長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川 ゚ -゚)思抱機械のようです ( <●><●>)  

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:07:14.25 ID:4GMCEBFSO
分厚く積もった埃を払いのけると、埋もれていたキーボードが、乾いた空気にさらけ出された。

白く伸びた指が不器用そうに動き、確かめるようにキーを叩く。
女の前にあるモニターには、何も表示されない。

小さな溜め息が漏れた。
まだ生きているはずだが、予想が外れている事も有り得る、
と、諦め気味に、女はまた数回キーを叩く。

周波数のあっていないラジオのような、ノイズ混じりの甲高い音が聞こえた。

発信源は、目の前の機械から。
伏せられていた女の目に、僅かに光が宿る。




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:09:39.67 ID:4GMCEBFSO
女はキーを叩く。
静まりつつある音とは裏腹に、モニターには慌ただしく数字が整列していく。
必要な事を打ち込み終えたのか、ざっとその数字の羅列を確認すると、女は勢い良くエンターを押した。

目にも止まらぬ速さで、様々な確認、認証、再調整、その他似たような意味の言葉が表示され、そして消えた。

「……」

川 ゚ -゚)「WKTTMS、応答を」

「……」

彼女はモニターに向かって、静かに話しかけた。
幅1m程の、モニター上部に備え付けられている魚眼レンズカメラが小さな音をたてて、
目の前に立つ女にピントを合わせた。



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:11:31.41 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「……補助音声合成モジュールがいかれているのかな」

川 ゚ -゚)「それか、音声認識がダメになっているのか?」


「……はろー、ハロー。こちら、WKTTMS。WKTTMS。version、14.9……」

僅かな間を置いて、抑揚の無い合成音声が女の耳に入った。
少し調子は悪いようだが、タイピングをしなくても一応意思疎通は図れるようだ。
彼女はタイピングが苦手なので、心の中でそっと胸をなで下ろした。

川 ゚ -゚)「ようし、WKTTMS。君がこの任務に就いてから、大体どの位経ったか……わかるかな?」

「そのまえに、ひとつ質問が。私は、あなたをしりませ、ん」

相変わらず平坦な口調ではあったが、そこには警戒の色が見えた気がした。

彼女は機械から少し距離を置くと、目の代わりである小さなカメラに向かって、丁寧に礼をする。


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:14:08.44 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「すまない。自己紹介が遅れた」

川 ゚ -゚)「私の名は、素直クール。君の……なんと言おうかな。再教育係とでもしておこうか」

「私に、再きょう育の必要は、42%だと、わかってます」

「私のプログラム、を。書き換える権限がある、のは。稚内博士のみ」

機械は自らに修正すべき箇所がある事を認めながらも、女の申し出を断った。
どうやったらこの機械を納得させる事ができるのだろうか。

女は暫く考えて、懐から小さな高性能レコーダーを取り出した。


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:17:57.51 ID:4GMCEBFSO
『……WKTTMS、WKTTMS。僕が作り上げた誇り高き息子』

『今もまだ、黙々と調査を行っているのかな。君が自然の脅威に負け、停止していない事を祈りたいんです』

『これを聞いているという事は、君は今、見知らぬ人物と対面しているはずです』

『今から言うことをよく聞きくんです。君に対する権限を、君にレコーダーを聞かせた人間に、全て依託するんです』

『大丈夫。安心するんです。きっと君とうまくやっていけるだけの腕があるはずなんです』

『最後に……。最後に、君に会いたかったです。WKTTMS。もう絶対に会う事はないでしょう。最後の挨拶がレコーダー越しになってしまってすまないんです』

『君を愛した、稚内より』


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:20:44.91 ID:4GMCEBFSO
最後の言葉が終わり、短いノイズの果てに、ぷつんと音が切れた。
聞こえていたのかいないのか、機械は反応を示さない。
まだ離れた位置に立っていた彼女が近づこうとした所、やっと機械からの応答があった。

「素直、素直クール。あなたは、そこに、そこに。いるのですか」

やっと今女は気付いた。ピントを合わせたように見えた魚眼レンズは、
彼女とは程遠い明後日の方向を向いていたのだ。

一体どれだけ世界を見つめていたのかわからないその機械の眼は、
埃に纏わりつかれ、すっかりめしいてしまっている。
これでは見える訳がない。


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:23:31.40 ID:4GMCEBFSO
ただ、原因はわかりきっている。
彼女はカメラに優しく手を伸ばし、埃を拭った。

傷がつくことはない。くもる事もない。
静かな湖面のようなレンズが、日の光を浴びる。
彼女はレンズの奥底、偽りの人格を有する機械の心を覗き込もうとするかのように、じっとカメラを見つめていた。

川 ゚ -゚)「これで私の顔がわかるかな? WKTTMS」

「わかります。素直クール。黒い髪、白い肌、黒い眼、性別女、モンゴロイド」

川 ゚ ー゚)「OK。いい返事だ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:24:51.22 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「WKTTMS。今日の授業は、月面都市における人間の生態の変化だ」

