長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

l从・∀・ノ!リ人 夜は短し歩けよ妹者のようです 前編 

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:20:59.52 ID:qzN73Fqn0



 なんと速やかに、
 私たちは、この地上を過ぎて行くことでしょうか。




 人生の最初の四分の一は、
 その使い道もわからないうちに過ぎ去り、


 人生の最後の四分の一は、
 またその楽しさを味わえなくなってから、過ぎて行くのです。










4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:21:30.57 ID:qzN73Fqn0


 なんと寂しいことでしょうか。

 兎という訳じゃないけれど、
 寂しさで、死んでしまいそうです。


 しかも、その間の期間の四分の三は、
 睡眠、労働、苦痛、束縛、失恋、勉学
 あらゆる種類の苦しみによって、費やされてしまいます。


 本当の意味の人生なんて、なんと短い。
 人生とは、恋のように儚くて、夜のように短いものなのです。







5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:22:02.33 ID:qzN73Fqn0





 だから、せめて、
 日々楽しく過ごしましょう。


 楽しみましょう。楽しみましょう。
 詭弁踊りを踊り、美味しいお酒をちびりと舐め、
 オモシロ可笑しい人生を享受しようじゃないですか、
  

 美しく調和のとれた、
 たった一度の、人生なのだから。



l从・∀・ノ!リ人 夜は短し歩けよ妹者のようです










8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:25:57.49 ID:qzN73Fqn0


( ゚∀゚)「~~~ってことなんだよな」
    「っつー訳でおれは人生は楽しまなきゃ」「損だと思ってる」
    「人生を楽しむのはよ、人間の義務なんだからな」

    「同時に、権利でもあるんだよ」


( ゚∀゚)「それによう」
    「人生ってやつは、待ったなし一回勝負だからな」「まじ仁義ねぇぜ」

    「イッカイキリ!」



 高速を走る車。

 私と、この人生を語る殿方ばかりをのせたワゴンRは、
 燦然と、光を放ちながら
 深黒に塗られた高速道路をきらきらと照らしながら、突き進みます。

 



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:27:53.51 ID:qzN73Fqn0
    
     
 どうして、この殿方は、あったばかりのワタクシに対しても
 こんなに饒舌に、マシンガンの如く話しかけるのでしょうか。

 外の世界は、こんな殿方ばかりなのかしら
 私はつい、そう思ってしまいます。



( ゚∀゚)「おいおい、無反応かいお譲ちゃん?つれねぇなあ」「つれねぇよ」
    「いい事言ってんだからよ、いま俺は」
    「誰か褒めてやって然るべきだと、おれは思うぜ?」



「人生論ってやつを語る奴は、大抵胡散臭い奴だから、
 気をつけるんだよ妹者、俺らみたいに流石な奴らばかりじゃないのさ」

 不意に、兄の言葉を思い出してしまいました。
 

l从・∀・ノ!リ人「…確かに、すごいのじゃー」


 そんな感じに私は、酔っ払っている男の横で
 はあ、とあいづちと共にため息を吐きました。



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:30:33.11 ID:qzN73Fqn0
    

( ゚∀゚)「この一回きりってのが重要なんだよなあ」「イッカイキリ!」


 なおも饒舌に語る男の言葉に、
 耳を傾けたと見せかけて、私は一人思考に走ります。

 この殿方は、どうしてこうも元気なのでしょう。
 この韜晦ぶりは、深い教養に裏づけされたものなのかしら。


 「イッカイキリ!」言葉にあわせ、
 男の着ている赤服とつけひげげ、車が不安定に揺れます。

 運転中なのに、そんなにはしゃいで、
 お事故をおこしてしまわないか、
 私はたいへん心配になるのです、なむなむ。

 

l从・∀・ノ!リ人「どうして、こんな事になったのじゃー……」


 誰に言うでもなく、呟く私、なんとも健気。
 答えを求めてみたものの、呟きは乾いた風と成り消えてしまいます。

 窓ガラス越しに、チカチカと“いるみねいしょん”で、
 彩られた冬景色の走る様が、見えるのばかりでありました。




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:32:57.58 ID:qzN73Fqn0
       

 男との出会いは、つい先程。
 具体的に言うと、3時間ほど前であります。


 「思った以上に先ほどだな!」

 と言う読者諸賢のありがたいお言葉が、
 聞こえてきそうでありますが、

 ここは、涙をグッと堪え、
 ついでに、もの申すの作者再登場を待ち侘びながら
 あえて放置することにいたしましょう、きっとそれがいいでしょう。

 ワタクシは、放置プレイと、あまあいお菓子が大好きなのです。
 ゆめゆめ忘れないでいてほしいものです。
あ、いちご大福が好きです、出来れば、濃い目の緑茶もつけて!



