長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロー ハロー ハロウィンのようです  

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 03:17:52.26 ID:Lie/flt50

 大学の生協にて、ハロウィンセールが始まっていた。
 商品を買うとき「トリック オア トリート」と言えばチロルチョコが貰えるそうな。

(,*゚Д゚)「と、トリックオアトリート」

('、`*川「はーい」

 大学生といえば二十歳を過ぎている者が多く、一般的には子供ではない。
 それでも生徒たちは、恥ずかしそうにしながらお菓子をねだっていく。

 ハロウィン。
 その日、大きな体をしたカボチャたちが、生協で列を作っていた。




392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 03:19:28.91 ID:Lie/flt50



 ハロー ハロー ハロウィンのようです





394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 03:22:01.05 ID:Lie/flt50

 「単位やばいんだよねー」モララーは長机に頬杖をついて言った。

( ・∀・)「あと20単位くらい取らないと3年に上がれないんだよ」
  _
( ゚∀゚)「お前遊びすぎなんだよ」

 横に座っているジョルジュが、携帯を開きながら言った。
 モララーは反論する気も無さそうで、トートバッグから時間割表を取り出し、次の授業を確認し始めた。

(*゚ー゚)「あ」

 二人の様子を黙って見ていたしぃが、突然声を上げた。

(*゚ー゚)「そういえば今さ、生協でハロウィンセールやってるよ」
  _
( ゚∀゚)「何それ」

 ジョルジュは携帯をポケットにしまい、顔を上げた。

(*゚ー゚)「トリックオアトリートって言えば、お菓子貰えるんだってさ」

 「ふーん」とジョルジュは気のない返事をした。

( ・∀・)「単位くれるんなら言ってもいいけどね」

(*゚ー゚)「勉強しなよ」

 冗談めかして言うモララーに、しぃがぴしゃっと言いつけた。
 けらけらと笑いながら、モララーは席から立ち上がった。


395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 03:24:05.56 ID:Lie/flt50

(*゚ー゚)「何処行くの?」

( ・∀・)「俺授業あるんだよね、次」

 モララーは取得単位数が少ない分、今期に授業を多く入れていた。
 「めんどくせえな」とぼやきながら、モララーは教室を出て行った。

(*゚ー゚)「あたしも帰ろうっかな」
  _
( ゚∀゚)「マジで? 学食行こうと思ってたんだけど」

(*゚ー゚)「ギコ君待ってるし」

 しぃはニカっと笑った。嫌みのない笑顔だった。
  _
( ゚∀゚)「あーいお疲れ」

 ジョルジュは片手を振って言った。
 「また明日ー」しぃの間延びした声が閑散とした教室に響いた。
 一人残されたジョルジュは、もう一度携帯を取り出した。



 ※※




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 03:26:14.88 ID:Lie/flt50

 階段の踊り場で煙草を吸っていたミルナは、携帯が振動している事に気がつくとすぐさま携帯を取り出した。
 ジョルジュからの着信だと確認してから、携帯を開く。

( ゚д゚)「もしもし」

 『もしもし。今大丈夫?』

( ゚д゚)「ああ」

 踊り場は外に面していて、壁が一部取り払われているので外が見える。
 二つあるグラウンドで、野球部とサッカー部が部活をしていた。

 『今からバッティングセンター行かない?』

( ゚д゚)「いいよ」

 『第二駐車場のとこで待ってっから』

( ゚д゚)「わかった。すぐ行く」

 携帯を切り、手に持った煙草を一度だけ吸い、残りは灰皿に捨てた。
 グラウンドから白球を打つ音が聞こえ、振り向いた。
 変わらない景色がそこに居座り続けていた。



 ※※




398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 03:29:09.99 ID:Lie/flt50

 バッティングセンターの屋内はゲームセンターになっている。
 デフォルメされた譜面を演奏する、俗に『音ゲー』と呼ばれるゲーム機の前に、ワカッテマスはいた。
 彼女は無表情にゲームをしていた。楽しんでいないのではなく、あくまで集中していた。

