長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ξ゚⊿゚)ξがちんこに蝕まれていくようです 

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 17:19:23.55 ID:FIRemK8ZO
それは暑い夏の日の事

( ^ω^)「ツンの髪の毛はチン毛みたいだお!」

ツンの旦那のブーンの一言が始まりだった





ξ゚⊿゚)ξがちんこに蝕まれていくようです



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 17:27:55.64 ID:FIRemK8ZO
ξ゚⊿゚)ξ「つまらない事言わないで朝ご飯を食べなさい!」

( ^ω^)「はいだお」

今年42歳になるツンと45歳のブーン 夫妻

ζ(゚ー゚*ζ「頂きます」

('A`)「頂きます」

そして中学二年生のドクオと小学校六年生のデレ
今回の話はこのどこにでもありふれた家庭にスポットが当たる。


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 17:30:42.62 ID:r8aiBzXmO
ξ゚⊿゚)ξ
こいつ42かよ
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 17:33:23.80 ID:FIRemK8ZO
ξ゚⊿゚)ξ「あんた達!夏休みだからってうだうだしちゃ駄目よ?」

('A`)「はいはい」

ζ(゚ー゚*ζ「はーい」

( ^ω^)「今日はデパートに買い物に行くお!」

('A`)「え~めんどくさいなぁ…」

平凡ながらも幸せで、この家族の誰もがこのような事態に陥るとは思わなかった 。


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 17:39:25.87 ID:FIRemK8ZO
その日の夜。デパートでの買い物も済ませ家族みんなでリビングでくつろいでいると旦那のブーンが

( ^ω^)「やっぱりツンの髪…チン毛に見えるお」

ξ゚⊿゚)ξ「あんたも失礼ね。トリートメントを変えたからよ」

と言う。ツンは少しムッとしたので旦那に悪態をつこうとしたのだが

('A`)「ワカメの食い過ぎじゃねーのー?」

とドクオがくだらない事を言うのでなんとなくしらけてしまい悪態をつくのを辞めた。




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 17:41:52.62 ID:Y+7w8FacO
あれ…?
出オチクッソスレじゃない…?


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 17:44:58.42 ID:FIRemK8ZO
その日、就寝しようとするとブーンがまた

( ^ω^)「ツン…一度病院に行くお…」

と言う。ツンもさすが我慢の限界のようで

ξ#゚⊿゚)ξ「あんたもしつこいわね!ほんと!昔からそうなんだから!」

(;^ω^)「…でも…僕はツンが心配で…」

ξ#゚⊿゚)ξ「うるさい!寝なさい!」

(;^ω^)「うん…お休みだお…」

と怒鳴り寝た。このような喧嘩はいつもの事なのでツンも特に気にはしなかった
この時は


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 17:52:50.16 ID:FIRemK8ZO
翌日

( ^ω^)「まだドクオとデレは寝てるのかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「えぇ。あの子達夏休みだからってうだうだしすぎよ。もう」

( ^ω^)「ははは!僕も学生のころはそうだったお。」

( ^ω^)「…ツン。昨日はごめんお」

ξ゚⊿゚)ξ「いいのよ」

( ^ω^)「ツンが心配だから言っただけだお」

ξ゚ー゚)ξ「何言ってんのよ。あんたは自分の健康の心配をしなさい?」

( ^ω^)「こりゃあ一本取られたお!じゃあ行ってくるお!」

ξ゚ー゚)ξ「いってらっしゃい」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 17:57:28.98 ID:FIRemK8ZO
結婚して20年も目前になると言うのにまるで恋人のようなやりとりをした後

ξ゚⊿゚)ξ「デレ!ドクオ!起きなさい!」

ツンはすぐさま母に戻る。するとデレが自分の部屋から出てきて

ζ(゚ー゚*ζ「さっきお兄ちゃんの部屋に行ったらお兄ちゃん唸ってたよ」

と言うのでツンはドクオの部屋に向かった


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:02:27.72 ID:FIRemK8ZO
ξ゚⊿゚)ξ「ドクオ?入るわよ?」

と挨拶もそこそこに部屋に入ると

(;'A`)「ゲホッ!ゲホッ!」

ドクオの頬が紅潮し咳も頻繁に出ていた

ξ゚⊿゚)ξ「あんた風邪ひいたわね?病院に行くわよ?」

(;'A`)「いいよ…すぐ治るよ」

ξ゚⊿゚)ξ「黙りなさい。デレ?朝ご飯は出来てるから食べてて?お母さんドクオと病院に行くから」

ζ(゚ー゚*ζ「わかった!」

デレが了承するとツンはすぐさまドクオと病院に向かう事にした。


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:08:56.06 ID:FIRemK8ZO
行き着けの病院まで徒歩で数分。車で行く必要もないと思ったツンは歩いて向かう事にした。

