長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J( 'ー`)し勇者カーチャンのようです 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:29:45.93 ID:oQs2WOCG0
今から1週間前、カーチャンが死んだ。
トーチャンが俺が1歳の頃に死んでからというもの、
女手一つで俺を育てくれた、
カーチャンが、とうとうくたばった。

('A`)「カーチャン……」

葬儀を終えても、俺の心のは
なにか大きな穴が空いてしまったかのように、
びゅうびゅうと隙間風が吹き抜けていた。

('A`)「ついに、嫁の顔も、孫を抱かせることも無いままに、
死なせてしまったな」

('A`)「ごめんよ……」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:32:55.61 ID:oQs2WOCG0
カーチャンは、誰よりも俺のことを大事に思い、
大切にしてくれた。

カーチャンがいなかったら、今の俺は存在してなかった
といっても過言ではない。

カーチャンが死んでから、あれもこれもさせてやれなかった、
ロクな親孝行もできなかったと色々な事を後悔するようになり、
また、カーチャンとの思い出も次々と
泡のように俺の頭の中に浮かび上がっていった。

('A`)「カーチャン……」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:34:06.68 ID:oQs2WOCG0
小さいころには、甘えん坊で泣き虫で怖がりの俺に
子守歌を歌ってくれたこともあった。

('A`)「カーチャン……」

J( 'ー`)し「あらあらドクちゃん?どうしたの?眠れないの?」

('A`)「うん……」

J( 'ー`)し「じゃあ、カーチャンがドクちゃんの為に、
子守歌を歌ってあげるわ」

そういって、カーチャンは4歳かそこらの俺を膝に
乗せ、歌い始めた。



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:36:07.98 ID:oQs2WOCG0

________            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __J( 'ー`)し  < ♪モーニング娘は
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \ 'A`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~~ヽ::::::::::::|/


________            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __J( ゚。゚)し  <  Wowwowwowwow
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \ ゚д゚) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~~ヽ::::::::::::|/

心に染み渡るような名曲だった。


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:39:04.20 ID:oQs2WOCG0
また、俺の家庭は貧乏であった。
学生時代は、いつもカーチャンは弁当を持たせてくれたが、
その弁当も、とても腹を満たせるようなものではなかった。

高校の時、こんなことがあった。

('A`)「ふう、やっと昼休みだ。さて、飯食うか」

パカッ

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|           |
|     ●     | チョーン
|           |
|_______|

その弁当は、白飯の中央にぽつんと置かれたウメボシ以外には
何一つおかずが無い、いわゆる日の丸弁当という奴だった。

('A`)「まあ仕方ないか」

('A`)「味のあるものがウメボシ1個しか無いから、計画的に食っていかないと」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:41:31.13 ID:oQs2WOCG0
さっそく、俺は真ん中の梅干しを箸でつまみ、
口に放り込んだ。

('A`)アーンパクッ


  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-  「あまああああああああああ!!」
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

ウメボシではなくサクランボだった。

後で聞いた話だが、これはデザートが無いことを気に掛けたカーチャンが、
せめて少しはデザートを、の思いで入れてくれたのである。

そんなお茶目なところもあるカーチャンであった。



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:48:17.29 ID:oQs2WOCG0
('A`)「いっけねえや、あんまりメソメソしてると、
またカーチャンに心配掛けさせちまう」

俺はこぼれかけた涙を拭くと、頭を軽く振り、
次々浮かぶ思い出を振り払った。

('A`)「これからはカーチャンなしで生きていくんだ、
たくましくならないとな」

つま先でトントンとアスファルトを蹴ると、
俺は我が家こと4畳半のボロアパートへと歩き始めた。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:48:40.48 ID:oQs2WOCG0
その頃、天界では。

