長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ξ゚⊿゚)ξはジェットのようです prologue&1 

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/11(金) 21:49:26.61 ID:Nn0yOgKv0
prologue




ξ;゚⊿゚)ξ「ちほふしはふー!(遅刻しちゃうー!)」




物語の始まりは、蒸し暑い一日を予感させるような6月の朝。
一人の少女が、パンを口に咥えて学校へと走っていた。

突き当りを曲がった向こう、誰かとぶつかれば、どこかで見たようなドラマの始まり。
しかし、そんな偶然あるはずもなく、少女は乾いたアスファルトを蹴っていく。



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/11(金) 21:52:30.35 ID:Nn0yOgKv0
ξ;゚⊿゚)ξ(…相変らずここのラッシュはすごいわね)

ξ;゚⊿゚)ξ(早く青になーれ青になーれ…)


角を曲がって、少女は信号待ちの人の群れに混ざる。
車の流れに飛び込もうとする、小さな姿を少女は捉えた。



「あ、ぶーぶーが…」

「危ない!!」


13 ::2008/07/11(金) 22:41:05.92 ID:0InVJDpn0
ξ゚⊿゚)ξ「!?」


母親らしき人物の絶句を、少女は聞き取った。

子供は道路へと流されていくミニカーを追って、中腰のままふらふらと歩道を出て行く。
その左方、途切れていた車の列が再びグループを成して突っ込んでくる。




先頭は大型トラック。あくびをしながら朝のラジオを聴くガテンに、道路に飛び出してきた子供など見えるはずもない。
母親は全身を凍らせた。 そして反射的に目を閉じる。


14::2008/07/11(金) 22:42:41.77 ID:0InVJDpn0



次にその瞳が開いたとき、子供はなぜか向こう側の歩道で少女に抱えられていた。






15 ::2008/07/11(金) 22:44:18.84 ID:0InVJDpn0

ξ゚⊿゚)ξ「もー、あぶないじゃない。道路に飛び出したら」

「あ… れ…?」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、ミニカー。 はい」

「あり、がと… あれー?」


16 ::2008/07/11(金) 22:46:01.68 ID:0InVJDpn0
少女は子供を降ろしたあと、再び道路に目を遣る。
タイヤの跡が付けられた食パンが、無残に転がっていた。


ξ;゚⊿゚)ξ「はー。 今朝はついてないわね…」



視線を上に向ける。子供の母親は、瞳に涙を溜める暇なく唖然としていた。
少女はニコッと可愛らしい笑みを見せ、少しだけ乱れてしまったご自慢のツインロールを整える。



そしてまた、トタトタと走り出した。




ξ゚⊿゚)ξはジェットのようです


 
 

17 ::2008/07/11(金) 22:47:59.65 ID:0InVJDpn0
1 超速少女






雲に覆われた太陽は、ただただ不快感をグラウンドに集まる生徒達に与える。
黄金の光が心地良く降り注ぐにはまだ早く、朝から晩まで雨が地を濡らす時期でもなかった。
ツンは体育座りをして、今にも落ちてきそうな灰色の空を眺めていた。


「今日は100メートルのタイムをはかるからな。
 男子はいないんだから、かわいこぶらないで真面目に走れよ」


20 ::2008/07/11(金) 22:52:34.34 ID:0InVJDpn0
从'ー'从「男子はもう先週計ったから、体育館でバスケするらしいよ~」

ツンの口からやるせない溜息が出る。

ξ;-⊿-)ξ「はあーっ… まじだるっ」

从'ー'从「でも男子がいないほうが私はやりやすいなあ…」

ξ;-⊿-)ξ「…ふぅーっ」


ツンは隣の生徒の大きく張りがある乳房を見つめた。
そして、わざとらしくまた溜息をついて、空を眺めるのだった。


21 ::2008/07/11(金) 22:56:49.78 ID:0InVJDpn0
***


教師の笛の音が鳴る。
並ばせられた女子生徒たちが、一斉に教師のいるラインまで走り出す


从;>-<从「!!!――」

「わたなべさんがんばれー♪」

「わたっち腕ふれー!」


ξ゚⊿゚)ξ(めちゃくちゃ揺れてまんがな)