(;'A`)「1人で行けるから!着いて来なくていいよ!」

ξ゚ー゚)ξ「な~に恥ずかしがってるのよ?ほら、フラフラしてるわよ」

(;'A`)「も~」

ドクオが可愛げもなくなり言うことも聞かなくなったが
ツンはドクオの成長 に少し喜んでいた。


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:12:18.23 ID:FIRemK8ZO
病院にて

( ´∀`)「ただの夏風邪ですよ」

ξ゚⊿゚)ξ「そうですか。良かった」

('A`)「診察室まで着いてくんなよ…」

( ´∀`)「ところでお母さん」

ξ゚⊿゚)ξ「はい?」

( ´∀`)「髪の毛がチン毛みたいですね?紹介状を書きますから一度大学病院に行って検査をして下さい」

ξ゚⊿゚)ξ「はぁ…」

なんじゃそりゃ。ツンはそう思いつつもブーンに言われた事を思い出し。素直に従う事にした。


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:19:04.30 ID:FIRemK8ZO
翌日

「内藤さん。内藤ツンさん。三番診療室へお入り下さい」

ξ゚⊿゚)ξ「三番診療室…ここね」

ツンが診療室へ入ると

( ゚∀゚)「初めまして。VIP大学附属病院第4外科のジョルジュと申します」

ツンより一回りも二回りも年下に見える優男と

(,,゚Д゚)「研修医のギコです」

それよりも若そうな研修医が居た。


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:24:02.54 ID:FIRemK8ZO
自分よりも若い医者が頼りになるのだろうか?そう心配になりながりも

ξ゚⊿゚)ξ「モナー診療所からこちらに来るように言われまして。これが渡しように言われたものです」

診療所の医者から渡すように言われた書類を差し出した。

( ゚∀゚)「ギコ先生。CTとレントゲン張って」

(,,゚Д゚)「はい」

( ゚∀゚)「うーん…これは」

( ゚∀゚)「あぁそうか」

ξ゚⊿゚)ξ「私、何か病気なんですか?」

( ゚∀゚)「…」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:28:38.11 ID:FIRemK8ZO
( ゚∀゚)「ちんちん病です」

(; ゚Д゚)「っ!」

ξ゚⊿゚)ξ「…?」

( ゚∀゚)「これからいろいろな検査を受けてからはっきりとしたいと思います」

( ゚∀゚)「まだはっきりとは言えないし詳しくは結果で分かります」

( ゚∀゚)「明日から早速入院しましょう」

ちんちん病?一体何?ツンの頭はぐるぐるぐるぐる回っている


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:31:20.22 ID:FIRemK8ZO
( ゚∀゚)「ちんちん病は後で詳しく説明します。ただ」

ξ゚⊿゚)ξ「ただ?」

( ゚∀゚)「良かったです。今なら手術で治ります」

ξ;゚⊿゚)ξ「はぁ」

(; ゚Д゚)「…」

ツンは研修医の蒼白とした顔と医者の自信満々な顔との顔を見て
ただただ不安を感じていた


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:37:42.78 ID:FIRemK8ZO
ツンは帰り道にブーンに電話した。

ξ゚⊿゚)ξ「もしもし?仕事中にごめんね?」

ξ゚⊿゚)ξ「良く分からないけど明日から入院だって」

ξ゚⊿゚)ξ「ちんちん病なんだって。でも大丈夫よ」

ξ゚⊿゚)ξ「治るっていったもの…」

ξ゚⊿゚)ξ「治らない病気なら本人には言わないわよね?」

ξ゚⊿゚)ξ「うん。じゃあ」

ただ、自分の不安を誰かに言いたかっただけだったのか?ツン自身もそれは分からなかった


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:43:15.57 ID:FIRemK8ZO
場所は変わり先程の病院。研修医のギコは

(,,゚Д゚)「やっぱり…手塚治虫先生のブラックジャックの第3巻に書いてある…!」

(,,゚Д゚)「ちんちん病…正式名はおちんちん病…」

(,,゚Д゚)「発生して3ヶ月後の生存率は50%」

(,,゚Д゚)「1年後は…」

(,, Д )「3%…」
絶望に打ちひしがれていた。


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:48:43.63 ID:FIRemK8ZO
( ゚∀゚)「その通り。おちんちん病は難病の中でも各段に難しい」

( ゚∀゚)「手術自体も難しいが…問題はその進行の早さだ」

( ゚∀゚)「3週間でステージは2に移行する」

(,,゚Д゚)「ステージ2…」

( ゚∀゚)「詳しく教えてやるか」

ジョルジュの説明はこうだ




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:51:01.56 ID:dCEOLnXNO
ちょっとブラックジャック読んでくる

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:53:06.40 ID:8AOwPyTiO
手塚さんに呪われるぞ、お前。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 18:58:10.22 ID:FIRemK8ZO
ステージ1は髪の毛がチン毛のようになり内臓に異常が出る。自覚症状はほぼない
素人では判断が難しい上に手術をしても生存率は50%