 話がそれました。
 いけません、私の悪いクセです。

 ともかく、この小煩い男との出会いはつい先程。
 出会いの発端は、私の家出から始まります。VTRスタート。にんにん。




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:39:12.23 ID:qzN73Fqn0
           

l从・∀・ノ!リ人「のじゃー!!!」



 私はノジャー!と暴れまわる乙女でありました。
 天真爛漫、唯我独尊、天衣無縫、泰然自若、焼肉定食。

 幾千ある四文字熟語でも、
 たとえようにない、そのわがままっぷりは

 一度“のじゃー!”と暴れれば、海を割り
 二度“のじゃー!”と暴れれば、山を砕く ほどでありまして。



 触れるものみな、
 わがままで切り裂いてしまうかのやうな、
 
 たいへん扱いづらい、箱入り、それも綿の入った桐製の、
 そんな感じの、わがまま娘だったことを、我ながら記憶しています。




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:40:44.82 ID:qzN73Fqn0
          


 実家が、流石家 という
 日本有数の名家の生まれだったり、


 年の離れた、末女だったり、父や兄たちが甘やかしてくれたり、
 母者が地上最強の我強遺伝子を持っていたり、と
 色んな要素が出会い、ケミストリーして、弾けて、混ざり。


 「日に、30時間のわがままという矛盾!」といった、
 ジャックハンマーもびっくりな、わがまま娘が出来上がったのです。


 多分、おそらく、きっと、十中八九。


 ともかく、私はわがまま娘だったのです。


 だが、そんな私も人生の転換期と呼べるものに出会うのです。
 それが、昨日なのです、イッツイエスタディ。




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:46:07.56 ID:qzN73Fqn0
   

 姉は、事ある事に、私に言いました。



∬´_ゝ`)「妹者、ちょっと、よろしくて?」
      「私たちは、流石家の女として生まれたのですから
      慎ましく、美しい調和のとれた、乙女を目指すべきなのです」



l从・∀・ノ!リ人「のじゃー?」


l从・∀・ノ!リ人「乙女?それはなんなのじゃ?
        新しい“すいいつ”なのじゃー?」

l从・∀・ノ!リ人「PS3のゲームなのじゃ?GK乙!!」


∬´_ゝ`)「まったくもう……妹者ったら」









27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:50:11.89 ID:qzN73Fqn0
    

 私は当時、
 ひよこ豆ほどの小さき女の子だったせいか


 乙女がどうあるかなど、関心の外でした。



 そんな事より、美味しいお菓子が食べられる方が重要でしたし。
 わがままを言って、流石な兄達を困らせるほうが、
 よっぽど楽しく、重要だったのです。



 まったく恥ずかしいかぎりです、なむなむ。




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 20:55:13.27 ID:qzN73Fqn0
      

 しかし、そんなワタクシも歳を美しく重ね
 世間で言う「思春期」にはいった時、唐突に思いました。


l从・∀・ノ!リ人「そうだ、乙女をめざすのじゃー!」


 丁度、その頃姉者が結婚し、
 「結婚」というものに、私がナニカを感じたかもしれませんし、
 当時、ハマっていた、小説の影響かもしれません。

 ともかく私は乙女になるという事は
「オモシロ可笑しい事」だと決め付けて、目指す決心を固めたのです。


l从・∀・ノ!リ人「のじゃーのじゃー!」

 長く、美しい黒髪が、
 蛍光灯の光を反射し靡きます。

 この先どんなオモチロイことが、
 私を待ち受けているのであろうか! 


