長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです 24 

6 : ◆tOPTGOuTpU :2009/06/30(火) 23:31:56.03 ID:ESuTb+vC0
24.Attack Of The Grey Heart



・失われた文献(または、見向きもされない慟哭)


私がこれを書いていることは、誰も知りはしないでしょう。
私がどんな思いでこれを書いているのか、誰もわかってはくれません。

いいのです。
私はそれでいい。
誰かに理解されるとか、まったく望んでいないのだから。

きっとクーさん……いや、クー様だって、
私のことは、名前程度しか知らないんでしょう。

どれだけ気持ちを訴えたくっても、彼女の気迫がそれを許さなかった。
彼女はそれまでに私の存在を無視していた。


   




7 : ◆tOPTGOuTpU :2009/06/30(火) 23:34:12.23 ID:ESuTb+vC0
状況を整理しようかな。私はそれを目的に……他にも目的はあるのだけれど、
これを執筆している。孤独な暗い部屋で、学習机の上で書いている。


私がこれを書いているのは11月9日。計画は成功した。
あまりにもうまくいき過ぎたので、逆に恐ろしいくらいだ。
なにか、天からの逆らえない指図の元で行ったような気さえする。

私は手を汚しちゃいない。ただ、そうなってくれると嬉しいなって
願っただけで、そうなるように細工はしたけど、裁かれるようなことなんかはしてない。

うざったい警察なんかじゃ私を捕えられない。
私の罪は誰にも裁けないんだ。


姉が消えたのは私のせいじゃない。
私はただ、そう願っただけ。

この内藤ペニサスが愛のシナリオを望んだだけなんだ。……

      



9 : ◆tOPTGOuTpU :2009/06/30(火) 23:37:49.53 ID:ESuTb+vC0
ああそうだった。状況を整理するのが目的だった。
変な文ばっか書いたけど、消しゴムで消すのもめんどいし、このままでいいや。

私は元から姉のことが好きじゃなかった。
ブサイクなくせして、明るい振舞いをしていたのが気に入らない。
根が凄く暗いのは昔から知っている。

でも、人に好かれようと笑顔でいるのが、なんだかバカにされているみたいだった。

私のほうが絶対に綺麗だ。姉は蒙古ひだのせいで奥二重だけど、私は
沖縄人のような美しい目つきなんだ。鼻だって、シャンと筋が通っている。
髪はちょっとクセ入ってるけど、やっぱ姉の方が汚らしい。
前に計ったんだけど、わたしはEラインを満たしていると思う。姉は違う。

化粧もばっちりしていて、女としてヌカリはない。
クレヨンみたいにアイシャドーの色もそろえている。眉もきっちり整えてる。
けど、姉はその汚らわしい素顔のまんまで生きている。理解できない。
何考えてんだろ? 化粧の存在理由とか分かっているのかな?

私だったら恥ずかしくて生きていけないな。

だから姉が死んでても別に驚くことじゃないし。
 



10 : ◆tOPTGOuTpU :2009/06/30(火) 23:42:40.75 ID:ESuTb+vC0
でも何でだろ。私はどうしてこんな暗くなっちゃったんだろ。
もちろん友達は居る。姉なんかと違って、わたしはクラスの中心だ。

それでも心はいつだって虚無で充ちている。
ときどき思う。友達と安室ちゃんの話をしても、それが何なの? ってなる。
恋愛話にしてもそう。脈どうこうとか言ってても、それは心の底ではウソなんだ。

なんだか、まるで化粧と化粧がキャピキャピ話しているみたい。
私とその友達は全く会話していなくって、みんなそういう仮面の流れに任せている。


いつしか街に出ることも少なくなって、部屋にこもっていることが多くなった。


………







11 : ◆tOPTGOuTpU :2009/06/30(火) 23:46:09.03 ID:ESuTb+vC0
そんなだから、姉はもっと暗くなると思っていた。
でも全然ちがった。夕食のときはうるさく父と話すし、
玄関に行くたび「イッテキマース」とかバカじゃないんかな。

