長岡速報

 
 
更新情報

ジョルジュ

Author:ジョルジュ
心母少女最終話更新
完結おめでとうございます。
08/03

新着記事+関連エントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
作者
絵師
便利なサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめ 

長編・中編の目次

■現行
( ^ω^)ブーンと心母少女のようです
08/03(月) 完結

ξ゚⊿゚)ξはファイトクラブのコーチなようです
07/03(金) 一日目改正版・二日目・三日目まとめ
 
(´ェ`ツ子 団地妻エツ子の優雅なる昼下がりのようです
07/03(金) 第一昼下がりまとめ


■完結作品
川 ゚ -゚)クーたちは想像上の生物のようです
05/31(日)  完結(07/01(水) まとめ)
 
( ^ω^)は惨劇に抗うようです。
12/07(日) 
 
川 ゚ -゚)从 ゚∀从 雪山へ向かうようです
11/03(月)

川 ゚ -゚)从 ゚∀从 海へ向かうようです
11/02(日)

■更新停止中の作品
( ´ω`)が北海道に飛ばされたようです 
09/13(土) 第一話まとめ 
 
川д川どうやら貞子を召喚してしまったようです
09/11(木)  第八輪更新

( ^ω^)が童貞卒業を目指すようです
08/26(火) 第二話更新
 
( ^ω^)と無人の城のようです
07/14(月) 六話更新

■更新から一ヶ月以上経過 
(´・ω・`)VIP商事株式会社のようです
12/31(水) 7更新
 
(,,゚Д゚)TALES OF THE ENDのようです
11/18(火) 第6話更新
 
( ^ω^)ブーンがドンブリめしをかっこむようです
11/02(日) 1まとめ
 
( ^ω^)は時を操るようです
11/01(土) 第1話まとめ 
 
('A`)は乙女のようです
09/18(木) 1まとめ
 
从゚∀( ´_ゝ`从'ー'从あそぶようです(^ω^ )∀゚*)
07/16(水) 第一回まとめ
 
( ・∀・)モララーは本格的に駄目なようです 
07/16(水)  六話更新 
 
ξ゚⊿゚)ξはジェットのようです
07/11(金) prologue・1まとめ
  
(*゚ー゚)ながおかけ( ゚∀゚)のようです('A`)
07/06(日) 3・1後編更新 
 
( ^ω^)現実消去のようです
07/04(金) プロローグ~二話まとめ 
 
( ^ω^)ブーンはできない人間のようです
07/04(金) 一話まとめ 
 
( ・∀・)僕と('、`*川さんのようです
06/29(日) 1・2まとめ 

 
更新報告、誤字修正、まとめ漏れ、ご意見等ありましたらコメント欄かメールフォームにお願い致します。
スポンサーサイト

鏡合わせな俺ら、のようです 

155 :鏡合わせな俺ら、のようです 1:2009/08/05(水) 22:42:16.92 ID:/ySLxN1m0

目の前に俺が最も憎悪する人間が突っ立っていた。
いつものように口元を歪め、俺を見下している。
それがどうにも我慢ならず、俺はありったけの憎しみを込めて吐き捨てる。

(゜<_゜ #)「お前さえいなければ!」



鏡合わせな俺ら、のようです



続き →

川д川 は団子屋に行くようです 

637 :川д川 は団子屋に行くようです 1:2009/08/07(金) 23:33:06.38 ID:PDVtmCpJ0

キーンコーンカーンコーン…

lw´‐ _‐ノv「あー、やっと今日の授業終わったー」

授業が終わると、親友のシューさんが話しかけてきました。

lw´‐ _‐ノv「貞子~、最近、帰り道に団子屋ができたの知ってる?」

川д川「ええ、知ってますよ」

lw´‐ _‐ノv「あそこの団子おいしいんだ。帰りに食べていこうよ」

川д川「そうなんですか、いいですね。行きましょう」

lw´‐ _‐ノv「よし、決まり!」

こうして、私たちはお団子屋さんに行くことになりました。


~ 川д川 は団子屋に行くようです ~




続き →

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです 27 

94 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/03(月) 00:59:19.28 ID:/kR/MGSF0
27.暗がりのステージ(エピローグ)


会場の照明が落とされてから間もなくして、ステージを閉ざした臙脂色の緞帳が静かにそよいだ。


観客のどよめきが止み、そうして意識がステージに向けられた辺りになると、
いよいよ緞帳は震えながら昇っていき、

隠された舞台を今、露わにした。


銀色のスポットライトが円光を作り舞台の中央を照らすと、途端に白煙と共にシルクハットを被ったマジシャンが姿を現した。
観客の迎えの拍手に対し、ピエロめいたお辞儀の身ごなしをすると、拍手は更に強まっていった。

高尚なハープのアルペジオが会場に響き渡る。

観客は騒ぐのをやめて、マジシャンの存在すら忘れてしまいそうになるほどに、その音色に聞き入ってしまう。

ステージの右脇で、長い黒髪を一束に結ったアジア美女がハープを優雅に奏でており、
このBGMが、録音でないことを観客は知る。

・・ ・・・



続き →

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです 26 

45 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 23:30:13.41 ID:xJz3jwHU0
26.your graduation ~Theme of "Dear Friends"~


・蒼の薔薇と紅の薔薇(最終話)