l从・∀・ノ!リ人「wktk」

 と、我が興奮が
 天井知らずに高まるのも宜なるかな。なのです。



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:00:30.56 ID:qzN73Fqn0
    



l从・∀・ノ!リ人「でも、乙女ってどうしたらなれるのじゃ?」



 私が目指すのが、ポケモンマスターであるなら
 バッジを集め、四天王を倒し、
 「キェー!」という奇声と共に、ライバルを倒せばいいのでしょうが。


 「なりたいな、ならなくちゃ絶対なってやるー」と、思ったところで、
 私はどうすれば乙女になれるか、皆目検討もつきません。



l从・∀・ノ!リ人「むうう、ポケモンマスターなら、
         わかりやすいのに……なのじゃー…」


 気持ちばかり先行し、
 その日は、悶々とした気持ちで床につきました。







32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:04:33.70 ID:qzN73Fqn0
              
l从-∀-ノ!リ人 グゥグゥ

l从゜∀゜ノ!リ人 カッ

l从・∀・ノ!リ人「おはようなのじゃ!おはようなのじゃー!!」
 

 「今日は気持ちのいい日だな!ぜひとも乙女探求読書がしたいな!」

 次の日そう思い立ったら、図書館へ出かけます。

 乙女となるには、かわいらしい挙動と、
 インド人もびっくりな行動力が必要だと、私はつねづね考えているからであり、

 ふと沸いた抑えがたい欲求を解消するには、
 それがいい、それでいいと思い立ったからであります。

 そこである本と出合ったのです。


从・∀・ノ!リ人「こ、これは…」


 「おラオラオラオラオラオラオラオラオラァ!!」
 「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!」

从・∀・ノ!リ人「こ、これはなんとオモシロい漫画なのじゃ!」

 そう、私は「じょじょ」という漫画に、出会ったのです。



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:11:47.89 ID:qzN73Fqn0
        
  
 乙女となる事と、「じょじょ」を読む事には、
 一見、なんの因果もありません。


 ですが、幾千幾万と、多くの書物のあるここ図書館、
 多くの人が出入りし、本が行き来する中で 

 その中で、わざわざ手にとったのが「じょじょ」なのですから。
 
 ただの偶然、では、ないと綿祖は考えています。
 我々は無意識のうちに、
 その本との出合いを選んだのです、きっとそうなのです、なむなむ。

 単に錯綜する因果の糸が見えないに過ぎないかもしれません。
 が、本を巡る偶然に出くわしたとき、私は何か運命を感じてしまうのです。

 そして、この日の「じょじょ」との出会いも、やはりそうでした。


l从-∀-ノ!リ人 ……zZ


 一気に一巻から第4部まで、
 読んでしまったワタクシは、唐突に睡魔に襲われ、寝てしまいました。

 
 そこで、それはおこったのです――



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:14:06.20 ID:qzN73Fqn0
             
 ―――……

 ――…


  コッチヲミロォォ

   (゚Д゚ )
    `◎ ◎~~



      ( ゚Д゚ )  コッチヲミロォォ
    ~~`◎ ◎



       ( ゚Д゚ )チラッ
        `◎ ◎



l从・∀・ノ!リ人「のじゃー!!」

 まあ、眠っていたワタクシも思わず声をあげてしまいました。
 なんと立派な、シアーハートアタックなのでしょう。

乙女心をくすぐる、その洗練されたフィルムに、
 もうワタクシはメロメロはむはむのクギヅケです。



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:20:21.59 ID:qzN73Fqn0
     

l从・∀・ノ!リ人「凄いのじゃ!
         シアーハートアタックなのじゃ!
         近くにきら・よしかげもいるのじゃ?URYYYYYYYYYYY!!!!」



l从・∀・ノ!リ人「┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ バァ――――z____ン!!」



  ( ゚Д゚ ) 「これ、乙女が┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨なんていうもんじゃあない」
   `◎ ◎


l从・∀・ノ!リ人ハッ

l从・∀・ノ!リ人「はしたない、乙女としたことが、うっかりうっかりなのじゃー」


  ( ゚Д゚ ) 「それに、私はそのシアー・ハートアタなんとかじゃないよ」
   `◎ ◎  「乙女の、精霊さ」「この姿は、キミがイメージした乙女にすぎない…」
        「って、お前の乙女像、これかいっ!」