ステージ2は語尾に異常が出る。例を挙げると

ξ゚⊿゚)ξ「じいちゃん筋肉むっきむきだちんこ?」

となる。
手術をして生存率は40%


ステージ3、ここから恐ろしい事になる

U゚⊿゚)U「晩御飯だちんこ?」

チン毛がおちんちんに近づいて行く
手術をしても生存率は10%

そしてステージ4


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:02:09.09 ID:FIRemK8ZO
ξUξ

おちんちんになる。こうなると脳死に近い状態になる
永命処置を受ければ死にはしないが人ではなくなる。恐ろしい
あらゆるチューブを尿道に通すのだ。ひぎぃ


( ゚∀゚)「てな感じだ」

(,, Д )「…どうしてその事を言わなかったんですか?」

( ゚∀゚)「病名は言ったぞ?」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:03:58.18 ID:AWtwUZMeO
これは名作の予感

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:04:44.19 ID:TyLkCS3ZO
∪゚⊿゚)∪ → ξ∪ξ

ちょっと待てwww


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:09:59.08 ID:FIRemK8ZO
( ゚∀゚)「これでアリバイは成立」

( ゚∀゚)「病名を隠したと訴えられはしない」

(,, Д )「お前…!ふざけるな!」

ギコがジョルジュに殴りかかろうとした。その時

( ゚∀゚)「…誰が助けねぇって言った?」

( ゚∀゚)「検査が終わり次第すぐに切るぞ」

( ゚∀゚)「ギャンブルの始まりだ…!」

( ゚∀゚)「じゃあ…俺は行くからな…」

(,, Д )「…はい」

ギコは…ジョルジュが去る瞬間に涙を流しているように見えた。


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:14:47.56 ID:FIRemK8ZO
それから数日後の昼下がり。ツンの手術が終わった

( ゚∀゚)「目に見えるおちんちん菌はすべて取り除いた」

( ゚∀゚)「他に転移してるかどうか…後は神のみぞ知るってやつだな…」

(,,゚Д゚)「…」

( ゚∀゚)「ギコ先生。そんな顔をするな。医者にとって演技力は大事な要素だぞ」

(,,゚Д゚)「…」

( ゚∀゚)「しっかりしろ…内藤さんの目が覚め始めているぞ」






42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:18:13.23 ID:FIRemK8ZO
ξー⊿ー)ξ「…ん?」

( ゚∀゚)「おめでとうございます。成功しましたよ」

ξ゚⊿゚)ξ「…」

ξ゚ー゚)ξ「…」

(,, Д )「…」

くそっ!とギコは思っていた。
だが…何も出来ない自分に一番の苛立ちを感じていた…



―――――
―――



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:23:28.32 ID:FIRemK8ZO
それからツンは病室に運ばれジョルジュから説明を受けていた。

ξ゚⊿゚)ξ「…3週間で退院ですか?」

( ゚∀゚)「はい。手術は成功ですから」

( ゚∀゚)「ですが念のために…」

( ゚∀゚)「コーマン剤をやりましょう」

(,, Д )「…」

その間、ギコは。一度も笑えなかった




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:24:43.24 ID:7FCHuw4IO
カオス系かと思いきやなんというシリアス…

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:26:24.39 ID:frG7zcLP0
コーマン剤wwwwwwwwwwwwwwwwwww

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:27:04.10 ID:AWtwUZMeO
コーマン剤ww


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:31:47.80 ID:FIRemK8ZO
ツンはそれを聞き安心したのか眠ったため、ギコとジョルジュは休憩室に向かう事にした。
その途中ギコが聞いた

(,, Д )「コーマン剤って何ですか?」

( ゚∀゚)「おちんちん菌をやっつける為の薬。常識だろ?」

(,,゚Д゚)「そんなの知ってます!ですが何故!?」

( ゚∀゚)「万一に備えてだ」

(,,゚Д゚)「…」

( ゚∀゚)「休憩室に着いたなコーヒーでも飲むか。奢るよ」

(,,゚Д゚)「あ、ありがとうございます」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:35:43.21 ID:TyLkCS3ZO
おちんちん菌から童貞臭がする…

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:36:57.90 ID:/rluOj4sO
これはすごい


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:38:56.99 ID:FIRemK8ZO
( ゚∀゚)「…ギコ先生。知ってるか?コーマン剤は誰にでも必ず効くとは限らない」

( ゚∀゚)「おちんちん病に聞く薬は馬鹿みたいにいくらでもある」

( ゚∀゚)「が保険が適用するのはクリトリースの1つだけだ」

( ゚∀゚)「どう思う?」

(,,゚Д゚)「…」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:43:43.70 ID:/lekMaaA0
真面目に見えてふざけててワロタ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:44:37.91 ID:FIRemK8ZO
( ゚∀゚)「君は患者さんに1から10まで説明するべきだと思ってるね?」

(,,゚Д゚)「…はい」

( ゚∀゚)「もし君なら全部知りたいか?」

( ゚∀゚)「知った先にあるのは絶望だけだぞ?」

(,,゚Д゚)「…ですが」

( ゚∀゚)「クリトリースがきかなかったらどうする?また説明するか?」

(,,゚Д゚)「…」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:44:54.67 ID:TyLkCS3ZO
どう思う? って聞かれてもなww

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:45:18.07 ID:9JRjN2w90
ブラックジャックによろしく思い出した

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:46:44.48 ID:gGTib3yC0
インフォームド・コンセントについて考えさせるな・・・・


