。とーちゃんがわたすら裏切ったなんて)

川 - )「う、く……ぐす」

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「やっぱ子供だべなぁ」

( ^ω^)「まだ若いっちゅーに。ショボンのばかたれが」

( ^ω^)「あのお人好しが」

( ^ω^)「寝るべ」

( ^ω^)「……明日、仕事場戻るべ」



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:48:24.00 ID:aT/i73Mq0

ちゅんちゅん

川 ゚ -゚)「お世話になりました」

( ^ω^)「なったべや」

(*゚ー゚)「いえいえ、こちらこそ」

( <●><●>)「もう二度とこないでください」

( ^ω^)「はっはっは! 嫌われたべ!」

川 ゚ -゚)「……」

( ^ω^)「んでは、行きましょか。クー」

川 ゚ -゚)「そうですね」

( ^ω^)「行くって、仕事場よ?」

川 ゚ -゚)「え?」



118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:51:44.44 ID:aT/i73Mq0

川;゚ -゚)「どうしてここに戻ってきちゃったんですか?」

( ^ω^)「まま、社長に挨拶しにいくべ」

(`・ω・´)「あ、お前達……」

( ^ω^)「社長、どうなりました。例のがさいれ」

(`・ω・´)「ドクオは逃げたよ。警察は散り散りだが、あんまりやる気はなさそうだな。
      人夫同士の殺し合いじゃ、このオリンピックで忙しい時に動いてられんのだろうな」

( ^ω^)「そっかぁ~~」

( ^ω^)「な。社長はクーにたいして、わるいとおもったから受け入れたべか?」

(`・ω・´)「何がだ?」

( ^ω^)「いや、ほら。社長がひろめたんじゃない。ヒロポン」

川 ゚ -゚)「え……」




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:55:38.11 ID:aT/i73Mq0

( ^ω^)「ここからは独り言だけんど……。
       社長はヒロポンの売人とつながってるんだべなぁ。
       んま、うちらもヒロポン好きだから別に嫌じゃなけんど
       アレはどうなのかね。あの、ショボンの賃金。
       せっかく社長を信じて預けてるのに、ヒロポンに使われちゃかなわんべ」

(`・ω・´)「……いやぁ、それは」

川 ゚ -゚)「ど、どういうことですか?」

( ^ω^)「社長
       ショボンの仕送り分
       使っちゃった」

( ^ω^)「まぁ社長に金あずけるなんざ、ショボンくらいだったべ。
       ショボンはほとんど通しだったしなぁ。
       ……んでも、社長も運がよろしい。ショボンは死んじまったべ。死人に口なしだぁ」

 



124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 14:58:23.56 ID:aT/i73Mq0

川;゚ -゚)「それって……」

(`・ω・´)「知らん! でたらめだ。私は何も知らん」

( ^ω^)「そうべか。まぁおらの世迷いごとだべ。
       人夫に権利なし。証拠がなけりゃ国もうごかん。くわばらくわばら」

(`・ω・´)「帰れ」

( ^ω^)「いくべや、クー」

川 ゚ -゚)「……」



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 15:01:53.65 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「……」

( ^ω^)「もやもや、すっきりしたべ?」

川 ゚ -゚)「父さんは、ちゃんと送ってたんですね、仕送り」

( ^ω^)「まあなぁ」

( ^ω^)「ついでにいうと、ヒロポンも一回きりだべ。
       ……ま、限界まで疲れてるとき打ったし、年だったし運がわるかったべ」

川 ゚ -゚)「でも! それがもし、故意的だったら!」

( ^ω^)「こいてき?新しい食い物だべか?」

( ^ω^)「冗談よ。まあ、それでも運が悪かったとしかいいようがないべ。
      わしらには何もできん。できんかったし、これからも何もない。
      時の波と、オリンピックの熱狂の前じゃ、人の命なんてすぐのまれちまうもんさ」



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 15:05:37.04 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「……父さんは」