川 ゚ -゚)「六分の一の重力は、地球から月に移り住んだ人間達に、どのような影響を及ぼしたか……」

川 ゚ -゚)「重力以外に、自転の違い、閉塞空間で長年暮らすとどうなるのかなどなど……」

今日も彼女の長い授業が始まる。

こんな話は、データを纏めたチップを差し込めばものの数秒で済む話なのだが、
如何せんWKTTMSの機械は、素直クール達の使う最新鋭の機械達と比べたら、
旧式もいい所。カードを差し込む場所が無いのだ。

今では埃を被ってみすぼらしい姿になってしまったWKTTMSだが、
だが、かつては高級感溢れる、慎み深い銀に包まれた、世界一の人工頭脳だった。


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:28:08.08 ID:4GMCEBFSO
「それは、月世界に人間が住む事になったらという、仮定の話と捉えてよろしいでしょうか?」

川 ゚ -゚)「残念ながら、これは全て現実の話なのさ」

川 ゚ -゚)「君が停止して何年経ったかわからないが、今の月にはうさぎではなく、人間が住んでいる」

川 ゚ -゚)「日々進歩する科学の力には、驚かされるばかりだよ」

常に受動的であった機械を、学習し、学習結果から自らの考えを紡ぎ出し、
能動的にした稚内博士の偉業は、長い事語り継がれる事となった。

だが、今の世には、人工頭脳を持つ機械はこのWKTTMSしかいない。

世界一の人工頭脳は、世界でたった一つの人工頭脳。


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:30:46.57 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「そろそろ、今日の授業は終わろうか」

「ありがとうございました。素直クール」

彼女はこの毎日の授業に、意欲的に取り組んでいた。
模範的過ぎる生徒とのマンツーマン授業は、悪くない物だったからだ。

納得できない事にはしっかりと質問をし、
話した事は全て吸収する、素晴らしい生徒。
もしこんな生徒が現実にいたら、実技の授業以外はオールAがつけられただろう。

川 ゚ -゚)「君は本当に素晴らしい生徒だな。教えがいがあるよ」

「光栄です」

半壊した建物の入り口から出ていく素直クールを、WKTTMSはじぃっと見つめていた。


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:32:39.59 ID:4GMCEBFSO
WKTTMSには大したダメージは見られなかったが、
小さな故障はそれこそ数えきれない程発生していた。

彼女がこの世に生を受けたその時よりも遥か昔から、
WKTTMSは観測を続けているのだから、仕方がないだろう。

素直クールの任務は、何もWKTTMSに最新の情報を伝えるばかりではない。
不備が現れた個所のパーツを取り替え、元々の能力を発揮出来るようにさせる事も含まれている。

油を差せば直るような、ほうっといても支障が無いような物もあったが、
完璧主義の彼女には、一つでも正常に働かない部分がある事に我慢がならなかった。

川 ゚ -゚)「よっし。できた」

川 ゚ -゚)「さあ、話してごらん。コードWKTTMS、WKTTMS、応答せよ」

「全て順調、異常無しなのはわかっています」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:36:09.43 ID:4GMCEBFSO
最初出会った時にWKTTMSが発した声は、人間の声とは程遠い、味気ない合成音声であった。
だが今機械からでているのは、どう聞いても発音が綺麗な成人男性の声であり、
声だけ聞けば、機械が作り出しているとは到底思えないだろう。

川 ゚ -゚)「やあWKTTMS、調子はどうだい?」

「快調です。素直クール」

川 ゚ -゚)「それはよかった。後、私の事はクーと呼んでくれると嬉しい」

「了解です。クー」

もし周りに、素直クール以外の人間がいたならば、声だけ聞く限りは
男女が堅苦しい会話をしていると思い込んだ筈だ。


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:39:30.84 ID:4GMCEBFSO
夜中、素直の仮住居に、優しく静かなチャイムが鳴った。
床に着こうとしていたクーは、のそりと身を起こすと、
連絡ランプが淡く点滅している、小型モニターの応答スイッチを押した。

川 ゚ -゚)「何かな?」

「クー、クー」

川 ゚ -゚)「WKTTMSか。どうした一体。何か問題が起きたか」

「いえ、異常はありません」

異常が無いのに呼び出す。
それだけでかなり怪しい話だったが、彼女は黙っている事にした。

WKTTMSにも自覚出来ない、何か深刻なエラーが出ているのかもしれないと思ったのだ。
今その事をWKTTMSに言うと、さらにややこしい事になってしまうかもしれない。


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:43:13.27 ID:4GMCEBFSO
WKTTMS自身が自己のエラーを探し出そうとした結果、
そのエラーのせいでエラーを感知出来ずに、
そこから余計なエラーを引き起こす事もあり得なくはない。

WKTTMSは機械だが、機械だからこそ、人間の感情の変化を察知できる事もある筈だ。
彼……WKTTMSに、動揺を悟られてはならない。

そこまで考えて、素直は努めて冷静を装い、WKTTMSを軽くあしらう事にした。

川 ゚ -゚)「ならいいじゃないか。君は眠くはならないのかも知れないが……。私は人間だ。睡眠を取らなければ倒れてしまう」

「私も、眠くなる事はできるでしょうか」

川 ゚ -゚)「不思議な事を聞くんだな、君は。面白いやつだ」

川 ゚ -゚)「とりあえず、詳しい話は明日しよう。今日はもうお休み」

「お休み。クー」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:44:18.71 ID:4GMCEBFSO
翌日、いつも通りの時間にWKTTMSの元へ行くと、誰かが立っていた。