そのうちに私はこう思った。
きっと、姉が私から元気を奪い取っていったんだ。
「美貌を与えたんだから、それをよこしなさい」とか、妖怪みたいな感じで。


だから余計姉が嫌いになった。
みじめな姉に元気を奪われる自分も嫌いだ。
それをのほほん顔で笑ってる父も嫌い。
父なんて、父なんてそう、仕事だとかで家に全然いないくせに
家に居るときは姉とばっか話してるし。


ウジウジしてた。でも、このときはまだ何かしようとは思わなかったな。
なんだかんだで、退屈だったけど、死ぬほどじゃないし、こういうのが人生なのかもって。

いつか運命の人と出会って、こんな俗世からは抜け出してやろうとか。
そう、クー様が使っていた「ワンダランド」。
私はそのワンダランドに向かっていくんだ。これから。

変わったのは、姉がその人を連れてきたとき。



13 : ◆tOPTGOuTpU :2009/06/30(火) 23:51:06.00 ID:ESuTb+vC0
私よりはるかに美人って思った。
姉の部屋に入る時の、あの凛々しそうな表情!!
でもどこかはにかんでるのが、とっても可愛らしくって、女って感じだった。

名前をそれとなく聞いた。クーというらしい。
響きがいいと思った。すらっとしたルックスに相応しい。
ペニサスだなんて名前が恥ずかしくなった。親は無能。

初めて会ったときから、この人が運命の人なのかもってキャアキャアだった。

それからも、クー様はちょくちょくと家に来た。
でも、哀しかったのは、その目的が私じゃなくって姉だってこと。

運命の人まで姉に奪われたのか。
もうホント、姉の顔を見るのもイヤだった。
ブサイクが笑顔貼り付けてるとか本当にありえないのに、ほんといやらしい。

殺してやろうかと思った。
この女がいる限り、私は、私の人生はきっと光がない。

         



20 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:17:32.57 ID:U1bcOptu0
だって、クー様の瞳を見ればわかる。この人が誰を愛しているのかさえ分かった。
クー様は姉のことが好きなんだ。それも、友情的な意味じゃなくって、
私のような、真剣な感じで。
私もそんな感じだから、すぐに分かって、死にたくなった。


で、私はどうやったら二人が愛し合えるかと考えた。
姉がとにかく邪魔だ。いらない。子供のころからいらない。
荒巻じいさんとお話したかったのに、姉が勝手になんか指きりとかしてて、
さびしかった。その思いは今でも変わらない。あのころから、奪われてたんだ……。


でもどうすればいいのか分からなかった。
日増しにクー様は姉を愛していくし、歯車なんか止めようがなかった。
これが私の運命なのかなって思うと、哀しくなった。
どうしてあんなブスの引き立て役に終わってしまうんだろう?


変ったのは、夏になってから。
姉が、とあるヤンチャ男と付き合いだしてからだった。



21 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:21:19.30 ID:U1bcOptu0
やった! て思った。ガッツポーズだった。
これですべてウマくいくかもって思ってた。でも現実はそううまくいかなかった。

クー様はそれでも、姉を愛しようとしていた。
それほどに愛が強かった。姉のことについても聞かれた。

話ができたことはとても嬉しかった。内容は悲しかったけれど。

頬はかってにゆるむのに、目がショボンとなる。
悟られないように努力してたけど、日記を見てると、私の感情なんかこれっぽちも分かって
なかったみたい。彼女にとって、私はモブだったんだ。

そのうち、姉は男と別れた。
というより、振られたっぽい。
ギコって男はうちの学年でも有名なくらい女ったらしだったから、
どうせそんな結末だろうとは思っていた。

そして姉は引きこもった。
クーさまはそんな姉と交流を取っていた。ノートの上で。

場所は家、姉の住屋でもあるけど、私の住屋でもある。

やっと、運命が操作できる。
そんな気がした。
       



22 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:24:36.22 ID:U1bcOptu0
姉はクーさまと交換日記をしていて、そこに介入できると思った。操れる。
その交換日記は姉の部屋の、扉に立てかけられているだけだった。
しばらく観察していたけど、姉はなかなかその日記を取ろうとはせず、部屋にこもってばっかりだ。