ξ゚⊿゚)ξ「ねえ」

( <●><●>)「何です」

 ゲーム画面に釘付けになっている彼女に、後ろからツンが声をかけた。

ξ゚⊿゚)ξ「今度K大と合コンあるんだけど、来ない?」

 きつめのパーマがかかった金髪の髪を撫でながら、退屈そうに言う。
 100円分のプレイが終わり、ゲームが終了すると、ワカッテマスはツンに振り返った。

( <●><●>)「興味無いです」

ξ゚⊿゚)ξ「やっぱり」

 予想していた答えだっただけに、ツンが驚く事は無かった。

ξ゚⊿゚)ξ「まだ引きずってたりしないよね?」

( <●><●>)「何を?」

 言ってから、ワカッテマスはしまったと思った。
 ツンが言わんとしている事を推測するのは簡単で、こうやってとぼける方がより面倒だと考えたからだ。



399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 03:32:21.19 ID:Lie/flt50

ξ゚⊿゚)ξ「ジョルジュ君の事」

 ただツンにそこまで考えている様子は無く、馬鹿正直に聞かれた事を答えていた。

( <●><●>)「引きずってない、と思う」

 否定するのは、自分に嘘をつくことだとワカッテマスは思った。
 彼女は嘘が嫌いだった。だからあえて正直に、

( <●><●>)「でも、忘れるのは無理だとも思う」

 と言った。彼女の大きな黒目にやや感情が籠もった。

ξ゚⊿゚)ξ「さっさと新しい男見つけて……ていうタイプでも無いよね」

( <●><●>)「うん」

 ワカッテマスが頷くと、彼女のショートカットの黒髪がさらさらと揺れた。

ξ゚⊿゚)ξ「まあ、出会いが欲しかったら言って。紹介ならいくらでも出来るし。
      あんた可愛いんだしさ、勿体ないよ」

 ツンの言葉に返事はしなかった。ツンは腰に手を当てて、ため息をついた。

ξ゚⊿゚)ξ「ただでさえノリ悪いのに、そんな顔してたら陰気くさくてたまんない。
      もう少し何も考えずに生きてみたら?」



400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 03:35:09.95 ID:Lie/flt50

 少しきつめの言葉だったが、本気でそう言っている感じでは無かった。
 ツンの口は元から悪い。

( <●><●>)「わかってます」

ξ゚⊿゚)ξ「嘘ばっかり」

 車のキイを回しながら、ツンはその場から歩き出した。
 ワカッテマスが後ろからついていく。
 数歩歩き出したところで、ツンは立ち止まり、肩越しに後ろを振り返った。

ξ゚⊿゚)ξ「そういえば今、生協でハロウィンのイベントやってるらしいよ」

( <●><●>)「知ってる。チョコ貰えるやつでしょう」

ξ゚⊿゚)ξ「そっそ。今から行く?」

 二人ともチョコは好きだった。

( <●><●>)「行かない」

 彼女は即答した。
 ツンは無言で頷くと、再び歩き出した。



 ※※




402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 03:36:52.23 ID:Lie/flt50

 バッティングセンターに着くと、ジョルジュたちは真っ先に券売機に向かった。
 コインを二つずつ買い、バッターボックスへ向かう。
 ジョルジュは110キロ、ミルナは130キロの急速のピッチングマシンを選んだ。

( ゚д゚)「今日飲むか?」

 バットを選んでいるジョルジュに、ミルナが言った。
  _
( ゚∀゚)「明日1限あっから遠慮する」

( ゚д゚)「そう」

 二人はコインを入れ、ボックスで構えを取った。
 ピッチングマシンから放たれるボールに、バットを振り続ける。

( ゚д゚)「彼女出来た?」

 バットを振りながら、ミルナがジョルジュに話しかけた。
  _
( ゚∀゚)「いや」

 ジョルジュが思いっきりバットを振ったが、ボールにはかすりもしなかった。
  _
( ゚∀゚)「お前、まだ続いてんの?」

( ゚д゚)「うん」



403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 03:38:58.42 ID:Lie/flt50

 ミルナがバットを振ると、小気味良い音を立ててボールが飛んでいった。
 方向はぎりぎりヒットの角度だった。

( ゚д゚)「もうすぐ別れるけどな」
  _
( ゚∀゚)「何で?」

 二人の打球音が重なり、こだました。

( ゚д゚)「飽きたから」

 前を向いて構えていたジョルジュが、バットを降ろしミルナの方を向いた。

( ゚д゚)「お前も早く作れよ」

 背中で喋るミルナに、ジョルジュは何かを言いかけたが、
 目の前を飛ぶボールがマットに直撃すると、無言でバットを構えた。
  _
( ゚∀゚)「そのうちな」

 低く構え、思いっきりバットを振る。
 ジョルジュが打ったボールは大きくそれ、横のネットにかかって落ちていった。



※※




408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 04:07:17.23 ID:Lie/flt50