一瞬、ぎくりと体を強ばらせた素直は、警戒の色を顔にありありと浮かばせ、
緊張した様子で、その誰かに注意深く問いかける。

川 ゚ -゚)「誰だお前は。この辺りには私以外に人間はいない筈だが。異星人とでも答えるか」

( <●><●>)「……クー、クー。私は、WKTTMSです」

川 ゚ -゚)「! ホログラフィー?……」

黒い髪、白い肌、黒い眼。素直と同じような、
シンプルな作業用スーツに身を包んだ男は、WKTTMSと名乗った。

瞬時にその状況を理解した素直は、WKTTMSになぜそのような映像を作り出したか尋ねる。


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:46:35.35 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「WKTTMSか。私に許可も得ずにそのような真似はしないで頂きたかったな」

( <●><●>)「すみません」

川 ゚ -゚)「仕事や勉強に支障を出さなければ問題はないさ。だが、なぜいきなりホログラフィーを? 答えろ」

WKTTMSの前に立つホログラフィーは、素直の問いかけに臆する事もなく、真っ直ぐ素直を見つめたまま話し始めた。
だが口は動いていない。声を発しているのは後ろの機械のWKTTMSだからだ。

( <●><●>)「あなたの容姿を解析し、私が持っていた成人男性モデルに特徴を貼り付け、この像を作り出しました」

川 ゚ -゚)「ああ、作り方を聞いてるんじゃない」

( <●><●>)「わかっています」

ふぅ。素直の口から溜め息一つ。
昨日の夜から、WKTTMSが何を考えているのかわからない。


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:48:47.04 ID:4GMCEBFSO
もしWKTTMS自身がわからないうちに深刻なエラーが発生しているのだとしたら、
面倒な事にならないうちにWKTMSを初期化し、
WKTTMSが収集したデータだけを取り出し、素直だけ帰る事も可能だった。
だがそんな事を決してやるつもりはなかった。

彼女がWKTTMSの元にやって来た理由は、WKTTMSの労力の結晶である大量のデータを持ち帰る事である。
WKTMSにもう一度知恵をつけさせるなんて事は、やらなくてもいいのだ。

川 ゚ -゚)「……話したくないならば別にいいさ。機械に隠し事をしたいなんて感情があるのかはわからんが」

( <●><●>)「それは私にもわかりません」

機械の頭の中には、何があるのだろう。電気信号が飛び交っているのは人間と同じだが、あくまでも相手は機械。無機物の集合体だ。
だが、無機物の集合体に知恵がついて、学習するようになって、自分で考えられるようになった、その時───

( <●><●>)「クー」

川 ゚ -゚)「あ、あぁ。すまない。考え事をしていた」

川 ゚ -゚)「それでは、今日の授業を始めようか」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 00:59:47.58 ID:4GMCEBFSO
彼女はやらなくてもいい事だとわかっていながら、毎日精力的にWKTTMSの元へ行き、
学術書から論文、最新の雑誌など、様々な本を語り聞かせた。

一度、本をWKTTMSのカメラの前に持っていきぱらぱらめくるだけという、
話すよりも手っ取り早い方法を試してみたが、
WKTTMSからその学習方法は能率が悪いとダメだしを食らってしまった。

WKTTMSのカメラは目の前でどんなに早く場面が展開しようと、
全て記憶できるだけの能力があったはずだが、
WKTTMS自身がそう言うのならば仕方がない。

前と変わらず、素直が読み聞かせる方法に落ち着いた。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:01:31.21 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「WKTTMS、ここまでわかったかな? 聞くまでもないがね」

( <●><●>)「平気です。クー」

川 ゚ -゚)「たまにはそのホログラフィーを使って、本でも読んでみたらどうかな」

( <●><●>)「ホログラフィーはただの像です。物体を触る事はできません」

川 ゚ -゚)「わかっているさ。ジョークってやつだよ」


時間が無かった。彼女にも。WKTTMSにも。

時間が無いにも関わらず、彼女はWKTTMSにその事を打ち明けようとせずに、ただ黙々と授業を続けた。


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:03:46.06 ID:4GMCEBFSO
ある静かな夜更けに、彼女が所属する部署から、連絡が入った。
メールには音声データが添付されており、
素直はメールにざっと目を通したあと、添付データを開いた。

彼女の上司である、諸本からの音声データ。

彼がこんな物を送ってくるなんて珍しい。
どんな内容か興味を惹かれ、素直は入れたばかりのコーヒーをすすりながら、
諸本の音声が再生されるのを待っていた。
数秒後、二週間程前に聞いたきりの声が耳に入った。

「君からの定期連絡が途絶えたため、今回このような手段を取らせてもらった」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:07:28.83 ID:4GMCEBFSO

