長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです 21 

6 :>>4の訂正 ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:22:40.74 ID:5uaT9DHl0
21.交換日記 3


           ワンダランドへようこそ

1995 9/10
                      クーより

デレ、もう九月も十日になったんだね。早いものだ。
学校も気がつけば、長期休みがあったことなんて忘れた風だよ。

……そろそろ、登校してみてはどうだろう。
君の頭が冷えるなら、いくらでも君の自由でものを過ごしてほしいと思っていたけど、
それでも、やっぱり……私も淋しいんだ。

教室の周りを窺っているけど、もうみんな忘れているみたいだ。
登校日のことなんて。渡辺も間抜け面で新しい彼氏とやらを自慢している。
このままずるずる休んでいると、それこそしぃ達の思う壺の気がするよ。

……ワンダランドは楽しい。きみとの現実も楽しい。
でも、わたしは……贅沢でごめん。
君との学校生活も欲しかった。君の全うな人生もどこかで望んでいた。
矛盾していてごめん。

今一度、自分の道を考えてみてくれ。


今日はここまで。





5 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:22:00.83 ID:5uaT9DHl0
1995 9/11
                        デレより

自分の道はまだわかりません。
なにをすべきかなんて検討もつかず、ダダをこねてばかりで。
ほんとうにごめんね。
ただ、一つだけいえるのは、クーちゃんが居てくれて助かったってこと。

それもそうだし、私だって、全うな人生を過ごしてみたいです。
けれど……自分でもわからないくらい、不安が津波のように押し寄せてきて……

どうしようもなくてごめんなさい。
わたしもクーちゃんといっしょにまた教室で話したいです。
こっそりと手紙を交換しあって笑いたいです。
でも。不安がどうしようもなくって。

あやまってばっかでごめんなさい。
まだ気持ちの整理もつかないです。

本当にごめん。




8 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:26:14.84 ID:5uaT9DHl0
1995 9/12
                     クーより



私こそごめん。無理強いのような文章を書いてしまった。
気にしないでくれ。気持ちの整理なら私だってついちゃいないし。

ワンダランド、現世……どちらへどちらへとたゆたってばかりだ。
優柔不断でどうしようもない。こんな気持ちでデレを巻き込もうとしているんだ。

今日は沢山はなしあったから、あまり書くことがないね。
でも、書かないといけないものがひどく多い。不思議だ。

どっちもどっちなのかもしれない。
二人とも狭間で苦しんでいるんだろう。

自分自身の痛みはよくわからない。
でも、君の痛みはよくわかるよ? 今日はここまで。







10 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:30:24.94 ID:5uaT9DHl0
1995 9/13
                        デレより



目の前がわからないよね。五里霧中っていうんだっけ。
そんな言葉がぴったりで涙が出そう。

居場所がわかったとたん、崖から落ちてしまいそう。。。。。
ほんとにそんな感じでびっくりだよ。
やってられないね。





      


13 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:33:30.47 ID:5uaT9DHl0
1995 9/14
                        クーより



……そうなんだろう。
目の前はワンダランドへ輝くかと思えば、現実のように淀んでいく。


崖から落ちるだって?
でも、わたしは最愛の人と一緒に落ちるのなら、それもよしと思う。
心中は究極の愛の形だよね、心中の話をきくたび、
その二人が思い描いたワンダランドの凄みのことをまず考えるんだ。


・・

・・・

・・・・・




14 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:35:31.59 ID:5uaT9DHl0


1995 9/19
                   クーより

デレ。

どうしたんだ? 部屋から出てこないだなんて……
苦しいのか? わたしも苦しい。
最近やつれていたよね。それだけ悩み悲しんでいたんだ。
だのに、わたしは何もしてやれなかったってことだ。

