長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川 ゚ -゚)从 ゚∀从 海へ向かうようです 【バイト編】 

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:22:17.84 ID:ScHZzxhaO
9、おっぱいには夢が詰まっとるんです

川 ゚ -゚)从 ゚∀从「おはよーございまーす」

(,,゚Д゚)「やー、おはよう。昨日はよく休めたかい?」

从 ゚∀从「はい、ばっちりです」
川 ゚ -゚)「で、ギコ兄ちゃん、今日は何か手伝うこととかある?」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:25:08.59 ID:ScHZzxhaO
(,,゚Д゚)「いや……渡辺さんがいるから今日は……」

从 ゚∀从「あー、それなんすけど……」

(,,゚Д゚)「ん?」

从 ゚∀从「昨日あのあと、父さんにメールしたんですよ。『母さん見つかったよ』って写メ付けて」
(,,゚Д゚)「ほほう?」

从 ゚∀从「したら母さんを迎えに来ると言っててですねえ……朝一でこっちに着くらしいです」

(,,ーДー)「……で、そのまま帰るって?」

从;゚∀从「すみません……」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:28:12.74 ID:ScHZzxhaO
(,,゚Д゚)「そういうことなら、今日から入ってもらって良いかな?」

从 ゚∀从「はい!」

川 ゚ -゚)「さて、そこで問題なのがコスチュームです」

从;゚∀从「っうぉ!! って、え?コスチューム?」

(,,゚Д゚)「あー、そうだった」

(,,゚Д゚)「お隣りの荒巻さんね、あっちは女の子をターゲットにして商売してんの」

从 ゚∀从「ああ、だから都会ボーイズを雇ったんすね(店名でドン引きだけど)」

川 ゚ -゚)「ギコ兄ちゃんは家族連れを狙ってるからね、誰でも雇うんだけど」

(,,゚Д゚)「ここの浜はサーフィンも出来るんだよ。だから最近は若い男性客が多くてね」

(*゚ー゚)「でも男のコは荒巻さんのとこの女性客狙いで皆あっちにはいっちゃうから」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:31:46.74 ID:ScHZzxhaO
从;゚∀从「うおっ!」

(,,゚Д゚)「しぃ!」

(*゚ー゚)「これ、モララーさんからお土産ですって。渡辺さんからも手紙預かってきたわ」

(,,゚Д゚)「そうか……」

从 ゚∀从「(きっと父さん、すげえとろけた顔だったんだろうなあ……)」

川 ゚ -゚)「そこで、コスチュームの話に戻るわけだ」

(,,゚Д゚)(KY)

(*゚ー゚)(KY)

从 ゚∀从(KY)

川 ゚ -゚)「むう」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:34:38.34 ID:ScHZzxhaO
(*゚ー゚)「で、まああっちが女性客で来るなら、こっちは女性店員だぞと、いうこと、でっ!」

从 ゚∀从「うわあ……(メイド、猫耳、女王様、体操服にスク水……)」

川 ゚ -゚)「あ、ごめんしぃ姉ちゃん。私たち自分の水着あるから」
(,,゚Д゚)「水着?」

川 ゚ -゚)「前から見たら裸エプロンにも見える水着」

(,,*゚Д゚)「……うん、それは……良いなあ」

(# ー )「ギコ、君……?」

<シィ、シィゴメンッテ、チョッ、イタイイタイ!!

川 ゚ -゚)「失言って怖いなあ」

从;゚∀从(お前が言うなよ……)


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:37:05.75 ID:ScHZzxhaO
川 ゚ -゚)「というわけでビキニです」

从 ゚∀从「ハイレグです」

川 ゚ -゚)「どうよ?」从 ゚∀从
  _
( ゚∀゚)o彡゜「何をしにきた」
从 ゚∀从「冷やかしです」

川 ゚ -゚)「客引きです」
  _
( ゚∀゚)o彡゜「いや、帰れよ」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:39:10.29 ID:ScHZzxhaO
从 ゚∀从「しっかし凄い店だな」