「わたなべさんファイトー だおー!」

ξ゚⊿゚)ξ「だお?」


ツンは上を見上げた。
体育館の窓から、見飽きた気もする幼馴染のスケベ面が飛び出していた。


22 ::2008/07/11(金) 23:00:21.63 ID:0InVJDpn0
( ^ω^)「むっはー! やっぱり渡辺さんのおっぱいは最高だお」

( ゚∀゚)「はぁはぁ…」

(^ω^ )「ジョルジュ、ポケットに手ぇつっこんで何やってるお?」

( ゚∀゚)「な、なにも…! んんっ!」


盛りのついたブーン達を見て、ツンは声をあげる。


ξ゚⊿゚)ξ「こらー! 渡辺さんをやらしい目でみるんじゃない!!!」

( 嬲ω嬲)「何言ってるお!」

ツンはグラウンドに転がっていたソフトボールを拾う。

ξ#゚⊿゚)ξ「これぶん投げるわよ!」


23 ::2008/07/11(金) 23:01:48.04 ID:0InVJDpn0
「ちょwwwかんべんwwww」という台詞を置いて、窓はぴしゃりと閉まった。
色んな意味で腹が立ってきたので、ツンは足元の石ころを蹴飛ばす。

石は綺麗に浮き上がり、向こうから歩いてきた女の子の脛に当たった。


「あだっ!」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、ごめんっ!」

ξ゚⊿゚)ξ「…なぁんだ、つーじゃん」

(*゚∀゚)「なーにむしゃくしゃしてんだー? んんっ? おじさんに相談してみなさい んんっ?」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/11(金) 23:02:54.93 ID:0InVJDpn0
小柄で髪の毛をマッシュボブにしたそばかすの女の子は、
腕を組んでいたずらにツンに話しかける。


ξ゚⊿゚)ξ「別になんでもないよー! つー、あんたの走り見てたよ
     激遅っ! カタツムリのほうが速いんじゃない!」

(* ∀ )「…」

(*゚∀゚)「そうですかー! いきなり嫌味ときますかー!
     あひゃひゃひゃ! あんたの口の悪さは全盛期のリアム兄弟並っ!」

ξ゚⊿゚)ξ「誰よそれー!」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/11(金) 23:04:54.02 ID:0InVJDpn0
キャッキャとはしゃぎながら、二回目のタイムを計るため彼女等はグランドの校舎側へ戻った。
そんな二人の若い姿を、ジョルジュが窓の隙間から熱心に見ていたことは誰も知らない。


( ゚∀゚)(ツンちゃんの細い足と… つーちゃんのロリ体型も… イイっ…)

( ゚∀゚)「ううっ…」

( ゚∀゚)「性のスリーポイントシュートが入ってしまいそうだよッ!」



***


「位置についてー」


ξ゚⊿゚)ξ「はーあ」


「よーい」


ξ゚⊿゚)ξ「…」


「ドン!」


29 ::2008/07/11(金) 23:08:46.99 ID:0InVJDpn0
体が風を切る感覚。ツンは嫌いではなかった。
ただ、走るという行為自体はあまり好きにはなれない。体力など余りない。
彼女はごく一般的な女の子。或ることを覗いては。



