長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川 ゚ -゚)ナース服と狙撃銃のようです 

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:34:29.47 ID:UYJJ746N0
かつて、「セーラー服と機関銃」というドラマがあった。
かつて、「THEメイド服と機関銃」というゲームがあった。
なるほど、よろしい。
それでは、私が、今、ここに。
新たなる境地を開拓しよう。
それは──


川 ゚ -゚)ナース服と狙撃銃のようです






47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:35:41.86 ID:UYJJ746N0

川 ゚ -゚)「はーい。点滴さしますよー。死にたくなかったら抵抗しないでくださーい」

私の名は素直クール。My Name is Sunao Cool.
この伊藤総合病院の内科に勤める看護師だ。
看護学校を卒業し、ここに就職して早3年。
地獄の3勤交代で、日々人の命を救っている。
しかし、その裏では。
日々、人の命を奪っている。
それもまた、私の仕事だからです。

ζ(゚ー゚*ζ「クーせんぱーい! お疲れ様です!」

と、本日の日勤を終え更衣室に向かっていた私に声をかけてきた女性。
幼く可愛らしい顔立ちは、とても二十歳越えには見えない。
その童顔とは裏腹のDカップおっぱい。ナース服に包まれたそれはいい仕事してます。
タイトスカートから伸びる、白いストッキングに包まれた足も何とも魅力的。
名前は出麗デレ。新卒1年目の後輩だ。

川 ゚ー゚)「やぁ。お疲れさま」

こちとら本職は女の髪留めを吹っ飛ばすだけで金になる職業。
こういう普通の仕事をする必要はどこにもないのだが、あえて私がこの職場に居る理由がコレだ。
何といいましても私、素直クール。ナース服が着るのも見るのも大好きです。




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:36:54.34 ID:UYJJ746N0

ζ(゚ー゚*ζ「ところで、クー先輩って凄い車乗ってますよね」

同じシフトだったので、共に更衣室に向かう最中彼女が切り出した。
私の愛車、ポルシェ Type.997 911ターボカブリオレの事らしい。

川 ゚ー゚)「よかったら乗ってみるかい? 300km/hくらい出るぞ?」

ζ(゚ー゚*ζ「あははw 私は助手席で、安全運転でお願いしますw」

川 ゚ー゚)「じゃあ、今日この後どこかに行こう。ついでに夕食でもどうだ?」

ζ(゚ー゚*ζ「いいですねw お願いしますw」

ふふふ。夜の街をクルージング。そしてディナーの後はメイディッシュの君の体をZENKAIアタックさ。
と、そんな楽しいアフターファイブに想いを馳せて居た所に。

ポーン
「内科3号病棟の素直さん。至急、院長室までお越しください」

川 ゚ -゚)「デレ、すまない。ドライブと食事はまた今度にしよう」

ファック。仕事上がりに仕事とはなんともツイていない。




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:38:11.34 ID:UYJJ746N0

伊藤総合病院の院長室。そこで私を迎えるのは院長のぺニサス伊藤。
もう50歳になる手熟の経営者。その正体は、この街で活動する暗殺集団のドンだ。
もし、この街の要人が事故か何かでこの病院に入院したら、まず死ぬ物と思っていい。
そういう事だ。

('、`*川 「よく来てくれたわ」

川 ゚ -゚)「楽しいアフターファイブの予定を見事ぶっ潰してくれてありがとうございます。このクソババァ様」

('、`;川 「OK。悪かったらからそのメスをしまってちょうだい」

川 ゚ -゚)「とりあえず、話を聞こうか」

('、`*川「ターゲットはこの男。名前はジョルジュ長岡。この辺りの娼婦・娼館の元締めよ。
     彼は19時間に3丁目にあるおっぱいパブに来る予定。車は防弾仕様だから、車を降りた所をお願い」

渡された書類には、男の写真とその概要。
その内容を頭に叩き込んだ私はそれに火をつけてクリスタルガラスの灰皿に放り込んだ。

川 ゚ -゚)「時間が無いな。まぁいい。報酬は弾んでもらうぞ」

('、`*川「分かったわ。それと明日のシフトを動かしてもらって貴女とデレさんは休みにするわね」

川 ゚ -゚)「流石ボス。いつ見ても麗しい。お美しい。ワンダフォー」

('、`*川「素直な人ね……」

素直クールですから。




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:39:25.92 ID:UYJJ746N0
伊藤総合病院の時計塔。その機関室。
この街でも、特に視界のよいこの場所に、私は陣取った。
床に毛布を敷き、愛用のJ.P ザウエル&ゾーン S205 ファントムライフルを伏射の姿勢で構える。
ボルトを引き、前に戻せば、滑らかな金属音と共に初弾がチャンバーに送り込まれる。
タスコ社製の16倍固定の軍用スコープから覗き見る世界。
丸く縁取られたその世界こそが、周囲とは隔絶されたスナイパーの世界だ。
時計塔に設置されている気象観測装置から送られてくる情報を、コンピュータに叩き込み、レティクルを調整。
スポッターの居ない単独狙撃では、頼りになるシステムだ。
目標は、3丁目にあるおっぱいパブ「ボムライス」に現れるという。そこにクロスヘアをあわせる。
ちらりと右腕の時計、軍用のスナイパーウォッチを見てやれば、時刻は18時30分。
あと30分ほどで、ターゲットは現れる。