( ゚д゚)「今日ハロウィンだな」

 煙草に火をつけながら、思い出したようにミルナが言った。
 二人はソファーに座って、腕を休めていた。

( ゚д゚)「生協でチョコ貰えるらしいぜ」
  _
( ゚∀゚)「知ってる」

 ジョルジュの返事は素っ気ない。
 彼は携帯を取り出し、時刻を確認した。

( ゚д゚)「それまだつけてんの?」

 ミルナが指摘したのは、ジョルジュの携帯についているストラップの事だ。
 ジョルジュはばつが悪そうに笑い、携帯をポケットにしまった。
  _
( ゚∀゚)「取るのがめんどくせえんだよ」

( ゚д゚)「つけてるのも面倒じゃねえのか?」

 一拍間が空いてから、
  _
( ゚∀゚)「かもな」

 とジョルジュは言った。



409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 04:11:19.02 ID:Lie/flt50

( ゚д゚)「なあ、何でワカちゃんと別れたんだよ」

 ミルナの言葉には、ジョルジュを咎めるようなニュアンスが含まれていた。
 しかめっ面のジョルジュは、腕を組んで「さあ」とだけ言った。

( ゚д゚)「じゃあさ、俺が狙っていい?」
  _
( ゚∀゚)「は?」

( ゚д゚)「ワカちゃん、結構可愛いじゃん」
  _
( ゚∀゚)「何で俺に聞くんだよ」

( ゚д゚)「別に意味はねえけど」

 ジョルジュが睨みつけても、ミルナに気にするような素振りは無かった。
  _
( ゚∀゚)「好きにすりゃいいよ」

 ソファーから立ち上がり、ジョルジュは一人でバッターボックスへ向かった。
 扉を開け外に出る直前、ミルナが、

( ゚д゚)「トリックオアトリート」

 ジョルジュの背中に向かって呟いたが、ジョルジュは無視して出て行った。
 すぐにボールがマットに当たる音が聞こえてきたが、ボールを打つ音は届いてこなかった。



410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 04:14:39.82 ID:Lie/flt50



 ※※


 しぃは自宅のアパートで、彼氏のギコと一緒にいた。

(,,゚Д゚)「チョコあげる」

 ベッドの上に座りながら話をしていた所、唐突にギコがチョコを取り出して言った。
 それは親指ほどのサイズしかないチロルチョコだった。

(*゚ー゚)「生協で貰ったやつ?」

(,,゚Д゚)「そうそう。すげえ恥ずかしかった」

(*゚ー゚)「だろうね」

 しぃはお礼を言ってチョコを受け取り、包み紙を開いた。
 ホワイトチョココーティングされたブロックには、小さなカボチャのお化けの絵が描かれていた。

(*゚ー゚)「可愛い!」

(,,゚Д゚)「な」

(*゚ー゚)「私も貰ってこようかな」



411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 04:18:15.78 ID:Lie/flt50

(,,゚Д゚)「セールは今日までだぞ。もう無理だ」

(*゚ー゚)「まだ時間あるよ。送ってよ」

(,,゚Д゚)「めんどい」

(*゚ー゚)「私も」

 二人はけらけらと笑い合った。
 しぃはチョコを口に入れようとして、ふと手を止めた。

(*゚ー゚)「トリックオアトリート?」

 悪戯好きの子供のような笑顔でしぃが言う。

(,,゚Д゚)「もうチョコ無いけど……」

 しぃはチョコを唇に挟んで、ギコの言葉を遮り彼にキスをした。
 口移しされたチョコが、ギコの口の中で溶ける。

(,,゚Д゚)「甘い」

 ギコの言葉に、しぃが腹を抱えて笑った。
 彼女はそうやって、悪戯とお菓子を同時に与える事に成功した。



 ※※



412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 04:21:36.76 ID:Lie/flt50

 授業が終わると、モララーは真っ先に生協に向かった。
 生協が閉まるぎりぎりの時刻に滑り込むと、適当な商品を持ってレジへ向かった。

( ・∀・)「トリックオアトリート!」

 店員がバーコードを読み取っている最中にも関わらず、お構いなしにモララーは言った。

('、`*川「はい、これ。最後のチョコですよ」

( ・∀・)「ラッキー」

 会計を終えると、チョコをポケットにしまって、外に出た。
 コンクリートの道を、正門に向かって歩き始める。
 太陽は完全に沈んでいて、外はほとんど真っ暗だった。

( ・∀・)「あ、おーい」

 前から歩いてきた人物がジョルジュだと気がつくと、モララーは手を振って声をかけた。
 ジョルジュはモララーを見つけると、片手を上げて短い挨拶を交わした。

( ・∀・)「何してんの」
  _
( ゚∀゚)「チョコ貰いにきた」

( ・∀・)「ああ、俺と一緒か」

 モララーはポケットからチョコを取り出し、



413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 04:25:16.62 ID:Lie/flt50