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:48:20.92 ID:FIRemK8ZO
( ゚∀゚)「クリトリースが駄目でしたね。まだ薬はありますよ」

( ゚∀゚)「だけどあなたには使えません」

(,,゚Д゚)「…」

( ゚∀゚)「はい、微糖とブラック。どっちにする?」

(,,゚Д゚)「…」

( ゚∀゚)「知っても地獄」

( ゚∀゚)「知らなくても地獄」

( ゚∀゚)「お好きな方をお取り下さい?」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:50:22.14 ID:FIRemK8ZO
( ゚∀゚)「この缶に入ってるのは…」

( ゚∀゚)「どちらも絶望ですよ?」


(,,゚Д゚)「…」




ギコは何も言えなかった。


―――――
―――



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:56:27.04 ID:FIRemK8ZO
それから3週間たった。ツンの体調は良くなっていた





ξ゚⊿゚)ξ「やっと退院だおちんちん」






表向きだけは




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:57:08.23 ID:9JRjN2w90
表向きですらないwww

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 19:57:51.48 ID:TyLkCS3ZO
第二段階wwww


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:34:18.07 ID:FIRemK8ZO
( ゚∀゚)「1日だけの仮退院ですけどね。息子さんと娘さんとお会いになって下さい」

ξ゚⊿゚)ξ「分かりましたおちんちん」

おちんちん病とは恐ろしいものでツンにはおちんちんと言ってる自覚はない

(,,゚Д゚)「何かあったらすぐに連絡して下さいね」

ξ゚⊿゚)ξ「はいペニス」

( ^ω^)「…」

ブーンはすぐに気付いたが




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:35:06.69 ID:2f1aXJYK0
ハイペニスwwwwwww

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:36:14.57 ID:r8xekuxNO
バリエーションがあるのかよwwwww

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:38:01.66 ID:/lekMaaA0
誰でも気が付くwwwww


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:41:52.38 ID:FIRemK8ZO
ξ゚⊿゚)ξ「ただいまちんちん」

ζ(゚ー゚*ζ「…!」

('A`)「…」

ξ゚⊿゚)ξ「早速料理を作るペニスよ?なにが食べたいペニ?」

ζ(;ー;*ζ「…ごめん!何もいらない!」

ξ゚⊿゚)ξ「え?どうしたペニか?」

('A`)「母ちゃん…俺…から揚げ食べたいな」

ξ゚⊿゚)ξ「うん。から揚げねちんちん」

ξ^ー^)ξ「いっぱい作るちんちんよ」

('A`)「ありがとう」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:41:58.73 ID:873nGb2KO
そりゃ気づくわwww


92 :>>91は間違えました:2009/07/17(金) 20:44:53.32 ID:FIRemK8ZO
( ^ω^)「…」



時は一週間前まで遡る


―――――
―――





93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:45:09.27 ID:/rluOj4sO
笑っちゃうちんちんよwwwwwww

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:48:43.15 ID:AWtwUZMeO
新ジャンル「チンデレ」


96 :>>91は間違えました:2009/07/17(金) 20:50:39.36 ID:FIRemK8ZO
( ^ω^)「へ?おちんちん病が治ってない?」

( ゚∀゚)「…はい」

(,,゚Д゚)「…」

( ^ω^)「何で?治るって言いましたお?」

( ゚∀゚)「すいません。すでにおちんちん菌が転移してました。手遅れです」

( ^ω^)「…何で……」

( ゚∀゚)「すいません」

( ^ω^)「だけど!また手術をすれば!」

( ゚∀゚)「無理です。奥様の体力が持ちません」

一週間前、ブーンはジョルジュに呼び出され告知をされた




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:53:57.96 ID:AWtwUZMeO
菌なのに手術www

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:54:16.73 ID:AkX+10xhO
真面目でふざけてるwwww支援だちんちん


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:55:53.42 ID:FIRemK8ZO
( ゚∀゚)「他の病院を紹介します。そこで最後を看取ってもらって下さい」

( ^ω^)「…」

( ゚∀゚)「うちは治す為の病院なんです」

( ^ω^)「見捨てるのかお?」

( ゚∀゚)「…それしか方法はありませんから」

( ^ω^)「…」

(,,゚Д゚)「…」

この時、ギコだけはジョルジュの顔が歪んでいるのが見えた
ギコはこの時は何故ジョルジュが顔を歪めたのかと知るよしもなかったのだが


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:59:05.15 ID:FIRemK8ZO
( ^ω^)「…なんで」

( ;ω;)「なんでツンが!」

( ;ω;)「なんで!なんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんで!」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「告知しましょう」

( ゚∀゚)「ギコ先生!」

( ;ω;)「?」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:03:35.98 ID:FIRemK8ZO
(,,゚Д゚)「このままじゃツンさんは自分の死に疑問を持ちます」

(,,゚Д゚)「何が理由で死ぬのか分からないままなんて…」

(,,゚Д゚)「絶望だって…悲しみだって…何も分からないなんて」

(,,゚Д゚)「そんなの…」

( ゚∀゚)「ギコ、黙れ。」

( ゚∀゚)「すいません。研修医の言う事です。私はオススメしません」

( ;ω;)「…」

ブーンは迷っていた。ナニが正解でナニが間違いなのか?
ナニだけに




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:04:59.92 ID:FOjizQy10
>ナニだけに