l从・∀・ノ!リ人「のじゃー」

 私は、「のじゃー」答えます。




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:24:49.05 ID:qzN73Fqn0
          
l从・∀・ノ!リ人「なら、貴方は一体だれなのじゃ?」


  ( ゚Д゚ ) 「ふふふ、余程気になるようだねえ?」
   `◎ ◎

  ( ゚Д゚ ) 「問われて名乗るのもおこがましいが」
   `◎ ◎    「所望とあればやむをえないだろう」


l从・∀・ノ!リ人「wktk」


( ゚Д゚ ) 「これ、だから擬音を口にするでない」


l从・∀・ノ!リ人「あい、して貴方は誰なのじゃ?」


  ( ゚Д゚ ) 「うむ、それでよしその前に」
   `◎ ◎    

l从・∀・ノ!リ人「のじゃ?」

  ( ゚Д゚ ) 「一行AAになってもいいかい?
   `◎ ◎    「二行AAは貼り付けるのが億劫なのだ」

 面倒くさがりな人なのね、思いながら私は承諾します。




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:30:04.76 ID:qzN73Fqn0
              

( ゚Д゚ ) 「ふぅ~やっぱり一行AAはいいね」「
     行数もとらず、改行も楽」「ぶうん小説は一行AAだね」
     「渋澤あたりも、一行ならもっと人気がでるだろうに勿体無い」「実に勿体ないよ」


l从・∀・ノ!リ人「??」


 身軽になったせいか、
 シアーハートアタックは、訳のわからないことばかり口ずさみます。



( ゚Д゚ ) 「いやあ、すまないね」「今の私はシアーハートアタッなんとかであり…」
     「そうそう、なにか、であるという質問だったね?」


l从・∀・ノ!リ人「のじゃー」


( ゚Д゚ ) 「うむ、いい質問だキミ、見込みがあるぞ」

 

 不思議な荘厳さを漂わせる彼の
 答えにもったいぶる様子に、私の興奮はいやが上にも高まります。
 




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:34:08.64 ID:qzN73Fqn0
       

( ゚Д゚ ) 「先程もいったがね」
     「乙女の世界を司る、精霊さ」
     「神様と言い換えてもいいかもしれないね」


l从・∀・ノ!リ人「ぉー、神様だなんて凄いのじゃ」



( ゚Д゚ ) 「そうそう、案外僕は凄いのさ」「覚えておき給え」



( ゚Д゚ ) 「それで、だキミは乙女になりたくて」「本を探していたのだね?」


l从・∀・ノ!リ人「あい、そうであります、私は乙女になる方法を探し、
        図書館にきたのであります、のじゃのじゃ」


( ゚Д゚ ) 「ふむ……」「それで何故表紙の絵がやたらと濃い」
     「“じょじょ”を選んだかは皆目検討つかないが」
     「きみの願いは、本を通じひしひしと伝わったよ」







49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:38:13.39 ID:qzN73Fqn0
      


l从・∀・ノ!リ人「本を通じて?」


( ゚Д゚ ) 「本には神様が宿っているからね」
     「内緒だよ、これは」「極秘ミッションさ」


( ゚Д゚ )「マア」「そんな事はどうでもいいだろう」
    「些細なことさ、この話とは余り関係ない」
    「どれ、乙女の精霊が目の前にいるのだ、聞くことはないかい?」


l从・∀・ノ!リ人「ハッ、そうなのじゃ、そうなのじゃー」


 私はハッと、聞きたい事を思い出しました。


l从・∀・ノ!リ人「乙女に、完成された乙女になりたいのじゃ!
        乙女になるのは、どうすればいいのじゃ!?」






50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:43:25.95 ID:qzN73Fqn0
       

( ゚Д゚ ) 「ぬぬん、完成された、ときたか」
     「案外、欲張りものなんだなあ、キミは」


l从・∀・ノ!リ人「えへへ」


( ゚Д゚ ) 「イヤ、褒めてはないぞ」


( ゚Д゚ ) 「完成された……か、そうだなあ」



 乙女精霊シアーハートアタック(なんかの漫画のタイトルみたいですね、なむなむ)
 は、私の問いにうーんと、一拍考えます。

 精霊さんでも、わからないものがあるのでしょうか
 私は、小首を傾げました。




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:45:06.85 ID:qzN73Fqn0
       


( ゚Д゚ )「キミ、キミ」

l从・∀・ノ!リ人「あい?」


( ゚Д゚ )「世界は何故、完成したかわかるかい?」



l从・∀・ノ!リ人「のじゃ?」


 世界?乙女じゃなくて?