J( 'ー`)し「ついに私も死んじゃったねえ、ドクちゃんの成長する姿を、
いつまでも見ていたかったけれど、やっぱりこれも仕方のない事ねえ」

( ФωФ)「そこの女、ちょっと来なさい」

J( 'ー`)し「あら?私に何か用かしら?」

( ФωФ)「わしは天界魔王ロマネスク、死者のアフターサービスを
司るものなり」

J( 'ー`)し「天界のシステムって意外としっかりしてるのね」

( ФωФ)「お前は、小さな悪事も働くことなく、一生を自身の愛で
息子を護ることに捧げた。わしは、その姿にモーレツに感動してしまった」

J( 'ー`)し「別に大した事無いですよ、可愛い子供を守ることぐらい、
母として当たり前じゃないですか」

( ФωФ)「その当たり前のことができない奴が、人間には多いのだ」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:52:11.69 ID:oQs2WOCG0
( ФωФ)「そこでだ。わしはお前に、『生き返る』以外の願いは
なんでも一つだけ叶えさせてやろうと思う。これはわしからの
ダイデイプレゼントだ」

J( 'ー`)し「バースデイプレゼントみたいに言わないでくださいよ」

( ФωФ)「さあ、願いを言いたまえ、何を望む?ギャルのパンティか?
あ、言っとくけど『願いを増やして』みたいなのはダメだからね」

深く考えることも無く、カーチャンはすぐに答えた。

J( 'ー`)し「それじゃあ、私はドクオをずっと護り続けたいねえ」

( ФωФ)「その願い、承知した」

その瞬間、まばゆい光が、カーチャンを包み込んだ。
その光消えた後、中からすさまじい力を持った、一人の勇士が、
姿を現した。

カーチャンである。


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:55:34.38 ID:oQs2WOCG0

( ФωФ)「今お前は、愛さえあれば何事にも負けぬ
最強の勇者として、蘇らせた。
もしおまえの息子に重大な危機が迫る時、
お前はその力を持ってして危機に立ち向かうのだ」

J( 'ー`)し「すごい力が、体の中でシャッキリポンと踊るわ……
ありがとうございます」

カーチャンは、魔王に深く頭を下げた。

( ФωФ)「礼には及ばん、それではわしは別の仕事に戻るぞ」

魔王は去り際に、一つ言葉を残した。

( ФωФ)「わしも貴方のような母のもとに生まれていたら、
こんな所にはいなかったかもしれんな」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:00:44.04 ID:oQs2WOCG0
その日、俺はカーチャンの声を聞いた。

俺はその時、明日の仕事に備え、布団の中で
ぐうすかといびきをかき、眠っていた。

すると突然、誰かが俺を呼ぶ声が聞こえた。

「ドクちゃん!ドクちゃん!」

何か、懐かしい、どこかで聞いたことのある声だ。
誰だ、いや、この声はもしや。

('A`)「……カーチャン」

「そうよ」

夢かもしれないが、夢でも、カーチャンに会えて
俺は飛びあがらんほどに嬉しかった。
話したいことがいっぱいあったが、カーチャンは言った。

「ごめんね、カーチャンのドクちゃんといっぱいお話したいところだけど、
あんまり時間が無いの。だから、大事なことだけ、言うわね」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:04:21.63 ID:oQs2WOCG0
「もし、ドクちゃんが、悪い人に襲われたり、
死にそうな目にあったら、すぐにカーチャンを呼びなさい。
私は、ドクちゃんのためならすぐ飛んでいくからね」

('A`)「……!?それってどういう」

「じゃあね、元気で、頑張って生きるんだよ、ドクちゃん」

ブツリと、ラジオの電源を切ったような音が聞こえ、
カーチャンの声は聞こえなくなった。

('A`)「なんだったんだろう……」

カーチャンを恋しく思う俺の気持ちが生んだ夢だったのだろうか。
良く分からないままに、俺は再度布団を被り眠った。

不思議と、安心して眠れた気がする。


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:07:54.16 ID:oQs2WOCG0
次の日の昼休み、そろそろ彼女の一人でも作るかと思い、
女子社員に声を掛けてみようと思ったが
結局話しかける勇気が出ず、一人寂しくダイドーの自販機と
会話している時に、事件は起こった。