じゃねーよwwwwww


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:06:24.68 ID:FIRemK8ZO
( ^ω^)「僕は…僕は…」








―――――
―――





107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:09:23.11 ID:ghxsX7O5O
>>104
最後一行wwいいところなのにwwwwww

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:12:51.14 ID:Q79t5H4CO
ナニだけにwwwww

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:15:47.52 ID:mDaqV5CSO
これは良スレ


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:17:06.39 ID:FIRemK8ZO
時は戻り夕食後

( ^ω^)「…ごちそうさまだお」

('A`)「ごちそうさん」

ξ゚⊿゚)ξ「お粗末さまおちんちん」

ξ゚⊿゚)ξ「でも…デレはどうしたのかしらおちんぽ?」

('A`)「初経だよ初経」

ξ#゚⊿゚)ξ「つまらない事言いませんおちん!」

('A`)「ごめんごめん。でも久々の母ちゃんの飯うまかったよ」

ξ゚ー゚)ξ「ふふん。元気になったらいくらでも作ってあげるおちんちん!」

('A`)「…ありがとう」

( ^ω^)「…」

ブーンは決めた。告知する事に




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:19:04.19 ID:Iwt0p+PF0
勢いよくいうときはおちん!になるわけか


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:23:32.77 ID:FIRemK8ZO
翌日。再入院の日の車の中

( ^ω^)「ツン。話があるお」

ξ゚⊿゚)ξ「おちんぽ?」

( ^ω^)「…君は」

ξ゚⊿゚)ξ「知ってるチン。もう長くないおちん?」

( ^ω^)「…何で?」

ξ゚ー゚)ξ「あんた達と何年付き合ってると思ってるペニス?」

ξ゚ー゚)ξ「で?後何ヶ月持ちそうおちんちん?」

( ^ω^)「…一年だお」

ξ゚⊿゚)ξ「そうちんか…」

ツンは悟っていた。自分の死を
当然と言えば当然だろう昨日の家族、特にデレの態度を見れば分かるはずだ




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:24:25.59 ID:Z/aZ2g4yO
語尾どころじゃねえ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:24:47.64 ID:0J3sTnI3O
泣くべきか笑うべきかわからないの

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:26:16.84 ID:YjGQnd040
ひでえ会話www

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:27:56.22 ID:AkX+10xhO
もう!感動していいのか笑っていいのかわからないじゃない!



支援


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:29:49.76 ID:FIRemK8ZO
ξ゚⊿゚)ξ「子供には言ったチンチン?」

( ^ω^)「まだだお。ただ入院が長引くって言っただけだお」

( ^ω^)「ドクオは楽に考えてるお。デレは寂しがって…中々素直になれないみたいだお」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあデレもドクオも知らないペニか…」

( ^ω^)「だお」

ツンは自分の勘違いで死期を悟ったことに自嘲し
改めて自分はこの世から居なくなる事を感じた
そして再入院…




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:29:59.31 ID:s8MSLs7QO
初経が狙ってるのか素なのか俺の知らない単語なのか分からない支援

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:30:50.34 ID:LdEtDtPpO
違う意味で泣けた


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:34:53.57 ID:FIRemK8ZO
それから1ヶ月たった

U゚⊿゚)U「体がだるいおまんまん」

U゚⊿゚)U「ブーン、今日も来たヴァギナ?」

ツンはコーマン剤の副作用にさいなまれながらも
段々とおちんちん病が進行してきた…





123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:36:17.09 ID:Y0VU7/6IO
副作用ひでぇwwwww

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:36:49.47 ID:Iwt0p+PF0
これは恐ろしい副作用

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:38:06.16 ID:0J3sTnI3O
おちんちんが二つ・・・だと・・・?

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:40:14.25 ID:dCEOLnXNO
これは酷いゴビ砂漠


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:46:00.32 ID:FIRemK8ZO
そんなある日だった。チ…ツンが

U゚⊿゚)U「退院したいまん。退院して、後の余生は子供といたいまんまん」

U゚⊿゚)U「それに…したい事があるまん」

チ、ツンの意見はあっさりと通った

( ゚∀゚)「…分かりました。ですが毎日通院はしてください」

U゚⊿゚)U「…2週間はこれないまんまんよ」

(,,゚Д゚)「…何をなされたいのですか?」

U゚⊿゚)U「子供と旅行に行きたいまん。」

(,,゚Д゚)「…命の保証は出来ませんよ?」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:48:34.69 ID:YjGQnd040
>チ、ツンの意見はあっさりと通った
お前って奴はwwwww


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:48:38.40 ID:FIRemK8ZO
U゚⊿゚)U「私が生きる最後の年う゛ぁぎな」

U゚⊿゚)U「だから…お願いしますまんまん」

(,,゚Д゚)「…」

( ゚∀゚)「…」




―――――
―――





134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:49:16.39 ID:ghxsX7O5O
副作用強いなwww