 と、続いて言おうとしましたが、
 精霊さまがそれを防ぐように、言葉を重ねます。


( ゚Д゚ ) 「神様が、恋をしたからなんだよ」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:52:08.16 ID:qzN73Fqn0
        

l从・∀・ノ!リ人「恋をしたから?
        なんだかロマンティックなのじゃ」

( ゚Д゚ )「そうなんだよ、世界ってやつは」
    「案外、ロマンティックな奴なのさ」「ハハハ…」


( ゚Д゚ ) 「これ、キミ、質問を続けるが
     なぜ夜があるか、しっているかい?」


l从・∀・ノ!リ人「いや、同じくわかんないのじゃ」

( ゚Д゚ )  「世界が出来たばかりの頃はね」「夜なんてなかったのさ」
      「ずーっと朝で、ずーっと昼だった」

l从・∀・ノ!リ人 「のじゃのじゃ」

( ゚Д゚ )  「君も知ってるように、
      神様が世界を作ったあとで、とられた短い安息の日、
      まぁ、今で言う日曜日だね 俗に言う休息日で、かみさまは恋をしたのさ」


l从・∀・ノ!リ人 「恋?」

( ゚Д゚ )  「そう恋さ」「恋は突然ラブスイートハリケーン」
     「下界の少女に恋をしたんだ」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:54:44.51 ID:qzN73Fqn0
    
l从・∀・ノ!リ人 「恋?」

( ゚Д゚ )  「そう恋さ」「ラブスイートハリケーン」
     「下界の少女に恋をしたんだ」


 神と下界の人間との恋なんて、
 シェイクスピア以上の身分差の恋じゃありませんか

 「重ね重ねロマンティック!」
 私は、思わず叫んでしまいました。



( ゚Д゚ )「そう、重ね重ねロマンティックなのだよ」

l从・∀・ノ!リ人「のじゃのじゃ」


 話は、まだまだ続きます。



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 21:59:48.35 ID:qzN73Fqn0
        

( ゚Д゚ )「何かの理由があったわけではなく、
    一目惚れであったそうだ」

( ゚Д゚ )「僕はね、理由がないというのは、実はきらいでね」
    「なんにしても、理由はある」「あるべきだと思っているのだよ」

    「でもね」


( ゚Д゚ )「でもね、恋は別さ」

    「恋はね、そんな言葉や理由なんて陳腐なもので、表現できるはずがないんだ」

    「表現してるやつがいるとすれば
    そいつは表現できてる気になって、自分に酔ってるだけの大バカナルシストか、
    愛を謳う事で女を口説く、うそをつきな女好き、のどちらかだよ」


l从・∀・ノ!リ人「成程なのじゃー」

 「恋とは、美味しいお酒のようなのですね」
 続けて、言葉をこぼしてしまいます。


( ゚Д゚ )「そうだね、電気プランのやうなものさ」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 22:03:26.93 ID:qzN73Fqn0
     

( ゚Д゚ )「まあ、そういう訳で神様は恋をしてみまったんだが」
    「この恋した相手が悪くてね」
    「神様相手だというのに、やたらと、つーんとするのだ」「つーんとね」



l从・∀・ノ!リ人「なるほど、それが恋の駆け引きというやつなのですね」
        「なんだか、オトナな感じです」


( ゚Д゚ ) 「そんなカワイラシイものなら、いいんだがね」


     ξ ⊿ )ξ『ワタクシ、二面性がある殿方が好きですの』

     (; ω )『あうあう、そんな事いわれても…』


( ゚Д゚ )「っと、神様相手にこんな感じだよ?信じられるかい?」

    「カーッ、なあにが二面性だい、ワタクシだい
    このぼんちらけ、素直に「ギャップ萌え!」といえばいいじゃあないか
    そっちの方がよっぽどわかりやすいし、好感がもてるよ」


l从・∀・ノ!リ人 「なのじゃー」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 22:10:11.47 ID:qzN73Fqn0
      

( ゚Д゚ )「人間と違って神様は完成された生き物だからね
    不安定な一面など、
    あわせもっていないし、二面性なんてなかったのさ」


( ゚Д゚ )「まあ、そんな感じだよ」
    「それでも少女を諦めきれない神様は、
    自分の息子とも言えるこの“世界”に二面性を与えたのさ」
 
   「最早完成し、改良の余地のない」「自分の代わりにね」


( ゚Д゚ )「そう、夜が生まれたのは、一つの恋がきっかけなのだ」
    「神様が、とある少女に、恋をしたんだ」


l从・∀・ノ!リ人 「おおう、新事実なのじゃ」


( ゚Д゚ )「こうしてできた夜……」
     「ホントウに無理やり、力技でできた霞のやうな、二面性なのだが」

( ゚Д゚ ) 「なんとか手に入れたこの夜という二面性を武器に」

     「ようやく神様はその少女と結ばれた
     そして、宗教という子を産んだのだが・・・マア、この話はまた別さ」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 22:14:12.52 ID:qzN73Fqn0
          