さっそくの翌日に、内藤は長岡らを引連れて墓場へと出かけた。
N市の外れにある「美府霊園」は、山を切り開いただけあって自然も多いが、
そのぶん内藤邸からは遠く、車の使用を余儀なくされた。

( ゚∀゚)「二十分ほどでしょうか」

( ^ω^)「頼むお」

トヨタ・センチュリーの黒塗りに乗り込むと、運転手の長岡にそう促した。

2010年6月14日の今日は外出日和の天候で、雲も白いろのが
ぽつぽつと浮かんでいるだけだった。

若干かぜが生暖かいが、梅雨の最中なのだから贅沢はいってられない。


続き →

( ^ω^)ブーンと心母少女のようです 25 

2 : ◆tOPTGOuTpU :2009/08/02(日) 21:58:18.26 ID:xJz3jwHU0
25.ALL MY TRUE LUV 


・くたびれたギニョールたち

2010年。6月14日。デレの誕生日のその日、内藤は、いまかいまかと宅配を待ち続けていた。
旧内藤宅……デレとペニサスの匂いのするその屋敷に、内藤は5月の中頃から住み込んでいる。


フランス窓から朝日の差し込む、書斎の外の廊下では、男三人が鎮痛な面持ちで語りあっていた。
その面子は流石兄弟と長岡で、囲んでひとつのノートを手にしている。

そのノートというのは、先日、ここ旧内藤宅の一室で発見されたペニサスの心の叫びであった。
居合わせた内藤の部下たちは、こぞって読み漁り、事件の真相を知るや納得とともに戦慄した。

内藤にこのノートを渡し、真実を告げてやりたい。
しかし刺激が強すぎるのではないか、そういう葛藤にとらわれていた。
実子が憎悪や殺意を自分や姉に向けていた、
そんな現実はご老体にはタブーなのではないだろうか。……


( ゚∀゚)「……これを見せるのはよろしくない。部下のおれでさえ、吐き気がするもンだ」

隠蔽側の長岡は、そうピシャリといいのけた。

    


続き →

( ^ω^)は壮絶なる人生を送るようです 

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 09:46:41.46 ID:i5G9rO+qO
( ^ω^)一歳


( ^ω^)「おんぎゃーwwwwwおんぎゃーwwwwww」

J( 'ー`)し「あらあら、ブーンちゃんは可愛いわね。よちよち」

( ^ω^)「おんぎゃーwwwwwwwおんぎゃーwwwwww」

J( 'ー`)し「お~よちよち」


続き →

('A`)ドクオは『深き者』のようです川 ゚ -゚)  

873 : ◆hMOgNccocU :2009/08/01(土) 08:25:29.19 ID:Sn07T7qtO
俺の人生最大の過ちは、彼女なんか作っちまったことだ。
どうせ半年も保たないだろうと油断していた。それがこうしてずるずる続き、気付けば来月は俺の誕生日だ。

ガキの頃から知っていた。
俺は、二十五歳までしか生きられない。
正確には、二十五年間しか『人間』でいられない。
それが、『深き者』の宿命なのだから。

***
('A`)ドクオは『深き者』のようです川 ゚ -゚)
***

('A`)「他に女できたから、別れよう」
川 ゚ -゚)「嘘だな。お前に二股かけられるような甲斐性はない」
('A`)「…お前のこと好きじゃなくなったから、別れよう」
川 ゚ -゚)「嘘だな。私みたいな魅力的な女に、お前が愛想を尽かす訳がない」
(;'A`)「どんだけ自信家なのお前…」
俺は頭を抱えた。
クーは勘が鋭い。そしてそれ以上に、俺は嘘が下手だ。
('A`)「あーはいはい判りましたよ。言いたくなかったけど、本当のこと話すわ」
俺は煙草に火を点け、深い溜め息と共に煙を吐き出す。



続き →

('A`)はメルヒェンなようです 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/31(金) 14:58:32.10 ID:cJuF7dmH0
( ´∀`)「今日はみんなに転校生を紹介するモナー」

ざわ・・・
 
              ざわ・・・

( ^ω^)「この時期に転校生かお?」
  _
( ゚∀゚)「よっぽどのっぴきならない家庭事情だったんだろうな。借金か親が蒸発か」

( ^ω^)「そこの考察はいらん」

( ´∀`)「はいはい静かにするモナー。さ、入ってくるモナ」

ガラガラ

('A`)
  _
( ゚∀゚)「(男かよ…つまんねぇの)」

( ^ω^)「(まぁまぁ、いいじゃないかお)」

( ´∀`)「自己紹介を頼むモナ」


続き →

夜更けのモノ達のようです 

638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/28(火) 01:15:24.51 ID:o7StGgVA0
01/17

文明の利器が発達した時代もなんのその。
ここ最近、まるで江戸の時のように、魑魅魍魎が跋扈する。

地下道で鬼が出た、山に天狗が現れた、川縁で小豆洗いが文句言っとる。
部屋の隅で貧乏神と座敷童子が歌留多しとる、家の彰子にゃ目目連。

陰陽や悪霊、八百万の神を忘れた現代人とくら。
百鬼夜行の敵じゃァなかったさ。

あっちこっちで悲鳴が上がる。断末魔が木霊する。
窓を閉めても、戸を閉めても、鍵を掛けても意味や無ぇさ。

そんなモン、壊す必要もねぇ。ひっひ。

だらりと体の力を抜いて、壁にその身を預ければ。
するりと障害通り抜け、目の前には怯える餌がたんとある。


続き →
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。