川 ゚ -゚)「ピンクと白のオサレシーハウスだな」

('A`)「いや、そこは海の家で良いだろJK」

川 ゚ -゚)「女子高生?」

从 ゚∀从「あ、カルビの人」

('A`)「ドクオっす。……ジョルジュ、なんで腕ふってんの?」
  _
( ゚∀゚)o彡゜「そこに良いオッパイがあるから」

川 ゚ -゚)「 私 か !!」

从 ゚∀从「うっせえ黙れ!」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:41:40.78 ID:ScHZzxhaO
  _
( ゚∀゚)o彡゜「ていうかなんでお前はそんな冷静なんだよ!」

('A`)「ぶっちゃけ幼女以外どうでもいい」

川 ゚ -゚)「 オ タ ク か !!」
从 ゚∀从「ならこれならどうだ!」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:44:12.19 ID:ScHZzxhaO
川;゚ -゚)「な……体操服、だと……!?」

从*゚∀从「ドクオお兄ちゃん、一緒に運動しよう?」

从 ゚∀从「……とか言っ」

('A`)「不覚にもおっきした」
  _
( ゚∀゚)o彡゜「抜いてこい」

('A`)「三次元に萌えるなんて……」ウツダシノウ

川 ゚ -゚)「ぱふぱふしてやるから元気出せ」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:46:23.01 ID:ScHZzxhaO
10、スイカは真ん中だけ食べたい

川 ゚ -゚)「おーいDTコンビー」

/ ,' 3 「おやクーちゃんにハインちゃん、あの二人ならちょうど今から休憩だよ」

川 ゚ -゚)「おっぱいばっか見てんじゃねーよクソジジイ(ありがとうございます、荒巻さん)」

从;゚∀从「逆、逆!!」

川 ゚ -゚)「わざとだよ!」

/ ,; 3 「……」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:48:40.00 ID:ScHZzxhaO
('A`)「なんの用?」

川 ゚ -゚)「ギコさんからスイカを貰ったんだ」
  _
( ゚∀゚)「で?」

从 ゚∀从「スイカ割りしようぜスイカ割り!!」

('A`)マンドクセ

川 ゚ -゚)「これは決定事項なので覆せません。ざーんねーんぷー」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:50:49.64 ID:ScHZzxhaO
この辺のスイカ割りは激しい。
時に死人が出るほど激しい。
まずジャンプボール。運が悪ければここで死ぬ。

しかしそこから先は何でも有り、言わばバトルロワイヤル。
昔はそれでおっぱいたゆんたゆんな女子を泣かせまくったもんじゃわい。
特にミス・スイカップは凄かっ…え?もういい?>/ ,' 3

  _
( ゚∀゚)「アクシデントが起こっても文句は言いっこ無しだぜ?」

川 ゚ -゚)「それはこっちのセリフだ」

(,,゚Д゚)「おっし、じゃあジャンプボールなー」

(*゚ー゚)「頑張ってねー!」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:53:38.64 ID:ScHZzxhaO
  _
( ゚∀゚)ノ「うおおおお!!(たゆんたゆん!たゆんたゆん!!)」

从 ゚∀从ノ「おおああああ!!!!」
べち


  _
ヽ(゚∀゚ )スカ Σ从 ゚∀从ノΞΞΞΞ○Σ('A`)マンドクセ…!?

   _
ヽ( ゚∀゚)アレ Σ从;゚∀从ノΞΞΞΞ○)A`)ノヒドイ


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:55:45.31 ID:ScHZzxhaO
川 ゚ -゚)「まあ、こうなるのは半分くらいわかっていた」
  _
( ゚∀゚)「だったらやろうとか言うなよ」

ゴメン从 ゚∀从ノ(メA`)イタイ

(,,゚Д゚)「スイカ切れたぞーゴルァ」

川 ゚ -゚)「食べさしだけどあげる」

从#゚∀从「きちんと全部食べなさい!」

('A`)「うめー」
  _
( ゚∀゚)「丈夫だな、お前」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 01:58:05.21 ID:ScHZzxhaO
11、ごはんはおいしく食べたい