ダイドー「冷たい飲み物でもどうでっか?」

('A`)「おっ、気が効くじゃん!」

ダイドー「お金を入れてな!」

('A`)「ちょwww結局金取るのかy……」

大地が、激しく揺れた。



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:13:39.11 ID:oQs2WOCG0
ダイドー「おおにき!おおきに!まいど!おおきに!」

('A`)「バグってる……」

なんとかバランスを取り、周囲を見回す。

('A`)「地震か?」

ビル街の方へ眼を向けた瞬間、
俺はこれが地震では無かったことを実感した。

なぜなら、鉄筋コンクリのビルをなぎ倒し、
数十台の自動車を踏みつぶし、
線路を引きちぎる怪物の姿が、そこにあったからだ。


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:15:36.22 ID:oQs2WOCG0
すらりと伸びるタワーのような脚。
四角い胴体に、空を覆わんばかりの布を頭部に
纏うその姿。




                   _,,..i'"':,
                   |\`、: i'、
                      \ \`_',..-i
                     \|_,. -┘
            タタタッ    _ノ )  ノ
                  ノ ///
                 _//  | (_
                  .. レ´  ー`

          第4使途 エリエル


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:23:29.13 ID:oQs2WOCG0
('A`)「か、怪獣だ!」

俺はすぐさま、その場から離れようとしたが、
恐怖で足が思うように動かない。

逃げよう、逃げようと頭は指令を出し続けるのに、
その場から一歩も、動けないのだ。

怪物は、地響きを立てながら、俺の方へと
確実に向かってきている。

あと何メートル?
どの道、このままじゃあのチリ紙野郎に踏みつぶされる!

もうだめだ、そう思った時、昨日のカーチャンの言葉が脳裏に浮かんだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ごめんね、カーチャンのドクちゃんといっぱいお話したいところだけど、
あんまり時間が無いの。だから、大事なことだけ、言うわね」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これじゃない、これだ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「もし、ドクちゃんが、悪い人に襲われたり、
死にそうな目にあったら、すぐにカーチャンを呼びなさい。
私は、ドクちゃんのためならすぐ飛んでいくからね」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:26:37.07 ID:oQs2WOCG0

困った時の母頼み。
最後まで、母親から離れられないなんて、情けないな俺と
思いつつも、力いっぱい俺は叫んだ。

(;'A`)「助けて!

      カアアアアアアアアアアアチャアアアアアアアアアアン!!」





「はいはい、すぐに行くわよ」


というカーチャンの声が街に響き渡ったかと思うと、
俺の体から光が、空に向かって発射された。



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:27:53.19 ID:oQs2WOCG0


              シュババババババーン
               * o ∵.:∵.∵ o
             * o :∴:.: : .:: ::∴ o *
             +o ∴:::..       ..:::∴ o +
           * o ∴::.         .:: ∴ o *
             o ::::..    J( 'ー`)し○  .:::∴ o
            +o ∵::....  O   丿 .: ::∵ o  *
           *  o ∵:.: :.. ̄ ̄ :. .: :∵ o +
              + o ∴∴∴∵∵ o   *
             *   + o o o  o  +  
               *   +   +    *

             MOTHER IN THE SKY


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:36:04.08 ID:oQs2WOCG0
その頃ネルフでは。
(ネルフのスペルってなんだっけ?あんまりネルフっぽくなかった気が)

ミサトさん「なんて使途なの!?こんなの初めて……」

ゲンドウ「やむを得ない。エヴァ零号機から参号機を出動させろ」

シンジ「嫌だよ僕……乗りたくない」

ゲンドウ「じゃ俺が乗る」

ミサトさん「ちょwwwww」

リツコさん「ちょっと待って。使途の前に何かが現れたわ!」

ミサトさん「アレって……!?」

ゲンドウ「なんと……」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:39:29.53 ID:oQs2WOCG0

      家族の為なら、修羅となる!
   愛の力で、一家を支える人間の海!
      母は強し!息子はタケシ!
          その名は!

        勇者カーチャン!