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:49:29.60 ID:Iwt0p+PF0
チ、ツン→膣ン  ということか下品すぎるだろ

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:50:43.09 ID:x2AmfGkSO
肺ガンのオヤジも最後に旅行行ったな…

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:52:51.93 ID:4YH/IvCiO
逮捕されるだろ


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 21:56:48.80 ID:FIRemK8ZO
( ^ω^)「じゃあ、また来ますお」

ξ゚⊿゚)ξ「生きてたらまんまんね」

( ^ω^)「…」

ξ^⊿^)ξ「ふふふ。冗談まんまんよ」

(,,゚Д゚)「…薬はいっぱいあります」

(,,゚Д゚)「紹介状もあるから何かあったら病院に駆け込んで下さいね?」

(,,゚Д゚)「何かあったら絶対に連絡下さい」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「何もなくても連絡ください…」

(,,゚Д゚)「何でもいいから連絡を下さい…」

ツンは嬉しかった。手遅れな自分にここまでしてくれる医者がいてくれて


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:03:47.60 ID:FIRemK8ZO
( ^ω^)「じゃあまた…」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ」

( ゚∀゚)「…」

(,,゚Д゚)「…」


退院は許された。旅行も許された。
チンは今年のお盆に行けなかった所へいく事にした
毎年家族と行くアソコへ…




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:05:43.01 ID:ghxsX7O5O
なにやら兆しが・・・

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:05:44.54 ID:YjGQnd040
地の文も蝕まれてるwww

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:05:52.60 ID:NUlmq5jr0
ここでアソコとかいわれるともう卑猥単語にしか感じられん支援

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:06:30.16 ID:vOp2M8JV0
髪なおっとる


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:10:54.46 ID:FIRemK8ZO
帰りの車内でツンとブーンはこんなやりとりをした

ξ゚⊿゚)ξ「カツラ、変じゃないヴァギ?」

( ^ω^)「変じゃないお」

ξ゚⊿゚)ξ「…眩しいまん」

( ^ω^)「ちょうど夕日が傾いて来たからだお」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン。絶望ってね」

ξ゚―゚)ξ「いつもより物を眩しく見えるまん」

( ^ω^)「…」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:13:58.34 ID:Iwt0p+PF0
よろしくじゃねーかwww

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:15:30.31 ID:xWSpDAeMO
語尾が無かったら名台詞だったのにwwwww

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:18:22.79 ID:OGyLy7z3O
Say hello to おまんちん


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:19:10.39 ID:FIRemK8ZO
( ^ω^)「…ツン。僕は、君が死んでも何も変わらないお。何年かかったって乗り越えて見せるお」

( ^ω^)「だけど君は死ぬ」

( ^ω^)「生きてれば乗り越えられる。けど君は死ぬお」

( ^ω^)「君が後悔したまま死んでも僕は何も出来ないお」

ξ゚⊿゚)ξ「…」


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:22:24.56 ID:FIRemK8ZO
( ^ω^)「ツン。これは僕の自己満足だけど聞くお」

ξ゚⊿゚)ξ「なにまん?」

( ^ω^)「ツン。愛してるお」

ξ゚⊿゚)ξ「…」

ξ*^ー^)ξ「私もよ。ブーン」




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:23:15.35 ID:lw//dYVfO
考えさせられる・・・不快・・・いや深いでつね

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:23:35.17 ID:dCEOLnXNO
そこではちんとかまんとかつけてよ……

泣けるわ……

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:24:31.95 ID:lw//dYVfO
ガチでウルッときた




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:25:50.28 ID:ghxsX7O5O
俺の涙腺がアップを始めたようです・・・


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:27:30.65 ID:FIRemK8ZO
(*^ω^)「じゃあ…一番愛してる子達に会いに行くお」

ξ*^ー^)ξ「そうまんね」






―――――
―――





164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:33:12.14 ID:ZRUwiV9vO
あ、あれ?
画面が歪む

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:36:35.66 ID:lw//dYVfO
そうまんwwwww

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:36:58.18 ID:hPh+AbME0
何でお前ら泣けんのwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
まじありえねーし(;ω;)


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:39:20.31 ID:FIRemK8ZO
一週間後。

(;'A`)「何だって学校を一週間も休んでおばあちゃんの家に行くのさ?」

ζ(゚ー゚;ζ「また来年くればいいじゃん。お母さんも退院したばっかりなのに…」

ξ゚⊿゚)ξ「ごめんまん。でも着いてくるまん」

( ^ω^)「…さ、もうすぐ着くお」

ブーン達はツンの実家へと足を運んでいた。
ブーン達が住んでいる地方都市とは違いツンの実家は田舎
子供達からしてみればなにも楽しい事はないだろう


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:48:22.98 ID:FIRemK8ZO
('、`*川「いらっしゃい」

( ФωФ)「よく来たな」

ξ゚⊿゚)ξ「うん。ただいまんこ」

ξ゚⊿゚)ξ「ごめんなさい。ちょっとアソコに行ってくるヴァギ」

( ФωФ)「あの湖か」

ξ゚⊿゚)ξ「えぇ。行ってきまんまん」

('A`)「またあそこかよ~!毎年行ってるじゃん」

ζ(゚ー゚*ζ「行きたくない…」

(#^ω^)「黙って着いてくるお!」
(;'A`)「…」

ζ(゚、゚*ζ「…はい」




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:49:16.53 ID:B3E15vSAO
まん湖

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:49:31.24 ID:dCEOLnXNO
あなるまん?