憎い。そんな行動がまた自慢しているようでイヤだった。じらすな。
そのうちに、私は日記を廊下に座ってパラパラと読みだしていった。

内容はとくに記憶に残っていない。ちょっと暗めだけど、私がいつも学校で
話していることとそんなに変わらない。
それを読んでわかったのは、クーさまの感情だ。

物凄い、偏執的な愛をそこに見た。
でも姉はそれを受け取っている様子はない。
姉はいつもそうだ。いい子に見せたいから、都合の悪いことははぐらかしてきてばっかだけど、
これはあんまりにもひどいと思った。許せない。

姉がこもり出してから、内容が狂気的に傾いている。
このままでは危ない。このままではクーさまが姉に引きずられる。
何とかしなければ、と思った。


ほどなくして、私は姉の代わりに日記をつけ出した。
     



25 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:28:28.26 ID:U1bcOptu0
手元に日記はないからよく覚えていないけど、十月の半ばだったと思う。
同じ色ペンを使って私は書いた。

内容は父に暴力を受けている……そんな空想ものだった。
ウサ晴らしのつもりで、嫌いな二人を紙面上で汚してやった。
よく覚えてないけど、かなりあり得ない感じだったと思う。

でも、クーさまはそれを信じていた。
そんなに盲目的な愛だなんて……直に筆談できた喜びもあったし、嫉妬もあった。

クーさまは殺意を見せた。父への怒りを日記にぶちまけていた。
何かとんでもないことをしたような気がするけど、私には関係ないし、知ったこっちゃない。




で、姉だ。


 



26 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:31:40.57 ID:U1bcOptu0
姉はとにかく酷かった。人間としておかしい。もう女を捨ててるどころじゃなかった。
こんなのが家に居たら堪らない。もうさっさと死んでほしかったけど、
なんか知らないけどしぶとかった。
日記が来なくなったことすら気付かなかったらしい。

日記を見ているとき、姉のフリして書いているとき、私はふと、とある計画を思いついた。

私がクーさまを愛しているように……
クーさまが姉を愛しているように……
それくらい、死ぬほどの勢いで、姉はギコを愛している。……

この矛先を何とかすれば、たぶん、私の願いが叶えられる。
姉が死に、そして、悲しみに暮れるクーさまと私が一緒に……


方法は簡単だ。ただ、姉にそれとなく伝えるだけ。それだけでいい。
ギコがどこかで女と密会している。
場所は……日記にやたら出てきた「崖」でいいだろう。

 



28 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:36:06.03 ID:U1bcOptu0
狂人をそこに向かわせて、あとは自殺でも何でもしてくれればいい。
でも、向わせたはいいとして、そこからどうさせよう。
誰も居なかったらどうするんだろ。寂しくて自殺するのかな。


そんなとき、友達のトソンから思わぬ情報を得た。
ギコが、本当に夜な夜な日記に出てきた崖で女と愛し合っているという!!

……素晴らしい。ほんとうに神というのは存在するのか。
何もかもが完璧だ。これなら成功できる。やれる。
こんな設定、状況の元でやらないわけがない。


わたしは、さっそく姉が背後に居るのを確認してから、
電話しているフリをして姉に情報を渡した。



「……でね、そのギコって人はアネキと同じ学年の人なんだけど……」




こんな感じで私は一人で喋り続けた。
姉が
息を吹き返したようにバタバタ階段を昇ってたのが間抜けだった。

あとはどうなるか。私はワクワクしながら日々が過ぎ去るのを待った。
    



29 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:39:18.82 ID:U1bcOptu0
……そして、忘れもしない10月30日。
学校から帰ってみると、姉が消えていた。

私はさっそく家の中を調べ回った。もう、塵一つ残さない勢いで。
灯油が減っていた、ごみ箱の中からでかいペットボトルも消えている。
姉の部屋の灯油を見ると、満タンになっている。
でも、残量を計算してみると、どうしても減った量が合わない。
どう考えても、消えたペットボトル分だけ灯油が減っているのだ。