そうなんだ。
君が悲しんでいるだけで、不甲斐なさを感じてどうしようもないよ。

いま君はなにを思っているんだろう。
私はこの日の22時、押入れに引きこもって、マスモスランプを照明に
ペンを動かしている。

闇の中でぽうっと幻想的な光がわたしを照らしている。
すきま風に惨めなくらい震えているのに、なんだか物語の主人公になった気分になるんだ。

あてもなく彷徨している旅人、信じられるのは目の前の奇妙な太陽もどきだけ……
でも挫けずに足を動かし続ける…………

そのうち足場がなくなったら、旅人はどうするつもりだろう。
ひたすらに太陽もどきを信じて崖から転げるか、もうなにもかもから目を背けるのか。

私はどうだろう。
太陽もどきを私は愛しているから、躊躇なく空中に身を任せるのかな。



15 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:37:35.82 ID:5uaT9DHl0
そんなふうに空想にふけっているうちにね、いきなり涙が零れたよ。
なぜかは分からない。いきなりなんだ。心が外に晒されて水分を枯渇したような感じで。


……けれども、心が身体と離れるとしたら、それってステキなことじゃない?

現実の面倒ごとから何もかも離れられるんだ。
ワンダランドも空中楼閣なんかじゃない。シンデレラ城より存在感の強い……。

でもね、こうとも思うよ。
そうなることが死ぬってことなのかなって。

・・

・・・

・・・・
        


16 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:39:27.06 ID:5uaT9DHl0
1995 9/21
                   デレより


なにもかもが怖いです。
ごめんなさい。。。。。クーちゃんと会えません。


気まぐれに振り回される自分にむかつきます。


もう、日記を開くことにも勇気がいるくらいで、自分でもなにがなんだか分からない。

こうしてクーちゃんが心配してくれたり、私を気づかってくれているのが
なによりの救いです。ほんとうにありがとう。


自分がどんどん悪くなっていくようです。
もう引き返せないようなので、わたしはただ自分がなにを望んでいるのか、
それを知りたいと思っています。


ありがとうね。こうやって扉下の隙間からノートをわたすだけで、
なにかが救われる気がするの。


         



17 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:42:19.43 ID:5uaT9DHl0
1995 9/22
               クーより

わたしも……救われる。
わたしも人と繋がっていると実感するだけで、希望が持てる。

わたしも、とても涙を流したいと思っている。けど、本当に
悲しいときって心の防波堤をこえないものなんだね。

相変わらず一人ぼっちの学校生活は辛い。
なにもかもが空虚に過ぎていくんだ。教師が「ここはテストに出るぞ」と
黒板を叩いたって、まったくノートに意識をむけようとも思わないんだ。

そんな私とは対照的に、必死にチョークでかかれた文章を書き写す
クラスメイトたち……対照的だよね、対照的すぎてなんだか困っちゃうよ。
現実世界がどんどん遠のいていくのを実感するんだ。
でも、それってそんなに悪いことじゃないよね。

掃除をするときだって、わたしの周りで箒をうごかすものはいない。
わたしがチリトリを持ったって、だれもゴミを集めようとはしないんだ。
屈んでごみを始末しているだけなのに、胸のおくにはごみが集まっていくよう。

下校するにしたって、わたしはただデレの家に向かおうと思っているだけだから、
校庭で部活動にはげんでいる同級生たちが、まるでガラス壁の向こうの住人のように考えられる。




20 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:43:51.80 ID:5uaT9DHl0
実感するんだ。どんどん私は現実から離れていってるって。
いまにも、ほら……重力の支配からときはなたれて、夜のN市を旋回できそうな勢いでさ。


いずれわたしは大気圏だのを突破して、空気もなにもない宇宙へ身をゆだねることになるんだろうか。
それこそがワンダランドなのかな。うん。どんどんと幻想世界に引きずりこまれていくのがわかる。

重力を、しがらみを振り払ってたゆたっていたい。
君がいないとそんなことばかりを思っている。一人だとぼうふらのようになる。



……つまらない日常だけに、君とすごす時間がいつもより
はるかに有意義におもえてきている。

そこは感謝しないといけないね。モザイクのかかった人類に。


今日は、ここまで。


・・
・・・
・・・・

・・・・・
・・・・・・・


21 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:45:56.66 ID:5uaT9DHl0
1995 9/30
                      クーより