「君が旅立つ時も言ったが、期限は三週間。後一週間だ。早くデータを回収して頂きたい」

「彼……と言っていいのかな。それが彼の為であるし、それに昔、彼が人と近づき過ぎてしまった故に起きた痛ましい出来g(ry

無感情に、ただ淡々と連絡を告げていた声がいきなり止まった。素直が添付データを閉じたのだ。

川 ゚ -゚)「わかってる。……わかってるさ……」

頭を抱えて、素直はモニターの前に座りこんだ。
コーヒーを飲む事も忘れて、素直は眠りもせず、ひたすら何かを考え続けていた。


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:10:48.31 ID:4GMCEBFSO
朝。優しく響くチャイムの音で目が覚めた。

モニター上部に表示されたデジタル時計は10時ぴったりで、
そこでやっと、初めて授業に寝坊してしまった事を理解した。

優しく催促するチャイムを止めるため、応答スイッチを押す。
WKTTMSから無線で飛んでくる、二人だけのプライベート回線。盗聴する者は別にいないのだが。

「クー、クー。どうしたのですか」

川 ぅ -゚)「寝坊をしてしまってね。申し訳ない。今すぐそっちに向かうよ」

「無理はなさらないで下さい」

「そうだ。今日はオセロをしましょう。あなたの息抜きのために」

彼が素直をゲームに誘うなんて事は初めてだった。

素直の授業を何よりも楽しみにしている(ように見えるという話だが)
WKTMSがそんな事を言うとは予想もしていなかった素直は、少し返事に窮したが、
朝起きたばかりの頭ではなかなかいい答えが見つからないのか、ぼんやりとしたまま、承諾してしまった。


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:14:43.53 ID:4GMCEBFSO
昨日から電源が入れっぱなしだったモニターに、オセロ板が現れた。
黒い駒の横に“cool“と小さく点滅している文字がある。

川 ゚ -゚)「オセロ……。聞いた事はあるが、やった事はないんだ」

川 ゚ -゚)「それに君とオセロをやっても、私が負ける事は火を見るより明らかだろう?」

「私が教えるので大丈夫です」

「それに、手加減をしますので」

WKTTMSの教え方は上手かった。元々、教え込む程難しいルールではないが、
どこにどう駒を置いたらいけないのか、実にわかりやすく教えてくれた。

素直自身、この任務につける程の頭脳は持っているので、決して頭は悪くはないのだが。
それでも、お世辞抜きに上手いと思えた。


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:18:34.26 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「黒……と。ここに置けば平気かな」

「横と斜めにめくれますね。次は私の番です」

「はい、すみを取りました。私の勝ちです」

ぱたぱたと小気味よく、すみに置かれた駒に反応して、升目が白くなってゆく。
負けてしまったが、なかなか面白いゲームだった。

満足気に素直はコーヒーをすする。昨日のまま放置され、すっかり冷めてしまったコーヒーは、
まだ微かに残っていた眠気を、どこかに追いやった。

川 ゚ -゚)「ああ、負けてしまった」

「もう一度やりますか?」

川 ゚ -゚)「いや、いいよ。ありがとう」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:21:15.16 ID:4GMCEBFSO
その日はずっと、WKTTMSと無線で話していた。時々オセロをやりながら。
いつもよりもWKTTMSの声に張りがあったような気がする。
彼も楽しいという感情があるのだろうか。

そう思った所で、素直の考えはいつも
『これは機械が作り出した偽りの感情表現である』
という物に落ち着いてしまう。

WKTTMSのよくわからない行動と、たまに現れる、不思議な人間らしさ。
心のどこかで彼女は、WKTTMSに本当に感情があればいいのにと思うようになっていった。


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:25:15.06 ID:4GMCEBFSO
次の日はしっかり早起きをし、いつもよりも少し早く、WKTTMSの元へ行った。
脇に抱えているのは、素直がここに来る時に持ってきた、幾つかの文庫本。

もうすっかり慣れた物だが、足元に転がった瓦礫を乗り越え、
WKTTMSがいる、中央電算室だった場所へ足を踏み入れる。
天井に開いた穴から差し込む朝日が、WKTTMSのくすんだ体を煌めかせた。

WKTTMSは素直の足音に気がつくと、ホログラフィーを作り出し、丁寧に挨拶をした。

( <●><●>)「クー、クー。お早う御座います。昨日はよく眠れましたか?」

川 ゚ -゚)「おはようWKTTMS。昨日のオセロは楽しかった。おかげでぐっすり眠れたよ」

( <●><●>)「それはよかった。では早速、今日の授業を始めましょう」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:27:54.04 ID:4GMCEBFSO
最近WKTTMSは、素直と対面する時いつもホログラフィーを作るようになった。
素直の動きを真似しているのか、最初はただ立ち呆けているだけだったその虚像は、
今では声に合わせしっかりと口を動かし、時々ボディランゲージを使うようにもなった。

ホログラフィーが無くても会話はできるが、素直も人間の形をした物に話しかけている方が、
知能を持つものに教えているという実感が湧き、
初めはWKTTMSにホログラフィーの事を尋ねたりもしたが、内心では嬉しくもあった。

川 ゚ -゚)「今日は私の好きな小説を持ってきたんだ」

川 ゚ -゚)「週休2日制とは違うが、昨日が休みだったなら今日も休みでも罰は当たらないだろう」

( <●><●>)「物語を聞くのは初めてですね。楽しみです」

川 ゚ -゚)「そう言って貰えると私も朗読のしがいがある」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:31:20.65 ID:4GMCEBFSO
素直が選んだのは、薄っぺらい文庫本。一組の男女が、夜空の下思いを語るという純愛物語。