川 ゚ -゚)「いらっしゃいまげぇ」
  _
( ゚∀゚)「よーっす」

从 ゚∀从「クー、挨拶は最後まげぇ」

('A`)「焼きそばとビール下さい」

川 ゚ -゚)「無いです」
  _
( ゚∀゚)「焼鳥と…」

川 ゚ -゚)「ないです」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 02:01:02.82 ID:ScHZzxhaO
('A`)「じゃあテイクアウトは?」

川 ゚ -゚)「焼きそばとビールでよろしいですか?」
  _
( ゚∀゚)「店内で…」

川 ゚ -゚)「無いです」

(,,゚Д゚)「こら!クー、お客さんに……まいっか」

从 ゚∀从「お帰りはあちらです」
  _
( ゚∀゚)「ひどい店だ」

(*'A`)「焼きそばうめえ」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 02:19:37.13 ID:ScHZzxhaO
12、海辺の天使は小麦色とか

川 ゚ -゚)「まあ、小麦色ってかソース色なんだけどね」

从 ゚∀从「イカ焼きながら何ひとりごと言ってんだよ」

川 ゚ -゚)「いや、片翼の」

从 ゚∀从「やっぱ言わなくて言いです」
  _
( ゚∀゚)「なー、かき氷買ってよ」

川 ゚ -゚)「イカ焼き買ってよ」

('A`)「タコ焼きは?」

从 ゚∀从「無いです」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 02:24:57.10 ID:ScHZzxhaO
川 ゚ -゚)「しかし売れない」
  _
( ゚∀゚)「だからかき氷買ってってば」

川 ゚ -゚)「仕方ない……ハイン!」

从//∀从「ソースこぼれちゃうよぉ……っん、おっきくて、はっ、熱い……」

('A`)「イカ焼き10個下さい」

川 ゚ -゚)「まいどー」
  _
( ゚∀゚)「なん……だと……」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 02:28:23.30 ID:ScHZzxhaO
川 ゚ -゚)「うちは歩合制なんでな。悪いがなりふりかまっていられないんだ」
  _
( ゚∀゚)「な……お前らそれで良いのか!?」

从 ゚∀从「やー、金のためなら」

('A`)「ビールに合うわ、このイカ」
  _
( ゚∀゚)「お前は仕事をしろ」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 02:34:45.18 ID:ScHZzxhaO

从 ゚∀从「ほら、ジョルジュにも売ってやるから」
  _
( ゚∀゚)「いらねえよ」

川 ゚ -゚)「あ、かき氷にビールかけたのひとつ」
  _
( ゚∀゚)「ねえよ」

从 ゚∀从「……ドクオ、俺にもビール一本くれ」

('A`)「ほらよ」

(,,゚Д゚)/ ,' 3 「まじめに仕事しろ」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 02:43:23.61 ID:ScHZzxhaO
13、キャンプとかは夜が楽しいよね

(今日は荒巻さんちでお泊りです。)

川 ゚ -゚)从 ゚∀从「おじゃましまーす」

/ ,' 3 「おお、よく来たの。じゃあまあ奥の部屋は自由に使っていいから」

川 ゚ -゚)「はーい」

从 ゚∀从「ありがとうございまーす」

('A`)「おー、来たか」
  _
( ゚∀゚)「じゃあ始めるか」

川 ゚ -゚)「電気消しまーす」

('A`)「ろうそくつけまーす」

从 ゚∀从「話しまーす」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 03:01:37.37 ID:ScHZzxhaO
从 ゚∀从の話

从 ゚∀从「昔あるところにな、仲の良い家族がいたんだ。」

‥‥

ある日、母親が古い鏡を買った。
どこかの貴族が使っていたようなその鏡を、母親はいたく気に入ったらしく、いつもそれを近くに置くようになった。

それからしばらく経ったある日に、子供がいなくなった。
次の日に、父親が消えた。そして母親の周りにいる人は次々に消えていった。
人々は気味悪がって、母親と彼女の住む家に近寄らなくなった。

それから数年経って、一人の子供がその家の近くで行方不明になった。
近所をくまなく探しても見つからず、子供の親は遂にその家を訪ねることにした。

‥‥

(;'A`)「それで、ど、どうなったんだ?」

从 ゚∀从「見たんだよ」

川;゚ -゚)「……なに、を?」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 03:09:23.19 ID:ScHZzxhaO