( ・∀・)「これ、最後の一個だってよ」
  _
( ゚∀゚)「げ、マジかよ」

 顔をしかめて、肩を落とした。
 ジョルジュの胸を小突き、「ざーんねん」とモララー。
 すると何か思いついたのか、ジョルジュはにやりと笑った。
  _
( ゚∀゚)「トリックオアトリート」

( ・∀・)「え?」

 モララーが理解するのに数秒かかった。
 一度ため息をついてから、モララーは彼にチョコを渡した。

( ・∀・)「有りかよ、これ」
  _
( ゚∀゚)「有りだろ」

 笑い合ってから、二人は並んで歩き出した。



 ※※




415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 04:28:44.19 ID:Lie/flt50

 正門前の階段を下りている途中、モララーが立ち止まった。

( ・∀・)「悪い。用事思い出した」
  _
( ゚∀゚)「用事って……」

( ・∀・)「じゃあな」

 有無も言わさない口調で、モララーは来た道を引き返していった。
 彼の怪しい行動に疑問を感じつつも、ジョルジュは歩き出す。
 しかしまたすぐに立ち止まった。
  _
( ゚∀゚)(ワカッテマス)

 階段の下に、ワカッテマスがいた。
 彼女はジョルジュを見上げて、直立不動でじっとしていた。
 無視する訳にも、引き返す訳にもいかず、ジョルジュは彼女に近づいていった。
  _
( ゚∀゚)「久しぶり」

( <●><●>)「久しぶり」

 お互い無表情で、無愛想な掛け合いだった。
 話す事も無いので、ジョルジュはそれだけ言って横を通り過ぎようとした。

( <●><●>)「何してたの?」

 まさか話しかけられるとは思っていなかったジョルジュは、目を瞬かせて驚きを隠せないでいた。



416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 04:33:33.33 ID:Lie/flt50
  _
( ゚∀゚)「生協に寄ってただけだよ」

 チョコを貰いに来た、とは恥ずかしくて言えなかった。
  _
( ゚∀゚)「お前は」

( <●><●>)「私もこれから生協に」

 レポート用紙でも買いに来たのだろうと思ったジョルジュは、ジョークのつもりで、
  _
( ゚∀゚)「チョコは無くなったらしいぞ」

 と言った。

( <●><●>)「え……」

 ところが彼女の目的もチョコだったらしく、大きな黒目が泳いだ。
 彼女の沈んだ顔を見ていると、自然と笑みがこぼれてきて、ジョルジュは慌てて顔を伏せた。
  _
( ゚∀゚)「ああ、チョコならさ」

 先ほど貰ったのを思い出し、チョコを手にとって彼女に見せた。
  _
( ゚∀゚)「やるよ」

 チョコを乗せた手を差し出すも、ワカッテマスは受け取らない。



419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 04:37:57.74 ID:Lie/flt50
  _
( ゚∀゚)「ち」

 仕方無くもう一度ポケットにしまおうとしたとき、

( ;<●><●>)「と、トリックオアトリートっ」

 絞り出したような小さな声で、ワカッテマスが言った。
 恥ずかしいのか、耳まで赤くなっている。
  _
( ;゚∀゚)「お、おお」

 おずおずとチョコを差し出すと、今度はちゃんと受け取った。
 手と手が触れたとき、ジョルジュはびくっと体を揺らした。
 彼女の手は、肌寒い外の空気とは違い、暖かかった。

( <●><●>)「これだけ?」

 ジョルジュは両手を横に広げ、何も持っていない、とジェスチャーをした。
 彼女はふふっと笑った。表情の少ない彼女だが、笑うと愛嬌のある顔になる。
 ジョルジュはそれが大好きだった。今も、好きである。

 悪戯が好きな大人もいていいかもな、とジョルジュは思った。
 お菓子の代わりに車のキイを見せると、彼女は満足そうに頷いた。
 二人のカボチャは、手を繋いで歩き出していった。





从 ゚∀从 ブーン系小説練習&イラスト総合案内所のようです
ttp://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1225296440/
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://georgenagaoka0807.blog87.fc2.com/tb.php/145-7ef14442
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。