そして、姉のベッドの上には、これ見よがしにグラジオラスの刺繍のハンカチが置いてある。
片付けられた部屋の中で、それはメッセージにしか見えない。
グラジオラスの花言葉はたしか、「密会」だったか。

胸の高鳴りがやばい。本当にあのバカは行ったんだ。


死んだのは誰だろう。ギコ? ツレの女? 姉?
まあ誰が死のうと私にはいい方に転ぶ。殺人鬼になって
牢獄に入るのも、姉の生き方の一つには合っていると思うし。


翌日になってから、捜索願いが出され、警察が家の中をウロウロしだした。



32 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:43:42.18 ID:U1bcOptu0
父のウロタエぶりが笑えてくる。自分では娘のことを分かってたに違いない。
きっと、「デレはそのうち分かってくれる」とか思ってたんじゃない?
でも、結果はこんなあり様なんだ。

クーさまも必死な顔をして私に質問を浴びせかけてきた。
私は涙が出てきた。こんな間近で本心のアナタを見ていられる。
そんな私の肩をクーさまは抱いてくれた。

この日を私は忘れない。


幸せになれる。


私は姉なんかと違うんだ!


                 (ここで突然ページが飛ぶ)




33 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:50:51.86 ID:U1bcOptu0
警察も最近は来なくなった。
灯油のことは当然ダマっていたし、それらしい進展もないらしい。
友達から聞いたけど、ギコはどうやら生きている。
でも、人が変ったように暗いみたいだ。
目の前で死なれたりしたのだろうか。
自分のせいだから、他人に言えないだろうね。


最近の環境を見て、分かった。
クーさまはどうやら学校に行かなくなったみたいだ。
何とかして交流を取ろうと思ったけど、そのとき、
私はクーさまの何も知らないってことにようやく気付いた。

手の届かない場所に行ったんだなって思った。
彼女のいう、ワンダランドへ、向われたんだなって。


でも、私は取り残されたんだ。

 



34 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:54:42.47 ID:U1bcOptu0
父は姉のことばっか気にかけている。
死んだだろうに、「絶対生きているお! だから安心するお!」なんて
涙流して私に言ってくるんだ。

さすがに可哀そうになってきて、真実を告げたくなった。
でも、もう取り返しのつかないことなんだ。

そう、取り返しのつかない……。
クーさまが手の届かない存在になったのも、
姉が、姉が死んでしまったことも、
父が、それを必死に探していることも、

もう、私にはどうすることも出来ないんだ。

いや、正確には、教えてあげられるくらいのことは出来るかもしれない。


だけど教えたからどうなるっていうんだ。
私のこれからとか考えたら、絶対誰にもこんなことは言えない。


            (またもページの途切れ。文体も飛礫文字に近くなる)



37 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 00:59:08.20 ID:U1bcOptu0


もうやだ。耐え切れないよ。
どうして私はこんななんだろう。

現実が酷いくらいにしっちゃかめっちゃかだ。

歯車が可笑しくなるたびに悲鳴をあげたくなる。
クーさまはもう居ない。話によればこの町から出て行ったそうな!

ほんとばかみたい。
あーあ、なんのために姉を動かしたんだろう。

時間がたつたびに息苦しくなる。


  



38 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 01:03:25.52 ID:U1bcOptu0

こんなに私が苦しいのに、こんなに心の中で叫び続けているのに、
今日も私の心を知る者は現れない。
相変わらずの化粧同士の会話、父の空しい願い、クーさまへの想い。


泣きたい。もう街中で首切って死にたいよ。



でもこんな心を理解してくれる人は、これからも現れないに違いない。






私は忘れ去られた少女
全てを投げだした人形遣い


                   (ノートの最後に続く)






39 : ◆tOPTGOuTpU :2009/07/01(水) 01:07:31.08 ID:U1bcOptu0





<ノートの最後には、口紅で執筆された、引用と思しき英詩が載っている。
 紙いっぱいに書かれてい、朱いろに混じったラメは、いつまでも輝いている。   >






       But my conscience is intact.

       I can deny everything.

       I'm waving into blind eyes.








                    (Attack Of The Grey Heart 終)





コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/252-095d8527
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。