从 ∀从「初めは、薄暗い部屋の中で微かな音が聞こえるだけだった」

从 ∀从「次第に目が慣れてきて……最初に、人形だと思った」

从 ∀从「でも、それは動いた。ぺしゃ、ずちゃ、って音を立てながら近づいて来て……」

从 ∀从「そして……」
  _
(;゚∀゚)川;゚ -゚)(;'A`)

从 ゚∀从「わああっ!!!!」
  _
(;゚∀゚)川;゚ -゚)(;゚A゚)「うわああああ!!!!」

从 ゚∀从「そんな感じ」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 03:14:07.76 ID:ScHZzxhaO
川 ゚ -゚)「……え」
  _
( ゚∀゚)「それで終わり?」

从 ゚∀从「や、その人形っぽいのは生皮はがれた行方不明になった子供でな?
そのあと子供の皮を被った――」

('A`)「や、良いですもう良いです本当に」

川 ゚ -゚)「じゃあ次ドクオなー」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 03:20:53.90 ID:ScHZzxhaO
('A`)の話

('A`)「あー、母ちゃんにオナニー見られた」

从 ゚∀从「よくある話だ」
  _
( ゚∀゚)「どこが怪談?」

('A`)「自縛オナ中でキャラの名前を呼びながらイきそうなときに……」
  _
( ゚∀゚)川 ゚ -゚)从 ゚∀从「……」

('A`)「次の日、両親のハメ撮り写真をいただきました」

川 ゚ -゚)「それは怖い」
  _
( ゚∀゚)「これは怖い」

从 ゚∀从「まさに怪談」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 03:28:39.02 ID:ScHZzxhaO
川 ゚ -゚)の話

川 ゚ -゚)「といっても怖い話なんてなあ……」
  _
( ゚∀゚)「無いの?」

川 ゚ -゚)「クマーに襲われた人の話と、あるペンションに強盗が入った話と、
gthmに襲われかけた人の話の内どれが良いよ?」

从 ゚∀从「それ全部北海道のおじさんの話じゃん」
  _
( ゚∀゚)「実話かよ!」

('A`)「gthmに襲われかけるとか……こえー」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 03:48:28.70 ID:ScHZzxhaO
>109
从 ゚∀从「自分を探しに来た両親の足元まで、子供は這っていった。
皮が無くなっていても、親には我が子だと分かったんだろうな。
急いで病院に連れていけば助かるかもしれない。
そう思って親は子供を抱えようとして、ふと部屋の奥を見た。
そこには子供がいた。
全身が血まみれで、自分の手についた血を一心不乱に舐めていた。
親は思わず子供の身体を落としてしまう。
その音に反応して、我が子の皮を被ったなにかがこちらを向いて――目が合った瞬間に、ぞっとするような笑みを浮かべたんだ。
親は、どうしたと思う?

逃げたんだよ。我が子を置いて。
子供を捨てて逃げて、そのうち気が狂って夫婦で互いに殺し合いしてな。
鉈やら包丁やら鋸やら持ち出して、部屋中が赤く染まったんじゃないかな。
でも、様子を見に行った知人が見付けたのは骨だけだった、っていう話だ。
殺し合いから発見までに、さて何があったのかねえ?
って話だ」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 03:59:10.54 ID:ScHZzxhaO
川 ゚ -゚)「んー、あ」

从 ゚∀从「怖い話あったか?」

川 ゚ -゚)「ハイウェイの悪魔の話だけどな。

そうだな、もう何十年前になるか……」

‥‥

その頃、とある高速道路の一部の区間に『悪魔』が出るという噂があったんだ。
真っ赤な髪に真っ赤な目、赤い衣のそいつは夜な夜な高速道路を駆けていた。
エンジンも、タイヤも使わずに鍛え上げた自らの足のみを使って自動車やバイクに喧嘩を売り、
売った喧嘩にはことごとく勝利。
敗者は二度と高速に乗れないほどのトラウマを負ったという。