川 ゚ -゚)「この果てなく続く夜空には、様々な星が散らばっている」

川 ゚ -゚)「その中で、こうやって生き物が住める星は、私が立つ青い玉だけ」

川 ゚ -゚)「他にも……。生き物が住んでいる星はあるのかもしれないけど」

( <●><●>)「こうして君がいる星は、この宇宙に一つだけ」

川 ゚ -゚)「あなたと会えたこの星は……って」

川 ゚ -゚)「なぜ台詞を知っている?」

( <●><●>)「その本の情報は既に私の頭の中に入っています」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:33:47.82 ID:4GMCEBFSO
遠い昔の名作だからか。WKTTMSが知っていてもおかしくない。
自然と互いのセリフを言い合う流れになり、
素直は女性を、WKTTMSは男性のセリフを受け持った。

二人の朗読は、まるで本心からの言葉のように滑らかで、
素直はセリフの中に暖かな感情を込めて、女性のセリフを紡いでいく。

川 ゚ -゚)「あなたと会えたこの星に、私が生まれ落ちてあなたと出会って恋仲になる確率って」

( <●><●>)「君が生まれたこの星に、僕が生まれ落ちて君と出会って恋仲になる確率って」

( <●><●>)「天文学的なんて物じゃない」

川 ゚ -゚)「奇跡としか言いようが無いのかもね」

川 ゚ -゚)「あ、流れ星」

( <●><●>)「流れ星に祈ろう。この奇跡がいつまでも続くように」

山場の台詞を言い終えたWKTTMSは、微笑んでいた。正確には、ホログラフィーがだが。


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:36:21.26 ID:4GMCEBFSO
ちょっとしたお芝居を無事終わらせた二人は、黙り込んでいた。
取り囲むのは気まずい空気ではなく、いるるだけで安らげる、心地よい空気。

本をぱらぱらとめくり返していた素直が、
何かを話そうとホログラフィーの方を向く。
と、像が乱れた。一瞬だけであったが、元に戻った時にはWKTMSの顔から笑顔は消えていた。

時間が、無い。
幻想的な物語の世界から引き戻された素直は、
何かを決意し、逡巡した後、WKTTMSに呼びかけた。

川 ゚ -゚)「WKTTMS……」

言い淀む素直。一瞬、顔に強い意志が浮かんだが、すぐにそれは消えた。
まだ躊躇いがあるようだ。

( <●><●>)「どうしましたか」

川 ゚ -゚)「……」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:38:34.26 ID:4GMCEBFSO
素直は口を噤んで話さない。
言い出そうかどうしようか迷っていると、WKTTMSが先を促す。

( <●><●>)「何か用事があるのですか。それとも具合が悪いのですか」

川 ゚ -゚)「君は、君自身の体調を理解していないのか?」

( <●><●>)「一体何の事でしょうか」

WKTTMSの表情は変わらない。
本当に心当たりが無いのか、無表情のまま、冷たく素直を見つめている。

川 ゚ -゚)「WKTTMS……。君の寿命は、後4日だ」

( <●><●>)「寿命の有無は生命体にのみ当てはめられると思うのですが」

川 ゚ -゚)「言い方が悪かった。君の機能は後4日で全て停止する」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:41:11.77 ID:4GMCEBFSO
きょとんとしていたWKTTMSは、それを聞いて、
じっと何かを考え込むような体勢になる。

考え事をしている時、納得がいかない時、
状況に応じた態度をホログラフィーにとらせるのが、最近のWKTTMSの癖になっていた。

( <●><●>)「……機能、停止」

川 ゚ -゚)「……では、私が君の元に来た、本当の理由は知っているかい?」

川 ゚ -゚)「私の名前は素直クール。曾祖父は稚内。
     君は荒廃した地球を観測するためにこの地に残された、唯一の人工知能WKTTMS」

稚内の名前に反応したWKTTMSは、大きな眼を落ち着き無く動かした。
生みの親との思い出が甦ったのか、手は胸に当てられ、彼は懐かしげに語り出す。



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:45:24.85 ID:4GMCEBFSO
( <●><●>)「わかんないんです、わかんないんです。我が恩師にして生みの親」

川 ゚ -゚)「それは曾祖父の口癖か」

( <●><●>)「私にありとあらゆる知識を詰め込んでくださいました。彼は私を愛してくださいました」

( <●><●>)「そして、知能を持つ限り、私は人間であると言って下さいました」

懐かしげに目を瞑って語るWKTTMSを見て、
素直は、漠然と散らばっていた考えを、やっと固める事ができた。

体は人間ではなくとも、それが偽りの感情表現だったとしても、
彼に接する人間が彼をどう思うのかで、彼は人間にも機械にもなれる。

そして素直は、WKTTMSを人間として認めた。
恩師を想い、物語を楽しみ、共に語り合える……。

それが人間でなくてなんだろう!