「おりゃー! きばらんかーい!」

ξ;゚⊿゚)ξ「んっ?」

ツンは目を横に配った。 にやにやと笑うつーの姿。

ξ゚⊿゚)ξ「あんた、何で…」


足が縺れ、身体は地に落ちた。



「ありゃ… 横向いて走ってるからだよ」


30 ::2008/07/11(金) 23:09:59.61 ID:0InVJDpn0
***


ξ゚⊿゚)ξ「し…しみ、染みるっ! バカつー! もっと優しくしなさいよ!」

(*゚∀゚)「こんくらい我慢せーよー」


ツンは、保健室の窓に苦悶する自分の表情が写っているのを見て、少し嫌になった。
しかし、それよりも哀しくなったのは、自分の運動神経の乏しさである。


ξ゚⊿゚)ξ「100メートルで余所見してコケちゃうとかどんだけよー あたし…
     いつつっ…」

(*゚∀゚)「あんたちょっと走り方変なのよ。私がコーチングしてあげようか?」

ξ゚⊿゚)ξ「いいよぉ… 別にぃ… かけっこなんて社会に出たら必要ないよっ」

(*゚∀゚)「いやー、あるかもよ? ストーカーから逃げ切るときとか」

ξ゚⊿゚)ξ「えーっ…」


32 ::2008/07/11(金) 23:14:07.25 ID:0InVJDpn0
保健室の扉が、ガラッと開いた。 廊下の雑踏の音が忽ち入り込んでくる。
入り口に立っていたのは、ブーンだった。


( ^ω^)「おいすー」

ξ゚⊿゚)ξ「なによっ、ブーン。からかいにきたの?」

( ^ω^)「うん」

(  ゚ω゚)「ぶひゃひゃひゃwwwwww なぜ100メートル走でこwwwけwwるww」

ブーンの額に包帯を切るためのハサミが直撃した。

(;^ω^)「…というのは冗談だお。あの、先生が放課後グラウンドに来いって」

( ^ω^)「ツンだけ二回目のタイムを計っていないみたいだお!」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/11(金) 23:15:42.47 ID:0InVJDpn0
(*゚∀゚)「あんたハサミおでこに刺さってるわよ」

(  ゚ω゚)「あせghgyふじこlp」

ξ゚⊿゚)ξ「…はあっ、めんどいなあ」

ξ゚⊿゚)ξ「大体、何でわざわざ二回計るんだろーね」


「そーよねそーよねー」などとつーは適当に相槌を打つ。
そんなやり取りを交わしているうちに、昼休みの終わりを告げるチャイムは鳴った。


34::2008/07/11(金) 23:17:10.13 ID:0InVJDpn0
放課後。



「いいかぁー。ツン。徒競走の途中で余所見してコケるなんてな!
 うんたらかんたら以下省略」


ξ゚⊿゚)ξ(はぁー もう。 一人だけグランドに呼び出されて、ジャージって結構恥ずかしいもんがあるわね
      しかも、何なのよこの小言は)


「…というわけだ! いいか! 本気で走れよ! ほ、ん、き、で」


ξ゚⊿゚)ξ「私が本気で”加速”したら、大変なことになりますよー」

「…?? 何言ってるんだ? とにかくっ! 真面目に走れよ! ほら、ラインに立て!」

ξ゚⊿゚)ξ(真面目に… かぁ)


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/11(金) 23:18:27.96 ID:0InVJDpn0
ツンは色褪せた白線を足で踏む。
沈もうとしている太陽は未だ雲に包まれ、オレンジの柔らかな光だけが届く。



ξ゚⊿゚)ξ(――加速、参)




オレンジに染まったグラウンドをツンは走り抜ける。
いや、瞬く間に移動したというほうが正しいのかもしれない。
教師はストップウォッチを止め、そこに印されたデジタルの数文字に驚愕する。


ξ;゚⊿゚)ξ(ちょ、ちょっと飛ばしすぎたかも…)


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/11(金) 23:18:55.21 ID:0InVJDpn0
「お、おまえ…」


ツンは、教師が展開してくるであろう会話の流れを一瞬にして予測した。
それだけで煩わしくなって、そそくさと校舎へと戻っていく。


「14秒03…。 部活に所属していない女子のタイムじゃねーぞこれは…」

「なんだ、あいつは?」


40 ::2008/07/11(金) 23:25:33.07 ID:0InVJDpn0
ツンは教室へ戻った。窓から夕陽が差し込んでいる。
スカートから飛び出している携帯、ランプが光っている。



ξ゚⊿゚)ξ「うっ、緑色…」


~~~~~~~~~~~~~
本文:


"JET"へ、"SKELT"が暴れている。
夜21時に落ち合いたい。


From 茂等
~~~~~~~~~~~~~


(1 おわり)


 
 
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/23-b224b78d
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。