( ゚Д゚ )「神様が夜でいる間は、少女も神様を愛してくれたが
    ただ、あまり夜を長くすると、
    少女は夜も飽きて、愛してくれなくなる」


l从・∀・ノ!リ人「パラドックス!なのじゃ」


( ゚Д゚ )「だから、神様は夜を短くし―――
    つまり、恋が出来る時間を泣く泣く、短くしたのさ」


( ゚Д゚ )「こうして、世界に夜という二面性が加わり、完成と相成った」
 

「ついでに」精霊さまは言葉を紡ぎます。    


( ゚Д゚ )「神様が創った人間も、世界と同時に神様の息子だからね、
     当然とばっちりを受ける

     恋を出来る時間は、神様と同じく、夜ほどの短かさになり、
     人生において、なかなか恋は成就するものではなくなったのさ」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 22:19:23.79 ID:qzN73Fqn0
        


( ゚Д゚ )「まあ、そんな感じだ」
    「わかったかい?」


l从・∀・ノ!リ人「のじゃー!」


 私は、精霊さまのお言葉に、いたく感動致しました。
 口はこんなにニンニク臭いのに、
 仰るお話は、こんなにも甘くスウィーティーだからです、なむなむ。


l从・∀・ノ!リ人「それで」「どうしたら」


l从・∀・ノ!リ人「ワタクシは、乙女として完成するのですか?」






64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 22:21:30.31 ID:qzN73Fqn0
          
   

( ゚Д゚ )「きみも、乙女として完成をめざすなら」

    「そうだなあ」
    「やはり世界と同じく‘恋’がきっかけになるとおもうね」「そうなるべきさ」
 

( ゚Д゚ )「そうすることで、きみもこの世界と同じく乙女として、
     完成、大成するものだと」「ぼくはおもうなあ」


l从・∀・ノ!リ人「ほうほう」


( ゚Д゚ )「ようし」「なんだか気分が乗ってきた」
    「一つ、言葉をおくろうじゃあないか!」



l从・∀・ノ!リ人「おおー!」


 私は、高鳴る胸を押さえきれず
 思わず禁じられた「wktk」と口ずさんでしまいます。


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 22:25:02.43 ID:qzN73Fqn0
    






  ―――――「夜は短し、歩けよ乙女」










( ゚Д゚ )「ってね」「いい言葉だろう?」
    「そう、いい言葉なのさ」「ボクのいう事が、大抵善いことだからね」


l从・∀・ノ!リ人

l从;∀;ノ!リ人「のじゃー!いい言葉なのじゃー!」


 精霊の言葉が、
 いたく私の胸を打ちました。




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 22:27:21.36 ID:qzN73Fqn0
       


「ロマンチック・エンジンというものを、誰もがもっているだよ」
「なんかの本で読んだから、まちがいない」

「ぼくは、いまきみのソレに燃料をいれたんだよ」


 続いてでてくる精霊さまの、
 お言葉はよく、聞こえず、意味もわからなかったのですが。

 たしかに、ゴウッという、
 ワタクシの「ロマンティック・エンジン」が点火したのがわかりました。


l从;∀;ノ!リ人 のじゃーのじゃー! 




 そして、私は心の中で断崖に立って維新風に叫びました。

 「乙女の世界を、歩きだすぜよ!」

 ぜよ!




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/16(金) 22:31:18.30 ID:qzN73Fqn0
      

 こうして、火の灯った
 ワタクシのロマンティック・エンジン。


 このような、まさかに奇奇怪怪というべき珍事、
 誰も信じてくれないのは明白でありますが。


 私は家を出て完成された乙女と成るべく
 夜の街を歩く、決心をしたのです。


 はじめて一人で出た外は、
 冬らしい爽やかな風が吹き、空気は良い匂いが致しました。


l从・∀・ノ!リ人「夜は短し、歩けよ乙女」


 一言そう呟くと、押さえ切れない
 キラキラとした胸の高まりと共に私は夜の街へ消えたのでした。



      l从・∀・ノ!リ人 夜は短し歩けよ妹者のようです  前編 了


 




l从・∀・ノ!リ人 夜は短し歩けよ妹者のようです
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1232104749/
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/223-00c82817
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。