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:50:43.15 ID:Qzrqh4Cv0
レマン湖


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:51:16.51 ID:FIRemK8ZO
両親との挨拶もそこそこにツン達は湖へ向かった
マン湖へ。余談だが草で出来た建物もありその建物の名前はマン湖草荘と言う名前である

(;'A`)「…」

ζ(゚、゚*ζ「…」

ブーンが怒鳴る事はめったにない為、子供はショックからか道中ずっと喋らなかった




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:51:20.07 ID:DwjLaOybO
普通にξ゚⊿゚)ξのことをチンって読んでしまった…

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:52:12.93 ID:Ts1VjTaWO
エンディングは天野月子の聲だな
もしくはオナニーマシーンのちんちんまんまん

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:53:41.96 ID:+44w6yjDO
チンチンポンポン

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:53:44.66 ID:T/BDdl4c0
マン湖草荘wwwwwwwwwwwwwww

(;ω;)


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:55:52.39 ID:FIRemK8ZO
> マン湖に着き、マン湖草荘でツンの作った弁当を食べ、家族全員で湖を眺めながらツンがポツリと言った

ξ゚⊿゚)ξ「お母さんね。死ぬの」





190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:07:28.05 ID:FIRemK8ZO
ξ゚⊿゚)ξ「お母さんね、おちんちん病って言ってね、もうお医者さんには治せないちん」

ζ(゚ー゚#ζ「…何でよ!?」

('A`)「デレ、黙って聞け」

ζ(゚、゚*ζ「…」

('A`)「…」

ξ゚⊿゚)ξ「でもね、お母さんは後悔してないまん」

ξ゚⊿゚)ξ「あなた達と会えて、それで死ねるなんてとってもラッキーまん」


ξ゚⊿゚)ξ「ドクオ。デレ。約束するまん」


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:09:33.97 ID:FIRemK8ZO
ξ゚⊿゚)ξ「お母さんが死んでも悲しんだらだめまん」

ξ゚⊿゚)ξ「いつもみたいに勉強して、いっぱい遊ぶまん」

ξ^ー^)ξ「そしてね」



ξ;ー;)ξ「強く生きて?」




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:10:16.98 ID:ZJIAcyfK0
とってもラッキーマンwwwwwwwwwwww

笑いすぎて涙出てきたじゃねえかwwwwwwwwwwwwwww

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:11:21.38 ID:0J3sTnI3O
泣けますちんちん

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:12:08.49 ID:dCEOLnXNO
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


本当の本当に肝心なところでちんまん付けないからさあ
>>1ってあざといよね……チクショウ


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:13:44.47 ID:FIRemK8ZO
ξ゚⊿゚)ξ「ドクオ。偉くなくてもいい」

ξ゚⊿゚)ξ「だけど立派な人になって」

('A`)「…」

ξ゚⊿゚)ξ「デレ、可愛い女の子になってね?」

ζ(;、;*ζ「…」

ξ゚⊿゚)ξ「あなた…」

ξ^ー^)ξ「ずっと愛してるわよ」

( ^ω^)「…」

ξ゚⊿゚)ξ「私が居なくなっても同じ毎日を過ごして?」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ帰るまん」

( ^ω^)「だおね」

秋の涼しい風がマン湖の周りを流れていた




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:16:35.38 ID:QGhdNaTq0
ちんこまんこ大好き・・・

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:17:02.36 ID:B3E15vSAO
最後の1行で吹いてしまうwww

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:22:03.34 ID:3h2akNFo0
いいこと言い終わったらこれかwwwwwwwwww

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:22:04.22 ID:dCEOLnXNO
ちんこまんこずっこんばっこん!!!!!!!!!!


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:23:17.45 ID:FIRemK8ZO
それからツンは両親に最後の挨拶をし、身内は全員がツンの死を知った

寒さが応えるようになったころ


ξ゚⊿゚)ξ「電話だちんちんこ」

ξ゚⊿゚)ξ「もしもしまんまん?」

ξ゚⊿゚)ξ「わかりましたペニスまんまん」

ツンはとある店から呼び出された




201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:24:08.16 ID:dCEOLnXNO
ぺにすまんまん……だと……?