ありがとうデレ。扉を開けてくれて……それだけで、もうなにもかもに満足だ。
ひさしぶりだったけれど、またやつれてしまっていたね……。


どうしてデレがやつれる必要があるんだろう。
そう考えると、世界がおかしいことに行き着いてしまうよね。

地獄だよ。どうして悪魔が笑顔をたやさない世界なんだ。
清らかな心はどこへいってしまうんだろう。
傷ついて、涙をながしながら消えていくなんて、あまりにも虚しすぎる。みじめだ。

わたしははやくこんな世界から抜け出したい。
無重力をもっと感じていたい。N市の上空をただようだけじゃダメなんだ。
真珠雲よりも高みを目指さないと……でなきゃ、いつまでたっても地獄に取り残されたままだ。


ごめんね、いつもいっつも、きがつけば愚痴ばかりを書きつらねている。

一人ぼっちの現実世界は最悪もいいところ……






22 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:47:31.82 ID:5uaT9DHl0
デレ。きみの幸せって一体なんなんだろう。

私と一緒なのかな、ワンダランドへ……宇宙へ……とにもかくにも息苦しい世界を見放したいのか。



デレの幸せを追っていれば、いつかは私の幸せにもめぐり合えるんだろうな。

今日はここまで


追伸
デレの読んでいた小説、いつか貸してね。
少女地獄……とっても気になるタイトルなんだ。

      


23 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:49:37.26 ID:5uaT9DHl0
1995 10/1
                    デレより

幸せ……わたしの幸せってなんだろう。
考えたこともなかった。だって、いつもいつも
暗くなってふさぎ込んで……。

幸せってなんだろう。
ちょっと前まではお嫁さんになるのが夢だったなぁ。
いまでもそうなのかな。ちょっとわかんないや。

愚痴ばかりなんて気にしないで。わたしだってそうだし、
交換日記なんだから、二人だからこそのことを話したいじゃない。
本音を言い合おうよ。

そう、それにしたって、クーちゃんはすごいよ。
わたしは全然かんがえたことないよ……自分の幸せとか、世界がおかしいだなんて。

そんなんだったから、こんな羽目になっちゃったのかな。


クーちゃん、今日こんなこと言ってたよね。
「わたしは地獄に取り残されている」って。

ごめんなさい。



25 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:51:31.30 ID:5uaT9DHl0
わかってます。
私が変わらないかぎりなにも変わらないって。
クーちゃんだって苦しんでいるんだよね。

変わらなきゃ。結論をださなきゃ……。




宇宙を流るる大きな虚無……クーちゃんの言葉をよむと、
こんな文章が頭から離れません。

少女地獄、いつでも貸してあげるよ。
クーちゃんならきっと合うと思うんだ。


今日はここまで

       


27 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:52:51.82 ID:5uaT9DHl0
1995 10/2
                    クーより

今日はありがとう、デレ。
シャワーも替えの服も、感謝にたえないよ。

そして、楽しかった。外気は突き刺すように寒かった。
雨水もそれに拍車をかけていたので、デレの家にいくまでの間は
いつ死んでもおかしくないな……とか考えていたくらいなんだ。

そんな、長い家路……わたしの家じゃないんだけど……で、
苦しんでいただけに、デレのとこの温もりにはこころがとろけた。

帰り、椅子から立ち上がるのにも苦労したほどで、なにもかもがあったかくって、
まぶたはゆるい眠りを願っていた。





……デレ。

     


28 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:53:57.59 ID:5uaT9DHl0
ちょっと今は酔っ払ったかんじで、まともな文章をかけているのか自信ないね。
そういえば今日のデレもすこし酔ったような印象だった。