          J( 'ー`)し
            ( )
            | |

      マザアアアアアアアアアアアアアン!!



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:49:50.78 ID:oQs2WOCG0
目覚めたとき、俺は黄金色の光に包まれていた。

「私の声が聞こえるかい?」

と、カーチャンの優しい声が聞こえる。

('A`)「ああ、聞こえるよ」

「そうかい、ドクちゃんはねえ、今私の中にいるの」

('A`)「ぬぁにぃ!?」

これは聞き捨てならんぞ!ならんですぞ!

「この中が一番安全だからね、ゆっくりするといいよ。
後はカーチャンに任せなさい、怪獣をやっつけちゃうから」

(*'A`)「カーチャンの中……あったかいなりぃ……」

俺は、その場に座り込み、光の感触を味わい続けた。


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:54:39.93 ID:oQs2WOCG0

対峙するカーチャンとエリエル。

       J( 'ー`)し        | ̄ ̄|
        (  )        | ̄ ̄ ̄|
   __ '|ロロ|/ ̄\A.::.|ロロ|/ ̄\ __ |ロロ|..__ / ̄\
_|田|_|ロロ|_| ロロ| | | _|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|_.| ロロ|_

両者は、お互いに間合いを取りつつ、攻撃のチャンスをうかがう。
てかこのAAってあんまティッシュに見えないな。

J( 'ー`)し「観念しなさい怪獣!ドクちゃんをいじめた罰は重いわよ!」

エリエル「クリネックスウウウウウウウウウ!」

奇妙な雄たけびをあげ、エリエルは少しカーチャンから距離を取ると、
頭部の布を彼女に向かって連続で飛ばした。

J( 'ー`)し「なんのこれしき!」

それに対しカーチャンは、たるんだ両乳でそれを弾き飛ばす。
なんという熱い展開。




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:02:40.80 ID:4NSHPoLF0
J( 'ー`)し「さあ!今度はこっちから行くわよ!」

そう言うと、カーチャンは手に提げていたビニ袋から
長芋を取り出し、右手に持った。

J( 'ー`)し「リボルカーチャンケイン!」


J( 'ー`)し    _|_
 (  )つ== |__|=
 ||       人
 ||      /  \

彼女は長芋をティッシュ箱の側面に
思いっきり突き刺した。
戦略も何もあったものじゃないが
厨二バトルなんて書いた事無いから仕方がない。

というかAAひどい。


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:08:35.12 ID:4NSHPoLF0
エリエル「グ、グガアアアアアア」

芋によって開けられた穴から、
ポケットに入れたまま洗濯してしまった後に洗濯機から
出てきたティッシュのなれの果てのゴミカスのようなものを
飛ばしながら、怪物はアスファルトに沈んだ。

J( 'ー`)し「やっぱりティッシュよりキッチンペーパーのほうが便利ね、
高いけど」

エリエル「鼻セレブウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!」

次の瞬間、エリエルは木っ端みじんに爆発した。



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:20:29.98 ID:4NSHPoLF0
外で、爆発音が聞こえた。
光の中で寝ていた俺は、その音で目が覚めてしまった。

('A`)「んあ……」

「ドクちゃん、起きたの?」

カーチャンの声がする。
いつ聴いても安心させられる声だ。

('A`)「うん……」

「安心して、ドクちゃんをいじめてた怪物はカーチャンが倒したからね!」

('A`)「本当!?」

「でもね、カーチャンもうドクちゃんとお別れしなきゃいけないの、ごめんね」

('A`)「そんな……!もっと話させてくれよ!もっと俺カーチャンと居たいのに!」

「ごめんね、ごめんね……」

何度も謝りながら、光はだんだん俺の周りから消えていった。
俺はそれが寂しくて寂しくて、泣きそうになった。


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:27:41.75 ID:4NSHPoLF0
気づいた時には、俺の元のダイドー自販機のあった場所へ
戻ってきていた。
今までの出来事は夢かと思っていたが、一部破壊された街や、
散らばるティッシュ片の様子を見て、現実であることを思い知らされた。