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 04:06:33.46 ID:ScHZzxhaO
从 ゚∀从「ちょっと待てそれって」
  _
( ゚∀゚)「そいつはどうなったんだ!?」

川 ゚ -゚)「ん、ちょっと待て。順を追って話すから」
‥‥
そんな事が続いて、とうとう誰もその区間を使わなくなってしまった。
そんなある日、一人の男が何も知らずにそこを通ってしまう。
悪魔は当然喧嘩を売るが、男は取り合わない。
それどころか、車を止めてしまった。
それを見て悪魔は怒り狂った。

‥‥

∩'A`∩「終わった!?」

从 ゚∀从『もう少し』


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 04:12:01.21 ID:ScHZzxhaO
‥‥
男は悪魔に向かって言った。
「まあ、隣に乗ってみてくださいよ。意外に快適ですから。
それにあなたとは、ゆっくり話してみたいです」

その日から、ハイウェイの悪魔は姿を消したんだ。

‥‥

从 ゚∀从「やっぱりお前の両親の馴れ初めかよ」

川 ゚ -゚)「すまん」
  _
( ゚∀゚)「クーの母さんがハイウェイの悪魔?」

川 ゚ -゚)「そうだよ」

∩'A`∩「終わったの!?ねえ、終わった!?」

从 ゚∀从「終わったよー」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 04:29:59.07 ID:ScHZzxhaO
  _
( ゚∀゚)の話
  _
( ゚∀゚)「さて、次は俺の番だな」

川 ゚ -゚)「ごめん、もう眠いから寝る」
  _
( ゚∀゚)

('A`)「あ、俺もそろそろ寝ないと明日やばい」
  _
( ゚∀゚)

从 ゚∀从「あー、まあ明日も早いしな。おやすみ」
  _
( ;∀;)


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 04:32:53.78 ID:ScHZzxhaO
从 ゚∀从「……俺は聞くからさ」
  _
( ;∀;)ダッテ…ミンナニハナシタカッタノニ


从 ゚∀从「そのくらいで泣くなよ」
  _
( つ∀と)ナイテナイ

从 ゚∀从「泣くなって」

(;'A`)ゴメン

从 ゚∀从「良いからお前らは寝とけ」

川 - 。-)zzz


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 04:40:32.22 ID:ScHZzxhaO
最終話、最後の夜とかお別れってなんか清々しいよね!

从 ゚∀从「はあ……」
  _
( ゚∀゚)「……明日でバイト終わりか……」

('A`)「寂しいな……」

川 ゚ -゚)「来年も来れば良いじゃないか」
  _
( ゚∀゚)「それまでに忘れてたらどうするんだよ!」
从 ゚∀从「……忘れないけどな」

('A`)「まあ、忘れないな」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 04:44:44.51 ID:ScHZzxhaO
  _
( ゚∀゚)「そもそも、何で誰も携帯持ってないんだよ!」

川 ゚ -゚)「固定電話で用が足りるから」
  _
( ゚∀゚)デスヨネー

从 ゚∀从「まあ、隣町なんだしまた会えるかも知んないじゃん!」

('A`)「一度出来た縁っつーのは意外に強いんだって」
  _
( ゚∀゚)「わあ、みんなポジティブ!!」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 04:49:56.32 ID:ScHZzxhaO
川 ゚ -゚)「ま、人生なんてそんなもんだよ」

从 ゚∀从「それに俺は帰りの高速が怖いし」

('A`)「なんで?」

从 ゚∀从「クレイジーなんだよ」
  _
( ゚∀゚)「みんな超ドライ!」

<ハインチャーン、クーチャーン

从 ゚∀从「あ、しぃさんが呼んでる」

川 ゚ -゚)「ほんとだ、何だろ?」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 04:53:23.70 ID:ScHZzxhaO
(*゚ー゚)「ごめんね、休憩中に。これ買ってきて欲しいのよ」

从 ゚∀从「いいっすよー」

川 ゚ -゚)「しぃ姉ちゃん、松風かりて良い?」

(*゚ー゚)「良いけど……運転できるの?」

从 ゚∀从「あ、俺が二輪転がせるんで」

(*゚ー゚)「そう。気をつけてね」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 04:58:15.16 ID:ScHZzxhaO
60km/h(二人乗り)