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:29:14.46 ID:FIRemK8ZO
呼び出された先は本屋
話を端的に言うとデレが万引きをした
初犯と言うことで警察にも学校にも言わないので親に迎えに来て欲しいとの事だった

店から追い出されるように帰る途中にツンが

ξ゚⊿゚)ξ「どうしてあんなことしたおままん?」

と聞くとデレが

ζ(゚ー゚*ζ「…謝らないから」

いった瞬間にツンはデレにビンタをした


207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:33:19.53 ID:FIRemK8ZO
ζ(;ー;*ζ「絶対に謝らない!」

そう言う度にツンはデレを叩く。すると

ζ( ー *ζ「ちんちんにならないでよ…」

ζ( ー *ζ「何回だって謝るから…ちんちんにならないでよ!」

ζ(;ー;*ζ「ごめんなさい」

ζ(;ー;*ζ「ごめんなさい」

ζ(;ー;*ζ「ごめんなさい…」

ツンは何も言えなかった。
外は、寒くて寒くて仕方がなかった


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:38:52.76 ID:FIRemK8ZO
それから1ヶ月も立たないうちにツンは倒れた
医者からは、もう2週間ももたないと言われた
それから家族は毎日みんなで見舞いに行った
1週間はたったある日

ξ゚U゚)ξ「楽しかったちん…みんなと入れて…楽しかったちんちんちん」

ξ゚U゚)ξ「だけどお母さん何も出来なかったちんちんペニス…」

ツンの意識は段々と遠のいていった




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:40:15.13 ID:dCEOLnXNO
鼻の代わりに垂れ下がる巨根にも見えるが
めっちゃきもい笑顔にも見えなくもないな


217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:43:00.94 ID:FIRemK8ZO
その時だった

ζ(゚ー゚*ζ「私…お母さんが居なくなっても悲しくないよ」

ζ(゚ー゚*ζ「お母さんが居なくなっても泣いたりしない」

ζ(゚ー゚*ζ「お母さんが居なくなったくらいで絶対に変わらない」

ζ(゚ー゚*ζ「だからお母さん。これだけは許して?」

ζ(;ー;*ζ「私はお母さんを絶対に忘れない…」

ξ゚U゚)ξ「…」


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:44:12.37 ID:FIRemK8ZO










ξ^ー^)ξ














219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:45:10.50 ID:c6B2R45U0
泣かせたいのか笑わせたいのかはっきりしろよ

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:45:28.50 ID:ZRUwiV9vO
うわあああああん

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:45:40.80 ID:6cU7gU5AO
イヤァァァァァ


222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:45:42.22 ID:FIRemK8ZO
ξUξ


(,,゚Д゚)

( ゚∀゚)

('A`)

( ^ω^)

ζ(゚ー゚*ζ

その日の夕方。ツンはちんちんになった




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:46:44.40 ID:0J3sTnI3O
あぁちんちん!!

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:46:55.78 ID:YjGQnd040
うわああああああああ

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:47:08.01 ID:ZRUwiV9vO
>>1
泣かせるのかわらわせるのかどっちかにしろよ……

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:47:58.79 ID:hPh+AbME0
これほど反応に困る奴も珍しい(´;ω;)

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:49:40.68 ID:873nGb2KO
泣けばいいの?笑えばいいの?


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:51:10.88 ID:FIRemK8ZO
( ^ω^)「…ツン。つらかったおね。楽になれたおね」

('A`)「母ちゃん…」

ζ( ー *ζ「…」

( ゚∀゚)「…永命処置はしますか?」

( ^ω^)「その話ですが…」



―――――
―――





232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:51:11.31 ID:a3URp9Wf0
こんな時どういう顔したらいいか分からないの

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:52:02.12 ID:873nGb2KO
>>232
ちんちんになればいいと思うよ

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:52:27.09 ID:uPEhuvnQO
ξ゚U゚)ξがツボに入ったじゃないか

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:53:03.94 ID:dCEOLnXNO
お ち ん ち ん ス プ ラ ッ シュ!!!!!!!!!!!

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:55:07.62 ID:vZGlx7/GO
病名と症状を別の病気に当て嵌めて読んでみたら語尾のせいで余計に笑ってしまった


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:55:09.39 ID:FIRemK8ZO
数年後。ドクオは勉強し、必死に大人になろうとしている
デレも家事をこなしツンを超えようと日々頑張っている
ブーン達はツンが居なくなっても何も変わらない
3人で懸命に生きている。ただ少し、ほんの少しだけツンを思いながら


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:58:13.19 ID:FIRemK8ZO
そしてブーンは社内で出世をした。毎日いつもと違う業務に四苦八苦しながら頑張っている

( ^ω^)「う~。トイレトイレ」

(-@∀@)「あ!部長!隣失礼します」

( ^ω^)「くるしゅうないお。ささ、早く放尿するお」

(-@∀@)「はい!」




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 00:00:33.80 ID:jdlkXQ+i0
なにこの天才

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 00:00:53.83 ID:T5FVUjrvO
いい話だった


248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 00:03:48.88 ID:piRXmhoHO
(-@∀@)「ジー」


(-@∀@)「…おぉ部長のはご立派ですね」

( ^ω^)「はは!自慢の息子…」

( ^ω^)「いや、嫁かお?」

(-@∀@)「へ?」

( ^ω^)「なんでもないお!さ、今日も頑張るお!」

(-@∀@)「あ!はい!」

( ^ω^)「…(ツン。今日も頑張るお)」

ブーンがそう思っていると…


あの時と同じ秋の涼しい風がトイレに流れていた










ξ゚⊿゚)ξがちんこに蝕まれていくようです
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1247818579/
コメント
移植したのかwwwwww














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/285-031cd715
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。