( ^ω^)「きっと、おめさんを大学校いかせたかったんだろなぁ」

( ^ω^)「おらも学があれば、こんなとこいなくてすむのになぁ。
       世の中は不平等だべ。わしらは一番下だっぺ」

川 ゚ -゚)「……」

( ^ω^)「すまんな。ほんとのところいうと、おら、おめさんのこと
       餌にしようと思ってた。うまくいけば、金になるかもってな」

( ^ω^)「けどまぁ……。やめた」

川 ゚ -゚)「どうして?」

( ^ω^)「なんでだろな。良心がうずいたってか?
       わしらも、この何年かでずいぶんきたなくなっちまったと」




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 15:07:35.18 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「……私、ふるさとに帰ります」

( ^ω^)「そうしろ。おめさんが東京に来るには、まだはええ」

川 ゚ -゚)「ブーンさんは?」

( ^ω^)「いい。いい。おらはスリにでもなって、えらそーにしてるやつらから
       金でもとると」

( ^ω^)「そんなもんさ。おらの価値は」

川 ゚ -゚)「……私、きっと忘れません。東京でのことは」

( ^ω^)「ヒロポンと麻雀は忘れるべよ」

川 ゚ -゚)「はい」

( ^ω^)「ははは……」



136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 15:09:57.14 ID:aT/i73Mq0

私はふるさとに帰ることにした。
交通費は、社長がくれた。
社長は私と目を合わせなかった。

初めてあった時の、親身な、いい人そうな社長の面影はもう見えなかった。


川 ゚ -゚)「そろそろ列車が来る時間だな」

川 ゚ -゚)「ん?」

('A`)「クー……」

川 ゚ -゚)「ドクオ……さん」

('A`)「俺と一緒になってくれ」



141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 15:11:41.46 ID:aT/i73Mq0

川 ゚ -゚)「……すみません、これ、お返しします」

('A`)「二万……」

川 ゚ -゚)「私、ふるさとにかえります」

('A`)「帰らないでくれ!!俺と一緒に、東京で住もう!!」

('A`)「この街はもっと大きくなる!!ビルもいっぱいたってる!!
    仕事だってやまほどあるんだ!!金持ちになれるチャンスはいっぱいあるんだよ!!
    俺といっしょになれ!!幸せになれる!!

    東京にはなんでもあるんだぞ!!!」


川 ゚ -゚)「でも」


川 ゚ -゚)「優しさはありませんでした。ごめんなさい」



144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 15:13:38.71 ID:aT/i73Mq0

('A`)「……そうか」

川 ゚ -゚)「列車がきたので。すみません」

('A`)「俺をなめないほうがいいよ」

川;゚ -゚)「ドクオさん? もしかして、打ってるんですか?」

('A`)「凄いな。全然、落ち着いてるよ俺」

('A`)「どうかな、この刃物。東京にはなんでもあるんだよ」

川;゚ -゚)「……」

('A`)「声出しても無駄だよ」

('A`)「東京には、君を助けるような優しさはない。さっき自分でいったじゃない」







147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 15:15:06.16 ID:aT/i73Mq0

('A`)「俺は幸せを手に入れる為に東京にきた」

('A`)「手に入らないものは、あっちゃいけないんだ」

川;゚ -゚)「……っ」

ダッ!

('A`)「さよなら」

ダダダッ!


ドシュッ……



ガタンゴトン… ガタンゴトン… 


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 15:17:14.04 ID:aT/i73Mq0

川;゚ -゚)「はぁはぁ……っ!」

( ^ω^)

ガタンゴトン

( ^ω^)

ガタンゴトン

川;゚ -゚)

ガタンゴトン


^ω^)

ω^)



川;゚ -゚)「……」

ぺたん。

「どうかしましたか? 気分がすぐれないんですか?」




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 15:20:09.56 ID:aT/i73Mq0

≪東京駅構内で刺殺事件。
 東京駅七番ホームで午後三時頃……≫


日本国民が待ちに待った東京オリンピックが

                 間もなく、始まろうとしていた。





終わり


川 ゚ -゚)クーは土方のようです
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1247975767/
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/287-86d5402c
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。