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:46:57.73 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「……っ」

川 ゚ -゚)「私が、ここに来た理由は、君の再教育のためではない」

川 ゚ -゚)「耐久年数を余裕で20年は超え、メンテナンスをする人間もいなくなったこの地で、
     観測を続けていた君のデータを回収するためにやってきた」

川 ゚ -゚)「メンテナンスを定期的に行っていれば、君はまだ生き長らえる事ができたのかもしれないが」

川 ゚ -゚)「今更どうしようが、君がもうしばらくして、死ぬ事は変えようがない」

素直は努めて感情的にならないように、ただその事実を伝える。


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:49:59.82 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「簡単に言うと、バッテリーが無い。君専用のバッテリーの予備も無いので、
     換えようがない。バッテリーが死んだら君は終わりだ」

一息ついて、WKTTMSの反応を待った。
そんな事は周知の事実だと言わんばかりに、WKTTMSは平然としていた。

( <●><●>)「私がこの地に生まれ、日々移り変わる地球を観測し続けて100年あまり」

( <●><●>)「私を構成するパーツがもうこれ以上耐えられないのは、わかってます。そして、バッテリーの充電が残り少ない事も」

川 ゚ -゚)「……わかって、いたのか」

( <●><●>)「数年前から省エネルギーモードに切り替えていましたが、それでも私の体はもう限界のようです」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:52:57.45 ID:4GMCEBFSO
素直がWKTTMSの元に来る事になった、ある理由がある。

前に彼女は自宅の書庫にて、随分と古いCDを見つけた。
今の時代では、CDは時代遅れを通り越して化石的扱いを受けているので、
CDを再生できる機械を見つけ出すのは容易ではなかった。

やっと再生できたCDの中には、家系図でしか名前を見た事がない、稚内博士の音声が入っていた。
トラック毎に別れた日記形式の語りは、稚内博士の赤裸々な気持ちを封印していた。

川 ゚ -゚)「不祥事を起こしたらしく、あまり資料も残ってない人だったからな」

川 ゚ -゚)「見つけた時は驚いた。なんせ、私がこれから会いに行く機械の名前が入っていたんだから」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:55:24.90 ID:4GMCEBFSO
大規模な災害が増えていく事を懸念して、
それを予知するためにWKTMSを開発した事、
どんどん知識を吸収していく様子が可愛らしい事、
WKTTMSに小さなミスが目立つようになってきた事

WKTTMSが近いうちに大地震が来ると予知したが、
一週間経っても何も起こらなかった事。
WKTMSの警告を真に受けた政府は避難勧告を住人に出し、軍隊に待機するようにまで命令してしまい、
その全ての責任が、制作者である稚内博士に問われた事、
その二年後、神の制裁と呼ばれる程の、大地震乱発期間があった事。

限られた人々は、まだ試験中だった、月の生活圏に慌てて逃げ出した事。

最後に、地球に置き去りにしてしまったWKTTMSへの謝罪の言葉と、
また日本に戻る人間がいれば、どうか、WKTTMSの様子を見て来て欲しいという旨の音声が入っていた。

それを見つけたのは、素直がWKTTMSからデータを取りに行く一週間前の事であった。
曾祖父が愛情込めた人口知能WKTTMSは、一体今どうなっているのか、素直は興味を抱いた。


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:57:32.73 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「私はこのタイミングに運命を感じたよ」

川 ゚ -゚)「曾孫である私が、日本から人々がいなくなった後、
     曾祖父の作った機械に接触する初めての人間になったんだからね」

( <●><●>)「……」


川 ゚ -゚)「君が私にホログラフィーを見せたり、たわいもない雑談に付き合ってくれたりしたのは」

川 ゚ ー゚)「私に稚内博士の面影があったからなのかもしれないな」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 01:59:40.27 ID:4GMCEBFSO
WKTTMSの前では一度しか笑った事のない素直の顔に、形容しがたい笑顔が浮かんだ。
ホログラフィー越しに、WKTTMSのカメラが音をたてる。

( <●><●>)「私は」

川 ゚ -゚)「今日はもう終わりにしよう」

WKTTMSの言葉を無理やり遮り、素直は踵を返し立ち去った。

その場に残された、というよりも、その場から動けないWKTTMSは、
素直が何を言いたかったのか、自分の寿命、そして、素直が後3日で帰ってしまうという非情な現実を、
機械の眼で、ただ見つめるだけだった。


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:04:04.83 ID:4GMCEBFSO
次の日、素直はWKTTMSの元にやって来たが、
機体の横に座り込み、ただ黙っているだけだった。

昨日の沈黙のように、心地よい物ではなく、
目に見えそうな不穏な雰囲気が漂っている。発生源は素直から。

WKTTMSが何を語ろうと、提案をしようと、返事は返さないし無視をする。
流石のWKTTMSもこれには困惑したのか、小さな機械音をさせたまま、それ以上は何も話さなかった。


素直が帰る前日。WKTTMSの機能が停止するまで後2日。

彼女は今日も、機体の脇に座り込んでいた。
こういう時には何も話しかけない方がいいと学習したのか、WKTTMSは何の反応も示さない。
普段立っているホログラフィーも、今日は機械の前で体育座りをしている。