いつか、二人でお酒でも飲みたいね。
カレットというカクテルがとくに好みでね、家でこっそり嗜んでいるよ。
デレはどんなものがいいんだろう。ドローレスなんかは印象にあっているけど……

なんにしても、アルコールはすべてを忘れさしてくれる。
地獄のような現実も、いまは捨てた。わたしにあるのは
蜃気楼よりも薄れがかったワンダランドだけ。

なにもかもを忘れさせてくれる今日は、震えたペンで一日を終えよう。



乾杯。




   


29 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:54:18.26 ID:5uaT9DHl0


・・

・・・

・・・・




・・・・・・

・・・・・・・


・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・


     


30 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:56:22.96 ID:5uaT9DHl0


1995 10/4
                  クーより

風邪を引いてしまったのか……お大事に。
このころの風邪はタチが悪いからね。

声も弱々しくって、やつれているのが手に取るようで、
なにも出来ない自分に嫌気が差したよ。

はやく会いたいな。


また顔を合わせたいよ。





 


32 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 00:58:06.25 ID:5uaT9DHl0
1995 10/5
                    デレより

なんでだろう。
すごく具合が悪いんです。

身体がいつも火照った感じで、心もどこかへ飛んでいきそうで……

毎日毎日めいわくをかけてごめんね。




クーちゃん。
なにも嫌気なんか感じなくっていいよ。


わたしの責任なんだから。




33 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 01:00:02.26 ID:5uaT9DHl0
1995 10/8
                  クーより

まだ風邪をこじらせているんだ。

もう、うつされても構わないから面と向って話がしたいよ。
そんなことをいってもデレは扉を開けてくれなかった。
いいんだよ、私はもともと病気持ち……風邪なんかいつものことみたいな
性質だから……どんなウイルスだって笑って受けいれてやれるくらいなんだ。


だから、明日は私の来訪を受けいれてくれないかな。
風邪なんか、風邪なんか、ちっとも気にしないんだから。




       


34 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 01:01:31.98 ID:5uaT9DHl0
1995 10/9
                   デレより



……だめだよ。
私はクーちゃんとまだ会えないもの。
こんな私が、クーちゃんとあって、話す……
そんな自由があっていいはずないじゃない。


それに、そんなこと言われたって、わたしはやっぱり、
風邪をうつしたくないよ。あんまりじゃない。そこまでメイワクかけたくない。


クーちゃんはわたしの大事な友達なんだから。


    



35 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 01:03:09.33 ID:5uaT9DHl0
1995 10/10
                   クーより

自由? まだ会えない? 意味がよくわからない……。
デレがなにしたっていうのさ、文脈からして、罪の意識に
とらわれているようだけど、なにをしたっていうんだ。
デレが罪悪感に苦しむ理由なんかこれっぽちもないじゃないか。

君ほどの優しい人間がそんなに悩みぬくんだろう。
ここからは私が踏み込んでいい領域じゃないとか?
大事な友達だよね、わたしにとってはね、もう…………


デレ、君は自分でも理由がわかっていやしないんじゃないか?
ただ閉じこもっていればなんとかなるはずないじゃない。


デレ。今日は交換日記を、君の部屋の……扉に差し込んでおかないで、
そばの壁に立掛けておいたんだ。この文章を読めているなら分かると思うけどね。

君が部屋から出ているなら、この文が読めると思って。

ちゃんと部屋から出ているのか、気になって。


         


37 : ◆tOPTGOuTpU :2008/11/14(金) 01:04:02.59 ID:5uaT9DHl0
1995 10/11
                    デレより

……クーちゃん。あなたの文章を読んだとき、わたしは
胸がくるしくて張り裂けそうになってしまいました。
ぽろぽろと涙が零れて、肩をふるわしてしまいました。


なら、私もケジメをつけようと思ったよ。



私が部屋に閉じこもっている、本当の理由を……。



父への、復讐ってことを。


                (交換日記 3 終)




コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/183-67b0772f
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。