('A`)「どうしてカーチャンは、蘇ったんだろう……」

いくら考えても結論は出なかったが、
自分を救ってくれたことは確かなのだ。

俺は、カーチャンがいるであろう青空に向かって、
手を振った。

('A`)「ありがとう、カーチャン」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:31:58.68 ID:4NSHPoLF0
後でわかったことだが、あの怪物の正体は、
人々に捨てられたティッシュたちが、
それを包まれていた精子によって意思を持ち、
巨大化してしまったものらしい。
実は使途では無かったのだ。ネルフ涙目。

まったくこれだからティッシュは怖いのだ、
チンコに貼りつくし。

PC・電話の前の君たちも、
オナニーするときはキッチンペーパーを使えよ!
高いけど。


J( 'ー`)し勇者カチャーン第一話
「光の国からドクオのために」

終わり


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:34:50.74 ID:g0GLOp/W0
   __   __       __                      __
   l__ゝ / /_,へ,  / /======へ,  =======へ   /ヽ / /
    , //ノ7 l7/  / / // 7/ / / ______「`´r´~,へ, ノ/=/ /=へ
  //  / (´   / / // // / /  ̄ ̄/ / ̄// =====/_/===へ
  l l / 人 \  / /.//=// / /   ___/ /  ´   /7=====,へ,
  l_| 〆´  `ヽ/ /_/======/__/   ヽ___ノ     /_/=====/_/



78 : ◆wV78i2v2/M :2008/12/14(日) 00:35:11.69 ID:4NSHPoLF0
EDテーマ
「カーチャン節ユーロビートバージョン」
作曲:小林亜星
作詞:>>1


  _,,..,,,,_       _,,∩,_ ))           _,,..,,,,_            _,,∩,_ )).         _,,..,,,,_
  / ,' 3 `ヽ     / ,' 3 `ヽ       / ,' 3 `ヽ ))     / ,' 3 `ヽ      / ,' 3 `ヽ ))
  l U   j!    (( と     j!      l  ⊃  j!     (( と     j!       .l  ⊃  j!
  `、_l⌒ト、     `、_ ⌒ヽ     (( `、_l⌒ト、       `、_ ⌒ヽ、    (( `、_l⌒ト、
    ,)ノ`J       ,)ノ `J ))       ,)ノ`J ))        ,)ノ `J ))       ,)ノ`J ))
   _,,∩,_ ))                                          _,,∩,_ ))
   / ;' 3 `ヽ                 _,,..,,,,_                     / ,' 3 `ヽ
  .と    j!                ./ 。' 3 `ヽーっ               (( と     j!
  (( `、_ ⌒ヽ                l  m9 ⌒_つ                 `、_ ⌒ヽ
     ,)ノ `J ))              `'ー---‐'''''"                      ,)ノ `J ))
  _,,..,,,,_       _,,∩,_ ))           _,,..,,,,_            _,,∩,_ )).         _,,..,,,,_
  / ,' 3 `ヽ     / ,' 3 `ヽ       / ,' 3 `ヽ ))     / ,' 3 `ヽ      / ,' 3 `ヽ ))
  l U   j!    (( と     j!      l  ⊃  j!     (( と     j!       .l  ⊃  j!
  `、_l⌒ト、     `、_ ⌒ヽ     (( `、_l⌒ト、       `、_ ⌒ヽ、    (( `、_l⌒ト、
    ,)ノ`J       ,)ノ `J ))       ,)ノ`J ))        ,)ノ `J ))       ,)ノ`J ))

                    ドンドンドン!ドドンがドン!


79 : ◆wV78i2v2/M :2008/12/14(日) 00:36:54.52 ID:4NSHPoLF0

    |┃
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃ (―)  (―)\
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
    |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
    |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
    |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
    |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~

深夜の二時に便所に起きて~
母の顔に放尿するよ~

あ~あ~大興奮

ハアドッコイドッコイ!


J( 'ー`)し勇者カーチャンのようです
ttp://jfk.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1229174985/
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/208-3f706f40
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。