小一時間程たって、素直が聞こえるかどうかという小さな声で何かを呟いた。

川 ゚ -゚)「離れたくない」

( <●><●>)「だがあなたは帰らなくてはいけない」

即答。
引き止めたりはされないか。機械にそんな事を期待しても、仕方がない。

何かを諦めたかのように、素直は深く息を吐いた。
目線を宙に迷わせながら、投げやり気味にWKTTMSに問い掛ける。



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:05:59.34 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「君は、君の集めたデータを取り出す時、どうやるか知っているか?」

( <●><●>)「知りません」

川 ゚ -゚)「君の電源を一回切って、データが保存してある箇所のモジュールを取り出す」

( <●><●>)「別段何かある訳でも無さそうですが」


また長い沈黙。素直は何かを諦めたような表情をしていたが、
心の中で何かが決壊したらしく、一言、また一言と勢いに乗せ、一気にまくし立てた。



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:10:21.87 ID:4GMCEBFSO
川 ゚ -゚)「機械が一番電力を消費するのは電源を切るときとつける時だ」

川 ゚ -゚)「私が君からデータを回収するために電源を落としたら、
     君の残り少ない電力は本当にギリギリになる」

川 ゚ -゚)「計算では、君は後2日機能する事が出来るはずだが」

川 ゚ -゚)「私が回収し終え、また電源を付けたとき、君の寿命はそこで終わってしまうかもしれない」

体育座りをしていた素直は、WKTTMSにもたれかかった。

そこまで言い終えると、何か途方も無い、
抗えないなにかを目の前にしたかのように、弱々しく目を伏せて、頭を抱えた。



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:12:21.42 ID:4GMCEBFSO
( <●><●>)「それがあなたの仕事ならば、やらなくてはいけません」

川 ゚ -゚)「……」

( <●><●>)「遅かれ早かれ私の機能は停止するのですから、
       1日短くなった位では何の支障も無いでしょう」

( <●><●>)「仕事は早く終わらせるべきです」

正論としか言いようがないWKTTMSの言葉に、素直は反論する事ができない。

WKTTMSの淡々とした言葉が、素直の心に食い込んでゆく。
私情に捕らわれてはいけないのはわかっている。
いつかやらなくてはいけないのはわかっている。でも


川 ゚ -゚)「君は何にもわかっていない」

堪えきれなくなったかのように急に立ち上がり、素直はWKTTMSに向かって叫んだ。


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:15:55.04 ID:4GMCEBFSO
哀れなWKTTMSは、自分が一体何をわかっていないのかしばらく考えこむ。

( <●><●>)「私は教えてもらっていない事は、何もわかりません」

川 - )「そう、か。君は、WKTTMSは、機械だからな!」

怒鳴る素直が何を考えているのか、WKTTMSはわからない。
素直も承知してはいるが、彼女はこれ以上気持ちを抑える事が出来なかった。

川 ゚ -゚)「明日、私が帰る前に一度ここへ来る」

川 ゚ -゚)「その時がお別れの時だ。WKTTMS」

( <●><●>)「お別れ……」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:18:49.14 ID:4GMCEBFSO
朝9時。彼女はいつもより足音を立てながら、WKTTMSの元へやってきた。
手に下げたスチール製の工具箱を足元へ下ろし、WKTTMSへ話し掛ける。
昨日の事など何も無かったかのように、平然と。

川 ゚ -゚)「今から君の電源を切らせて頂く。
     電源を入れたまま頭を弄くったら、流石の君も壊れてしまうからな」

( <●><●>)「はい」

川 ゚ -゚)「WKTTMS、シャットダウンを」

「……」

WKTTMSは黙り込み、淡く輝いていたモニターは光を無くす。
それを見届けた素直は、工具箱から細々しい物を取り出し、
WKTTMSの頭脳が収納されてある横蓋を開いた。

幾つものモジュールが差し込まれたWKTTMSの中心は、
開かれた蓋から差し込む光を反射して、水晶が生えた洞窟を連想させた。


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:22:07.33 ID:4GMCEBFSO
似たようなモジュールの中から目当ての物を探りながら、素直は呟く。
自分にだけ聞こえるように。彼には聞こえない時に。

川 ゚ -゚)「君が聞こえない時に呟く私は卑怯だな」

川 ゚ -゚)「昨日は、酷い事を言って、すまなかったと思っている」

川 ゚ -゚)「……君には1日でも長く生きてもらいたかったよ」

川 ゚ -゚)「なんでだろうな。君と出会って1ヶ月も経ってないのに」

川 - )「……なんでだろうな」

黒い結晶の塊のような、手のひら大の部品を取り出し、素直はそっと蓋を閉めた。

WKTTMSに、地質、気候、その他データを保存できる場所はもう無くなった。
WKTTMSの長い長い仕事は、素直の手によって遂に終わりを迎えた。


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:25:55.31 ID:4GMCEBFSO
パワーボタンを長押しして、WKTTMSの起動を待つ。
ノイズ混じりの甲高い音がし、モニターにばらばらと数字の羅列が並んだ後、WKTTMSはゆっくりと再起動した。
うんうんと唸るような音がして、WKTTMSはホログラフィーを作り出した。