从 ゚∀从「……なー、クー!!」

川 ゚ -゚)「なんだー!?」

从 ゚∀从「ジョルジュー! 泣いてたなー!!」

川 ゚ -゚)「そうだなー!!」

从 ゚∀从「クー!?」

川 ゚ -゚)「なんだー!?」

从 ゚∀从「……二輪は風がすごいなー!!」

川 ゚ -゚)「そうだなー!」


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 05:02:20.08 ID:ScHZzxhaO
从 ゚∀从「しぃさん、買って来ましたー!!」

(*゚ー゚)「ありがとう、二人とも」

川 ゚ -゚)「でもなんでそんなもの…」

(*゚ー゚)「今日が最後だからついでに、ね」

(,,゚Д゚)「今日は早めに上がって良いぞゴルァ」

川 ゚ -゚)从 ゚∀从「…………」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 05:07:32.52 ID:ScHZzxhaO
―夜 海岸―
  _
( ゚∀゚)「なー、何で俺たち呼ばれたん?」

('A`)「明日早いから早めに寝たかったんだけど……」

川 ゚ -゚)「ふっふっふ……」

从 ゚∀从「これを見てもそれを言えるのかな?」
  _
( ゚∀゚)「な……」

('A`)「花火?」

从 ゚∀从「しぃさんが最後の夜の思い出にって、買ってくれたんだ」

川 ゚ -゚)「盛大に行こう。明るくな、明るく」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 05:13:20.86 ID:ScHZzxhaO
川 ゚ -゚)「うりゃー」
  _
(;゚∀゚)「ちょ、こっち向けんなww」

('A`)「蛇花火行きまーす!」

川;゚ -゚)「うわあああ!」

从 ゚∀从「くらえ、二刀流じゃー!!」
  _
( ゚∀゚)「ならばちんこ花火で迎え撃つ!」

('A`)「ちょwwちwんwこww」

川 ゚ -゚)「股間からww火が噴き出てるwww」

从 ゚∀从「ジョルジュww」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 05:16:42.64 ID:ScHZzxhaO
从*゚∀从「あー笑った笑った」

('A`)「んー……だいたいやり尽くしたみたいだな」

川 ゚ -゚)「おー……あ」
  _
( ゚∀゚)「線香花火?」

川 ゚ -゚)「うん」

从 ゚∀从「いっぱいあるな」

('A`)「……やるか」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 05:22:38.32 ID:ScHZzxhaO
川 ゚ -゚)「……短い間だったけど、色々あったな」

('A`)「そうだな」ア、オチタ

从 ゚∀从「そういえばジョルジュに、お前初日にすげえ煽って来てただろ。出会う前」オチタ
  _
( ゚∀゚)「あー……あんときはすまんかった」

川 ゚ -゚)「もう気にしてないさ」ア

('A`)「ハイン、母さん見つかって良かったな」ツギコソハ

从 ゚∀从「……うん。帰ったら惚気られそうだけど」


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 05:29:47.03 ID:ScHZzxhaO
  _
( ゚∀゚)「……なあ」アックソ

川 ゚ -゚)「なんだ?」ムウ

('A`)「どうした」アッ

从 ゚∀从「トイレか?」アア
  _
( ゚∀゚)「また、皆で集まりたいな」

「………」
  _
( ;∀;)「皆で……こうやって……」

川 ; -;)「馬鹿だなジョルジュ、こんなことで泣くなよ……」

(;A;)「そういうクーだって泣いてるじゃん……」

从 ;∀从「ドクオも泣いてるし……」
  _
( ;∀;)「ハインもないてるじゃんか」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 05:32:45.01 ID:ScHZzxhaO
「これが最後か?」

「みたい」

「じゃあさ、この線香花火が落ちなかったら皆また会えるってことにしようぜ」

「なんだよ、それ」

「願掛けだって。ほら、火ぃ着けるぞ……」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/02(日) 05:34:32.01 ID:ScHZzxhaO


    川 ゚ -゚)从 ゚∀从 海へ向かうようです END


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/161-0bf50d5e
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。