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:40:41.84 ID:UYJJ746N0

川 ゚ -゚)(いま、パンツ丸見えだな)

そう。軽く足を開いて伏射の姿勢をとる私。
同じ用に寝そべって後ろから覗き込めば、セクシーな黒のパンツをご覧いただけるだろう。

川*゚ -゚)(ナース服でパンツ丸見えな私!)

いかん。少し興奮してきた。
少し落ち着こうと、また時計を見てやる。
時刻は18時55分。いかん。まじめにやらなければ。
改めて気象データをコンピュータに入れ、レティクルを修正。
ターゲットまでの距離は、600mほど。
競技用の弾丸を使えば、100mでのベストグルーピング8mmを誇るこの銃。外す距離ではない。
日は既に落ちているが、3丁目はネオン街。光源には困らない。
そして、時は来た。




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:41:56.44 ID:UYJJ746N0

─ ─ ─

おっぱいパブ「ボムライス」。
この繁華街でも屈指の人気と規模を誇るその店の前に、1台のメルセデス・ベンツ S600ロングが滑り込んできた。
まず運転手が降り、恭しく後席のドアを開ける。
  _
( ゚∀゚)「まってろよ、おっぱいちゃんたち」

降り立ったのは、30代後半と思わしき優男。
線の細い体を、ストライプの入った高級そうなスーツに包んでいる。
精悍な顔立ちの彼こそが、ジョルジュ長岡。
おっぱいに命をかけ、おっぱいの全てを手に入れるべく、その手腕でここまで成り上がった男。
人は、畏怖と敬意を込め、彼を呼ぶ。「おっぱいギャングスタ」と。
そして、ジョルジュに付き添う影が2つ。

( ´_ゝ`)(´<_` )

ダークスーツに身を包んだ、双子のボディガード。
右利き用のCOLTO PYTHON 357 MAGNUMを愛用する兄、流石"The Right"兄者。
左利き用のS&W M19 COMBAT MAGNUMを愛用する弟、流石"The Left"弟者

(-_-)「よくぞお越しいただきました……」

その3人を迎えたのは、支配人らしき黒服だ。
  _
( ゚∀゚)「今日は、いい新人おっぱいが入ったと聞いてきた。楽しみにしている」

(-_-)「はい。どれも皆粒ぞろいでございます。必ずや、ご満足いただけるかと」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:43:33.92 ID:UYJJ746N0
  _
( ゚∀゚)「よし。案内してもらお──」

ジョルジュの言葉が、途中で切れた。
その体がゆっくりと倒れこむ。

( ´_ゝ`)「!」
(´<_` )「!」

2人のボディーガードが銃を抜くも時既に遅し。
こめかみに.308の直撃弾を受けたジョルジュは、即死だった。

( ´_ゝ`)「まさか……」
(´<_` )「狙撃か……」

2人が周囲を見回すも、狙撃地点になりうるビルは大量にある。
それに、相手はスナイパー。
ファーストショットが成功に終わった時点で、既に姿を消している事だろう。

( ´_ゝ`)「くそ、完全に」
(´<_` )「ああ。やられたな」

─ ─ ─




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:44:46.26 ID:UYJJ746N0

川 ゚ -゚)「無警戒過ぎたな。他愛もない」

16倍に拡大された視界の中で、男は倒れ臥した。
狙撃、成功。本来ならすぐに撤収する所だが、状況が状況だ。その必要はあるまい。
片ひざを立てて座り、ナース服のポケットから忍ばせておいたタバコを取り出す。
白地に真っ赤なセンターブル。ラッキーストライクのBOXパッケージ。
吸い終わったこいつの空き箱は、射撃練習の的に丁度いい。

川 ゚ -゚)「さて、と。帰りにバーボンハウスで1杯やるか」

今日は、まず何を頼もうか。
ハンター。そうだ、そうしよう。
この街の狩人たる私には、似合いじゃないか。

私の思考は、既に明日に切り替わっていた。
明日こそ、デレの体というワインデイングロードを、私自身というポルシェでZENKAIアタックだ!

~終~




ノパ⊿゚)ブーン系小説読み物&イラスト総合案内所のようです
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1239711017/
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/233-dbd0812c
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。