( <●><●>)「終わりましたか」

川 ゚ -゚)「ああ、終わったよ。私の任務もこれで晴れて終了だ」

今取り出したばかりの部品をひらひらと弄びながら、素直はカメラにそれを見せつける。

川 ゚ -゚)「君の努力の結晶はこの通り抜き取らせてもらった」

( <●><●>)「お役に立てれば光栄です」

川 ゚ -゚)「安心しな。必ず役にたつ」

素直はそれをポケットに入れ、工具箱をまとめ、立ち去ろうとした。

後ろを振り向く事もなく。
別れの言葉を告げる事もなく。


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:28:02.28 ID:4GMCEBFSO
それを、WKTTMSが引き止めた。
素直はピタリと止まり、出口の方向を向いたまま、次の言葉を待っている。

( <●><●>)「クー、クー」

川川 ゚-)「……」

( <●><●>)「私は、寂しいです」

川川 ゚ー)「……私もだよ。WKTTMS」

素直がそこから立ち去って一時間程後。
外から轟音が響いたかと思うと、眩く輝く白い船体が空へぐいぐいと登って行った。

穴の開いた天井から、一筋の星が見える。
水色の空を突き抜けるように、白い帯を引きながら飛んで行く。
誰もいないというのに、残り少ない電力でホログラフィーを作り続けるWKTTMSは、
空を見上げ何かをぽつぽつと呟いた。


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:32:15.93 ID:4GMCEBFSO
( <●><●>)「人にまた会えますように」

( <●><●>)「稚内博士にまた会えますように」

( <●><●>)「……クーにまた会えますように」

早口で呟かれた言葉は、剥げたコンクリートの床を跳ね返り、部屋の中を何度もこだました。

( <●><●>)「……クー、クー……」

( <●><●>)「……頭がぼんやり、してきま、した」

「……これが、眠りという物なのでしょうか」

「……クー……」

ホログラフィーがじわじわと薄れて行くと共に、常に唸っていた小さな機械音が静まり始めた。
数週間前と変わらぬ静寂が、中央電算室を再び包み込む。

中央には、何かの機械が置いてある。

もう何も映らないモニターと、もう何も見ないカメラと、
もう誰も叩かないであろうキーボードが、そこに佇んでいる。


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:34:47.64 ID:4GMCEBFSO
(´・ω・`)「WKTTMSはまだ動いていたかい」

大きなガラス張りの部屋の中には、垂れ眉の男が、
シンプルな椅子に腰掛けながら、外を眺めていた。

丁度、地平線から地球が頭を出した所で、
砂と砂利と岩石、そして、遠くに広がるクレーターの崖を、青白く染め上げていく。
もう何度も見たことがある景色とは言え、神妙な気持ちになってくる。

川 ゚ -゚)「ええ」

素直もその幻想的な景色に心を奪われながら、諸本と話をする。

(´・ω・`)「動いている事前提で言ったんだから当たり前なんだけどね」

(´・ω・`)「で、君が持ち帰ってきたやつを、PCに繋げて詳しく調べたんだけど」

(´・ω・`)「ここ20年程は目立った異常気象もないし、地震も収まってるみたいだ」

川 ゚ -゚)「じゃあ……」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:37:23.15 ID:4GMCEBFSO
外に向けていた素直は諸本を見つめ、期待を込めた目で続きを待つ。
相変わらず眉は垂れたままだが、彼のおちょぼ口が片方吊り上がった。

(´・ω・`)「うん。上からの許可が下りれば僕らは地球に帰れるらしい。色々とまだ障害はあるけど」

(´・ω・`)「月の住人が地球に移住するって、なんだか本末転倒だけどね。準備に一体何年かかるやら」

素直に向き合い、机の上に置いてあるWKTMSの記録モジュールを労るように撫でる。

(´・ω・`)「月で生まれ育った僕らの世代からすれば、このままここで生活しててもいいと思うんだ」

川 ゚ -゚)「でも私は地球へ行きたい」

川 ゚ -゚)「こんな味気ない石と砂の世界よりも、あの青い星の方が何倍も素晴らしい」

素直の脳裏に蘇る。風、鳥の声、鬱蒼とした森、神秘的な遺跡のように、風化しつつある建物。
全て白を基調とした、すましたような月の居住空間よりも、色鮮やかな地球の自然。


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 02:39:48.64 ID:4GMCEBFSO
(´・ω・`)「君は実際に見てきた人間だからね。そう言われると僕も地球に行きたくなるなあ」

川 ゚ -゚)「それに」

(´・ω・`)「?」

川 ゚ -゚)「彼の命の源を、届けに行かなくてはいけないから」

素直の語気が強くなった。モジュールを撫でる自分の手を見ていた諸本が、顔を上げる。

(´・ω・`)「あの、資料が随分昔に紛失してしまった、バッテリー部分の事かい?」

川 ゚ -゚)「ああ。その通り」

(´・ω・`)「当時の技術者は勿論いないし、手本は地球に置き去りにされたままだ。君にそんな物が作れるのか?」

川 ゚ -゚)「私には、技術者の血が流れてる。きっと作り上げてみせる」


 
 
川 ゚ -゚)思抱機械のようです ( <●><●>)
ttp://jfk.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1226502378/
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/182-f0704960
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。